癒しの古民家カフェあつめました【兵庫】

癒しの古民家カフェあつめました【兵庫】
目次

    レトロな古民家カフェは、訪れるとほっこりしますよね。
    癒しのカフェタイムを過ごせる人気店をご紹介しましょう!

    農家のごはん「ことほぎ」

    兵庫県神崎郡の旧小國家内にある農家のごはん「ことほぎ」さん。
    合鴨農法のお米、平飼いたまご、農薬化学肥料を使用していない野菜を生産している牛尾農場直営のお店です。

    加工済み_IMG_2940.jpg

    メニューは基本的に自家野菜を中心に考案。
    できる限り小麦を使わない、グルテンフリーを心がけているそう。
    ランチの1番人気は数量限定の、ことほぎランチ(1200円/税抜)
    玄米か白米、みそ汁、漬物、サラダ、週替わりのメインと、日替わりの総菜5種がついてきます。
    ドレッシングやお漬物に至るまで、すべてオーナーさんの手作り。

    加工済み_IMG_3003.jpg

    この日は、菜の花と新玉ねぎのグラタンがメイン。
    副菜は、カブのステーキ、ブロッコリーのペペロンチーノ、にんじんなます、紫芋のバターソテー、里芋のポテトサラダでした。
    一口食べた瞬間「ああ、毎日食卓に出てきてほしい。」とため息ができるほど。
    色とりどりの野菜たちは、一番おいしい状態で出されますよ。

    加工済み_IMG_2990.jpg

    テイクアウトも対応している、おにぎらずセットは、野菜2種とお味噌汁付き。(750円/税抜)
    たまごは自然な環境で育った証のレモンイエローの輝き。
    玉子の隣には、鶏味噌そぼろと、サラダ、が入った食べ応えばっちりの一品です。
    味噌とマヨネーズの組み合わせはクリーミーで間違いないおいしさ。

    加工済み_IMG_2971.jpg

    ことほぎさんのランチでは、身体が本当に求めているものを食べられます。
    心と胃袋の満足度ばっちり。
    シンプルながらも贅沢なお料理を求めて連日にぎわっており、特に日曜、祝日は混み合って入れないこともあるそうなので予約は必須ですよ。
    店内は1階に椅子席、屋根裏には座敷が広がります。
    事前にお子様連れであることを伝えておくと、座敷を確保してもらえます。

    【関連記事】農家のごはん ことほぎ

    ことほぎさんの詳細を動画付きでご紹介!

    店名 農家のごはん ことほぎ
    住所 兵庫県神崎郡福崎町山崎814 MAP
    定休日 火曜・土曜・第一水曜日
    電話番号 090-2068-2073
    営業時間 11:30~16:00(ランチL.o14:00/カフェL.o15:00)
    HP 公式Instagram
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    古民家カフェ「たまゆら」

    さわやかな風の音と、鳥のさえずりが心地いい神戸市西区の古民家カフェ「たまゆら」さん。
    リンリンと可愛らしいベルの付いた扉を開けると、想像以上に広い店内。
    自然光とオレンジ色のランプ、古民家ならではの渋い色合いの柱が落ち着いた空間を演出してくれます。

    加工済み_IMG_3061.jpg

    1番人気は月替わりランチ(1000円/税込み)。
    ごはん、汁物、メイン、小鉢2種類、サラダ、デザート、ドリンクがセットです。
    メインは月替わりで、奇数月は特に人気が高い和風ハンバーグがメインを彩ります。
    偶数月のメインはブログで確認できますよ。
    使用している野菜はお店の前にある、たまゆらさんの畑で採れたものか近所の農家さんから仕入れたものを使用。

    加工済み_IMG_3094.jpg

    訪れた日のメインは、エビクリームコロッケ。
    クリーミーであっさり食べられるホワイトソースと、ころっとしたエビがサクサクの衣にくるまれていました。
    ジューシーな味わいの自家製トマトソースがいいアクセントになっています。
    小鉢のパスタと野菜は揚げ物と相性ばっちりのさっぱり系の味付けに。

    加工済み_IMG_3077.jpg

    デザートはシフォンケーキとフルーツの盛り合わせ。
    ヨーグルトとドライいちごをランダムに入れたシフォンケーキ。
    スイーツは日によって違うそうで、シフォンケーキの味が変わったり、ココナッツケーキになったりするそうです。
    コーヒーはオーナーさんが飲み比べて厳選した、深いコクのあるものを提供しています。

    加工済み_IMG_3087.jpg

    キッズメニューもあるので、小さなお子様連れでも安心。
    駐車場の台数が限られているので、できる限り乗り合わせで来てくださいとのこと。
    席は予約もできるので、事前に電話しておくのがおすすめです。

    店名 古民家カフェ たまゆら
    住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹1358 MAP
    定休日 土曜~月曜日・祝日
    電話番号 090-9272-6675
    営業時間 9:00~15:00
    HP 公式ブログ
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    あまねや 大津長松店

    姫路で人気の和菓子屋「甘音屋」さんの初のカフェが姫路市にあります。
    光が差し込むギャラリースペースと、間接照明で雰囲気たっぷりのカフェスペース。

    加工済み_外観_.jpg

    「カフェをオープンするにあたり、姫路という街の情緒をイメージして創りました。」と、オーナーさん。
    新しいが、どこか懐かしい、それは甘音屋の和菓子に通じるように思いました。
    豊富な種類のスイーツとドリンクが楽しめるのはもちろん、甘音屋さん定番の笑美玉(えみだま)、かりんとう、みたらし団子も購入できますよ。

    加工済み_IMG_3162.jpg

    「WA YOUパフェ かさね(茶)」(800円/税抜)は人気の高いメニューの一つです。
    抹茶のエスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリーなどの和素材が層を織りなしています。
    あんこに使われている小豆は大粒でたっぷり入っているので、食べ応えも充分。
    しっとり、ふわふわ、ぷるぷると違う食感が楽しいパフェになっています。

    加工済み_IMG_3216.jpg

    洗練されたビジュアルのあんみつ「寒晒(かんざらし)」(700円/税抜)。
    上がけの蜜は、黒蜜かエルダーフラワーシロップが選べます。
    どちらも美味しいのですが、エルダーフラワーシロップは想像以上のおいしさが体験できますよ。
    全体的に優しい甘さでさっぱり仕上がっているので、食欲が落ちてきた時でもするっと食べれそうです。

    加工済み_あんみ.jpg

    お店は閑静な住宅街の中にあります。
    駐車場に限りがあるので、乗り合わせていきましょう。
    週末の14時から15時頃までは混み合っていることが多いので、時間をずらしていくのがおすすめですよ。

    店名 あまねや 大津長松店
    住所 姫路市大津区長松424-1 MAP
    定休日 水曜日
    電話番号 079-239-1230
    営業時間 10:00〜18:00(喫茶L.O.17:00)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    【関連記事】甘音屋の美しい和菓子たち

    SNS映えもばっちり!思わず写真が撮りたくなる和菓子をご紹介!


    Cafe de 70(カフェデナオ)

    加西市の鶉野飛行場資料館の隣にあるCafe de 70(カフェデナオ)さん。
    白に緑のコントラストが効いた可愛らしい暖簾が印象的です。

    加工済み_IMG_3238.jpg

    鶯色の壁と障子のモダンなスペースは、店内の左奥にあります。
    モーニングとランチが楽しめる8時から17時まで営業。
    ディナーは1組限定の予約制です。
    4名様から受付け20名様まで。
    利用には前日までの予約が必要ですよ。

    加工済み_IMG_3242.jpg

    日替わりモーニング(600円/税込)の内容は訪れてからのお楽しみ。
    サンドイッチだったり、おにぎりだったり和食・洋食が提供されます。
    メインのほかに、サラダ、ドリンク、デザートがついてきます。
    訪れた日は、具がたっぷり詰まったサンドイッチと苺でした。

    加工済み_IMG_3268.jpg

    11時半からオーダーできる日替わりランチ(900円/税込み)。
    メイン、ライス、小鉢2種類、茶わん蒸し、サラダとコーヒーがついてくるコスパ抜群メニューです。
    この日は特大エビフライと白身魚のフライが主役。
    手作りタルタルソースと合わせていただきます。
    茶わん蒸しの具は白玉、かまぼこ、エビ、鶏肉、椎茸でした。

    加工済み_ランチ.jpg

    「栄養バランスを気を配りながら、満足していただけるようボリュームにこだわっています!」と、オーナーさん。
    男性でも満足するがっつり系。
    彼を誘って古民家デートはいかがですか?

    店名 cafe de 70(カフェデナオ)
    住所 兵庫県加西市鶉野町2193 MAP
    定休日 水曜・第2木曜日
    電話番号 0790-20-1233
    営業時間 8:00~17:00
    17:30~21:00(予約者のみ)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    和かふぇ八重庵(カフェ やえあん)

    門をくぐるとノスタルジーな雰囲気が漂う、姫路市飾東町にある和かふぇ八重庵さん。
    明治30年に造られたお庭には四季折々の木々は花々が咲き乱れます。

    加工済み_まとめ用_IMG_8804.jpg

    特にもみじが多く、年々自然に増えているのだそう。
    素敵な雰囲気に誘われてくるのは人間だけではありません。
    ウグイスやキツツキ、カワセミなどの小鳥たちも遊びに来ることも。
    おとぎ話の1ページのようなカフェタイムが楽しめるかもしれませんよ。

    加工済み_まとめ用_IMG_8786.jpg

    9時から12時までの間にドリンクを注文した方に、無料でモーニングセットがついてきます。
    セット内容は、1スライスのパンにサラダ、ゆで卵、その他1品がつくAタイプか、2スライスのパン、ゆで卵、その他1品がつくBタイプから選べます。
    トーストはアーモンドバター、バター、ジャムの3種類。
    特におすすめなのは、きめ細かく作られた自家製のアーモンドバターです。

    加工済み_まとめ用_IMG_8834.jpg

    スイーツのイチオシは本日の気まぐれセット。
    ドリンク代にプラス300円でデザートがついてきます。
    選べる種類は日により異なります。
    窓辺で飲むコーヒーにはお庭の木々たちが写ります。
    癒しのひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

    加工済み_まとめ用_IMG_8890.jpg

    営業は基本的に水曜日から土曜日ですが、臨時休業することもあります。
    HPで確認できますよ。
    八重庵さんをもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

    【関連記事】和かふぇ 八重庵

    八重庵さんの魅力をさらにご紹介!

    店名store 和かふぇ八重庵
    住所place 兵庫県姫路市飾東町八重畑285 MAP
    定休日event_busy 日曜、月曜、火曜。その他臨時休業あり。
    2018年8月は9日~31日まで夏季休業の予定です。
    電話番号phone 079-262-0031
    営業時間query_builder 9:00~17:00(L.O.16:30)
    HPlink 公式HP
    その他chat ・メニューは仕入れにより異なる場合がございます。
    ・お問合せの際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    Himeginger(ヒメジンジャー)

    築100年以上の古民家をカフェとしてオープンしたHimeginger(ヒメジンジャー)さん。
    お店の場所として選んだのは、姫路市飾磨区です。

    加工済み_IMG_9641.jpg

    ソファー席中心の店内はゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。
    庭に続く窓から差し込む光が店内を優しく照らしてくれます。
    姫路のおしゃれな新定番にしたい!という想いもあり、カフェのメニューはかつて姫路の名産品であった生姜を使用したスイーツを主に提供しています。

    加工済み_IMG_9611.jpg

    看板メニューのジンジャーケーキとドリンクのセット(700円/税抜)。
    米粉で作られた生地はしっとりとした仕上がり。
    上のコーティングは生姜ときび砂糖。
    スパイシーな生姜と砂糖が絶妙で、年齢や性別問わず人気なのも頷けます。
    使用している、米粉、たまご、生姜は兵庫県産のものです。

    60671569_591898871317537_2039358683841822720_n.jpg

    米粉で作られたジンジャーミルクプリン(350円/税抜)。
    クセになる生姜の風味と甘さが見事に調和。
    卵不使用なので、アレルギーの方でも食べられますよ。
    ジンジャーサブレが添えられているジンジャーアイス(380円/税抜)、ジンジャースコーン(300円/税抜)もありますよ。
    ケーキ、コメコッタ、アイスはグルテンフリー。
    アレルギーの方でも心配なく食べられますね。

    加工済み_IMG_9608.jpg

    アイス以外の商品はテイクアウト・地方発送ができます。
    お友達の家へ遊びに行くときや帰省手の手土産にもぴったり。
    生姜を使っているので姫路らしさも出せますよ。
    お店へ行くときはナビだと迷う場合があるので行き方動画を公開しています。
    詳しくはこちらでチェックできます。

    店名store Himeginger(ヒメジンジャー)
    住所place 兵庫県姫路市飾磨区天神84-1 MAP
    定休日event_busy 木曜~日曜日
    電話番号phone 090-3490-0431
    営業時間query_builder 10:00~16:00
    HPlink 公式HP
    その他chat お問合せ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    手土産予約方法event_available 電話か公式HP

    坂の上の嬉しなる

    白とからし色の建物が目を引く、坂の上の嬉しなるさん。
    飾東町の坂の上、谷外小学校のすぐそばに建っています。

    加工済み_IMG_8475.jpg

    「みんなで一緒にいただきます!」がコンセプト。
    カフェスペースは好みによってゆったり過ごせるよう、ソファー席、座敷、キッズスペースが用意されています。
    振り子時計の音がマッチする大正ロマンを感じつつもモダンに仕上がっているので、幅広い世代にオシャレ!と人気。

    加工済み_IMG_8485.jpg

    商品は、アレルギーを持っている方を配慮し卵、乳、小麦、大豆といった7大アレルゲンを使っていないものも多くあります。
    プレゼントとして渡すときも安心ですね。
    和素材を活かした洋菓子がメインなので、オリジナリティもばっちり。
    スイーツ作りに使う味噌や糀などはできる限り手作りされています。

    加工済み_IMG_5354.jpg

    多良間黒糖ラテやフルーツ甘酒など特徴的なドリンクも販売されていますが、和素材と並んでメインの材料である「ほうじ茶」も要チェックです。
    朝に炮烙で焙煎した、できたてほやほやの茶葉を使います。
    赤ほうじ茶、青ほうじ茶それぞれ個性があるので、迷った方は飲み比べもおすすめです。

    加工済み_IMG_5309.jpg

    手土産、引き出物、挨拶用などシーンに合わせた焼き菓子の箱詰めもオーダーできます。
    選ぶ商品により値段は前後しますが、7個入り1200円から35個入り5000円ほど。
    お店へ行く際はナビでは分かりにくい箇所もあるので、こちらで紹介している行き方動画を確認してから行くのがおすすめです。

    【関連記事】坂の上の嬉しなる

    魅力をたっぷりご紹介!お店までのアクセス解説動画付き♪

    店名store 坂の上の嬉しなる
    住所place 姫路市飾東町豊国516-1 MAP
    定休日event_busy 日・月・火曜、ほか臨時休業あり。
    電話番号phone 079-229-2277
    営業時間query_builder 10:00~17:00
    その他chat お問い合わせ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    レトロな古民家カフェは、訪れるとほっこりしますよね。
    癒しのカフェタイムを過ごせる人気店をご紹介しましょう!

    農家のごはん「ことほぎ」

    兵庫県神崎郡の旧小國家内にある農家のごはん「ことほぎ」さん。
    合鴨農法のお米、平飼いたまご、農薬化学肥料を使用していない野菜を生産している牛尾農場直営のお店です。

    加工済み_IMG_2940.jpg

    メニューは基本的に自家野菜を中心に考案。
    できる限り小麦を使わない、グルテンフリーを心がけているそう。
    ランチの1番人気は数量限定の、ことほぎランチ(1200円/税抜)
    玄米か白米、みそ汁、漬物、サラダ、週替わりのメインと、日替わりの総菜5種がついてきます。
    ドレッシングやお漬物に至るまで、すべてオーナーさんの手作り。

    加工済み_IMG_3003.jpg

    この日は、菜の花と新玉ねぎのグラタンがメイン。
    副菜は、カブのステーキ、ブロッコリーのペペロンチーノ、にんじんなます、紫芋のバターソテー、里芋のポテトサラダでした。
    一口食べた瞬間「ああ、毎日食卓に出てきてほしい。」とため息ができるほど。
    色とりどりの野菜たちは、一番おいしい状態で出されますよ。

    加工済み_IMG_2990.jpg

    テイクアウトも対応している、おにぎらずセットは、野菜2種とお味噌汁付き。(750円/税抜)
    たまごは自然な環境で育った証のレモンイエローの輝き。
    玉子の隣には、鶏味噌そぼろと、サラダ、が入った食べ応えばっちりの一品です。
    味噌とマヨネーズの組み合わせはクリーミーで間違いないおいしさ。

    加工済み_IMG_2971.jpg

    ことほぎさんのランチでは、身体が本当に求めているものを食べられます。
    心と胃袋の満足度ばっちり。
    シンプルながらも贅沢なお料理を求めて連日にぎわっており、特に日曜、祝日は混み合って入れないこともあるそうなので予約は必須ですよ。
    店内は1階に椅子席、屋根裏には座敷が広がります。
    事前にお子様連れであることを伝えておくと、座敷を確保してもらえます。

    【関連記事】農家のごはん ことほぎ

    ことほぎさんの詳細を動画付きでご紹介!

    店名 農家のごはん ことほぎ
    住所 兵庫県神崎郡福崎町山崎814 MAP
    定休日 火曜・土曜・第一水曜日
    電話番号 090-2068-2073
    営業時間 11:30~16:00(ランチL.o14:00/カフェL.o15:00)
    HP 公式Instagram
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    古民家カフェ「たまゆら」

    さわやかな風の音と、鳥のさえずりが心地いい神戸市西区の古民家カフェ「たまゆら」さん。
    リンリンと可愛らしいベルの付いた扉を開けると、想像以上に広い店内。
    自然光とオレンジ色のランプ、古民家ならではの渋い色合いの柱が落ち着いた空間を演出してくれます。

    加工済み_IMG_3061.jpg

    1番人気は月替わりランチ(1000円/税込み)。
    ごはん、汁物、メイン、小鉢2種類、サラダ、デザート、ドリンクがセットです。
    メインは月替わりで、奇数月は特に人気が高い和風ハンバーグがメインを彩ります。
    偶数月のメインはブログで確認できますよ。
    使用している野菜はお店の前にある、たまゆらさんの畑で採れたものか近所の農家さんから仕入れたものを使用。

    加工済み_IMG_3094.jpg

    訪れた日のメインは、エビクリームコロッケ。
    クリーミーであっさり食べられるホワイトソースと、ころっとしたエビがサクサクの衣にくるまれていました。
    ジューシーな味わいの自家製トマトソースがいいアクセントになっています。
    小鉢のパスタと野菜は揚げ物と相性ばっちりのさっぱり系の味付けに。

    加工済み_IMG_3077.jpg

    デザートはシフォンケーキとフルーツの盛り合わせ。
    ヨーグルトとドライいちごをランダムに入れたシフォンケーキ。
    スイーツは日によって違うそうで、シフォンケーキの味が変わったり、ココナッツケーキになったりするそうです。
    コーヒーはオーナーさんが飲み比べて厳選した、深いコクのあるものを提供しています。

    加工済み_IMG_3087.jpg

    キッズメニューもあるので、小さなお子様連れでも安心。
    駐車場の台数が限られているので、できる限り乗り合わせで来てくださいとのこと。
    席は予約もできるので、事前に電話しておくのがおすすめです。

    店名 古民家カフェ たまゆら
    住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹1358 MAP
    定休日 土曜~月曜日・祝日
    電話番号 090-9272-6675
    営業時間 9:00~15:00
    HP 公式ブログ
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    あまねや 大津長松店

    姫路で人気の和菓子屋「甘音屋」さんの初のカフェが姫路市にあります。
    光が差し込むギャラリースペースと、間接照明で雰囲気たっぷりのカフェスペース。

    加工済み_外観_.jpg

    「カフェをオープンするにあたり、姫路という街の情緒をイメージして創りました。」と、オーナーさん。
    新しいが、どこか懐かしい、それは甘音屋の和菓子に通じるように思いました。
    豊富な種類のスイーツとドリンクが楽しめるのはもちろん、甘音屋さん定番の笑美玉(えみだま)、かりんとう、みたらし団子も購入できますよ。

    加工済み_IMG_3162.jpg

    「WA YOUパフェ かさね(茶)」(800円/税抜)は人気の高いメニューの一つです。
    抹茶のエスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリーなどの和素材が層を織りなしています。
    あんこに使われている小豆は大粒でたっぷり入っているので、食べ応えも充分。
    しっとり、ふわふわ、ぷるぷると違う食感が楽しいパフェになっています。

    加工済み_IMG_3216.jpg

    洗練されたビジュアルのあんみつ「寒晒(かんざらし)」(700円/税抜)。
    上がけの蜜は、黒蜜かエルダーフラワーシロップが選べます。
    どちらも美味しいのですが、エルダーフラワーシロップは想像以上のおいしさが体験できますよ。
    全体的に優しい甘さでさっぱり仕上がっているので、食欲が落ちてきた時でもするっと食べれそうです。

    加工済み_あんみ.jpg

    お店は閑静な住宅街の中にあります。
    駐車場に限りがあるので、乗り合わせていきましょう。
    週末の14時から15時頃までは混み合っていることが多いので、時間をずらしていくのがおすすめですよ。

    店名 あまねや 大津長松店
    住所 姫路市大津区長松424-1 MAP
    定休日 水曜日
    電話番号 079-239-1230
    営業時間 10:00〜18:00(喫茶L.O.17:00)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    【関連記事】甘音屋の美しい和菓子たち

    SNS映えもばっちり!思わず写真が撮りたくなる和菓子をご紹介!


    Cafe de 70(カフェデナオ)

    加西市の鶉野飛行場資料館の隣にあるCafe de 70(カフェデナオ)さん。
    白に緑のコントラストが効いた可愛らしい暖簾が印象的です。

    加工済み_IMG_3238.jpg

    鶯色の壁と障子のモダンなスペースは、店内の左奥にあります。
    モーニングとランチが楽しめる8時から17時まで営業。
    ディナーは1組限定の予約制です。
    4名様から受付け20名様まで。
    利用には前日までの予約が必要ですよ。

    加工済み_IMG_3242.jpg

    日替わりモーニング(600円/税込)の内容は訪れてからのお楽しみ。
    サンドイッチだったり、おにぎりだったり和食・洋食が提供されます。
    メインのほかに、サラダ、ドリンク、デザートがついてきます。
    訪れた日は、具がたっぷり詰まったサンドイッチと苺でした。

    加工済み_IMG_3268.jpg

    11時半からオーダーできる日替わりランチ(900円/税込み)。
    メイン、ライス、小鉢2種類、茶わん蒸し、サラダとコーヒーがついてくるコスパ抜群メニューです。
    この日は特大エビフライと白身魚のフライが主役。
    手作りタルタルソースと合わせていただきます。
    茶わん蒸しの具は白玉、かまぼこ、エビ、鶏肉、椎茸でした。

    加工済み_ランチ.jpg

    「栄養バランスを気を配りながら、満足していただけるようボリュームにこだわっています!」と、オーナーさん。
    男性でも満足するがっつり系。
    彼を誘って古民家デートはいかがですか?

    店名 cafe de 70(カフェデナオ)
    住所 兵庫県加西市鶉野町2193 MAP
    定休日 水曜・第2木曜日
    電話番号 0790-20-1233
    営業時間 8:00~17:00
    17:30~21:00(予約者のみ)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    和かふぇ八重庵(カフェ やえあん)

    門をくぐるとノスタルジーな雰囲気が漂う、姫路市飾東町にある和かふぇ八重庵さん。
    明治30年に造られたお庭には四季折々の木々は花々が咲き乱れます。

    加工済み_まとめ用_IMG_8804.jpg

    特にもみじが多く、年々自然に増えているのだそう。
    素敵な雰囲気に誘われてくるのは人間だけではありません。
    ウグイスやキツツキ、カワセミなどの小鳥たちも遊びに来ることも。
    おとぎ話の1ページのようなカフェタイムが楽しめるかもしれませんよ。

    加工済み_まとめ用_IMG_8786.jpg

    9時から12時までの間にドリンクを注文した方に、無料でモーニングセットがついてきます。
    セット内容は、1スライスのパンにサラダ、ゆで卵、その他1品がつくAタイプか、2スライスのパン、ゆで卵、その他1品がつくBタイプから選べます。
    トーストはアーモンドバター、バター、ジャムの3種類。
    特におすすめなのは、きめ細かく作られた自家製のアーモンドバターです。

    加工済み_まとめ用_IMG_8834.jpg

    スイーツのイチオシは本日の気まぐれセット。
    ドリンク代にプラス300円でデザートがついてきます。
    選べる種類は日により異なります。
    窓辺で飲むコーヒーにはお庭の木々たちが写ります。
    癒しのひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

    加工済み_まとめ用_IMG_8890.jpg

    営業は基本的に水曜日から土曜日ですが、臨時休業することもあります。
    HPで確認できますよ。
    八重庵さんをもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

    【関連記事】和かふぇ 八重庵

    八重庵さんの魅力をさらにご紹介!

    店名store 和かふぇ八重庵
    住所place 兵庫県姫路市飾東町八重畑285 MAP
    定休日event_busy 日曜、月曜、火曜。その他臨時休業あり。
    2018年8月は9日~31日まで夏季休業の予定です。
    電話番号phone 079-262-0031
    営業時間query_builder 9:00~17:00(L.O.16:30)
    HPlink 公式HP
    その他chat ・メニューは仕入れにより異なる場合がございます。
    ・お問合せの際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    Himeginger(ヒメジンジャー)

    築100年以上の古民家をカフェとしてオープンしたHimeginger(ヒメジンジャー)さん。
    お店の場所として選んだのは、姫路市飾磨区です。

    加工済み_IMG_9641.jpg

    ソファー席中心の店内はゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。
    庭に続く窓から差し込む光が店内を優しく照らしてくれます。
    姫路のおしゃれな新定番にしたい!という想いもあり、カフェのメニューはかつて姫路の名産品であった生姜を使用したスイーツを主に提供しています。

    加工済み_IMG_9611.jpg

    看板メニューのジンジャーケーキとドリンクのセット(700円/税抜)。
    米粉で作られた生地はしっとりとした仕上がり。
    上のコーティングは生姜ときび砂糖。
    スパイシーな生姜と砂糖が絶妙で、年齢や性別問わず人気なのも頷けます。
    使用している、米粉、たまご、生姜は兵庫県産のものです。

    60671569_591898871317537_2039358683841822720_n.jpg

    米粉で作られたジンジャーミルクプリン(350円/税抜)。
    クセになる生姜の風味と甘さが見事に調和。
    卵不使用なので、アレルギーの方でも食べられますよ。
    ジンジャーサブレが添えられているジンジャーアイス(380円/税抜)、ジンジャースコーン(300円/税抜)もありますよ。
    ケーキ、コメコッタ、アイスはグルテンフリー。
    アレルギーの方でも心配なく食べられますね。

    加工済み_IMG_9608.jpg

    アイス以外の商品はテイクアウト・地方発送ができます。
    お友達の家へ遊びに行くときや帰省手の手土産にもぴったり。
    生姜を使っているので姫路らしさも出せますよ。
    お店へ行くときはナビだと迷う場合があるので行き方動画を公開しています。
    詳しくはこちらでチェックできます。

    店名store Himeginger(ヒメジンジャー)
    住所place 兵庫県姫路市飾磨区天神84-1 MAP
    定休日event_busy 木曜~日曜日
    電話番号phone 090-3490-0431
    営業時間query_builder 10:00~16:00
    HPlink 公式HP
    その他chat お問合せ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    手土産予約方法event_available 電話か公式HP

    坂の上の嬉しなる

    白とからし色の建物が目を引く、坂の上の嬉しなるさん。
    飾東町の坂の上、谷外小学校のすぐそばに建っています。

    加工済み_IMG_8475.jpg

    「みんなで一緒にいただきます!」がコンセプト。
    カフェスペースは好みによってゆったり過ごせるよう、ソファー席、座敷、キッズスペースが用意されています。
    振り子時計の音がマッチする大正ロマンを感じつつもモダンに仕上がっているので、幅広い世代にオシャレ!と人気。

    加工済み_IMG_8485.jpg

    商品は、アレルギーを持っている方を配慮し卵、乳、小麦、大豆といった7大アレルゲンを使っていないものも多くあります。
    プレゼントとして渡すときも安心ですね。
    和素材を活かした洋菓子がメインなので、オリジナリティもばっちり。
    スイーツ作りに使う味噌や糀などはできる限り手作りされています。

    加工済み_IMG_5354.jpg

    多良間黒糖ラテやフルーツ甘酒など特徴的なドリンクも販売されていますが、和素材と並んでメインの材料である「ほうじ茶」も要チェックです。
    朝に炮烙で焙煎した、できたてほやほやの茶葉を使います。
    赤ほうじ茶、青ほうじ茶それぞれ個性があるので、迷った方は飲み比べもおすすめです。

    加工済み_IMG_5309.jpg

    手土産、引き出物、挨拶用などシーンに合わせた焼き菓子の箱詰めもオーダーできます。
    選ぶ商品により値段は前後しますが、7個入り1200円から35個入り5000円ほど。
    お店へ行く際はナビでは分かりにくい箇所もあるので、こちらで紹介している行き方動画を確認してから行くのがおすすめです。

    【関連記事】坂の上の嬉しなる

    魅力をたっぷりご紹介!お店までのアクセス解説動画付き♪

    店名store 坂の上の嬉しなる
    住所place 姫路市飾東町豊国516-1 MAP
    定休日event_busy 日・月・火曜、ほか臨時休業あり。
    電話番号phone 079-229-2277
    営業時間query_builder 10:00~17:00
    その他chat お問い合わせ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    レトロな古民家カフェは、訪れるとほっこりしますよね。
    癒しのカフェタイムを過ごせる人気店をご紹介しましょう!

    農家のごはん「ことほぎ」

    兵庫県神崎郡の旧小國家内にある農家のごはん「ことほぎ」さん。
    合鴨農法のお米、平飼いたまご、農薬化学肥料を使用していない野菜を生産している牛尾農場直営のお店です。

    加工済み_IMG_2940.jpg

    メニューは基本的に自家野菜を中心に考案。
    できる限り小麦を使わない、グルテンフリーを心がけているそう。
    ランチの1番人気は数量限定の、ことほぎランチ(1200円/税抜)
    玄米か白米、みそ汁、漬物、サラダ、週替わりのメインと、日替わりの総菜5種がついてきます。
    ドレッシングやお漬物に至るまで、すべてオーナーさんの手作り。

    加工済み_IMG_3003.jpg

    この日は、菜の花と新玉ねぎのグラタンがメイン。
    副菜は、カブのステーキ、ブロッコリーのペペロンチーノ、にんじんなます、紫芋のバターソテー、里芋のポテトサラダでした。
    一口食べた瞬間「ああ、毎日食卓に出てきてほしい。」とため息ができるほど。
    色とりどりの野菜たちは、一番おいしい状態で出されますよ。

    加工済み_IMG_2990.jpg

    テイクアウトも対応している、おにぎらずセットは、野菜2種とお味噌汁付き。(750円/税抜)
    たまごは自然な環境で育った証のレモンイエローの輝き。
    玉子の隣には、鶏味噌そぼろと、サラダ、が入った食べ応えばっちりの一品です。
    味噌とマヨネーズの組み合わせはクリーミーで間違いないおいしさ。

    加工済み_IMG_2971.jpg

    ことほぎさんのランチでは、身体が本当に求めているものを食べられます。
    心と胃袋の満足度ばっちり。
    シンプルながらも贅沢なお料理を求めて連日にぎわっており、特に日曜、祝日は混み合って入れないこともあるそうなので予約は必須ですよ。
    店内は1階に椅子席、屋根裏には座敷が広がります。
    事前にお子様連れであることを伝えておくと、座敷を確保してもらえます。

    【関連記事】農家のごはん ことほぎ

    ことほぎさんの詳細を動画付きでご紹介!

    店名 農家のごはん ことほぎ
    住所 兵庫県神崎郡福崎町山崎814 MAP
    定休日 火曜・土曜・第一水曜日
    電話番号 090-2068-2073
    営業時間 11:30~16:00(ランチL.o14:00/カフェL.o15:00)
    HP 公式Instagram
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    古民家カフェ「たまゆら」

    さわやかな風の音と、鳥のさえずりが心地いい神戸市西区の古民家カフェ「たまゆら」さん。
    リンリンと可愛らしいベルの付いた扉を開けると、想像以上に広い店内。
    自然光とオレンジ色のランプ、古民家ならではの渋い色合いの柱が落ち着いた空間を演出してくれます。

    加工済み_IMG_3061.jpg

    1番人気は月替わりランチ(1000円/税込み)。
    ごはん、汁物、メイン、小鉢2種類、サラダ、デザート、ドリンクがセットです。
    メインは月替わりで、奇数月は特に人気が高い和風ハンバーグがメインを彩ります。
    偶数月のメインはブログで確認できますよ。
    使用している野菜はお店の前にある、たまゆらさんの畑で採れたものか近所の農家さんから仕入れたものを使用。

    加工済み_IMG_3094.jpg

    訪れた日のメインは、エビクリームコロッケ。
    クリーミーであっさり食べられるホワイトソースと、ころっとしたエビがサクサクの衣にくるまれていました。
    ジューシーな味わいの自家製トマトソースがいいアクセントになっています。
    小鉢のパスタと野菜は揚げ物と相性ばっちりのさっぱり系の味付けに。

    加工済み_IMG_3077.jpg

    デザートはシフォンケーキとフルーツの盛り合わせ。
    ヨーグルトとドライいちごをランダムに入れたシフォンケーキ。
    スイーツは日によって違うそうで、シフォンケーキの味が変わったり、ココナッツケーキになったりするそうです。
    コーヒーはオーナーさんが飲み比べて厳選した、深いコクのあるものを提供しています。

    加工済み_IMG_3087.jpg

    キッズメニューもあるので、小さなお子様連れでも安心。
    駐車場の台数が限られているので、できる限り乗り合わせで来てくださいとのこと。
    席は予約もできるので、事前に電話しておくのがおすすめです。

    店名 古民家カフェ たまゆら
    住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹1358 MAP
    定休日 土曜~月曜日・祝日
    電話番号 090-9272-6675
    営業時間 9:00~15:00
    HP 公式ブログ
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    あまねや 大津長松店

    姫路で人気の和菓子屋「甘音屋」さんの初のカフェが姫路市にあります。
    光が差し込むギャラリースペースと、間接照明で雰囲気たっぷりのカフェスペース。

    加工済み_外観_.jpg

    「カフェをオープンするにあたり、姫路という街の情緒をイメージして創りました。」と、オーナーさん。
    新しいが、どこか懐かしい、それは甘音屋の和菓子に通じるように思いました。
    豊富な種類のスイーツとドリンクが楽しめるのはもちろん、甘音屋さん定番の笑美玉(えみだま)、かりんとう、みたらし団子も購入できますよ。

    加工済み_IMG_3162.jpg

    「WA YOUパフェ かさね(茶)」(800円/税抜)は人気の高いメニューの一つです。
    抹茶のエスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリーなどの和素材が層を織りなしています。
    あんこに使われている小豆は大粒でたっぷり入っているので、食べ応えも充分。
    しっとり、ふわふわ、ぷるぷると違う食感が楽しいパフェになっています。

    加工済み_IMG_3216.jpg

    洗練されたビジュアルのあんみつ「寒晒(かんざらし)」(700円/税抜)。
    上がけの蜜は、黒蜜かエルダーフラワーシロップが選べます。
    どちらも美味しいのですが、エルダーフラワーシロップは想像以上のおいしさが体験できますよ。
    全体的に優しい甘さでさっぱり仕上がっているので、食欲が落ちてきた時でもするっと食べれそうです。

    加工済み_あんみ.jpg

    お店は閑静な住宅街の中にあります。
    駐車場に限りがあるので、乗り合わせていきましょう。
    週末の14時から15時頃までは混み合っていることが多いので、時間をずらしていくのがおすすめですよ。

    店名 あまねや 大津長松店
    住所 姫路市大津区長松424-1 MAP
    定休日 水曜日
    電話番号 079-239-1230
    営業時間 10:00〜18:00(喫茶L.O.17:00)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    【関連記事】甘音屋の美しい和菓子たち

    SNS映えもばっちり!思わず写真が撮りたくなる和菓子をご紹介!


    Cafe de 70(カフェデナオ)

    加西市の鶉野飛行場資料館の隣にあるCafe de 70(カフェデナオ)さん。
    白に緑のコントラストが効いた可愛らしい暖簾が印象的です。

    加工済み_IMG_3238.jpg

    鶯色の壁と障子のモダンなスペースは、店内の左奥にあります。
    モーニングとランチが楽しめる8時から17時まで営業。
    ディナーは1組限定の予約制です。
    4名様から受付け20名様まで。
    利用には前日までの予約が必要ですよ。

    加工済み_IMG_3242.jpg

    日替わりモーニング(600円/税込)の内容は訪れてからのお楽しみ。
    サンドイッチだったり、おにぎりだったり和食・洋食が提供されます。
    メインのほかに、サラダ、ドリンク、デザートがついてきます。
    訪れた日は、具がたっぷり詰まったサンドイッチと苺でした。

    加工済み_IMG_3268.jpg

    11時半からオーダーできる日替わりランチ(900円/税込み)。
    メイン、ライス、小鉢2種類、茶わん蒸し、サラダとコーヒーがついてくるコスパ抜群メニューです。
    この日は特大エビフライと白身魚のフライが主役。
    手作りタルタルソースと合わせていただきます。
    茶わん蒸しの具は白玉、かまぼこ、エビ、鶏肉、椎茸でした。

    加工済み_ランチ.jpg

    「栄養バランスを気を配りながら、満足していただけるようボリュームにこだわっています!」と、オーナーさん。
    男性でも満足するがっつり系。
    彼を誘って古民家デートはいかがですか?

    店名 cafe de 70(カフェデナオ)
    住所 兵庫県加西市鶉野町2193 MAP
    定休日 水曜・第2木曜日
    電話番号 0790-20-1233
    営業時間 8:00~17:00
    17:30~21:00(予約者のみ)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    和かふぇ八重庵(カフェ やえあん)

    門をくぐるとノスタルジーな雰囲気が漂う、姫路市飾東町にある和かふぇ八重庵さん。
    明治30年に造られたお庭には四季折々の木々は花々が咲き乱れます。

    加工済み_まとめ用_IMG_8804.jpg

    特にもみじが多く、年々自然に増えているのだそう。
    素敵な雰囲気に誘われてくるのは人間だけではありません。
    ウグイスやキツツキ、カワセミなどの小鳥たちも遊びに来ることも。
    おとぎ話の1ページのようなカフェタイムが楽しめるかもしれませんよ。

    加工済み_まとめ用_IMG_8786.jpg

    9時から12時までの間にドリンクを注文した方に、無料でモーニングセットがついてきます。
    セット内容は、1スライスのパンにサラダ、ゆで卵、その他1品がつくAタイプか、2スライスのパン、ゆで卵、その他1品がつくBタイプから選べます。
    トーストはアーモンドバター、バター、ジャムの3種類。
    特におすすめなのは、きめ細かく作られた自家製のアーモンドバターです。

    加工済み_まとめ用_IMG_8834.jpg

    スイーツのイチオシは本日の気まぐれセット。
    ドリンク代にプラス300円でデザートがついてきます。
    選べる種類は日により異なります。
    窓辺で飲むコーヒーにはお庭の木々たちが写ります。
    癒しのひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

    加工済み_まとめ用_IMG_8890.jpg

    営業は基本的に水曜日から土曜日ですが、臨時休業することもあります。
    HPで確認できますよ。
    八重庵さんをもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

    【関連記事】和かふぇ 八重庵

    八重庵さんの魅力をさらにご紹介!

    店名store 和かふぇ八重庵
    住所place 兵庫県姫路市飾東町八重畑285 MAP
    定休日event_busy 日曜、月曜、火曜。その他臨時休業あり。
    2018年8月は9日~31日まで夏季休業の予定です。
    電話番号phone 079-262-0031
    営業時間query_builder 9:00~17:00(L.O.16:30)
    HPlink 公式HP
    その他chat ・メニューは仕入れにより異なる場合がございます。
    ・お問合せの際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    Himeginger(ヒメジンジャー)

    築100年以上の古民家をカフェとしてオープンしたHimeginger(ヒメジンジャー)さん。
    お店の場所として選んだのは、姫路市飾磨区です。

    加工済み_IMG_9641.jpg

    ソファー席中心の店内はゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。
    庭に続く窓から差し込む光が店内を優しく照らしてくれます。
    姫路のおしゃれな新定番にしたい!という想いもあり、カフェのメニューはかつて姫路の名産品であった生姜を使用したスイーツを主に提供しています。

    加工済み_IMG_9611.jpg

    看板メニューのジンジャーケーキとドリンクのセット(700円/税抜)。
    米粉で作られた生地はしっとりとした仕上がり。
    上のコーティングは生姜ときび砂糖。
    スパイシーな生姜と砂糖が絶妙で、年齢や性別問わず人気なのも頷けます。
    使用している、米粉、たまご、生姜は兵庫県産のものです。

    60671569_591898871317537_2039358683841822720_n.jpg

    米粉で作られたジンジャーミルクプリン(350円/税抜)。
    クセになる生姜の風味と甘さが見事に調和。
    卵不使用なので、アレルギーの方でも食べられますよ。
    ジンジャーサブレが添えられているジンジャーアイス(380円/税抜)、ジンジャースコーン(300円/税抜)もありますよ。
    ケーキ、コメコッタ、アイスはグルテンフリー。
    アレルギーの方でも心配なく食べられますね。

    加工済み_IMG_9608.jpg

    アイス以外の商品はテイクアウト・地方発送ができます。
    お友達の家へ遊びに行くときや帰省手の手土産にもぴったり。
    生姜を使っているので姫路らしさも出せますよ。
    お店へ行くときはナビだと迷う場合があるので行き方動画を公開しています。
    詳しくはこちらでチェックできます。

    店名store Himeginger(ヒメジンジャー)
    住所place 兵庫県姫路市飾磨区天神84-1 MAP
    定休日event_busy 木曜~日曜日
    電話番号phone 090-3490-0431
    営業時間query_builder 10:00~16:00
    HPlink 公式HP
    その他chat お問合せ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    手土産予約方法event_available 電話か公式HP

    坂の上の嬉しなる

    白とからし色の建物が目を引く、坂の上の嬉しなるさん。
    飾東町の坂の上、谷外小学校のすぐそばに建っています。

    加工済み_IMG_8475.jpg

    「みんなで一緒にいただきます!」がコンセプト。
    カフェスペースは好みによってゆったり過ごせるよう、ソファー席、座敷、キッズスペースが用意されています。
    振り子時計の音がマッチする大正ロマンを感じつつもモダンに仕上がっているので、幅広い世代にオシャレ!と人気。

    加工済み_IMG_8485.jpg

    商品は、アレルギーを持っている方を配慮し卵、乳、小麦、大豆といった7大アレルゲンを使っていないものも多くあります。
    プレゼントとして渡すときも安心ですね。
    和素材を活かした洋菓子がメインなので、オリジナリティもばっちり。
    スイーツ作りに使う味噌や糀などはできる限り手作りされています。

    加工済み_IMG_5354.jpg

    多良間黒糖ラテやフルーツ甘酒など特徴的なドリンクも販売されていますが、和素材と並んでメインの材料である「ほうじ茶」も要チェックです。
    朝に炮烙で焙煎した、できたてほやほやの茶葉を使います。
    赤ほうじ茶、青ほうじ茶それぞれ個性があるので、迷った方は飲み比べもおすすめです。

    加工済み_IMG_5309.jpg

    手土産、引き出物、挨拶用などシーンに合わせた焼き菓子の箱詰めもオーダーできます。
    選ぶ商品により値段は前後しますが、7個入り1200円から35個入り5000円ほど。
    お店へ行く際はナビでは分かりにくい箇所もあるので、こちらで紹介している行き方動画を確認してから行くのがおすすめです。

    【関連記事】坂の上の嬉しなる

    魅力をたっぷりご紹介!お店までのアクセス解説動画付き♪

    店名store 坂の上の嬉しなる
    住所place 姫路市飾東町豊国516-1 MAP
    定休日event_busy 日・月・火曜、ほか臨時休業あり。
    電話番号phone 079-229-2277
    営業時間query_builder 10:00~17:00
    その他chat お問い合わせ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    レトロな古民家カフェは、訪れるとほっこりしますよね。
    癒しのカフェタイムを過ごせる人気店をご紹介しましょう!

    農家のごはん「ことほぎ」

    兵庫県神崎郡の旧小國家内にある農家のごはん「ことほぎ」さん。
    合鴨農法のお米、平飼いたまご、農薬化学肥料を使用していない野菜を生産している牛尾農場直営のお店です。

    加工済み_IMG_2940.jpg

    メニューは基本的に自家野菜を中心に考案。
    できる限り小麦を使わない、グルテンフリーを心がけているそう。
    ランチの1番人気は数量限定の、ことほぎランチ(1200円/税抜)
    玄米か白米、みそ汁、漬物、サラダ、週替わりのメインと、日替わりの総菜5種がついてきます。
    ドレッシングやお漬物に至るまで、すべてオーナーさんの手作り。

    加工済み_IMG_3003.jpg

    この日は、菜の花と新玉ねぎのグラタンがメイン。
    副菜は、カブのステーキ、ブロッコリーのペペロンチーノ、にんじんなます、紫芋のバターソテー、里芋のポテトサラダでした。
    一口食べた瞬間「ああ、毎日食卓に出てきてほしい。」とため息ができるほど。
    色とりどりの野菜たちは、一番おいしい状態で出されますよ。

    加工済み_IMG_2990.jpg

    テイクアウトも対応している、おにぎらずセットは、野菜2種とお味噌汁付き。(750円/税抜)
    たまごは自然な環境で育った証のレモンイエローの輝き。
    玉子の隣には、鶏味噌そぼろと、サラダ、が入った食べ応えばっちりの一品です。
    味噌とマヨネーズの組み合わせはクリーミーで間違いないおいしさ。

    加工済み_IMG_2971.jpg

    ことほぎさんのランチでは、身体が本当に求めているものを食べられます。
    心と胃袋の満足度ばっちり。
    シンプルながらも贅沢なお料理を求めて連日にぎわっており、特に日曜、祝日は混み合って入れないこともあるそうなので予約は必須ですよ。
    店内は1階に椅子席、屋根裏には座敷が広がります。
    事前にお子様連れであることを伝えておくと、座敷を確保してもらえます。

    【関連記事】農家のごはん ことほぎ

    ことほぎさんの詳細を動画付きでご紹介!

    店名 農家のごはん ことほぎ
    住所 兵庫県神崎郡福崎町山崎814 MAP
    定休日 火曜・土曜・第一水曜日
    電話番号 090-2068-2073
    営業時間 11:30~16:00(ランチL.o14:00/カフェL.o15:00)
    HP 公式Instagram
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    古民家カフェ「たまゆら」

    さわやかな風の音と、鳥のさえずりが心地いい神戸市西区の古民家カフェ「たまゆら」さん。
    リンリンと可愛らしいベルの付いた扉を開けると、想像以上に広い店内。
    自然光とオレンジ色のランプ、古民家ならではの渋い色合いの柱が落ち着いた空間を演出してくれます。

    加工済み_IMG_3061.jpg

    1番人気は月替わりランチ(1000円/税込み)。
    ごはん、汁物、メイン、小鉢2種類、サラダ、デザート、ドリンクがセットです。
    メインは月替わりで、奇数月は特に人気が高い和風ハンバーグがメインを彩ります。
    偶数月のメインはブログで確認できますよ。
    使用している野菜はお店の前にある、たまゆらさんの畑で採れたものか近所の農家さんから仕入れたものを使用。

    加工済み_IMG_3094.jpg

    訪れた日のメインは、エビクリームコロッケ。
    クリーミーであっさり食べられるホワイトソースと、ころっとしたエビがサクサクの衣にくるまれていました。
    ジューシーな味わいの自家製トマトソースがいいアクセントになっています。
    小鉢のパスタと野菜は揚げ物と相性ばっちりのさっぱり系の味付けに。

    加工済み_IMG_3077.jpg

    デザートはシフォンケーキとフルーツの盛り合わせ。
    ヨーグルトとドライいちごをランダムに入れたシフォンケーキ。
    スイーツは日によって違うそうで、シフォンケーキの味が変わったり、ココナッツケーキになったりするそうです。
    コーヒーはオーナーさんが飲み比べて厳選した、深いコクのあるものを提供しています。

    加工済み_IMG_3087.jpg

    キッズメニューもあるので、小さなお子様連れでも安心。
    駐車場の台数が限られているので、できる限り乗り合わせで来てくださいとのこと。
    席は予約もできるので、事前に電話しておくのがおすすめです。

    店名 古民家カフェ たまゆら
    住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹1358 MAP
    定休日 土曜~月曜日・祝日
    電話番号 090-9272-6675
    営業時間 9:00~15:00
    HP 公式ブログ
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    あまねや 大津長松店

    姫路で人気の和菓子屋「甘音屋」さんの初のカフェが姫路市にあります。
    光が差し込むギャラリースペースと、間接照明で雰囲気たっぷりのカフェスペース。

    加工済み_外観_.jpg

    「カフェをオープンするにあたり、姫路という街の情緒をイメージして創りました。」と、オーナーさん。
    新しいが、どこか懐かしい、それは甘音屋の和菓子に通じるように思いました。
    豊富な種類のスイーツとドリンクが楽しめるのはもちろん、甘音屋さん定番の笑美玉(えみだま)、かりんとう、みたらし団子も購入できますよ。

    加工済み_IMG_3162.jpg

    「WA YOUパフェ かさね(茶)」(800円/税抜)は人気の高いメニューの一つです。
    抹茶のエスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリーなどの和素材が層を織りなしています。
    あんこに使われている小豆は大粒でたっぷり入っているので、食べ応えも充分。
    しっとり、ふわふわ、ぷるぷると違う食感が楽しいパフェになっています。

    加工済み_IMG_3216.jpg

    洗練されたビジュアルのあんみつ「寒晒(かんざらし)」(700円/税抜)。
    上がけの蜜は、黒蜜かエルダーフラワーシロップが選べます。
    どちらも美味しいのですが、エルダーフラワーシロップは想像以上のおいしさが体験できますよ。
    全体的に優しい甘さでさっぱり仕上がっているので、食欲が落ちてきた時でもするっと食べれそうです。

    加工済み_あんみ.jpg

    お店は閑静な住宅街の中にあります。
    駐車場に限りがあるので、乗り合わせていきましょう。
    週末の14時から15時頃までは混み合っていることが多いので、時間をずらしていくのがおすすめですよ。

    店名 あまねや 大津長松店
    住所 姫路市大津区長松424-1 MAP
    定休日 水曜日
    電話番号 079-239-1230
    営業時間 10:00〜18:00(喫茶L.O.17:00)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    【関連記事】甘音屋の美しい和菓子たち

    SNS映えもばっちり!思わず写真が撮りたくなる和菓子をご紹介!


    Cafe de 70(カフェデナオ)

    加西市の鶉野飛行場資料館の隣にあるCafe de 70(カフェデナオ)さん。
    白に緑のコントラストが効いた可愛らしい暖簾が印象的です。

    加工済み_IMG_3238.jpg

    鶯色の壁と障子のモダンなスペースは、店内の左奥にあります。
    モーニングとランチが楽しめる8時から17時まで営業。
    ディナーは1組限定の予約制です。
    4名様から受付け20名様まで。
    利用には前日までの予約が必要ですよ。

    加工済み_IMG_3242.jpg

    日替わりモーニング(600円/税込)の内容は訪れてからのお楽しみ。
    サンドイッチだったり、おにぎりだったり和食・洋食が提供されます。
    メインのほかに、サラダ、ドリンク、デザートがついてきます。
    訪れた日は、具がたっぷり詰まったサンドイッチと苺でした。

    加工済み_IMG_3268.jpg

    11時半からオーダーできる日替わりランチ(900円/税込み)。
    メイン、ライス、小鉢2種類、茶わん蒸し、サラダとコーヒーがついてくるコスパ抜群メニューです。
    この日は特大エビフライと白身魚のフライが主役。
    手作りタルタルソースと合わせていただきます。
    茶わん蒸しの具は白玉、かまぼこ、エビ、鶏肉、椎茸でした。

    加工済み_ランチ.jpg

    「栄養バランスを気を配りながら、満足していただけるようボリュームにこだわっています!」と、オーナーさん。
    男性でも満足するがっつり系。
    彼を誘って古民家デートはいかがですか?

    店名 cafe de 70(カフェデナオ)
    住所 兵庫県加西市鶉野町2193 MAP
    定休日 水曜・第2木曜日
    電話番号 0790-20-1233
    営業時間 8:00~17:00
    17:30~21:00(予約者のみ)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    和かふぇ八重庵(カフェ やえあん)

    門をくぐるとノスタルジーな雰囲気が漂う、姫路市飾東町にある和かふぇ八重庵さん。
    明治30年に造られたお庭には四季折々の木々は花々が咲き乱れます。

    加工済み_まとめ用_IMG_8804.jpg

    特にもみじが多く、年々自然に増えているのだそう。
    素敵な雰囲気に誘われてくるのは人間だけではありません。
    ウグイスやキツツキ、カワセミなどの小鳥たちも遊びに来ることも。
    おとぎ話の1ページのようなカフェタイムが楽しめるかもしれませんよ。

    加工済み_まとめ用_IMG_8786.jpg

    9時から12時までの間にドリンクを注文した方に、無料でモーニングセットがついてきます。
    セット内容は、1スライスのパンにサラダ、ゆで卵、その他1品がつくAタイプか、2スライスのパン、ゆで卵、その他1品がつくBタイプから選べます。
    トーストはアーモンドバター、バター、ジャムの3種類。
    特におすすめなのは、きめ細かく作られた自家製のアーモンドバターです。

    加工済み_まとめ用_IMG_8834.jpg

    スイーツのイチオシは本日の気まぐれセット。
    ドリンク代にプラス300円でデザートがついてきます。
    選べる種類は日により異なります。
    窓辺で飲むコーヒーにはお庭の木々たちが写ります。
    癒しのひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

    加工済み_まとめ用_IMG_8890.jpg

    営業は基本的に水曜日から土曜日ですが、臨時休業することもあります。
    HPで確認できますよ。
    八重庵さんをもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

    【関連記事】和かふぇ 八重庵

    八重庵さんの魅力をさらにご紹介!

    店名store 和かふぇ八重庵
    住所place 兵庫県姫路市飾東町八重畑285 MAP
    定休日event_busy 日曜、月曜、火曜。その他臨時休業あり。
    2018年8月は9日~31日まで夏季休業の予定です。
    電話番号phone 079-262-0031
    営業時間query_builder 9:00~17:00(L.O.16:30)
    HPlink 公式HP
    その他chat ・メニューは仕入れにより異なる場合がございます。
    ・お問合せの際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    Himeginger(ヒメジンジャー)

    築100年以上の古民家をカフェとしてオープンしたHimeginger(ヒメジンジャー)さん。
    お店の場所として選んだのは、姫路市飾磨区です。

    加工済み_IMG_9641.jpg

    ソファー席中心の店内はゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。
    庭に続く窓から差し込む光が店内を優しく照らしてくれます。
    姫路のおしゃれな新定番にしたい!という想いもあり、カフェのメニューはかつて姫路の名産品であった生姜を使用したスイーツを主に提供しています。

    加工済み_IMG_9611.jpg

    看板メニューのジンジャーケーキとドリンクのセット(700円/税抜)。
    米粉で作られた生地はしっとりとした仕上がり。
    上のコーティングは生姜ときび砂糖。
    スパイシーな生姜と砂糖が絶妙で、年齢や性別問わず人気なのも頷けます。
    使用している、米粉、たまご、生姜は兵庫県産のものです。

    60671569_591898871317537_2039358683841822720_n.jpg

    米粉で作られたジンジャーミルクプリン(350円/税抜)。
    クセになる生姜の風味と甘さが見事に調和。
    卵不使用なので、アレルギーの方でも食べられますよ。
    ジンジャーサブレが添えられているジンジャーアイス(380円/税抜)、ジンジャースコーン(300円/税抜)もありますよ。
    ケーキ、コメコッタ、アイスはグルテンフリー。
    アレルギーの方でも心配なく食べられますね。

    加工済み_IMG_9608.jpg

    アイス以外の商品はテイクアウト・地方発送ができます。
    お友達の家へ遊びに行くときや帰省手の手土産にもぴったり。
    生姜を使っているので姫路らしさも出せますよ。
    お店へ行くときはナビだと迷う場合があるので行き方動画を公開しています。
    詳しくはこちらでチェックできます。

    店名store Himeginger(ヒメジンジャー)
    住所place 兵庫県姫路市飾磨区天神84-1 MAP
    定休日event_busy 木曜~日曜日
    電話番号phone 090-3490-0431
    営業時間query_builder 10:00~16:00
    HPlink 公式HP
    その他chat お問合せ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    手土産予約方法event_available 電話か公式HP

    坂の上の嬉しなる

    白とからし色の建物が目を引く、坂の上の嬉しなるさん。
    飾東町の坂の上、谷外小学校のすぐそばに建っています。

    加工済み_IMG_8475.jpg

    「みんなで一緒にいただきます!」がコンセプト。
    カフェスペースは好みによってゆったり過ごせるよう、ソファー席、座敷、キッズスペースが用意されています。
    振り子時計の音がマッチする大正ロマンを感じつつもモダンに仕上がっているので、幅広い世代にオシャレ!と人気。

    加工済み_IMG_8485.jpg

    商品は、アレルギーを持っている方を配慮し卵、乳、小麦、大豆といった7大アレルゲンを使っていないものも多くあります。
    プレゼントとして渡すときも安心ですね。
    和素材を活かした洋菓子がメインなので、オリジナリティもばっちり。
    スイーツ作りに使う味噌や糀などはできる限り手作りされています。

    加工済み_IMG_5354.jpg

    多良間黒糖ラテやフルーツ甘酒など特徴的なドリンクも販売されていますが、和素材と並んでメインの材料である「ほうじ茶」も要チェックです。
    朝に炮烙で焙煎した、できたてほやほやの茶葉を使います。
    赤ほうじ茶、青ほうじ茶それぞれ個性があるので、迷った方は飲み比べもおすすめです。

    加工済み_IMG_5309.jpg

    手土産、引き出物、挨拶用などシーンに合わせた焼き菓子の箱詰めもオーダーできます。
    選ぶ商品により値段は前後しますが、7個入り1200円から35個入り5000円ほど。
    お店へ行く際はナビでは分かりにくい箇所もあるので、こちらで紹介している行き方動画を確認してから行くのがおすすめです。

    【関連記事】坂の上の嬉しなる

    魅力をたっぷりご紹介!お店までのアクセス解説動画付き♪

    店名store 坂の上の嬉しなる
    住所place 姫路市飾東町豊国516-1 MAP
    定休日event_busy 日・月・火曜、ほか臨時休業あり。
    電話番号phone 079-229-2277
    営業時間query_builder 10:00~17:00
    その他chat お問い合わせ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    レトロな古民家カフェは、訪れるとほっこりしますよね。
    癒しのカフェタイムを過ごせる人気店をご紹介しましょう!

    農家のごはん「ことほぎ」

    兵庫県神崎郡の旧小國家内にある農家のごはん「ことほぎ」さん。
    合鴨農法のお米、平飼いたまご、農薬化学肥料を使用していない野菜を生産している牛尾農場直営のお店です。

    加工済み_IMG_2940.jpg

    メニューは基本的に自家野菜を中心に考案。
    できる限り小麦を使わない、グルテンフリーを心がけているそう。
    ランチの1番人気は数量限定の、ことほぎランチ(1200円/税抜)
    玄米か白米、みそ汁、漬物、サラダ、週替わりのメインと、日替わりの総菜5種がついてきます。
    ドレッシングやお漬物に至るまで、すべてオーナーさんの手作り。

    加工済み_IMG_3003.jpg

    この日は、菜の花と新玉ねぎのグラタンがメイン。
    副菜は、カブのステーキ、ブロッコリーのペペロンチーノ、にんじんなます、紫芋のバターソテー、里芋のポテトサラダでした。
    一口食べた瞬間「ああ、毎日食卓に出てきてほしい。」とため息ができるほど。
    色とりどりの野菜たちは、一番おいしい状態で出されますよ。

    加工済み_IMG_2990.jpg

    テイクアウトも対応している、おにぎらずセットは、野菜2種とお味噌汁付き。(750円/税抜)
    たまごは自然な環境で育った証のレモンイエローの輝き。
    玉子の隣には、鶏味噌そぼろと、サラダ、が入った食べ応えばっちりの一品です。
    味噌とマヨネーズの組み合わせはクリーミーで間違いないおいしさ。

    加工済み_IMG_2971.jpg

    ことほぎさんのランチでは、身体が本当に求めているものを食べられます。
    心と胃袋の満足度ばっちり。
    シンプルながらも贅沢なお料理を求めて連日にぎわっており、特に日曜、祝日は混み合って入れないこともあるそうなので予約は必須ですよ。
    店内は1階に椅子席、屋根裏には座敷が広がります。
    事前にお子様連れであることを伝えておくと、座敷を確保してもらえます。

    【関連記事】農家のごはん ことほぎ

    ことほぎさんの詳細を動画付きでご紹介!

    店名 農家のごはん ことほぎ
    住所 兵庫県神崎郡福崎町山崎814 MAP
    定休日 火曜・土曜・第一水曜日
    電話番号 090-2068-2073
    営業時間 11:30~16:00(ランチL.o14:00/カフェL.o15:00)
    HP 公式Instagram
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    古民家カフェ「たまゆら」

    さわやかな風の音と、鳥のさえずりが心地いい神戸市西区の古民家カフェ「たまゆら」さん。
    リンリンと可愛らしいベルの付いた扉を開けると、想像以上に広い店内。
    自然光とオレンジ色のランプ、古民家ならではの渋い色合いの柱が落ち着いた空間を演出してくれます。

    加工済み_IMG_3061.jpg

    1番人気は月替わりランチ(1000円/税込み)。
    ごはん、汁物、メイン、小鉢2種類、サラダ、デザート、ドリンクがセットです。
    メインは月替わりで、奇数月は特に人気が高い和風ハンバーグがメインを彩ります。
    偶数月のメインはブログで確認できますよ。
    使用している野菜はお店の前にある、たまゆらさんの畑で採れたものか近所の農家さんから仕入れたものを使用。

    加工済み_IMG_3094.jpg

    訪れた日のメインは、エビクリームコロッケ。
    クリーミーであっさり食べられるホワイトソースと、ころっとしたエビがサクサクの衣にくるまれていました。
    ジューシーな味わいの自家製トマトソースがいいアクセントになっています。
    小鉢のパスタと野菜は揚げ物と相性ばっちりのさっぱり系の味付けに。

    加工済み_IMG_3077.jpg

    デザートはシフォンケーキとフルーツの盛り合わせ。
    ヨーグルトとドライいちごをランダムに入れたシフォンケーキ。
    スイーツは日によって違うそうで、シフォンケーキの味が変わったり、ココナッツケーキになったりするそうです。
    コーヒーはオーナーさんが飲み比べて厳選した、深いコクのあるものを提供しています。

    加工済み_IMG_3087.jpg

    キッズメニューもあるので、小さなお子様連れでも安心。
    駐車場の台数が限られているので、できる限り乗り合わせで来てくださいとのこと。
    席は予約もできるので、事前に電話しておくのがおすすめです。

    店名 古民家カフェ たまゆら
    住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹1358 MAP
    定休日 土曜~月曜日・祝日
    電話番号 090-9272-6675
    営業時間 9:00~15:00
    HP 公式ブログ
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    あまねや 大津長松店

    姫路で人気の和菓子屋「甘音屋」さんの初のカフェが姫路市にあります。
    光が差し込むギャラリースペースと、間接照明で雰囲気たっぷりのカフェスペース。

    加工済み_外観_.jpg

    「カフェをオープンするにあたり、姫路という街の情緒をイメージして創りました。」と、オーナーさん。
    新しいが、どこか懐かしい、それは甘音屋の和菓子に通じるように思いました。
    豊富な種類のスイーツとドリンクが楽しめるのはもちろん、甘音屋さん定番の笑美玉(えみだま)、かりんとう、みたらし団子も購入できますよ。

    加工済み_IMG_3162.jpg

    「WA YOUパフェ かさね(茶)」(800円/税抜)は人気の高いメニューの一つです。
    抹茶のエスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリーなどの和素材が層を織りなしています。
    あんこに使われている小豆は大粒でたっぷり入っているので、食べ応えも充分。
    しっとり、ふわふわ、ぷるぷると違う食感が楽しいパフェになっています。

    加工済み_IMG_3216.jpg

    洗練されたビジュアルのあんみつ「寒晒(かんざらし)」(700円/税抜)。
    上がけの蜜は、黒蜜かエルダーフラワーシロップが選べます。
    どちらも美味しいのですが、エルダーフラワーシロップは想像以上のおいしさが体験できますよ。
    全体的に優しい甘さでさっぱり仕上がっているので、食欲が落ちてきた時でもするっと食べれそうです。

    加工済み_あんみ.jpg

    お店は閑静な住宅街の中にあります。
    駐車場に限りがあるので、乗り合わせていきましょう。
    週末の14時から15時頃までは混み合っていることが多いので、時間をずらしていくのがおすすめですよ。

    店名 あまねや 大津長松店
    住所 姫路市大津区長松424-1 MAP
    定休日 水曜日
    電話番号 079-239-1230
    営業時間 10:00〜18:00(喫茶L.O.17:00)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    【関連記事】甘音屋の美しい和菓子たち

    SNS映えもばっちり!思わず写真が撮りたくなる和菓子をご紹介!


    Cafe de 70(カフェデナオ)

    加西市の鶉野飛行場資料館の隣にあるCafe de 70(カフェデナオ)さん。
    白に緑のコントラストが効いた可愛らしい暖簾が印象的です。

    加工済み_IMG_3238.jpg

    鶯色の壁と障子のモダンなスペースは、店内の左奥にあります。
    モーニングとランチが楽しめる8時から17時まで営業。
    ディナーは1組限定の予約制です。
    4名様から受付け20名様まで。
    利用には前日までの予約が必要ですよ。

    加工済み_IMG_3242.jpg

    日替わりモーニング(600円/税込)の内容は訪れてからのお楽しみ。
    サンドイッチだったり、おにぎりだったり和食・洋食が提供されます。
    メインのほかに、サラダ、ドリンク、デザートがついてきます。
    訪れた日は、具がたっぷり詰まったサンドイッチと苺でした。

    加工済み_IMG_3268.jpg

    11時半からオーダーできる日替わりランチ(900円/税込み)。
    メイン、ライス、小鉢2種類、茶わん蒸し、サラダとコーヒーがついてくるコスパ抜群メニューです。
    この日は特大エビフライと白身魚のフライが主役。
    手作りタルタルソースと合わせていただきます。
    茶わん蒸しの具は白玉、かまぼこ、エビ、鶏肉、椎茸でした。

    加工済み_ランチ.jpg

    「栄養バランスを気を配りながら、満足していただけるようボリュームにこだわっています!」と、オーナーさん。
    男性でも満足するがっつり系。
    彼を誘って古民家デートはいかがですか?

    店名 cafe de 70(カフェデナオ)
    住所 兵庫県加西市鶉野町2193 MAP
    定休日 水曜・第2木曜日
    電話番号 0790-20-1233
    営業時間 8:00~17:00
    17:30~21:00(予約者のみ)
    HP 公式HP
    その他 お問い合わせ・ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    予約方法 電話

    姫路のオシャレな雑貨屋さん

    アンティーク・古道具の取り扱いもある雑貨屋さん巡りに行きませんか?


    和かふぇ八重庵(カフェ やえあん)

    門をくぐるとノスタルジーな雰囲気が漂う、姫路市飾東町にある和かふぇ八重庵さん。
    明治30年に造られたお庭には四季折々の木々は花々が咲き乱れます。

    加工済み_まとめ用_IMG_8804.jpg

    特にもみじが多く、年々自然に増えているのだそう。
    素敵な雰囲気に誘われてくるのは人間だけではありません。
    ウグイスやキツツキ、カワセミなどの小鳥たちも遊びに来ることも。
    おとぎ話の1ページのようなカフェタイムが楽しめるかもしれませんよ。

    加工済み_まとめ用_IMG_8786.jpg

    9時から12時までの間にドリンクを注文した方に、無料でモーニングセットがついてきます。
    セット内容は、1スライスのパンにサラダ、ゆで卵、その他1品がつくAタイプか、2スライスのパン、ゆで卵、その他1品がつくBタイプから選べます。
    トーストはアーモンドバター、バター、ジャムの3種類。
    特におすすめなのは、きめ細かく作られた自家製のアーモンドバターです。

    加工済み_まとめ用_IMG_8834.jpg

    スイーツのイチオシは本日の気まぐれセット。
    ドリンク代にプラス300円でデザートがついてきます。
    選べる種類は日により異なります。
    窓辺で飲むコーヒーにはお庭の木々たちが写ります。
    癒しのひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

    加工済み_まとめ用_IMG_8890.jpg

    営業は基本的に水曜日から土曜日ですが、臨時休業することもあります。
    HPで確認できますよ。
    八重庵さんをもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

    【関連記事】和かふぇ 八重庵

    八重庵さんの魅力をさらにご紹介!

    店名store 和かふぇ八重庵
    住所place 兵庫県姫路市飾東町八重畑285 MAP
    定休日event_busy 日曜、月曜、火曜。その他臨時休業あり。
    2018年8月は9日~31日まで夏季休業の予定です。
    電話番号phone 079-262-0031
    営業時間query_builder 9:00~17:00(L.O.16:30)
    HPlink 公式HP
    その他chat ・メニューは仕入れにより異なる場合がございます。
    ・お問合せの際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。

    Himeginger(ヒメジンジャー)

    築100年以上の古民家をカフェとしてオープンしたHimeginger(ヒメジンジャー)さん。
    お店の場所として選んだのは、姫路市飾磨区です。

    加工済み_IMG_9641.jpg

    ソファー席中心の店内はゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。
    庭に続く窓から差し込む光が店内を優しく照らしてくれます。
    姫路のおしゃれな新定番にしたい!という想いもあり、カフェのメニューはかつて姫路の名産品であった生姜を使用したスイーツを主に提供しています。

    加工済み_IMG_9611.jpg

    看板メニューのジンジャーケーキとドリンクのセット(700円/税抜)。
    米粉で作られた生地はしっとりとした仕上がり。
    上のコーティングは生姜ときび砂糖。
    スパイシーな生姜と砂糖が絶妙で、年齢や性別問わず人気なのも頷けます。
    使用している、米粉、たまご、生姜は兵庫県産のものです。

    60671569_591898871317537_2039358683841822720_n.jpg

    米粉で作られたジンジャーミルクプリン(350円/税抜)。
    クセになる生姜の風味と甘さが見事に調和。
    卵不使用なので、アレルギーの方でも食べられますよ。
    ジンジャーサブレが添えられているジンジャーアイス(380円/税抜)、ジンジャースコーン(300円/税抜)もありますよ。
    ケーキ、コメコッタ、アイスはグルテンフリー。
    アレルギーの方でも心配なく食べられますね。

    加工済み_IMG_9608.jpg

    アイス以外の商品はテイクアウト・地方発送ができます。
    お友達の家へ遊びに行くときや帰省手の手土産にもぴったり。
    生姜を使っているので姫路らしさも出せますよ。
    お店へ行くときはナビだと迷う場合があるので行き方動画を公開しています。
    詳しくはこちらでチェックできます。

    店名store Himeginger(ヒメジンジャー)
    住所place 兵庫県姫路市飾磨区天神84-1 MAP
    定休日event_busy 木曜~日曜日
    電話番号phone 090-3490-0431
    営業時間query_builder 10:00~16:00
    HPlink 公式HP
    その他chat お問合せ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    手土産予約方法event_available 電話か公式HP

    坂の上の嬉しなる

    白とからし色の建物が目を引く、坂の上の嬉しなるさん。
    飾東町の坂の上、谷外小学校のすぐそばに建っています。

    加工済み_IMG_8475.jpg

    「みんなで一緒にいただきます!」がコンセプト。
    カフェスペースは好みによってゆったり過ごせるよう、ソファー席、座敷、キッズスペースが用意されています。
    振り子時計の音がマッチする大正ロマンを感じつつもモダンに仕上がっているので、幅広い世代にオシャレ!と人気。

    加工済み_IMG_8485.jpg

    商品は、アレルギーを持っている方を配慮し卵、乳、小麦、大豆といった7大アレルゲンを使っていないものも多くあります。
    プレゼントとして渡すときも安心ですね。
    和素材を活かした洋菓子がメインなので、オリジナリティもばっちり。
    スイーツ作りに使う味噌や糀などはできる限り手作りされています。

    加工済み_IMG_5354.jpg

    多良間黒糖ラテやフルーツ甘酒など特徴的なドリンクも販売されていますが、和素材と並んでメインの材料である「ほうじ茶」も要チェックです。
    朝に炮烙で焙煎した、できたてほやほやの茶葉を使います。
    赤ほうじ茶、青ほうじ茶それぞれ個性があるので、迷った方は飲み比べもおすすめです。

    加工済み_IMG_5309.jpg

    手土産、引き出物、挨拶用などシーンに合わせた焼き菓子の箱詰めもオーダーできます。
    選ぶ商品により値段は前後しますが、7個入り1200円から35個入り5000円ほど。
    お店へ行く際はナビでは分かりにくい箇所もあるので、こちらで紹介している行き方動画を確認してから行くのがおすすめです。

    【関連記事】坂の上の嬉しなる

    魅力をたっぷりご紹介!お店までのアクセス解説動画付き♪

    店名store 坂の上の嬉しなる
    住所place 姫路市飾東町豊国516-1 MAP
    定休日event_busy 日・月・火曜、ほか臨時休業あり。
    電話番号phone 079-229-2277
    営業時間query_builder 10:00~17:00
    その他chat お問い合わせ、ご予約の際は「姫路みたい」を見た。とお伝えいただくとスムーズです。
    2019年5月16日時点での情報です。
    この記事は面白かったですか? (評価ボタンをクリックするとポイントがたまります。※要ログイン)
    みたいにゃ よかった顔
    よかった
    80%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    ふつう
    1%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    いまいち
    2%
    1