新春ふくふく夢前七福神めぐり

新春ふくふく夢前七福神めぐり
目次

    七福神巡りは、七つの難が滅び七つの福が生じると言われています。 御朱印帳をたずさえて神社仏閣歩きが趣味の方には、新春にふさわしい福徳巡りをしてみませんか?御朱印には興味があるけれど最初の一歩が踏みだせない方がいたら、夢前七福神巡りでデビューしましょう。各寺に御朱印を記して頂ける色紙が用意されています。

    選りすぐり日帰り温泉3選

    おしゃれでお得な姫路の日帰り温泉を紹介します。ほっこり、まったりしてみませんか?

    布袋尊(ほていそん) 通宝山弥勒寺 天台宗

    pAIMG_8574.jpg


    長保2年(1000年)性空上人が草庵を結ばれ隠棲されたのが始まりで、書寫山圓教寺の奥の院と呼ばれています。本堂とご本尊弥勒菩薩は国指定重要文化財。普段は非公開ですが、お正月は特別拝観ができます。

    ppAIMG_8710.jpg

    布袋さまは弥勒仏の化身とされ、七福神の中で唯一実在の人物と伝えられています。大きな袋を背負った太鼓腹のスキンヘッド僧侶として描かれる布袋尊。にこにこと笑顔をたやさないポジティブな神様は、成功、金運、福徳のご利益を授けてくださいます。

    ppIMG_9944.jpg

    除夜から元旦にかけて参拝すると、縁起がよいとされる二年参りができます。正月3ケ日は甘酒のおもてなしがあります。

     
    第一番札所terrain 通宝山 弥勒寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町寺1051 MAP
    お問合せ先phone 079-335-0330
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    寿老人(じゅろうじん) 莇野山正覚寺 天台宗

    IMG_9056.JPG

    長保4年(1004年)性空上人により堂山山上に建立されたと伝えられ、江戸時代の宝暦年間に現在地に移築されました。ご本尊は阿弥陀如来。おみくじの創始者とされる元三大師もお祀りされています。

    AIMG_9044.jpg

    寿老人は、幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。南極星の化身とも言われ、福を招く芭蕉扇、長壽を示す杖、禄に繋がる鹿を従える姿に表されることが多くあります。福禄寿とは同体異名ともされます。

    AIMG_9064.jpg

    お正月の3日間は、お茶と茶菓子のおもてなしがあります。

     
    第二番札所terrain 莇野山 正覚寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町戸倉419MAP
    お問合せ先phone 079-336-2638
    079-336-0933(圓楽寺)
    駐車場local_parking 有(無料)

    福禄寿(ふくろくじゅ) 金林山真楽寺 高野山真言宗

    pAIMG_9024.jpg


    書大永元年(1521年)に覚尊上人により創建されたお寺で、入り口には馬頭観音を祀る若宮社があり受験シーズンには遠方より沢山のお参りがあります。護摩堂に雪彦山護国寺筆頭鎮護寺本尊大日如来がお祀りされています。

    pAIMG_9000.jpg

    幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。背は低く、長い頭に長い髭の容貌。巻物を結んだ杖を持ち、長寿のシンボルとして鶴を従えています。健康長寿の神、人徳の神として信仰されています。

    pAIMG_8988.jpg

    新春夢前七福神の3日間は、村人が育てた大根と地元酒蔵「壺坂酒造」の酒粕で作ったかす汁がふるまわれます。

     
    第三番札所terrain 金林山 真楽寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内己527 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0105
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    毘沙門天(びしゃもんてん) 八正山生福寺 高野山真言宗

    AIMG_8968.jpg


    正保元年(1664年)後光明天皇代に僧台坊上人が御出座しのときに創建されました。当時は地蔵院と号し、地蔵菩薩をご本尊に脇佛に毘沙門天がお祀りされました。宝暦元年(1751年)現在の地に移転し生福寺と改められました。

    AIMG_8948.jpg

    持国天、増長天、広目天と共に多聞天と呼ばれる四天王の一尊。右手に宝塔、左手に宝棒と三叉戟ほこを持ち、甲冑姿の勇ましい姿をしています。武神であるところから勝負事にご利益があると崇められ、恵比寿や大黒天にならぶ福の神としても人気があります。

    AIMG_8933.jpg

    通常は境内の毘沙門天にお詣りしますが、お正月はご本堂に安置されているご本尊が特別公開されます。

     
    第四番札所terrain 八正山 生福寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内甲442 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0146
    駐車場local_parking 有(無料)

    大黒天(だいこくてん) 百丈山臨済寺 臨済宗

    AIMG_9080.jpg

    康暦元年(1379年)播磨の領主赤松義則が京より招いた別峰大殊円光国師により開山。姫路城主松平直矩が大龍寺から霊應紹泉和尚を中興開山に招き、延宝3年(1675年)復興した経緯があります。夢前で臨済宗の中心地となっています。

    AIMG_9092.jpg

    米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者の姿かたちで表される大黒様。食物、農業をつかさどる糧食財宝の神です。一家を支える人を大黒柱というように、大福徳を授けてくださいます。

    AIMG_9113.jpg

    お正月の3日間は、夢前名物のたまごせんべいと柚子茶でおもてなしくださいます。カーナビの案内は迷うことがあるようです。グーグルマップを利用してお詣りしてください。

     
    第五番札所terrain 百丈山 臨済寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町新庄1468-4 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0198
    駐車場local_parking 有(無料)

    恵比寿(えびす) 一乗山蓮華寺 天台宗

    IMG_9497.jpg

    天長年中(824年~833年)慈覚大師の建立と伝えられる蓮華寺。寺の名にふさわしく蓮の季節には参道や境内に咲き乱れます。愛宕山麓の斜面を削りとった桁行九間、梁間三間、貫三段の木造懸造りのご本堂はうっとり見とれる美しさです。

    IMG_9469.jpg

    ふくよかな満面の笑み「えびす顔」をたたえる豊漁と商売繁盛の神様です。恵比寿さまが抱える鯛は、すべてのめでたいことを授ける証とされ、釣竿の一筋の糸は、足ることを知るありがたさを示しています。正直者に福を与えてくださいます。

    IMG_9492.jpg

    お正月の間はご本堂が開帳され、御朱印もご本堂で拝受されます。みかんのおもてなしの他、新春の絵馬を無料でご奉納させていただけます。

     
    第六番札所terrain 一乗山 蓮華寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町杉之内291 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0818
    駐車場local_parking 有(無料)

    弁財天(べんざいてん) 冨田山性海寺 天台宗

    IMG_9527.jpg

    霊亀2年(716年)徳道上人により開山されました。室町時代は播磨の守護赤松氏、英賀城主三木氏庇護を受け、江戸年間は僧知琳、衣笠氏、有賀氏の援助を得、存亡の危機を乗り越えました。弁天堂は1975年に宮置中心地より遍座したものです。

    IMG_9537.jpg

    ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが原型といわれている弁才天は、学問、芸術の保護神です。インドの河川の守護を司ることから、人の汚れを払い幸せと富をもたらすご利益や、子孫繁栄を恵むご加護もあります。

    IMG_3785.jpg

    ご本堂の左手に新春のめでたさを象徴する五葉松があります。樹齢400年の老木にあやかり一年の門出を祝いましょう。おもてなしに甘酒がふるまわれます。

     
    第七番札所terrain 冨田山 性海寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町宮置812MAP
    お問合せ先phone 079-335-1988
    駐車場local_parking 有(無料)

    楽しく七福神巡り

    御朱印は神様を参拝した証です。一期一会のご縁を頂戴するのですから、失礼のないように参拝したいですね。
    最初に手水舎ちょうずやで身を清めます。作用は右手に持った柄杓で水を汲み、左手にかけます。柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。もう一度柄杓を右手に持ち左手の平で水を受け、口をすすぎます。柄杓を立てるようにして、残った水で触れた柄を清めます。
    賽銭は参拝前に入れ、鈴がある場合は鳴らします。二礼二拍手一礼をもって参拝します。
    御朱印の御代は、神様に参拝するご縁を頂いた気持ちを志納するものです。お釣りがないようにあらかじめ小銭を用意しておきます。夢前七福神の御朱印初穂料は300円です。
    マナーや節度を守れば、七福神巡りはもっと楽しくなります。神様も喜んでくださるでしょう。

    七福神_map.png

    いにしえから、正月は枕の下に七福神や宝船の絵を入れてる慣わしがありました。そうして見た初夢は、神様のご加護があり必ず叶えられると信じられてきたのです。夢前七福神巡りの色紙は、宝船に一同に介する神様が描かれています。さらに神様とご縁を結んだ証の御朱印がしるされていますから、一年の幸せをもたらす縁起物になります。

    It is said that visiting the seven lucky deities will remove your seven difficulties and give you seven blessings. I recommend collecting red ink stamps in a stamp book which you can buy at those temples.

    選りすぐり日帰り温泉3選

    おしゃれでお得な姫路の日帰り温泉を紹介します。ほっこり、まったりしてみませんか?

    Hotei deity of Miroku temple in Tendai sect

    pAIMG_8574.jpg


    Buddhist priest called Shoukuu built his small house here 1000 years ago. The Miroku Bodhisattva in the main hall is designated as an important cultural assets and can only be seen during the New Year holiday.

    ppAIMG_8710.jpg

    The Hotei deity is considered to be the incarnation of the Miroku Buddha, who is said to be the only real person among the seven lucky deities. Hotei has a bowl head and carries a big bag on the shoulder. The positive, smiling deity is said to bring you success, money and wealth.

    ppIMG_9944.jpg

    Visiting around midnight on New Year's Day is regarded as an auspicious time to visit twice a year. Sweet non-alcohol sake will be served for free between the 1st and 3rd of January.

     
    Temple nameterrain Miroku temple
    Street Addressplace Tera, Yumesaki-cho, Himeji MAP
    Contact informationphone 079-335-0330
    Parkinglocal_parking Free parking is available
    Official homepagelink 公式ホームページ

    Juroujin deity of Shougaku temple in Tendai sect

    IMG_9056.JPG

    The Shoukuu Buddhist priest originally built the temple on the top of a mountain and later moved it to its current location during the Edo period. The Amitabha Buddha and Gansan great teacher who used to make fortune slips are worshiped there.

    AIMG_9044.jpg

    Jurou-jin is a deity of the three virtues of fortune, wealth and longevity. He said to be the incarnation of the Antarctic star, and he holds a fan which brings good fortune, a cane which brings longevity, and has a deer standing next to him.

    AIMG_9064.jpg

    Green tea and sweets will be served for free between the 1st and 3rd of January.

     
    Temple nameterrain Shougaku temple
    Street addressplace 419, Tokura, Yumesaki-cho, HimejiMAP
    Contact informationphone 079-336-2638
    079-336-0933(圓楽寺)
    Parking local_parking Free parking is available.

    Furokuju deity of Shinraku temple in Shingon sect

    pAIMG_9024.jpg


    A priest called Kakuson built the temple in 1521. Lots of students preparing for exams visit here every year to pray to the patron saint of study are worshiped there.

    pAIMG_9000.jpg

    This picture shows the deity of fortune, property and longevity who has a long head and beard. He holds a cane and a scroll, and has a crane which is a symbol of longevity is standing by him.

    pAIMG_8988.jpg

    Soup made with the local radish and sake lees is served for free between the 1st and 3rd of January.

     
    Temple nameterrain Shinraku temple
    Street Addressplace 527, Otsu, Yamanouchi, Yumesaki-cho, Himeji MAP
    Contact informationphone 079-338-0105
    Parkinglocal_parking Free parking is available.
    Official homepagelink 公式ホームページ

    Bishatenmon deity of Shouhuku temple in the Shingon sect

    AIMG_8968.jpg


    The temple was built by a priest called Soudai in 1664, and was originally called Jizo temple. Jizo was worshiped as the guardian deity of children and later on the name changed to Shoufuku temple after it was transferred to its current location. Bothe the Jizo and Bishamonten deities are currently worshiped here.

    AIMG_8948.jpg

    The Bishamonten is a popular deity of competition and guards the temple with three other guardians. He holds a torch in his right hand, a stick and pike in his left hand, and wears a suit of armor.

    AIMG_8933.jpg

    Local people pray to the main Bishamonten during only the New Year holiday.

     
    Temple nameterrain Shoufuku temple
    Street Addressplace 442, kou, Yamanouchi, Yumesaki MAP
    Contact Informationphone 079-338-0146
    Parkinglocal_parking Free parking is available.

    Daikokuten deity of Rinzai temple in the Rizai sect

    AIMG_9080.jpg

    The temple was built by a priest called Enkou in 1379. The original temple disappeared but the lord of the castle Matusudaira asked a priest called Shousen to rebuild it in 1675.This temple is the main Rinzai sect temple in Yumesaki.

    AIMG_9092.jpg

    The Daikoku deity has an enigmatic smile and sits on a straw bag of rice holding a magic mallet, and is said to be a deity of food, agriculture, treasure and fortune.

    AIMG_9113.jpg

    They provide free Yuzu (citrus fruit) tea and rice and egg cracker between the 1st and 3rd of January. Some people get lost even when they use their car navigation system, so we recommend using the Google maps.

     
    Temple nameterrain Rinzai temple
    Street Addressplace 1468-4, Shinshou, Yumesaki, Himeji MAP
    Contact Informationphone 079-336-0198
    Parkinglocal_parking Free parking is available.

    Ebisu deity of Renge temple in the Tendai sect

    IMG_9497.jpg

    The temple was built by a priest called Jigaku in 824. As its name suggests, lotus flowers bloom in the precincts as spring approaches. You can also see the beautiful wooden Kakezukuri (scaffolding) building with lotus flowers.

    IMG_9469.jpg

    The deity has a happy face and is responsible for fishing and business. The sea bream which Ebisu holds is said to give people auspicious things, and the line of the fishing rod's thread represents the importance of understanding that we should be satisfied with what we have, and not want for more. He will give happiness to people who are honest.

    IMG_9492.jpg

    On New Year’s Day, you can worship the main hall which is going to be opened during the New Year’s Day, and receive red stamp on a stamp book there. Free mandarin orange and a votive picture of a horse also offered during the period.

     
    Temple Nameterrain Renge Temple
    Street Addressplace 291, Suginouchi, Yumesaki, Himeji MAP
    Contact Informationphone 079-336-0818
    Parkinglocal_parking Free parking is available.

    Benzaiten deity of Shoukai temple in the Tendai sect

    IMG_9527.jpg

    The temple was built by a priest called Tokujou has repeatedly needed to be repaired and has been helped by various important officials helped it over the years.

    IMG_9537.jpg

    The Benzaiten deity is modeled after the Hindu goddess Sarasvati, and is said to be a deity of study and art. The Sarasvati is also said to protect the rivers in India, Benzai deity also is said to drive out evil spirits, bring fortune, wealth and prosperity.

    IMG_3785.jpg

    り一年の門出を祝いましょう。おもてなしに甘酒がふるまわれます。 You can see the auspicious the 400 year-old pine tree on the left of the precinct while drinking free, non-alcohol sweet sake.

     
    Temple Nameterrain Shoukai temple
    Street Addressplace 812, Miyaoki, Yumesaki, HimejiMAP
    Contact Informationphone 079-335-1988
    Parkinglocal_parking Free parking is available.

    How to enjoy visiting these seven temples

    Getting the red seal is proof that you have visited the temple. I will tell you the right way to pray to god as the time you visit a temple may be a special occasion. First, go to the place to clean your hands and mouth with water, then scoop water with a ladle in your right hand and wash your left hand, hold the ladle in your left hand and wash your right hand, and finally hold the ladle in your right hand and scoop some water with your left palm and rinse your mouth. Scoop some water into the ladle and raise it up so that water runs down the handle and cleans it. If there is a bell, please ring it, Bow twice, clap twice and then bow one more time. If your manners are good the deities will be pleased with you.

    七福神_map.png

    From ancient times, local people have had a custom of putting pictures of seven lucky deities on a treasure ship under their pillow before going to bed. It is believed that the first dream of the year will be granted by the deities’ blessing. If you get the picture of the seven deities this year you will probably be happy because they are on a treasure ship are drawn on the picture, and there is a red stamp which is proof of your bond with the deities.

    七福神巡りは、七つの難が滅び七つの福が生じると言われています。 御朱印帳をたずさえて神社仏閣歩きが趣味の方には、新春にふさわしい福徳巡りをしてみませんか?御朱印には興味があるけれど最初の一歩が踏みだせない方がいたら、夢前七福神巡りでデビューしましょう。各寺に御朱印を記して頂ける色紙が用意されています。

    選りすぐり日帰り温泉3選

    おしゃれでお得な姫路の日帰り温泉を紹介します。ほっこり、まったりしてみませんか?

    布袋尊(ほていそん) 通宝山弥勒寺 天台宗

    pAIMG_8574.jpg


    長保2年(1000年)性空上人が草庵を結ばれ隠棲されたのが始まりで、書寫山圓教寺の奥の院と呼ばれています。本堂とご本尊弥勒菩薩は国指定重要文化財。普段は非公開ですが、お正月は特別拝観ができます。

    ppAIMG_8710.jpg

    布袋さまは弥勒仏の化身とされ、七福神の中で唯一実在の人物と伝えられています。大きな袋を背負った太鼓腹のスキンヘッド僧侶として描かれる布袋尊。にこにこと笑顔をたやさないポジティブな神様は、成功、金運、福徳のご利益を授けてくださいます。

    ppIMG_9944.jpg

    除夜から元旦にかけて参拝すると、縁起がよいとされる二年参りができます。正月3ケ日は甘酒のおもてなしがあります。

     
    第一番札所terrain 通宝山 弥勒寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町寺1051 MAP
    お問合せ先phone 079-335-0330
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    寿老人(じゅろうじん) 莇野山正覚寺 天台宗

    IMG_9056.JPG

    長保4年(1004年)性空上人により堂山山上に建立されたと伝えられ、江戸時代の宝暦年間に現在地に移築されました。ご本尊は阿弥陀如来。おみくじの創始者とされる元三大師もお祀りされています。

    AIMG_9044.jpg

    寿老人は、幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。南極星の化身とも言われ、福を招く芭蕉扇、長壽を示す杖、禄に繋がる鹿を従える姿に表されることが多くあります。福禄寿とは同体異名ともされます。

    AIMG_9064.jpg

    お正月の3日間は、お茶と茶菓子のおもてなしがあります。

     
    第二番札所terrain 莇野山 正覚寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町戸倉419MAP
    お問合せ先phone 079-336-2638
    079-336-0933(圓楽寺)
    駐車場local_parking 有(無料)

    福禄寿(ふくろくじゅ) 金林山真楽寺 高野山真言宗

    pAIMG_9024.jpg


    書大永元年(1521年)に覚尊上人により創建されたお寺で、入り口には馬頭観音を祀る若宮社があり受験シーズンには遠方より沢山のお参りがあります。護摩堂に雪彦山護国寺筆頭鎮護寺本尊大日如来がお祀りされています。

    pAIMG_9000.jpg

    幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。背は低く、長い頭に長い髭の容貌。巻物を結んだ杖を持ち、長寿のシンボルとして鶴を従えています。健康長寿の神、人徳の神として信仰されています。

    pAIMG_8988.jpg

    新春夢前七福神の3日間は、村人が育てた大根と地元酒蔵「壺坂酒造」の酒粕で作ったかす汁がふるまわれます。

     
    第三番札所terrain 金林山 真楽寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内己527 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0105
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    毘沙門天(びしゃもんてん) 八正山生福寺 高野山真言宗

    AIMG_8968.jpg


    正保元年(1664年)後光明天皇代に僧台坊上人が御出座しのときに創建されました。当時は地蔵院と号し、地蔵菩薩をご本尊に脇佛に毘沙門天がお祀りされました。宝暦元年(1751年)現在の地に移転し生福寺と改められました。

    AIMG_8948.jpg

    持国天、増長天、広目天と共に多聞天と呼ばれる四天王の一尊。右手に宝塔、左手に宝棒と三叉戟ほこを持ち、甲冑姿の勇ましい姿をしています。武神であるところから勝負事にご利益があると崇められ、恵比寿や大黒天にならぶ福の神としても人気があります。

    AIMG_8933.jpg

    通常は境内の毘沙門天にお詣りしますが、お正月はご本堂に安置されているご本尊が特別公開されます。

     
    第四番札所terrain 八正山 生福寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内甲442 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0146
    駐車場local_parking 有(無料)

    大黒天(だいこくてん) 百丈山臨済寺 臨済宗

    AIMG_9080.jpg

    康暦元年(1379年)播磨の領主赤松義則が京より招いた別峰大殊円光国師により開山。姫路城主松平直矩が大龍寺から霊應紹泉和尚を中興開山に招き、延宝3年(1675年)復興した経緯があります。夢前で臨済宗の中心地となっています。

    AIMG_9092.jpg

    米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者の姿かたちで表される大黒様。食物、農業をつかさどる糧食財宝の神です。一家を支える人を大黒柱というように、大福徳を授けてくださいます。

    AIMG_9113.jpg

    お正月の3日間は、夢前名物のたまごせんべいと柚子茶でおもてなしくださいます。カーナビの案内は迷うことがあるようです。グーグルマップを利用してお詣りしてください。

     
    第五番札所terrain 百丈山 臨済寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町新庄1468-4 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0198
    駐車場local_parking 有(無料)

    恵比寿(えびす) 一乗山蓮華寺 天台宗

    IMG_9497.jpg

    天長年中(824年~833年)慈覚大師の建立と伝えられる蓮華寺。寺の名にふさわしく蓮の季節には参道や境内に咲き乱れます。愛宕山麓の斜面を削りとった桁行九間、梁間三間、貫三段の木造懸造りのご本堂はうっとり見とれる美しさです。

    IMG_9469.jpg

    ふくよかな満面の笑み「えびす顔」をたたえる豊漁と商売繁盛の神様です。恵比寿さまが抱える鯛は、すべてのめでたいことを授ける証とされ、釣竿の一筋の糸は、足ることを知るありがたさを示しています。正直者に福を与えてくださいます。

    IMG_9492.jpg

    お正月の間はご本堂が開帳され、御朱印もご本堂で拝受されます。みかんのおもてなしの他、新春の絵馬を無料でご奉納させていただけます。

     
    第六番札所terrain 一乗山 蓮華寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町杉之内291 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0818
    駐車場local_parking 有(無料)

    弁財天(べんざいてん) 冨田山性海寺 天台宗

    IMG_9527.jpg

    霊亀2年(716年)徳道上人により開山されました。室町時代は播磨の守護赤松氏、英賀城主三木氏庇護を受け、江戸年間は僧知琳、衣笠氏、有賀氏の援助を得、存亡の危機を乗り越えました。弁天堂は1975年に宮置中心地より遍座したものです。

    IMG_9537.jpg

    ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが原型といわれている弁才天は、学問、芸術の保護神です。インドの河川の守護を司ることから、人の汚れを払い幸せと富をもたらすご利益や、子孫繁栄を恵むご加護もあります。

    IMG_3785.jpg

    ご本堂の左手に新春のめでたさを象徴する五葉松があります。樹齢400年の老木にあやかり一年の門出を祝いましょう。おもてなしに甘酒がふるまわれます。

     
    第七番札所terrain 冨田山 性海寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町宮置812MAP
    お問合せ先phone 079-335-1988
    駐車場local_parking 有(無料)

    楽しく七福神巡り

    御朱印は神様を参拝した証です。一期一会のご縁を頂戴するのですから、失礼のないように参拝したいですね。
    最初に手水舎ちょうずやで身を清めます。作用は右手に持った柄杓で水を汲み、左手にかけます。柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。もう一度柄杓を右手に持ち左手の平で水を受け、口をすすぎます。柄杓を立てるようにして、残った水で触れた柄を清めます。
    賽銭は参拝前に入れ、鈴がある場合は鳴らします。二礼二拍手一礼をもって参拝します。
    御朱印の御代は、神様に参拝するご縁を頂いた気持ちを志納するものです。お釣りがないようにあらかじめ小銭を用意しておきます。夢前七福神の御朱印初穂料は300円です。
    マナーや節度を守れば、七福神巡りはもっと楽しくなります。神様も喜んでくださるでしょう。

    七福神_map.png

    いにしえから、正月は枕の下に七福神や宝船の絵を入れてる慣わしがありました。そうして見た初夢は、神様のご加護があり必ず叶えられると信じられてきたのです。夢前七福神巡りの色紙は、宝船に一同に介する神様が描かれています。さらに神様とご縁を結んだ証の御朱印がしるされていますから、一年の幸せをもたらす縁起物になります。

    七福神巡りは、七つの難が滅び七つの福が生じると言われています。 御朱印帳をたずさえて神社仏閣歩きが趣味の方には、新春にふさわしい福徳巡りをしてみませんか?御朱印には興味があるけれど最初の一歩が踏みだせない方がいたら、夢前七福神巡りでデビューしましょう。各寺に御朱印を記して頂ける色紙が用意されています。

    選りすぐり日帰り温泉3選

    おしゃれでお得な姫路の日帰り温泉を紹介します。ほっこり、まったりしてみませんか?

    布袋尊(ほていそん) 通宝山弥勒寺 天台宗

    pAIMG_8574.jpg


    長保2年(1000年)性空上人が草庵を結ばれ隠棲されたのが始まりで、書寫山圓教寺の奥の院と呼ばれています。本堂とご本尊弥勒菩薩は国指定重要文化財。普段は非公開ですが、お正月は特別拝観ができます。

    ppAIMG_8710.jpg

    布袋さまは弥勒仏の化身とされ、七福神の中で唯一実在の人物と伝えられています。大きな袋を背負った太鼓腹のスキンヘッド僧侶として描かれる布袋尊。にこにこと笑顔をたやさないポジティブな神様は、成功、金運、福徳のご利益を授けてくださいます。

    ppIMG_9944.jpg

    除夜から元旦にかけて参拝すると、縁起がよいとされる二年参りができます。正月3ケ日は甘酒のおもてなしがあります。

     
    第一番札所terrain 通宝山 弥勒寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町寺1051 MAP
    お問合せ先phone 079-335-0330
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    寿老人(じゅろうじん) 莇野山正覚寺 天台宗

    IMG_9056.JPG

    長保4年(1004年)性空上人により堂山山上に建立されたと伝えられ、江戸時代の宝暦年間に現在地に移築されました。ご本尊は阿弥陀如来。おみくじの創始者とされる元三大師もお祀りされています。

    AIMG_9044.jpg

    寿老人は、幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。南極星の化身とも言われ、福を招く芭蕉扇、長壽を示す杖、禄に繋がる鹿を従える姿に表されることが多くあります。福禄寿とは同体異名ともされます。

    AIMG_9064.jpg

    お正月の3日間は、お茶と茶菓子のおもてなしがあります。

     
    第二番札所terrain 莇野山 正覚寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町戸倉419MAP
    お問合せ先phone 079-336-2638
    079-336-0933(圓楽寺)
    駐車場local_parking 有(無料)

    福禄寿(ふくろくじゅ) 金林山真楽寺 高野山真言宗

    pAIMG_9024.jpg


    書大永元年(1521年)に覚尊上人により創建されたお寺で、入り口には馬頭観音を祀る若宮社があり受験シーズンには遠方より沢山のお参りがあります。護摩堂に雪彦山護国寺筆頭鎮護寺本尊大日如来がお祀りされています。

    pAIMG_9000.jpg

    幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。背は低く、長い頭に長い髭の容貌。巻物を結んだ杖を持ち、長寿のシンボルとして鶴を従えています。健康長寿の神、人徳の神として信仰されています。

    pAIMG_8988.jpg

    新春夢前七福神の3日間は、村人が育てた大根と地元酒蔵「壺坂酒造」の酒粕で作ったかす汁がふるまわれます。

     
    第三番札所terrain 金林山 真楽寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内己527 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0105
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    毘沙門天(びしゃもんてん) 八正山生福寺 高野山真言宗

    AIMG_8968.jpg


    正保元年(1664年)後光明天皇代に僧台坊上人が御出座しのときに創建されました。当時は地蔵院と号し、地蔵菩薩をご本尊に脇佛に毘沙門天がお祀りされました。宝暦元年(1751年)現在の地に移転し生福寺と改められました。

    AIMG_8948.jpg

    持国天、増長天、広目天と共に多聞天と呼ばれる四天王の一尊。右手に宝塔、左手に宝棒と三叉戟ほこを持ち、甲冑姿の勇ましい姿をしています。武神であるところから勝負事にご利益があると崇められ、恵比寿や大黒天にならぶ福の神としても人気があります。

    AIMG_8933.jpg

    通常は境内の毘沙門天にお詣りしますが、お正月はご本堂に安置されているご本尊が特別公開されます。

     
    第四番札所terrain 八正山 生福寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内甲442 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0146
    駐車場local_parking 有(無料)

    大黒天(だいこくてん) 百丈山臨済寺 臨済宗

    AIMG_9080.jpg

    康暦元年(1379年)播磨の領主赤松義則が京より招いた別峰大殊円光国師により開山。姫路城主松平直矩が大龍寺から霊應紹泉和尚を中興開山に招き、延宝3年(1675年)復興した経緯があります。夢前で臨済宗の中心地となっています。

    AIMG_9092.jpg

    米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者の姿かたちで表される大黒様。食物、農業をつかさどる糧食財宝の神です。一家を支える人を大黒柱というように、大福徳を授けてくださいます。

    AIMG_9113.jpg

    お正月の3日間は、夢前名物のたまごせんべいと柚子茶でおもてなしくださいます。カーナビの案内は迷うことがあるようです。グーグルマップを利用してお詣りしてください。

     
    第五番札所terrain 百丈山 臨済寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町新庄1468-4 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0198
    駐車場local_parking 有(無料)

    恵比寿(えびす) 一乗山蓮華寺 天台宗

    IMG_9497.jpg

    天長年中(824年~833年)慈覚大師の建立と伝えられる蓮華寺。寺の名にふさわしく蓮の季節には参道や境内に咲き乱れます。愛宕山麓の斜面を削りとった桁行九間、梁間三間、貫三段の木造懸造りのご本堂はうっとり見とれる美しさです。

    IMG_9469.jpg

    ふくよかな満面の笑み「えびす顔」をたたえる豊漁と商売繁盛の神様です。恵比寿さまが抱える鯛は、すべてのめでたいことを授ける証とされ、釣竿の一筋の糸は、足ることを知るありがたさを示しています。正直者に福を与えてくださいます。

    IMG_9492.jpg

    お正月の間はご本堂が開帳され、御朱印もご本堂で拝受されます。みかんのおもてなしの他、新春の絵馬を無料でご奉納させていただけます。

     
    第六番札所terrain 一乗山 蓮華寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町杉之内291 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0818
    駐車場local_parking 有(無料)

    弁財天(べんざいてん) 冨田山性海寺 天台宗

    IMG_9527.jpg

    霊亀2年(716年)徳道上人により開山されました。室町時代は播磨の守護赤松氏、英賀城主三木氏庇護を受け、江戸年間は僧知琳、衣笠氏、有賀氏の援助を得、存亡の危機を乗り越えました。弁天堂は1975年に宮置中心地より遍座したものです。

    IMG_9537.jpg

    ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが原型といわれている弁才天は、学問、芸術の保護神です。インドの河川の守護を司ることから、人の汚れを払い幸せと富をもたらすご利益や、子孫繁栄を恵むご加護もあります。

    IMG_3785.jpg

    ご本堂の左手に新春のめでたさを象徴する五葉松があります。樹齢400年の老木にあやかり一年の門出を祝いましょう。おもてなしに甘酒がふるまわれます。

     
    第七番札所terrain 冨田山 性海寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町宮置812MAP
    お問合せ先phone 079-335-1988
    駐車場local_parking 有(無料)

    楽しく七福神巡り

    御朱印は神様を参拝した証です。一期一会のご縁を頂戴するのですから、失礼のないように参拝したいですね。
    最初に手水舎ちょうずやで身を清めます。作用は右手に持った柄杓で水を汲み、左手にかけます。柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。もう一度柄杓を右手に持ち左手の平で水を受け、口をすすぎます。柄杓を立てるようにして、残った水で触れた柄を清めます。
    賽銭は参拝前に入れ、鈴がある場合は鳴らします。二礼二拍手一礼をもって参拝します。
    御朱印の御代は、神様に参拝するご縁を頂いた気持ちを志納するものです。お釣りがないようにあらかじめ小銭を用意しておきます。夢前七福神の御朱印初穂料は300円です。
    マナーや節度を守れば、七福神巡りはもっと楽しくなります。神様も喜んでくださるでしょう。

    七福神_map.png

    いにしえから、正月は枕の下に七福神や宝船の絵を入れてる慣わしがありました。そうして見た初夢は、神様のご加護があり必ず叶えられると信じられてきたのです。夢前七福神巡りの色紙は、宝船に一同に介する神様が描かれています。さらに神様とご縁を結んだ証の御朱印がしるされていますから、一年の幸せをもたらす縁起物になります。

    七福神巡りは、七つの難が滅び七つの福が生じると言われています。 御朱印帳をたずさえて神社仏閣歩きが趣味の方には、新春にふさわしい福徳巡りをしてみませんか?御朱印には興味があるけれど最初の一歩が踏みだせない方がいたら、夢前七福神巡りでデビューしましょう。各寺に御朱印を記して頂ける色紙が用意されています。

    選りすぐり日帰り温泉3選

    おしゃれでお得な姫路の日帰り温泉を紹介します。ほっこり、まったりしてみませんか?

    布袋尊(ほていそん) 通宝山弥勒寺 天台宗

    pAIMG_8574.jpg


    長保2年(1000年)性空上人が草庵を結ばれ隠棲されたのが始まりで、書寫山圓教寺の奥の院と呼ばれています。本堂とご本尊弥勒菩薩は国指定重要文化財。普段は非公開ですが、お正月は特別拝観ができます。

    ppAIMG_8710.jpg

    布袋さまは弥勒仏の化身とされ、七福神の中で唯一実在の人物と伝えられています。大きな袋を背負った太鼓腹のスキンヘッド僧侶として描かれる布袋尊。にこにこと笑顔をたやさないポジティブな神様は、成功、金運、福徳のご利益を授けてくださいます。

    ppIMG_9944.jpg

    除夜から元旦にかけて参拝すると、縁起がよいとされる二年参りができます。正月3ケ日は甘酒のおもてなしがあります。

     
    第一番札所terrain 通宝山 弥勒寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町寺1051 MAP
    お問合せ先phone 079-335-0330
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    寿老人(じゅろうじん) 莇野山正覚寺 天台宗

    IMG_9056.JPG

    長保4年(1004年)性空上人により堂山山上に建立されたと伝えられ、江戸時代の宝暦年間に現在地に移築されました。ご本尊は阿弥陀如来。おみくじの創始者とされる元三大師もお祀りされています。

    AIMG_9044.jpg

    寿老人は、幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。南極星の化身とも言われ、福を招く芭蕉扇、長壽を示す杖、禄に繋がる鹿を従える姿に表されることが多くあります。福禄寿とは同体異名ともされます。

    AIMG_9064.jpg

    お正月の3日間は、お茶と茶菓子のおもてなしがあります。

     
    第二番札所terrain 莇野山 正覚寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町戸倉419MAP
    お問合せ先phone 079-336-2638
    079-336-0933(圓楽寺)
    駐車場local_parking 有(無料)

    福禄寿(ふくろくじゅ) 金林山真楽寺 高野山真言宗

    pAIMG_9024.jpg


    書大永元年(1521年)に覚尊上人により創建されたお寺で、入り口には馬頭観音を祀る若宮社があり受験シーズンには遠方より沢山のお参りがあります。護摩堂に雪彦山護国寺筆頭鎮護寺本尊大日如来がお祀りされています。

    pAIMG_9000.jpg

    幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。背は低く、長い頭に長い髭の容貌。巻物を結んだ杖を持ち、長寿のシンボルとして鶴を従えています。健康長寿の神、人徳の神として信仰されています。

    pAIMG_8988.jpg

    新春夢前七福神の3日間は、村人が育てた大根と地元酒蔵「壺坂酒造」の酒粕で作ったかす汁がふるまわれます。

     
    第三番札所terrain 金林山 真楽寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内己527 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0105
    駐車場local_parking 有(無料)
    公式HPlink 公式ホームページ

    毘沙門天(びしゃもんてん) 八正山生福寺 高野山真言宗

    AIMG_8968.jpg


    正保元年(1664年)後光明天皇代に僧台坊上人が御出座しのときに創建されました。当時は地蔵院と号し、地蔵菩薩をご本尊に脇佛に毘沙門天がお祀りされました。宝暦元年(1751年)現在の地に移転し生福寺と改められました。

    AIMG_8948.jpg

    持国天、増長天、広目天と共に多聞天と呼ばれる四天王の一尊。右手に宝塔、左手に宝棒と三叉戟ほこを持ち、甲冑姿の勇ましい姿をしています。武神であるところから勝負事にご利益があると崇められ、恵比寿や大黒天にならぶ福の神としても人気があります。

    AIMG_8933.jpg

    通常は境内の毘沙門天にお詣りしますが、お正月はご本堂に安置されているご本尊が特別公開されます。

     
    第四番札所terrain 八正山 生福寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町山之内甲442 MAP
    お問合せ先phone 079-338-0146
    駐車場local_parking 有(無料)

    大黒天(だいこくてん) 百丈山臨済寺 臨済宗

    AIMG_9080.jpg

    康暦元年(1379年)播磨の領主赤松義則が京より招いた別峰大殊円光国師により開山。姫路城主松平直矩が大龍寺から霊應紹泉和尚を中興開山に招き、延宝3年(1675年)復興した経緯があります。夢前で臨済宗の中心地となっています。

    AIMG_9092.jpg

    米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者の姿かたちで表される大黒様。食物、農業をつかさどる糧食財宝の神です。一家を支える人を大黒柱というように、大福徳を授けてくださいます。

    AIMG_9113.jpg

    お正月の3日間は、夢前名物のたまごせんべいと柚子茶でおもてなしくださいます。カーナビの案内は迷うことがあるようです。グーグルマップを利用してお詣りしてください。

     
    第五番札所terrain 百丈山 臨済寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町新庄1468-4 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0198
    駐車場local_parking 有(無料)

    恵比寿(えびす) 一乗山蓮華寺 天台宗

    IMG_9497.jpg

    天長年中(824年~833年)慈覚大師の建立と伝えられる蓮華寺。寺の名にふさわしく蓮の季節には参道や境内に咲き乱れます。愛宕山麓の斜面を削りとった桁行九間、梁間三間、貫三段の木造懸造りのご本堂はうっとり見とれる美しさです。

    IMG_9469.jpg

    ふくよかな満面の笑み「えびす顔」をたたえる豊漁と商売繁盛の神様です。恵比寿さまが抱える鯛は、すべてのめでたいことを授ける証とされ、釣竿の一筋の糸は、足ることを知るありがたさを示しています。正直者に福を与えてくださいます。

    IMG_9492.jpg

    お正月の間はご本堂が開帳され、御朱印もご本堂で拝受されます。みかんのおもてなしの他、新春の絵馬を無料でご奉納させていただけます。

     
    第六番札所terrain 一乗山 蓮華寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町杉之内291 MAP
    お問合せ先phone 079-336-0818
    駐車場local_parking 有(無料)

    弁財天(べんざいてん) 冨田山性海寺 天台宗

    IMG_9527.jpg

    霊亀2年(716年)徳道上人により開山されました。室町時代は播磨の守護赤松氏、英賀城主三木氏庇護を受け、江戸年間は僧知琳、衣笠氏、有賀氏の援助を得、存亡の危機を乗り越えました。弁天堂は1975年に宮置中心地より遍座したものです。

    IMG_9537.jpg

    ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが原型といわれている弁才天は、学問、芸術の保護神です。インドの河川の守護を司ることから、人の汚れを払い幸せと富をもたらすご利益や、子孫繁栄を恵むご加護もあります。

    IMG_3785.jpg

    ご本堂の左手に新春のめでたさを象徴する五葉松があります。樹齢400年の老木にあやかり一年の門出を祝いましょう。おもてなしに甘酒がふるまわれます。

     
    第七番札所terrain 冨田山 性海寺
    所在地place 兵庫県姫路市夢前町宮置812MAP
    お問合せ先phone 079-335-1988
    駐車場local_parking 有(無料)

    楽しく七福神巡り

    御朱印は神様を参拝した証です。一期一会のご縁を頂戴するのですから、失礼のないように参拝したいですね。
    最初に手水舎ちょうずやで身を清めます。作用は右手に持った柄杓で水を汲み、左手にかけます。柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。もう一度柄杓を右手に持ち左手の平で水を受け、口をすすぎます。柄杓を立てるようにして、残った水で触れた柄を清めます。
    賽銭は参拝前に入れ、鈴がある場合は鳴らします。二礼二拍手一礼をもって参拝します。
    御朱印の御代は、神様に参拝するご縁を頂いた気持ちを志納するものです。お釣りがないようにあらかじめ小銭を用意しておきます。夢前七福神の御朱印初穂料は300円です。
    マナーや節度を守れば、七福神巡りはもっと楽しくなります。神様も喜んでくださるでしょう。

    七福神_map.png

    いにしえから、正月は枕の下に七福神や宝船の絵を入れてる慣わしがありました。そうして見た初夢は、神様のご加護があり必ず叶えられると信じられてきたのです。夢前七福神巡りの色紙は、宝船に一同に介する神様が描かれています。さらに神様とご縁を結んだ証の御朱印がしるされていますから、一年の幸せをもたらす縁起物になります。

    2018年11月28日時点での情報です。
    この記事は面白かったですか? (評価ボタンをクリックするとポイントがたまります。※要ログイン)
    みたいにゃ よかった顔
    よかった
    80%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    ふつう
    1%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    いまいち
    2%
    1
      みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
      みたいにゃメンバーズ募集中!