桃の節句たより 愛らしいお雛様に会える龍野歴史文化資料館ミニひいな展

桃の節句たより 愛らしいお雛様に会える龍野歴史文化資料館ミニひいな展
目次

    桃の節句だより
     愛らしいお雛様に会える龍野歴史文化資料館ミニひいな展

    ひいな展は龍野歴史文化資料館の開館当初より恒例となる展示会です。
    龍野に春を告げる行事として定着し、心待ちにしていらっしゃる方が多いことでしょう。
    2018年は明治時代のお雛様を中心に、江戸後期そして昭和まで12 組が展示されます。
    立雛、古今雛、御殿飾り、善事枠飾りなど多彩な形式に時代の変遷が感じられます。
    女雛の衣装の色にも注目してみましょう。紅唐の朱色から色鮮やかな緋色へ変わっていくのがわかります。
    お雛様のほかに江戸年間の復刻版冊子5点、旧暦後節句の図といった貴重な浮世絵、抱き雛、流し雛などの郷土玩具12点が同時公開されます。


    たつの_お雛様02_バナー.jpg




      目次

    ・ひな祭りの由来

    ・展示お雛様の紹介

    ・龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント

    ・お得な三館共通券



    ひな祭りの由来



    上巳(じょうし)とは3月上旬の巳の日をさします。奈良時代よりこの日に草や藁などで作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れと共に水に流す風習がありました。
    季節の変わり目にあって、無病息災を願う厄払い行事です。
    平安時代になると貴族階級の女の子の「ひいな遊び」がさかんになります。
    当初は紙で作った簡素な人形だったようですが、着物の端切れなどで豪華に彩られるようになっていきました。
    奈良時代のおまじない儀式と「ひいな遊び」が結びついてひな祭りになったと伝えられています。

    江戸時代になると上巳(じょうし)の節句は3月3日と定められました。
    上流階級から一般庶民にいたるまで、女子の健やかな成長と幸せな結婚を願って桃の節句を祝うようになったのです。

    「ひいな」とは雛の古語で、小さくて可愛らしいものという意味があるそうです。
    ひな菊やひなげしなど可憐な花につけられていますね。
    また大きなものを小さくするという意味も含まれ、小さくした人形(ひとがた)が女児の災いの身代わりになると信じられていたようです。


    展示お雛様の紹介



    2.jpg

    天児(あまがつ)這子(ほうこ)(展示番号1・2)
    幼児のそばに置き、災厄を移し負わせる人形のことをさします。
    這子は赤ちゃんが這う姿を模したもので、天児より後のものとされています。
    共に上巳の節句に贈られ、幼子が3歳になるまでは身に携え、無事な成長を祈った形代です。

    ●立雛(展示番号3・4)
    雛人形のルーツは人形に原型を持つ立雛です。
    最古の座り雛は室町時代に創られたとされていますが、江戸時代に入ってからの作という説もあり定かではありません。
    江戸時代の中期から後期にかけて座り雛が一般的になってからも、立雛が忘れられることはありませんでした。

    ●御殿飾り15人揃え(展示番号12)
    京御所・紫宸殿(ししんでん)を模した御殿に、天皇皇后を模した内裏雛を飾り、華やかな御所の様子を再現した雛飾りです。
    江戸時代後期に登場し、明治大正時代にはさらに細やかな表現を加え洗練されていきました。
    高度成長期を迎えると商品の画一化とともに次第に姿を消していくことになります。
    展示の御殿飾りは個人寄託による昭和28年のもので、とても貴重な逸品といえるでしょう。

    ●源氏枠飾り(展示番号8)
    源氏枠とは屋根を省略した御殿のことで、源氏物語絵巻を見るように御殿内部をうかがい見ることができます。
    展示される雛飾りは明治時代の作品です。
    源氏枠飾りは、御殿飾りより早く姿がみられなくなりました。

    ●古今雛
    江戸時代に登場し、現在までつづく雛人形です。古今の名前は平安朝への憧憬から名づけられたとされています。
    江戸時代の初めに作られた寛永雛は、着物に袴姿の小さなものでした。
    次に十二単をもとった元禄雛が台頭しますが、雛飾りは1、2段で屏風を立てる程度の質素なものでした。
    その後流行した享保雛の時代になると次第に大きな雛人形が創られるようになります。
    古今雛の頃になると三人官女や五人ばやしが加わり、段飾りは7段8段と豪華さを増していきました。


    5.jpg

    龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント



    ユネスコ「世界の記憶」登録記念企画として「脇坂安董と朝鮮通信使」が開催されています。会期は4月8日(日)まで。
    龍野藩脇坂家の中興の祖・脇坂安董生誕250年を記念し、脇坂家と朝鮮通信使資料が一挙公開されています。

    3月4日(日)は大阪観光大学名誉教授・中尾清氏による「朝鮮通信使を活かした観光まちづくり」の講演が行われます。
    会場はたつの市立中央公民館、13時30分から。
    聴講は無料、申込は不要ですが先着80名になります。


    お得な三館共通券



    龍野歴史文化資料館、うすくち龍野醤油資料館、霞城館の3館を回られる方は、共通券の利用がお得です。
    龍野歴史文化資料館入館料200円、うすくち龍野醤油資料館入館料10円、霞城館入館料200円、合計420円が300円になります。
    小学生・中学生は140円。高校生・大学生は220円。
    しかも3館をまわりスタンプを集めた人には抽選でたつのの名産品が当たります。
    抽選は4ヶ月に1回、トータル14名にプレゼント。1等賞は『龍野の里』醤油詰め合わせセットのようです。


     →帰りに寄りたい絶品にゅうめんのお店

    おさめ

    3月17日から25日まで 龍野ひなまつりが 開催されます。
    3月21日の 龍野ひな流し もおススメです。



      たつの市立龍野歴史文化資料館
      ミニひいな展
    ・日時
     2018年3月3日(土)~4月8日(日)
    ・開館時間
     9:00~17:00(入館16:30まで)
    ・休館日
     月曜日 ※3月19日(月)は開館します
    ・住所
     兵庫県たつの市龍野町上霞城(かみかじょう)128-3 (龍野城内)
    ・電話番号
     0791-63-0907
    ・アクセス
     JR姫新線:本竜野駅より1.7km
     神姫バス:姫路北口3番乗場39系 龍野停留所下車500m
     山陽自動車道:龍野インターより2.5km
    ・駐車場
     15台収容専用駐車場 無料
    ・入館料
     大人 200円 
     小学生~大学生 65歳以上 100円
    ・入園料免除対象
     身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と
     その介護者1名
     ひょうごっ子ココロンカード提示者
    ・ホームページ
       たつの市立龍野歴史文化資料館公式ホームページ



    桃の節句だより
     愛らしいお雛様に会える龍野歴史文化資料館ミニひいな展

    ひいな展は龍野歴史文化資料館の開館当初より恒例となる展示会です。
    龍野に春を告げる行事として定着し、心待ちにしていらっしゃる方が多いことでしょう。
    2018年は明治時代のお雛様を中心に、江戸後期そして昭和まで12 組が展示されます。
    立雛、古今雛、御殿飾り、善事枠飾りなど多彩な形式に時代の変遷が感じられます。
    女雛の衣装の色にも注目してみましょう。紅唐の朱色から色鮮やかな緋色へ変わっていくのがわかります。
    お雛様のほかに江戸年間の復刻版冊子5点、旧暦後節句の図といった貴重な浮世絵、抱き雛、流し雛などの郷土玩具12点が同時公開されます。


    たつの_お雛様02_バナー.jpg




      目次

    ・ひな祭りの由来

    ・展示お雛様の紹介

    ・龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント

    ・お得な三館共通券



    ひな祭りの由来



    上巳(じょうし)とは3月上旬の巳の日をさします。奈良時代よりこの日に草や藁などで作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れと共に水に流す風習がありました。
    季節の変わり目にあって、無病息災を願う厄払い行事です。
    平安時代になると貴族階級の女の子の「ひいな遊び」がさかんになります。
    当初は紙で作った簡素な人形だったようですが、着物の端切れなどで豪華に彩られるようになっていきました。
    奈良時代のおまじない儀式と「ひいな遊び」が結びついてひな祭りになったと伝えられています。

    江戸時代になると上巳(じょうし)の節句は3月3日と定められました。
    上流階級から一般庶民にいたるまで、女子の健やかな成長と幸せな結婚を願って桃の節句を祝うようになったのです。

    「ひいな」とは雛の古語で、小さくて可愛らしいものという意味があるそうです。
    ひな菊やひなげしなど可憐な花につけられていますね。
    また大きなものを小さくするという意味も含まれ、小さくした人形(ひとがた)が女児の災いの身代わりになると信じられていたようです。


    展示お雛様の紹介



    2.jpg

    天児(あまがつ)這子(ほうこ)(展示番号1・2)
    幼児のそばに置き、災厄を移し負わせる人形のことをさします。
    這子は赤ちゃんが這う姿を模したもので、天児より後のものとされています。
    共に上巳の節句に贈られ、幼子が3歳になるまでは身に携え、無事な成長を祈った形代です。

    ●立雛(展示番号3・4)
    雛人形のルーツは人形に原型を持つ立雛です。
    最古の座り雛は室町時代に創られたとされていますが、江戸時代に入ってからの作という説もあり定かではありません。
    江戸時代の中期から後期にかけて座り雛が一般的になってからも、立雛が忘れられることはありませんでした。

    ●御殿飾り15人揃え(展示番号12)
    京御所・紫宸殿(ししんでん)を模した御殿に、天皇皇后を模した内裏雛を飾り、華やかな御所の様子を再現した雛飾りです。
    江戸時代後期に登場し、明治大正時代にはさらに細やかな表現を加え洗練されていきました。
    高度成長期を迎えると商品の画一化とともに次第に姿を消していくことになります。
    展示の御殿飾りは個人寄託による昭和28年のもので、とても貴重な逸品といえるでしょう。

    ●源氏枠飾り(展示番号8)
    源氏枠とは屋根を省略した御殿のことで、源氏物語絵巻を見るように御殿内部をうかがい見ることができます。
    展示される雛飾りは明治時代の作品です。
    源氏枠飾りは、御殿飾りより早く姿がみられなくなりました。

    ●古今雛
    江戸時代に登場し、現在までつづく雛人形です。古今の名前は平安朝への憧憬から名づけられたとされています。
    江戸時代の初めに作られた寛永雛は、着物に袴姿の小さなものでした。
    次に十二単をもとった元禄雛が台頭しますが、雛飾りは1、2段で屏風を立てる程度の質素なものでした。
    その後流行した享保雛の時代になると次第に大きな雛人形が創られるようになります。
    古今雛の頃になると三人官女や五人ばやしが加わり、段飾りは7段8段と豪華さを増していきました。


    5.jpg

    龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント



    ユネスコ「世界の記憶」登録記念企画として「脇坂安董と朝鮮通信使」が開催されています。会期は4月8日(日)まで。
    龍野藩脇坂家の中興の祖・脇坂安董生誕250年を記念し、脇坂家と朝鮮通信使資料が一挙公開されています。

    3月4日(日)は大阪観光大学名誉教授・中尾清氏による「朝鮮通信使を活かした観光まちづくり」の講演が行われます。
    会場はたつの市立中央公民館、13時30分から。
    聴講は無料、申込は不要ですが先着80名になります。


    お得な三館共通券



    龍野歴史文化資料館、うすくち龍野醤油資料館、霞城館の3館を回られる方は、共通券の利用がお得です。
    龍野歴史文化資料館入館料200円、うすくち龍野醤油資料館入館料10円、霞城館入館料200円、合計420円が300円になります。
    小学生・中学生は140円。高校生・大学生は220円。
    しかも3館をまわりスタンプを集めた人には抽選でたつのの名産品が当たります。
    抽選は4ヶ月に1回、トータル14名にプレゼント。1等賞は『龍野の里』醤油詰め合わせセットのようです。


      たつの市立龍野歴史文化資料館
      ミニひいな展
    ・日時
     2018年3月3日(土)~4月8日(日)
    ・開館時間
     9:00~17:00(入館16:30まで)
    ・休館日
     月曜日 ※3月19日(月)は開館します
    ・住所
     兵庫県たつの市龍野町上霞城(かみかじょう)128-3 (龍野城内)
    ・電話番号
     0791-63-0907
    ・アクセス
     JR姫新線:本竜野駅より1.7km
     神姫バス:姫路北口3番乗場39系 龍野停留所下車500m
     山陽自動車道:龍野インターより2.5km
    ・駐車場
     15台収容専用駐車場 無料
    ・入館料
     大人 200円 
     小学生~大学生 65歳以上 100円
    ・入園料免除対象
     身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と
     その介護者1名
     ひょうごっ子ココロンカード提示者
    ・ホームページ
       たつの市立龍野歴史文化資料館公式ホームページ



    桃の節句だより
     愛らしいお雛様に会える龍野歴史文化資料館ミニひいな展

    ひいな展は龍野歴史文化資料館の開館当初より恒例となる展示会です。
    龍野に春を告げる行事として定着し、心待ちにしていらっしゃる方が多いことでしょう。
    2018年は明治時代のお雛様を中心に、江戸後期そして昭和まで12 組が展示されます。
    立雛、古今雛、御殿飾り、善事枠飾りなど多彩な形式に時代の変遷が感じられます。
    女雛の衣装の色にも注目してみましょう。紅唐の朱色から色鮮やかな緋色へ変わっていくのがわかります。
    お雛様のほかに江戸年間の復刻版冊子5点、旧暦後節句の図といった貴重な浮世絵、抱き雛、流し雛などの郷土玩具12点が同時公開されます。


    たつの_お雛様02_バナー.jpg




      目次

    ・ひな祭りの由来

    ・展示お雛様の紹介

    ・龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント

    ・お得な三館共通券



    ひな祭りの由来



    上巳(じょうし)とは3月上旬の巳の日をさします。奈良時代よりこの日に草や藁などで作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れと共に水に流す風習がありました。
    季節の変わり目にあって、無病息災を願う厄払い行事です。
    平安時代になると貴族階級の女の子の「ひいな遊び」がさかんになります。
    当初は紙で作った簡素な人形だったようですが、着物の端切れなどで豪華に彩られるようになっていきました。
    奈良時代のおまじない儀式と「ひいな遊び」が結びついてひな祭りになったと伝えられています。

    江戸時代になると上巳(じょうし)の節句は3月3日と定められました。
    上流階級から一般庶民にいたるまで、女子の健やかな成長と幸せな結婚を願って桃の節句を祝うようになったのです。

    「ひいな」とは雛の古語で、小さくて可愛らしいものという意味があるそうです。
    ひな菊やひなげしなど可憐な花につけられていますね。
    また大きなものを小さくするという意味も含まれ、小さくした人形(ひとがた)が女児の災いの身代わりになると信じられていたようです。


    展示お雛様の紹介



    2.jpg

    天児(あまがつ)這子(ほうこ)(展示番号1・2)
    幼児のそばに置き、災厄を移し負わせる人形のことをさします。
    這子は赤ちゃんが這う姿を模したもので、天児より後のものとされています。
    共に上巳の節句に贈られ、幼子が3歳になるまでは身に携え、無事な成長を祈った形代です。

    ●立雛(展示番号3・4)
    雛人形のルーツは人形に原型を持つ立雛です。
    最古の座り雛は室町時代に創られたとされていますが、江戸時代に入ってからの作という説もあり定かではありません。
    江戸時代の中期から後期にかけて座り雛が一般的になってからも、立雛が忘れられることはありませんでした。

    ●御殿飾り15人揃え(展示番号12)
    京御所・紫宸殿(ししんでん)を模した御殿に、天皇皇后を模した内裏雛を飾り、華やかな御所の様子を再現した雛飾りです。
    江戸時代後期に登場し、明治大正時代にはさらに細やかな表現を加え洗練されていきました。
    高度成長期を迎えると商品の画一化とともに次第に姿を消していくことになります。
    展示の御殿飾りは個人寄託による昭和28年のもので、とても貴重な逸品といえるでしょう。

    ●源氏枠飾り(展示番号8)
    源氏枠とは屋根を省略した御殿のことで、源氏物語絵巻を見るように御殿内部をうかがい見ることができます。
    展示される雛飾りは明治時代の作品です。
    源氏枠飾りは、御殿飾りより早く姿がみられなくなりました。

    ●古今雛
    江戸時代に登場し、現在までつづく雛人形です。古今の名前は平安朝への憧憬から名づけられたとされています。
    江戸時代の初めに作られた寛永雛は、着物に袴姿の小さなものでした。
    次に十二単をもとった元禄雛が台頭しますが、雛飾りは1、2段で屏風を立てる程度の質素なものでした。
    その後流行した享保雛の時代になると次第に大きな雛人形が創られるようになります。
    古今雛の頃になると三人官女や五人ばやしが加わり、段飾りは7段8段と豪華さを増していきました。


    5.jpg

    龍野歴史文化資料館の催しと関連イベント



    ユネスコ「世界の記憶」登録記念企画として「脇坂安董と朝鮮通信使」が開催されています。会期は4月8日(日)まで。
    龍野藩脇坂家の中興の祖・脇坂安董生誕250年を記念し、脇坂家と朝鮮通信使資料が一挙公開されています。

    3月4日(日)は大阪観光大学名誉教授・中尾清氏による「朝鮮通信使を活かした観光まちづくり」の講演が行われます。
    会場はたつの市立中央公民館、13時30分から。
    聴講は無料、申込は不要ですが先着80名になります。


    お得な三館共通券



    龍野歴史文化資料館、うすくち龍野醤油資料館、霞城館の3館を回られる方は、共通券の利用がお得です。
    龍野歴史文化資料館入館料200円、うすくち龍野醤油資料館入館料10円、霞城館入館料200円、合計420円が300円になります。
    小学生・中学生は140円。高校生・大学生は220円。
    しかも3館をまわりスタンプを集めた人には抽選でたつのの名産品が当たります。
    抽選は4ヶ月に1回、トータル14名にプレゼント。1等賞は『龍野の里』醤油詰め合わせセットのようです。


      たつの市立龍野歴史文化資料館
      ミニひいな展
    ・日時
     2018年3月3日(土)~4月8日(日)
    ・開館時間
     9:00~17:00(入館16:30まで)
    ・休館日
     月曜日 ※3月19日(月)は開館します
    ・住所
     兵庫県たつの市龍野町上霞城(かみかじょう)128-3 (龍野城内)
    ・電話番号
     0791-63-0907
    ・アクセス
     JR姫新線:本竜野駅より1.7km
     神姫バス:姫路北口3番乗場39系 龍野停留所下車500m
     山陽自動車道:龍野インターより2.5km
    ・駐車場
     15台収容専用駐車場 無料
    ・入館料
     大人 200円 
     小学生~大学生 65歳以上 100円
    ・入園料免除対象
     身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と
     その介護者1名
     ひょうごっ子ココロンカード提示者
    ・ホームページ
       たつの市立龍野歴史文化資料館公式ホームページ



    女孩节通信
    与可爱的玩偶相逢在龙野历史文化资料馆的小型玩偶展

    玩偶展在龙野历史文化资料馆举行。这是本馆从建立以来的例行展览。
    这在龙野成为预告春季到来的活动,不少人早就期待开展。
    2018年的展示,以明治时代为中心,展出江户后期和昭和时代的12组作品。
    站立偶人,平安朝式偶人,天皇大殿式组合,善事台装饰等多种形式的展品,让人体会到时代变迁的感受。
    请注意女性玩偶的衣服颜色,从鲜艳的朱红色向粉红色转换。
    除了玩偶,还展出江户年间的刻印版小册子5种,旧历的后节气图等珍贵资料,还有玩偶陶器,放流玩偶等地方玩具12件作品展出。


    たつの_お雛様02_バナー.jpg




      目次

    ・女孩节玩偶由来

    ・展示品玩偶介绍

    ・龙野历史文化资料馆的各种活动

    ・实惠的三个展馆通用门票



    女孩节玩偶由来



    上巳()是指3月上旬的巳日这一天。奈良时代开始这一天会用草编的玩偶()按摩身体后,将其和污秽一起用水冲洗掉。
    此习俗在季节变换时节,祈祷除病消灾。
    到了平安时代,贵族阶层的女性流行玩偶游戏。
    开始使用纸做的简单的玩偶,渐渐变为加入和服边角料的豪华装饰品。
    奈良时代的祈祷仪式,与玩偶游戏相结合,据说由此产生了女孩节。

    进入江户时代上巳()节定在了3月3日。
    从上流社会到一般老百姓,都会为祝愿女孩身体健康,早日成婚而庆祝此节日。

    玩偶的日文“雏”是古语,指的是小而可爱之物。
    雏菊等可爱的花名据说也是因此而来。
    此外此词还包含有大东西变小的意思。将变小的玩偶()作为女孩的替身,相信玩偶可以带走疾病和灾难。


    玩偶展示品介绍



    2.jpg

    天儿()这子()(展示编号1・2)
    放在幼儿的身边,可以转移病灾。
    这子是模仿婴儿爬姿的玩偶,流行于天儿之后。
    这两件玩偶在上巳节被赠送,孩子们3岁前随身携带,祈祷他们平安。

    ●立雏(展示编号3・4)
    玩偶的原型来自于立雏。
    最早的坐姿玩偶成立于室町时代,一说江户时代,尚无定论。
    江户时代中后期流行起了坐姿玩偶,可是立雏始终未被遗忘。

    ●天皇大殿式15人组合(展示编号12)
    京都皇宫的・紫宸殿(),模仿它所建的殿内,装饰偶模仿天皇和皇后的夫妻玩偶,再现了当时奢华的宫殿生活。
    江户时代后期出现,明治大正时代表现更加细腻,洗练。
    随着日本进入经济高速发展期,商品强调统一个性。他们也逐渐淡出。
    展示的大殿式组合,是个人的捐献品,昭和28年作品,非常珍贵。

    ●源氏方式装饰(展示编号8)
    源氏台,是省略了屋檐的大殿式组合。与源式物语画卷中所绘一样,可以看到大殿的内部。
    展示的作品是明治时代的作品。
    源氏方式装饰,比大殿组合更早消逝于世。

    ●平安式样
    江户时代出现,流传至今的现代样式。名称源自对平安朝代的憧憬。
    江户时代之初作品,宽永玩偶,是穿着和服和和服外套的小型玩偶。
    接下来穿着十二层的元禄玩偶成为主流,但只有1,2层加上屏风,比较朴素。
    之后流行的享保玩偶,此时代开始逐渐出现大型玩偶。平安式样开始,加入宫女三人或乐女五人,层数也增为7到8层,更为豪华。


    5.jpg

    龙野历史文化资料馆的各种活动



    纪念加入世界教科文化组织“世界的回忆”,“肋坂安堇和朝鲜通信使”展览。会期到4月8日(周日)。
    今年是龙野肋坂家族振兴鼻祖・肋坂安堇诞生250周年纪念,为此大量公开了肋坂家族与朝鲜通信使资料。

    3月4日(周日)由大阪观光大学名誉教授・中尾清先生作讲演,题目是“朝鲜通信使活用带来观光城市建设”
    会场在龙野市立中央公民馆,13时30分开讲。
    免费听讲,不需要申请,仅限先到的80人。


    实惠的三个展馆通用门票



    龙野历史文化资料馆,清淡口味酱油资料馆和霞城馆这三个展览馆,可以使用通用门票,比较实惠。
    野历史文化资料馆门票200日元、清淡口味酱油资料馆20日元、霞城馆200日元、合计420日元优惠为300日元。
    小中学生140日元。高中生和大学生220日元。
    同时这3馆收集全纪念章盖章后可以参加抽签当选龙野土特产。
    抽签4个月举行1次,总共选出14名奖励。1等奖是“龙野之乡”的酱油组合。


      龙野市立龍野历史文化资料馆
      小型偶人展
    ・时间
     2018年3月3日(周六)~4月8日(周日)
    ・开馆时间
     9:00~17:00(入馆时间到16:30)
    ・休息日
     周一 ※3月19日(周一)不休息
    ・地址
     兵库县龙野市龙野町上霞城()128-3 (龙野城内)
    ・电话号码
     0791-63-0907
    ・交通
     JR姬新线:本龙野车站出发1.7km
     神姬巴士:姬路北口3号站台乘坐39路车系 龙野站下车500m即是
     山阳自动车道:龙野立交桥出发2.5km
    ・停车场
     专用停车场15台 免费
    ・门票
     成人 200日元 
     小学生~大学生 65岁以上 100日元
    ・免费对象
     残疾人证、大病疗养证,精神病患者证持有者和
     陪同者1名
     兵库县儿童免费卡持有者
    ・网站首页
       龙野市立历史文化资料馆网站



    女孩節通信
    與可愛的玩偶相逢在龍野歷史文化資料館的小型玩偶展

    玩偶展在龍野歷史文化資料館舉行。這是本館從建立以來的例行展覽。
    這在龍野成為預告春季到來的活動,不少人早就期待開展。
    2018年的展示,以明治時代為中心,展出江戶後期和昭和時代的12組作品。
    站立偶人,平安朝式偶人,天皇大殿式組合,善事台裝飾等多種形式的展品,讓人體會到時代變遷的感受。
    請注意女性玩偶的衣服顏色,從鮮豔的朱紅色向粉紅色轉換。
    除了玩偶,還展出江戶年間的刻印版小冊子5種,舊曆的後節氣圖等珍貴資料,還有玩偶陶器,放流玩偶等地方玩具12件作品展出。


    たつの_お雛様02_バナー.jpg




      目次

    ・女孩節玩偶由來

    ・展示品玩偶介紹< br />
    ・龍野歷史文化資料館的各種活動

    ・實惠的三個展館通用門票



    女孩節玩偶由來



    上巳()是指3月上旬的巳日這一天。奈良時代開始這一天會用草編的玩偶()按摩身體後,將其和污穢一起用水沖洗掉。
    此習俗在季節變換時節,祈禱除病消災。
    到了平安時代,貴族階層的女性流行玩偶遊戲。
    開始使用紙做的簡單的玩偶,漸漸變為加入和服邊角料的豪華裝飾品。
    奈良時代的祈禱儀式,與玩偶遊戲相結合,據說由此產生了女孩節。

    進入江戶時代上巳()節定在了3月3日。
    從上流社會到一般老百姓,都會為祝愿女孩身體健康,早日成婚而慶祝此節日。

    玩偶的日文“雛”是古語,指的是小而可愛之物。
    雛菊等可愛的花名據說也是因此而來。
    此外此詞還包含有大東西變小的意思。將變小的玩偶()作為女孩的替身,相信玩偶可以帶走疾病和災難。


    玩偶展示品介紹



    2.jpg

    ●天兒・這子(展示編號1・2)
    放在幼兒的身邊,可以轉移病災。
    這子是模仿嬰兒爬姿的玩偶,流行於天兒之後。
    這兩件玩偶在上巳節被贈送,孩子們3歲前隨身攜帶,祈禱他們平安。


    ●立雛(展示編號3・4)
    玩偶的原型來自於立雛。
    最早的坐姿玩偶成立於室町時代,一說江戶時代,尚無定論。
    江戶時代中後期流行起了坐姿玩偶,可是立雛始終未被遺忘。

    ●天皇大殿式15人組合(展示編號12)
    京都皇宮的・紫宸殿,模仿它所建的殿內,裝飾偶模仿天皇和皇后的夫妻玩偶,再現了當時奢華的宮殿生活。
    江戶時代後期出現,明治大正時代表現更加細膩,洗練。
    隨著日本進入經濟高速發展期,商品強調統一個性。他們也逐漸淡出。
    展示的大殿式組合,是個人的捐獻品,昭和28年作品,非常珍貴。

    ●源氏方式裝飾(展示編號8)
    源氏台,是省略了屋簷的大殿式組合。與源式物語畫卷中所繪一樣,可以看到大殿的內部。
    展示的作品是明治時代的作品。
    源氏方式裝飾,比大殿組合更早消逝於世。

    ●平安式樣
    江戶時代出現,流傳至今的現代樣式。名稱源自對平安朝代的憧憬。
    江戶時代之初作品,寬永玩偶,是穿著和服和和服外套的小型玩偶。
    接下來穿著十二層的元祿玩偶成為主流,但只有1,2層加上屏風,比較樸素。
    之後流行的享保玩偶,此時代開始逐漸出現大型玩偶。平安式樣開始,加入宮女三人或樂女五人,層數也增為7到8層,更為豪華。

    5.jpg

    龍野歷史文化資料館的各種活動



    紀念加入世界教科文化組織“世界的回憶”,“肋坂安堇和朝鮮通信使”展覽。會期到4月8日(週日)。 今年是龍野肋坂家族振興鼻祖・肋坂安堇誕生250週年紀念,為此大量公開了肋坂家族與朝鮮通信使資料。

    3月4日(週日)由大阪觀光大學名譽教授・中尾清先生作講演,題目是“朝鮮通信使活用帶來觀光城市建設” 會場在龍野市立中央公民館,13時30分開講。 免費聽講,不需要申請,僅限先到的80人。



    實惠的三個展館通用門票



    龍野歷史文化資料館,清淡口味醬油資料館和霞城館這三個展覽館,可以使用通用門票,比較實惠。
    野歷史文化資料館門票200日元、清淡口味醬油資料館20日元、霞城館200日元、合計420日元優惠為300日元。
    小中學生140日元。高中生和大學生220日元。
    同時這3館收集全紀念章蓋章後可以參加抽籤當選龍野土特產。
    抽籤4個月舉行1次,總共選出14名獎勵。 1等獎是“龍野之鄉”的醬油組合。

      龍野市立龍野歷史文化資料館
    小型偶人展
    ・時間
     2018年3月3日(週六)~4月8日(週日)
    ・開館時間
    9:00~17:00(入館時間到16:30)
    ・休息日
    週一 ※3月19日(週一)不休息
    ・地址
    兵庫縣龍野市龍野町上霞城128-3 (龍野城內)
    ・電話號碼
     0791-63-0907
    ・交通
    JR姬新線:本龍野車站出發1.7km
    神姬巴士:姬路北口3號站台乘坐39路車系 龍野站下車500m即是
    山陽自動車道:龍野立交橋出發2.5km
    ・停車場
    專用停車場15台 免費
    ・門票
    成人 200日元 
    小學生~大學生 65歲以上 100日元
    ・免費對象
    殘疾人證、大病療養證,精神病患者證持有者和
    陪同者1名
    兵庫縣兒童免費卡持有者
    ・網站首頁
       龍野市立歷史文化資料館網站
      みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
      みたいにゃメンバーズ募集中!