イベント

Event

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

さかい

彼氏と行きたい早春のデートコース♪たつの市の人気梅林2選



ひとめ二万本!ハイキングにもオススメ 海の見える綾部山(あやべやま)梅林

梅林3.jpg



西播磨最南端、たつの市御津町にある綾部山梅林(瀬戸内国立公園)では蕾が膨らみちらほら花も咲き始め、春の気配が感じられます。

2018年の綾部山梅林の観梅期間は2月11日~3月21日です。例年の見頃は2月中旬が5分咲、2月下旬から3月上旬が満開となっており、24ヘクタールの広さを誇る、ひと目二万本、海の見える梅林として日本一と言われています。

斜面をゆっくり上っていくと播磨灘が眺められ、天気の良い日は家島諸島をはじめ遠くは四国まで望むことができます。可愛らしい紅梅から咲き始め、美しくかぐわしい白梅へと移り、全体として樹高が低いため間近で梅を鑑賞することができます。

入園料で梅ジュース又は甘酒が付いており、梅の花を見ながらいただく飲み物は格別な味わいです。

 

  

お地蔵さん.jpg



俳句大会、風景写真コンテスト、猿まわし、写生大会、餅つき大会、琴の演奏会、御津梅太鼓など多くの催しも予定しています。綾部山のふもとには一面に菜の花が植えられており、まばゆい黄色と淡いピンクのコントラストを楽しめるのはこの時期ならでは。期間内はJR網干駅と山電網干駅から直行バスを利用できますので、ぜひ春の訪れを感じにいらしてください。



 ・観梅期間 2018年2月11日~3月21日
 ・開園時間 9時~17時(最終入門16時30分)
 ・休園日 観梅期間内無休

 ・入園料(梅ジュースまたは甘酒付き)
  高校生以上500円、中学生以下400円(幼稚園以下は無料)
 ・駐車料 普通車500円、大型車1500円
 ・場所 たつの市御津町黒崎1492
 ・アクセス
  期間中はJR網干駅・山電網干駅から直行バス運行
   http://www.ayabeyama.jp/enkaku.htm
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICか龍野西ICより南へ12km

  ・イベント
  俳句大会、風景写真コンテスト 期間中
  猿回し 期間中の土日祝日、平日の2月19日~3月9日
  写生大会(中学生以下)2月24日、25日
  餅つき大会 2月25日、3月10日
  御津梅太鼓 3月4日

  農事組合法人 黒崎梅園組合 079-322-3551
  たつの市御津総合支所地域振興課 079-322-1004






海の見える_1200×900_03.jpg

瀬戸内海の見えるおすすめレストラン&カフェ3選

目の前に広がる瀬戸内海と315品種の梅!世界の梅公園

梅公園1.jpg



世界の梅公園(たつの市御津自然観察公園)は7.3ヘクタールの敷地に、梅の原産地である中国および台湾、韓国、日本から集めた約315品種が植樹され、1250本の梅の木を鑑賞することが出来ます。


早咲き薄紅色の「紅冬至」、原種に近く香りがとても良い「野梅」、紅白咲き分ける「輪違い」、見事に咲く人気花の「藤牡丹枝垂」をはじめとする数多くの品種を一種ずつじっくりと味わえます。

また展望台からは瀬戸内海が一望でき、青い空と眼下に広がる海と島々、春の風に漂う梅の香りに思わず深呼吸したくなります。

 

  

梅公園2.jpg



異国情緒漂う本格的中国建物が点在し、中心施設の梅資料館「尋梅館(じんばいかん)」は1階が展示室、2階が展望室になっており、他にも周囲をぐるりと一望できる「唐梅閣(とうばいかく)」、休憩施設の「来鶴軒(らいかくけん)」などがあります。

夜間ライトアップ時には21時まで開園時間が延長され、陽光の下とはまた一味違う幻想的な梅花たちを味わってくだい。



 ・有料期間 2018年2月12日~3月25日
 (上記期間以外は入園無料です)
 ・開園時間 9時~16時30分
 ・休園日 観梅期間内無休
  期間外は毎週月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始

 ・入園料(有料期間中のみ)
 (一般)高校生以上400円、小・中学生200円
 (団体20名以上)高校生以上350円、小・中学生150円
 ・駐車料 普通車500円、中型・大型車1500円、自動二輪・原付200円
 ・場所 兵庫県たつの市御津町黒崎1858-4
 ・アクセス
  山陽電鉄網干駅からバスで約20分
  (神姫バス「大浦」行き「世界の梅公園」下車)
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICまたは龍野西ICより南へ12km

 ・夜間ライトアップ 3月2~4日、10、11日
  (21時まで開園延長)
 ・梅の香コンサート 3月4日

  御津自然観察公園(梅資料館)
  電話番号 079-322-4100
  たつの市御津総合支所地域振興課
  電話番号 079-322-1004



編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

歩きやすい靴と羽織ものをお召しになっててお出かけください

 

 

彼氏と行きたい早春のデートコース♪たつの市の人気梅林2選



ひとめ二万本!ハイキングにもオススメ 海の見える綾部山(あやべやま)梅林

梅林3.jpg



西播磨最南端、たつの市御津町にある綾部山梅林(瀬戸内国立公園)では蕾が膨らみちらほら花も咲き始め、春の気配が感じられます。

2018年の綾部山梅林の観梅期間は2月11日~3月21日です。例年の見頃は2月中旬が5分咲、2月下旬から3月上旬が満開となっており、24ヘクタールの広さを誇る、ひと目二万本、海の見える梅林として日本一と言われています。

斜面をゆっくり上っていくと播磨灘が眺められ、天気の良い日は家島諸島をはじめ遠くは四国まで望むことができます。可愛らしい紅梅から咲き始め、美しくかぐわしい白梅へと移り、全体として樹高が低いため間近で梅を鑑賞することができます。

入園料で梅ジュース又は甘酒が付いており、梅の花を見ながらいただく飲み物は格別な味わいです。

 

  

お地蔵さん.jpg



俳句大会、風景写真コンテスト、猿まわし、写生大会、餅つき大会、琴の演奏会、御津梅太鼓など多くの催しも予定しています。綾部山のふもとには一面に菜の花が植えられており、まばゆい黄色と淡いピンクのコントラストを楽しめるのはこの時期ならでは。期間内はJR網干駅と山電網干駅から直行バスを利用できますので、ぜひ春の訪れを感じにいらしてください。



 ・観梅期間 2018年2月11日~3月21日
 ・開園時間 9時~17時(最終入門16時30分)
 ・休園日 観梅期間内無休

 ・入園料(梅ジュースまたは甘酒付き)
  高校生以上500円、中学生以下400円(幼稚園以下は無料)
 ・駐車料 普通車500円、大型車1500円
 ・場所 たつの市御津町黒崎1492
 ・アクセス
  期間中はJR網干駅・山電網干駅から直行バス運行
   http://www.ayabeyama.jp/enkaku.htm
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICか龍野西ICより南へ12km

  ・イベント
  俳句大会、風景写真コンテスト 期間中
  猿回し 期間中の土日祝日、平日の2月19日~3月9日
  写生大会(中学生以下)2月24日、25日
  餅つき大会 2月25日、3月10日
  御津梅太鼓 3月4日

  農事組合法人 黒崎梅園組合 079-322-3551
  たつの市御津総合支所地域振興課 079-322-1004






海の見える_1200×900_03.jpg

瀬戸内海の見えるおすすめレストラン&カフェ3選

目の前に広がる瀬戸内海と315品種の梅!世界の梅公園

梅公園1.jpg



世界の梅公園(たつの市御津自然観察公園)は7.3ヘクタールの敷地に、梅の原産地である中国および台湾、韓国、日本から集めた約315品種が植樹され、1250本の梅の木を鑑賞することが出来ます。


早咲き薄紅色の「紅冬至」、原種に近く香りがとても良い「野梅」、紅白咲き分ける「輪違い」、見事に咲く人気花の「藤牡丹枝垂」をはじめとする数多くの品種を一種ずつじっくりと味わえます。

また展望台からは瀬戸内海が一望でき、青い空と眼下に広がる海と島々、春の風に漂う梅の香りに思わず深呼吸したくなります。

 

  

梅公園2.jpg



異国情緒漂う本格的中国建物が点在し、中心施設の梅資料館「尋梅館(じんばいかん)」は1階が展示室、2階が展望室になっており、他にも周囲をぐるりと一望できる「唐梅閣(とうばいかく)」、休憩施設の「来鶴軒(らいかくけん)」などがあります。

夜間ライトアップ時には21時まで開園時間が延長され、陽光の下とはまた一味違う幻想的な梅花たちを味わってくだい。



 ・有料期間 2018年2月12日~3月25日
 (上記期間以外は入園無料です)
 ・開園時間 9時~16時30分
 ・休園日 観梅期間内無休
  期間外は毎週月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始

 ・入園料(有料期間中のみ)
 (一般)高校生以上400円、小・中学生200円
 (団体20名以上)高校生以上350円、小・中学生150円
 ・駐車料 普通車500円、中型・大型車1500円、自動二輪・原付200円
 ・場所 兵庫県たつの市御津町黒崎1858-4
 ・アクセス
  山陽電鉄網干駅からバスで約20分
  (神姫バス「大浦」行き「世界の梅公園」下車)
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICまたは龍野西ICより南へ12km

 ・夜間ライトアップ 3月2~4日、10、11日
  (21時まで開園延長)
 ・梅の香コンサート 3月4日

  御津自然観察公園(梅資料館)
  電話番号 079-322-4100
  たつの市御津総合支所地域振興課
  電話番号 079-322-1004



編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

歩きやすい靴と羽織ものをお召しになっててお出かけください

 

 

彼氏と行きたい早春のデートコース♪たつの市の人気梅林2選



ひとめ二万本!ハイキングにもオススメ 海の見える綾部山(あやべやま)梅林

梅林3.jpg



西播磨最南端、たつの市御津町にある綾部山梅林(瀬戸内国立公園)では蕾が膨らみちらほら花も咲き始め、春の気配が感じられます。

2018年の綾部山梅林の観梅期間は2月11日~3月21日です。例年の見頃は2月中旬が5分咲、2月下旬から3月上旬が満開となっており、24ヘクタールの広さを誇る、ひと目二万本、海の見える梅林として日本一と言われています。

斜面をゆっくり上っていくと播磨灘が眺められ、天気の良い日は家島諸島をはじめ遠くは四国まで望むことができます。可愛らしい紅梅から咲き始め、美しくかぐわしい白梅へと移り、全体として樹高が低いため間近で梅を鑑賞することができます。

入園料で梅ジュース又は甘酒が付いており、梅の花を見ながらいただく飲み物は格別な味わいです。

 

  

お地蔵さん.jpg



俳句大会、風景写真コンテスト、猿まわし、写生大会、餅つき大会、琴の演奏会、御津梅太鼓など多くの催しも予定しています。綾部山のふもとには一面に菜の花が植えられており、まばゆい黄色と淡いピンクのコントラストを楽しめるのはこの時期ならでは。期間内はJR網干駅と山電網干駅から直行バスを利用できますので、ぜひ春の訪れを感じにいらしてください。



 ・観梅期間 2018年2月11日~3月21日
 ・開園時間 9時~17時(最終入門16時30分)
 ・休園日 観梅期間内無休

 ・入園料(梅ジュースまたは甘酒付き)
  高校生以上500円、中学生以下400円(幼稚園以下は無料)
 ・駐車料 普通車500円、大型車1500円
 ・場所 たつの市御津町黒崎1492
 ・アクセス
  期間中はJR網干駅・山電網干駅から直行バス運行
   http://www.ayabeyama.jp/enkaku.htm
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICか龍野西ICより南へ12km

  ・イベント
  俳句大会、風景写真コンテスト 期間中
  猿回し 期間中の土日祝日、平日の2月19日~3月9日
  写生大会(中学生以下)2月24日、25日
  餅つき大会 2月25日、3月10日
  御津梅太鼓 3月4日

  農事組合法人 黒崎梅園組合 079-322-3551
  たつの市御津総合支所地域振興課 079-322-1004






海の見える_1200×900_03.jpg

瀬戸内海の見えるおすすめレストラン&カフェ3選

目の前に広がる瀬戸内海と315品種の梅!世界の梅公園

梅公園1.jpg



世界の梅公園(たつの市御津自然観察公園)は7.3ヘクタールの敷地に、梅の原産地である中国および台湾、韓国、日本から集めた約315品種が植樹され、1250本の梅の木を鑑賞することが出来ます。


早咲き薄紅色の「紅冬至」、原種に近く香りがとても良い「野梅」、紅白咲き分ける「輪違い」、見事に咲く人気花の「藤牡丹枝垂」をはじめとする数多くの品種を一種ずつじっくりと味わえます。

また展望台からは瀬戸内海が一望でき、青い空と眼下に広がる海と島々、春の風に漂う梅の香りに思わず深呼吸したくなります。

 

  

梅公園2.jpg



異国情緒漂う本格的中国建物が点在し、中心施設の梅資料館「尋梅館(じんばいかん)」は1階が展示室、2階が展望室になっており、他にも周囲をぐるりと一望できる「唐梅閣(とうばいかく)」、休憩施設の「来鶴軒(らいかくけん)」などがあります。

夜間ライトアップ時には21時まで開園時間が延長され、陽光の下とはまた一味違う幻想的な梅花たちを味わってくだい。



 ・有料期間 2018年2月12日~3月25日
 (上記期間以外は入園無料です)
 ・開園時間 9時~16時30分
 ・休園日 観梅期間内無休
  期間外は毎週月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始

 ・入園料(有料期間中のみ)
 (一般)高校生以上400円、小・中学生200円
 (団体20名以上)高校生以上350円、小・中学生150円
 ・駐車料 普通車500円、中型・大型車1500円、自動二輪・原付200円
 ・場所 兵庫県たつの市御津町黒崎1858-4
 ・アクセス
  山陽電鉄網干駅からバスで約20分
  (神姫バス「大浦」行き「世界の梅公園」下車)
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICまたは龍野西ICより南へ12km

 ・夜間ライトアップ 3月2~4日、10、11日
  (21時まで開園延長)
 ・梅の香コンサート 3月4日

  御津自然観察公園(梅資料館)
  電話番号 079-322-4100
  たつの市御津総合支所地域振興課
  電話番号 079-322-1004



編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

歩きやすい靴と羽織ものをお召しになっててお出かけください

 

 

彼氏と行きたい早春のデートコース♪たつの市の人気梅林2選



ひとめ二万本!ハイキングにもオススメ 海の見える綾部山(あやべやま)梅林

梅林3.jpg



西播磨最南端、たつの市御津町にある綾部山梅林(瀬戸内国立公園)では蕾が膨らみちらほら花も咲き始め、春の気配が感じられます。

2018年の綾部山梅林の観梅期間は2月11日~3月21日です。例年の見頃は2月中旬が5分咲、2月下旬から3月上旬が満開となっており、24ヘクタールの広さを誇る、ひと目二万本、海の見える梅林として日本一と言われています。

斜面をゆっくり上っていくと播磨灘が眺められ、天気の良い日は家島諸島をはじめ遠くは四国まで望むことができます。可愛らしい紅梅から咲き始め、美しくかぐわしい白梅へと移り、全体として樹高が低いため間近で梅を鑑賞することができます。

入園料で梅ジュース又は甘酒が付いており、梅の花を見ながらいただく飲み物は格別な味わいです。

 

  

お地蔵さん.jpg



俳句大会、風景写真コンテスト、猿まわし、写生大会、餅つき大会、琴の演奏会、御津梅太鼓など多くの催しも予定しています。綾部山のふもとには一面に菜の花が植えられており、まばゆい黄色と淡いピンクのコントラストを楽しめるのはこの時期ならでは。期間内はJR網干駅と山電網干駅から直行バスを利用できますので、ぜひ春の訪れを感じにいらしてください。



 ・観梅期間 2018年2月11日~3月21日
 ・開園時間 9時~17時(最終入門16時30分)
 ・休園日 観梅期間内無休

 ・入園料(梅ジュースまたは甘酒付き)
  高校生以上500円、中学生以下400円(幼稚園以下は無料)
 ・駐車料 普通車500円、大型車1500円
 ・場所 たつの市御津町黒崎1492
 ・アクセス
  期間中はJR網干駅・山電網干駅から直行バス運行
   http://www.ayabeyama.jp/enkaku.htm
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICか龍野西ICより南へ12km

  ・イベント
  俳句大会、風景写真コンテスト 期間中
  猿回し 期間中の土日祝日、平日の2月19日~3月9日
  写生大会(中学生以下)2月24日、25日
  餅つき大会 2月25日、3月10日
  御津梅太鼓 3月4日

  農事組合法人 黒崎梅園組合 079-322-3551
  たつの市御津総合支所地域振興課 079-322-1004






海の見える_1200×900_03.jpg

瀬戸内海の見えるおすすめレストラン&カフェ3選

目の前に広がる瀬戸内海と315品種の梅!世界の梅公園

梅公園1.jpg



世界の梅公園(たつの市御津自然観察公園)は7.3ヘクタールの敷地に、梅の原産地である中国および台湾、韓国、日本から集めた約315品種が植樹され、1250本の梅の木を鑑賞することが出来ます。


早咲き薄紅色の「紅冬至」、原種に近く香りがとても良い「野梅」、紅白咲き分ける「輪違い」、見事に咲く人気花の「藤牡丹枝垂」をはじめとする数多くの品種を一種ずつじっくりと味わえます。

また展望台からは瀬戸内海が一望でき、青い空と眼下に広がる海と島々、春の風に漂う梅の香りに思わず深呼吸したくなります。

 

  

梅公園2.jpg



異国情緒漂う本格的中国建物が点在し、中心施設の梅資料館「尋梅館(じんばいかん)」は1階が展示室、2階が展望室になっており、他にも周囲をぐるりと一望できる「唐梅閣(とうばいかく)」、休憩施設の「来鶴軒(らいかくけん)」などがあります。

夜間ライトアップ時には21時まで開園時間が延長され、陽光の下とはまた一味違う幻想的な梅花たちを味わってくだい。



 ・有料期間 2018年2月12日~3月25日
 (上記期間以外は入園無料です)
 ・開園時間 9時~16時30分
 ・休園日 観梅期間内無休
  期間外は毎週月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始

 ・入園料(有料期間中のみ)
 (一般)高校生以上400円、小・中学生200円
 (団体20名以上)高校生以上350円、小・中学生150円
 ・駐車料 普通車500円、中型・大型車1500円、自動二輪・原付200円
 ・場所 兵庫県たつの市御津町黒崎1858-4
 ・アクセス
  山陽電鉄網干駅からバスで約20分
  (神姫バス「大浦」行き「世界の梅公園」下車)
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICまたは龍野西ICより南へ12km

 ・夜間ライトアップ 3月2~4日、10、11日
  (21時まで開園延長)
 ・梅の香コンサート 3月4日

  御津自然観察公園(梅資料館)
  電話番号 079-322-4100
  たつの市御津総合支所地域振興課
  電話番号 079-322-1004



編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

歩きやすい靴と羽織ものをお召しになっててお出かけください

 

 

彼氏と行きたい早春のデートコース♪たつの市の人気梅林2選



ひとめ二万本!ハイキングにもオススメ 海の見える綾部山(あやべやま)梅林

梅林3.jpg



西播磨最南端、たつの市御津町にある綾部山梅林(瀬戸内国立公園)では蕾が膨らみちらほら花も咲き始め、春の気配が感じられます。

2018年の綾部山梅林の観梅期間は2月11日~3月21日です。例年の見頃は2月中旬が5分咲、2月下旬から3月上旬が満開となっており、24ヘクタールの広さを誇る、ひと目二万本、海の見える梅林として日本一と言われています。

斜面をゆっくり上っていくと播磨灘が眺められ、天気の良い日は家島諸島をはじめ遠くは四国まで望むことができます。可愛らしい紅梅から咲き始め、美しくかぐわしい白梅へと移り、全体として樹高が低いため間近で梅を鑑賞することができます。

入園料で梅ジュース又は甘酒が付いており、梅の花を見ながらいただく飲み物は格別な味わいです。

 

  

お地蔵さん.jpg



俳句大会、風景写真コンテスト、猿まわし、写生大会、餅つき大会、琴の演奏会、御津梅太鼓など多くの催しも予定しています。綾部山のふもとには一面に菜の花が植えられており、まばゆい黄色と淡いピンクのコントラストを楽しめるのはこの時期ならでは。期間内はJR網干駅と山電網干駅から直行バスを利用できますので、ぜひ春の訪れを感じにいらしてください。



 ・観梅期間 2018年2月11日~3月21日
 ・開園時間 9時~17時(最終入門16時30分)
 ・休園日 観梅期間内無休

 ・入園料(梅ジュースまたは甘酒付き)
  高校生以上500円、中学生以下400円(幼稚園以下は無料)
 ・駐車料 普通車500円、大型車1500円
 ・場所 たつの市御津町黒崎1492
 ・アクセス
  期間中はJR網干駅・山電網干駅から直行バス運行
   http://www.ayabeyama.jp/enkaku.htm
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICか龍野西ICより南へ12km

  ・イベント
  俳句大会、風景写真コンテスト 期間中
  猿回し 期間中の土日祝日、平日の2月19日~3月9日
  写生大会(中学生以下)2月24日、25日
  餅つき大会 2月25日、3月10日
  御津梅太鼓 3月4日

  農事組合法人 黒崎梅園組合 079-322-3551
  たつの市御津総合支所地域振興課 079-322-1004






海の見える_1200×900_03.jpg

瀬戸内海の見えるおすすめレストラン&カフェ3選

目の前に広がる瀬戸内海と315品種の梅!世界の梅公園

梅公園1.jpg



世界の梅公園(たつの市御津自然観察公園)は7.3ヘクタールの敷地に、梅の原産地である中国および台湾、韓国、日本から集めた約315品種が植樹され、1250本の梅の木を鑑賞することが出来ます。


早咲き薄紅色の「紅冬至」、原種に近く香りがとても良い「野梅」、紅白咲き分ける「輪違い」、見事に咲く人気花の「藤牡丹枝垂」をはじめとする数多くの品種を一種ずつじっくりと味わえます。

また展望台からは瀬戸内海が一望でき、青い空と眼下に広がる海と島々、春の風に漂う梅の香りに思わず深呼吸したくなります。

 

  

梅公園2.jpg



異国情緒漂う本格的中国建物が点在し、中心施設の梅資料館「尋梅館(じんばいかん)」は1階が展示室、2階が展望室になっており、他にも周囲をぐるりと一望できる「唐梅閣(とうばいかく)」、休憩施設の「来鶴軒(らいかくけん)」などがあります。

夜間ライトアップ時には21時まで開園時間が延長され、陽光の下とはまた一味違う幻想的な梅花たちを味わってくだい。



 ・有料期間 2018年2月12日~3月25日
 (上記期間以外は入園無料です)
 ・開園時間 9時~16時30分
 ・休園日 観梅期間内無休
  期間外は毎週月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始

 ・入園料(有料期間中のみ)
 (一般)高校生以上400円、小・中学生200円
 (団体20名以上)高校生以上350円、小・中学生150円
 ・駐車料 普通車500円、中型・大型車1500円、自動二輪・原付200円
 ・場所 兵庫県たつの市御津町黒崎1858-4
 ・アクセス
  山陽電鉄網干駅からバスで約20分
  (神姫バス「大浦」行き「世界の梅公園」下車)
  自家用車
  姫路バイパス中地ICより国道250号を西へ14km
  山陽自動車龍野ICまたは龍野西ICより南へ12km

 ・夜間ライトアップ 3月2~4日、10、11日
  (21時まで開園延長)
 ・梅の香コンサート 3月4日

  御津自然観察公園(梅資料館)
  電話番号 079-322-4100
  たつの市御津総合支所地域振興課
  電話番号 079-322-1004



編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

歩きやすい靴と羽織ものをお召しになっててお出かけください

 

 

bookmark_border