編集部のオススメ

Pick Up

瀬戸内海の見える おすすめレストラン&カフェ3選 たつの市

瀬戸内海の見える おすすめレストラン&カフェ3選 たつの市

さかい

絶景で気分もリフレッシュ!瀬戸内海の見える人気レストラン&カフェ3選 たつの市



バナー_海の見える.jpg



※掲載は50音順





創作和食 懐石料理 大阪屋

海の見える癒しの空間 美しい田園風景 吹き抜ける風に心やすらぐひとときを

IMG_6042_03色加工.jpg



新舞子海岸よりほど近く小高い山上にたたずむ隠れ家的な大阪屋さん。
和食屋さんでありながらアーティスティックな紅白の立て看板が目を引きます。
スタッフの方が気持ち良く出迎えてくださりスリッパに履き替え入店。
正面の窓からは梅の蕾がほころび始めた山々と田園風景、左方には新舞子の砂浜と干潟が一望できるオーシャンビュー。

陽光が降りそそぐ明るい店内には席間が広くとられたテーブル席に、間仕切りがあるお座敷、壁面には独創的な絵画がたくさん飾られ、まるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。

 

  

内観3.jpg



女将の息子さんでありスタッフ兼アーティストのYUKIさんが描き、娘さんのYUMIさんが小物を制作しているそう。
猫や少女をモチーフしたものが多くとてもカラフルで愛くるしい。細部まで緻密に描かれたこれらの作品は、アイディアが浮かぶと下描きをして彩色は手とコンピューターで仕上げます。
題材は次々と思いつくのですが製作する時間がなかなか取れないのが悩みどころだそうです。
兄妹さんオリジナルのポップな絵画や小物たちは展示コーナーに並べられ販売もされています。



御膳3.jpg

「花」1200円 魚のムニエル、カルパッチョ、惣菜3種、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶

見晴らしの良い窓際に案内していただきメニューを拝見。お昼のお値打ち御膳は、お刺身、魚のムニエル、ステーキ、串カツ、天ぷら、穴子と豊富な品揃え。
その中でも人気メニューは、花(1200円)、なごみ(1600円)と言うことでそれに決定。



御膳2.jpg

「なごみ」1600円 お刺身、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶
200円プラスで炊き込みご飯を自然薯ごはんに変更も可能。

ふっくらした風合いが見事な白身魚のムニエル、骨付き魚なのにまったく臭みがない吸物、コリっとした食感で脂の載った刺身、野菜や魚の風味が良いサクサク天婦羅、柚子の香り豊かな紅白なます、、、どのお料理も素晴らしいお味でした。

すっきりといただける珈琲と手作りのパンナコッタは舌触りなめらかで幸せな気分に。


お店のこだわりは、近くの港から買い付けた新鮮な魚介と地元農家さんや自家栽培の野菜で手間暇かけて作ることだそうです。愛情のこもったお料理と景色のごちそうをゆっくりと堪能できました。

お昼のプランの他にも夜は2,500円から、季節の懐石や一品料理も。家族や仲間との宴会はもちろん、お祝い事やご法要にもご利用できます。


近くには綾部山梅林、世界の梅公園や新舞子海岸があり、梅や菜の花の時期に続いて潮干狩り、海水浴へととても賑わうシーズン。
そんな機会にさっと立ち寄れ、山上から海を眺めつつ地元の美味しいものを愉しむのに最適な場所ではないでしょうか。



 ・店名
  創作和食 懐石料理 大阪屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町黒崎字基山 1657-24
 ・定休日
  第2・第4木曜日
 ・電話番号
  079-322-0124

 ・営業時間
  昼 11:00-15:00(ランチは14:30迄)
  夜 17:30-21:00

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  お座敷あり、宴会・お祝い事・ご法要にもご利用可能





梅林1.jpg

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

甘味喫茶 さくら茶屋

絶好のロケーション♪ 和風カフェで海を見ながら まったり、ほっこり甘いひとときを

看板.jpg



たつの市御津町室津から大浦を過ぎ、相生へ抜ける国道250号線(浜国)を走っていると、ふと左手に甘味処の旗と和風の看板を発見。
桃色と黒を基調とし桜が描かれたシックな外観のお店に立ち寄ってみました。高い崖の上に建ち瀬戸内海が一望できる抜群のロケーション。


落ち着いた純和風の店内に入るとすぐに履物を脱ぐスタイルは家に帰った様に寛げます。
広い窓からは目の前に海や空が開けその絶景に思わず感嘆の声をもらします。

アメリカン80'sがさりげなく流れる落ち着いた居心地の良い場所でゆったりまったりと過ごせます。


席間も広くテーブル席と掘り炬燵、カウンターがあり、どの席からも美しい景色を見渡せます。
各テーブルにある双眼鏡を覗いて太陽の光がきらきら反射する海や漁船、牡蠣の養殖いかだを眺めていると気持ちも安らぎます。

 

  

内観1.JPG



メニューを拝見。どれも桜をテーマにしています。さくら蕎麦、さくらご飯、あんみつ、わらびもち、あべかわ、みんな美味しそうで迷います。
温かいものが頂きたかったので、「さくら蕎麦と甘味盆」1280円に決定。 甘味は、さくらぜんざいとあべかわもちをチョイス。よく考えると餅ばかりになりました。
綺麗な景色を眺めながら待つことしばし、、。



そば.jpg



さくらモチーフの益子焼の器に盛られたお蕎麦がでてきました。
桜の花を練りこんだ淡いピンク色のお蕎麦はその可愛らしさに見るだけで心がほんわり。澄んだお出汁は旨味がたっぷり、お蕎麦はほんのりと桜の香りがします。
ふわふわ玉子とシャキッとした山菜もとても美味しく五感が刺激されます。 一品ずつ注文を受けてから手作りし、化学調味料や漂白さとうは使用しないというこだわり。



ぜんざい3.jpg



セットの甘味盆はメインと同じくらい豪華でなんだか得した気分。
あんこ、ぜんざいは桜の花や葉の煮汁で味付けしているので、あんこだけで桜餅のような風味が。
ぜんざいは手間暇かけ丁寧に炊き上げられ、ごろごろと大きなあずき粒とほんのり塩気のすっきりとした甘さ。美味しい栗まで入っていました。


食べ易いサイズのお餅はテーブルに置かれた網で香ばしく焼き、ぷっくり膨んだら熱々のうちにぜんざいに、残りはお湯にくぐらせ、きなことあんこをまぶしていただきます。
香の物の昆布の佃煮も手作りで素朴な美味しさでした。
餅が沢山なので食べきれるだろうかと思ったら甘すぎないので案外ぺろりといただけました。



内観2.jpg



飲み物は珈琲か抹茶か迷いましたが今回はコーヒーに。
カウンターには、銅製ポット、カップ予熱用のガラスケース、コーヒーミルが整然と置かれ、お姉さんがお店のオリジナルブレンド豆を挽いて一杯ずつ紙ドリップで淹れてくれます。
コーヒーの香りがとてもマイルドで濃すぎず苦すぎず飲みやすく、大きなハート型のカップにたっぷりと注がれ気分も盛り上がります。


とても素敵な益子焼の器はディスプレイされ購入もできます。

海の見えるロケーションがお料理を更に美味しくし、店名の通りおしゃべりにも花がさきます。 絶景を堪能しながら誰もが時間を忘れてリラックスしておられました。



 ・店名
  甘味喫茶 さくら茶屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津字荒戸 1250-109
 ・定休日
  水曜日
 ・電話番号
  079-324-1627

 ・営業時間
  9:00-19:00(Lo.18:30)

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  禁煙、掘りごたつ席あり、靴を脱いで入店





シーサイドカフェ Seven C's(セブンシーズ)

ライダーにも人気! アーリーアメリカンの雰囲気漂う インスタジェニックなお店

外観1.jpg



たつの市御津町室津の七曲り(250号線)を西へドライブ、左方に爽やかな萌黄色のセンス良い看板が。
「シーサイドカフェSeven C's」右矢印1.4Kmと表示。
どんなカフェなのかと期待に胸を膨らませつつ、くねくね道をしばらく行くとダークブラウンのモダンな洋館が見えてきました。


優しいトーンの色使いが上品な外観と、出入りしやすい広い駐車場にはバイク専用の場所もありライダーさんにも評判の高い人気店のようです。
見晴らしの良い海岸沿いをツーリングする途中で思わずふらりと立ち寄りたくなる感じが素敵ですね。

 

  

内観6.jpg



入り口の扉はすきま風が入らぬよう二重になっており、店内は四季を通じて快適な状態が保たれています。
清潔感のある白い壁にぬくもりある木の内装、ビンテージポップな調度品とでアーリーアメリカンの雰囲気が漂います。



内観5.jpg



どのお席にも窓が設けられ柔らかな日差しと外の景色を独り占めできます。
ベビーチェアも用意されているので、子連れママ同士でランチやお茶でリフレッシュするのはいかがでしょうか。

この辺りは海の幸が豊富な場所柄のため、メニューには牡蠣の文字がちらほら。
お店の方におすすめを尋ねるとやはり冬から春先にかけてカキフライや牡蠣グラタンが人気だそう。


カキドックと言うあまり聞きなれないお料理があったので相方はこれに決まり。
ドリンクは珍しいジュレソーダを、お味はピーチにしました。
筆者は日替わりランチ(ポークチャップ)とコーヒーをオーダー。平日はランチにドリンクが付いているのでお得です。



カキ3.jpg



カキドック 450円、ジュレソーダ 550円

カキドックは、プリップリの牡蠣フライとチリソースが絶妙にマッチ、もう一つ食べたいくらいの美味しさです。付け合わせのフライドポテトもしっかり太くホクホクでした。


ジュレソーダ(ピーチ)は見た目も可愛いビンに入り、ピンクと透明のグラデーションがとても綺麗でインスタ映えすること間違いなし。
レモンの良い香りもアクセントになっています。さっぱりしたソーダを飲みつつジュレをいただく食感が楽しい。



デザート1.jpg



フォンダンショコラ 350円

デザートにはミニフォンダンショコラを。
生クリーム、粉砂糖で美しく飾られたケーキの中にはとろりと濃厚チョコソースがたっぷり。大きくもなく小さくもない丁度良いサイズ感も嬉しい。



日替わり2.jpg



日替わりランチ 880円

日替わりランチは和洋折衷で、厚めのポークはいい塩梅にソテーされトマトソースも濃厚。
フレッシュなフレンチドレッシングのサラダ、ニンニク風味がきいた小松菜の和え物、人参のマリネ、ほうれん草がたっぷりのキッシュ、ふっくら炊いた厚揚げ、お出汁がよくでた豆腐の味噌汁。お野菜がたっぷりのヘルシーな内容でありがたく完食しました。

食後のコーヒーはオーガニックブレンドのドリップ。
飲みやすい濃さで酸味もなくすっきりとしたお味。

シーサイドカフェSeven C'sはお洒落な空間で、穏やかな入り江と海鳥を眺めつつ旬の牡蠣やお手製ランチやスイーツを堪能できるオススメ店です。



 ・店名
  Seven C's(セブンシーズ)

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津 1269
 ・定休日
  火曜日・最終月曜日
  Facebookをご確認ください
 ・電話番号
  079-324-0088

 ・営業時間
  9:00-17:00(Lo.16:30)

 ・駐車場
  15台、バイク駐車場もあり

 ・その他
  一人でも入りやすい、モーニングあり、インスタ映え







編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

どちらのお店も絶景とごちそうを満喫できますよ!

 

 

絶景で気分もリフレッシュ!瀬戸内海の見える人気レストラン&カフェ3選 たつの市



バナー_海の見える.jpg



※掲載は50音順





創作和食 懐石料理 大阪屋

海の見える癒しの空間 美しい田園風景 吹き抜ける風に心やすらぐひとときを

IMG_6042_03色加工.jpg



新舞子海岸よりほど近く小高い山上にたたずむ隠れ家的な大阪屋さん。
和食屋さんでありながらアーティスティックな紅白の立て看板が目を引きます。
スタッフの方が気持ち良く出迎えてくださりスリッパに履き替え入店。
正面の窓からは梅の蕾がほころび始めた山々と田園風景、左方には新舞子の砂浜と干潟が一望できるオーシャンビュー。

陽光が降りそそぐ明るい店内には席間が広くとられたテーブル席に、間仕切りがあるお座敷、壁面には独創的な絵画がたくさん飾られ、まるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。

 

  

内観3.jpg



女将の息子さんでありスタッフ兼アーティストのYUKIさんが描き、娘さんのYUMIさんが小物を制作しているそう。
猫や少女をモチーフしたものが多くとてもカラフルで愛くるしい。細部まで緻密に描かれたこれらの作品は、アイディアが浮かぶと下描きをして彩色は手とコンピューターで仕上げます。
題材は次々と思いつくのですが製作する時間がなかなか取れないのが悩みどころだそうです。
兄妹さんオリジナルのポップな絵画や小物たちは展示コーナーに並べられ販売もされています。



御膳3.jpg

「花」1200円 魚のムニエル、カルパッチョ、惣菜3種、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶

見晴らしの良い窓際に案内していただきメニューを拝見。お昼のお値打ち御膳は、お刺身、魚のムニエル、ステーキ、串カツ、天ぷら、穴子と豊富な品揃え。
その中でも人気メニューは、花(1200円)、なごみ(1600円)と言うことでそれに決定。



御膳2.jpg

「なごみ」1600円 お刺身、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶
200円プラスで炊き込みご飯を自然薯ごはんに変更も可能。

ふっくらした風合いが見事な白身魚のムニエル、骨付き魚なのにまったく臭みがない吸物、コリっとした食感で脂の載った刺身、野菜や魚の風味が良いサクサク天婦羅、柚子の香り豊かな紅白なます、、、どのお料理も素晴らしいお味でした。

すっきりといただける珈琲と手作りのパンナコッタは舌触りなめらかで幸せな気分に。


お店のこだわりは、近くの港から買い付けた新鮮な魚介と地元農家さんや自家栽培の野菜で手間暇かけて作ることだそうです。愛情のこもったお料理と景色のごちそうをゆっくりと堪能できました。

お昼のプランの他にも夜は2,500円から、季節の懐石や一品料理も。家族や仲間との宴会はもちろん、お祝い事やご法要にもご利用できます。


近くには綾部山梅林、世界の梅公園や新舞子海岸があり、梅や菜の花の時期に続いて潮干狩り、海水浴へととても賑わうシーズン。
そんな機会にさっと立ち寄れ、山上から海を眺めつつ地元の美味しいものを愉しむのに最適な場所ではないでしょうか。



 ・店名
  創作和食 懐石料理 大阪屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町黒崎字基山 1657-24
 ・定休日
  第2・第4木曜日
 ・電話番号
  079-322-0124

 ・営業時間
  昼 11:00-15:00(ランチは14:30迄)
  夜 17:30-21:00

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  お座敷あり、宴会・お祝い事・ご法要にもご利用可能





梅林1.jpg

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

甘味喫茶 さくら茶屋

絶好のロケーション♪ 和風カフェで海を見ながら まったり、ほっこり甘いひとときを

看板.jpg



たつの市御津町室津から大浦を過ぎ、相生へ抜ける国道250号線(浜国)を走っていると、ふと左手に甘味処の旗と和風の看板を発見。
桃色と黒を基調とし桜が描かれたシックな外観のお店に立ち寄ってみました。高い崖の上に建ち瀬戸内海が一望できる抜群のロケーション。


落ち着いた純和風の店内に入るとすぐに履物を脱ぐスタイルは家に帰った様に寛げます。
広い窓からは目の前に海や空が開けその絶景に思わず感嘆の声をもらします。

アメリカン80'sがさりげなく流れる落ち着いた居心地の良い場所でゆったりまったりと過ごせます。


席間も広くテーブル席と掘り炬燵、カウンターがあり、どの席からも美しい景色を見渡せます。
各テーブルにある双眼鏡を覗いて太陽の光がきらきら反射する海や漁船、牡蠣の養殖いかだを眺めていると気持ちも安らぎます。

 

  

内観1.JPG



メニューを拝見。どれも桜をテーマにしています。さくら蕎麦、さくらご飯、あんみつ、わらびもち、あべかわ、みんな美味しそうで迷います。
温かいものが頂きたかったので、「さくら蕎麦と甘味盆」1280円に決定。 甘味は、さくらぜんざいとあべかわもちをチョイス。よく考えると餅ばかりになりました。
綺麗な景色を眺めながら待つことしばし、、。



そば.jpg



さくらモチーフの益子焼の器に盛られたお蕎麦がでてきました。
桜の花を練りこんだ淡いピンク色のお蕎麦はその可愛らしさに見るだけで心がほんわり。澄んだお出汁は旨味がたっぷり、お蕎麦はほんのりと桜の香りがします。
ふわふわ玉子とシャキッとした山菜もとても美味しく五感が刺激されます。 一品ずつ注文を受けてから手作りし、化学調味料や漂白さとうは使用しないというこだわり。



ぜんざい3.jpg



セットの甘味盆はメインと同じくらい豪華でなんだか得した気分。
あんこ、ぜんざいは桜の花や葉の煮汁で味付けしているので、あんこだけで桜餅のような風味が。
ぜんざいは手間暇かけ丁寧に炊き上げられ、ごろごろと大きなあずき粒とほんのり塩気のすっきりとした甘さ。美味しい栗まで入っていました。


食べ易いサイズのお餅はテーブルに置かれた網で香ばしく焼き、ぷっくり膨んだら熱々のうちにぜんざいに、残りはお湯にくぐらせ、きなことあんこをまぶしていただきます。
香の物の昆布の佃煮も手作りで素朴な美味しさでした。
餅が沢山なので食べきれるだろうかと思ったら甘すぎないので案外ぺろりといただけました。



内観2.jpg



飲み物は珈琲か抹茶か迷いましたが今回はコーヒーに。
カウンターには、銅製ポット、カップ予熱用のガラスケース、コーヒーミルが整然と置かれ、お姉さんがお店のオリジナルブレンド豆を挽いて一杯ずつ紙ドリップで淹れてくれます。
コーヒーの香りがとてもマイルドで濃すぎず苦すぎず飲みやすく、大きなハート型のカップにたっぷりと注がれ気分も盛り上がります。


とても素敵な益子焼の器はディスプレイされ購入もできます。

海の見えるロケーションがお料理を更に美味しくし、店名の通りおしゃべりにも花がさきます。 絶景を堪能しながら誰もが時間を忘れてリラックスしておられました。



 ・店名
  甘味喫茶 さくら茶屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津字荒戸 1250-109
 ・定休日
  水曜日
 ・電話番号
  079-324-1627

 ・営業時間
  9:00-19:00(Lo.18:30)

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  禁煙、掘りごたつ席あり、靴を脱いで入店





シーサイドカフェ Seven C's(セブンシーズ)

ライダーにも人気! アーリーアメリカンの雰囲気漂う インスタジェニックなお店

外観1.jpg



たつの市御津町室津の七曲り(250号線)を西へドライブ、左方に爽やかな萌黄色のセンス良い看板が。
「シーサイドカフェSeven C's」右矢印1.4Kmと表示。
どんなカフェなのかと期待に胸を膨らませつつ、くねくね道をしばらく行くとダークブラウンのモダンな洋館が見えてきました。


優しいトーンの色使いが上品な外観と、出入りしやすい広い駐車場にはバイク専用の場所もありライダーさんにも評判の高い人気店のようです。
見晴らしの良い海岸沿いをツーリングする途中で思わずふらりと立ち寄りたくなる感じが素敵ですね。

 

  

内観6.jpg



入り口の扉はすきま風が入らぬよう二重になっており、店内は四季を通じて快適な状態が保たれています。
清潔感のある白い壁にぬくもりある木の内装、ビンテージポップな調度品とでアーリーアメリカンの雰囲気が漂います。



内観5.jpg



どのお席にも窓が設けられ柔らかな日差しと外の景色を独り占めできます。
ベビーチェアも用意されているので、子連れママ同士でランチやお茶でリフレッシュするのはいかがでしょうか。

この辺りは海の幸が豊富な場所柄のため、メニューには牡蠣の文字がちらほら。
お店の方におすすめを尋ねるとやはり冬から春先にかけてカキフライや牡蠣グラタンが人気だそう。


カキドックと言うあまり聞きなれないお料理があったので相方はこれに決まり。
ドリンクは珍しいジュレソーダを、お味はピーチにしました。
筆者は日替わりランチ(ポークチャップ)とコーヒーをオーダー。平日はランチにドリンクが付いているのでお得です。



カキ3.jpg



カキドック 450円、ジュレソーダ 550円

カキドックは、プリップリの牡蠣フライとチリソースが絶妙にマッチ、もう一つ食べたいくらいの美味しさです。付け合わせのフライドポテトもしっかり太くホクホクでした。


ジュレソーダ(ピーチ)は見た目も可愛いビンに入り、ピンクと透明のグラデーションがとても綺麗でインスタ映えすること間違いなし。
レモンの良い香りもアクセントになっています。さっぱりしたソーダを飲みつつジュレをいただく食感が楽しい。



デザート1.jpg



フォンダンショコラ 350円

デザートにはミニフォンダンショコラを。
生クリーム、粉砂糖で美しく飾られたケーキの中にはとろりと濃厚チョコソースがたっぷり。大きくもなく小さくもない丁度良いサイズ感も嬉しい。



日替わり2.jpg



日替わりランチ 880円

日替わりランチは和洋折衷で、厚めのポークはいい塩梅にソテーされトマトソースも濃厚。
フレッシュなフレンチドレッシングのサラダ、ニンニク風味がきいた小松菜の和え物、人参のマリネ、ほうれん草がたっぷりのキッシュ、ふっくら炊いた厚揚げ、お出汁がよくでた豆腐の味噌汁。お野菜がたっぷりのヘルシーな内容でありがたく完食しました。

食後のコーヒーはオーガニックブレンドのドリップ。
飲みやすい濃さで酸味もなくすっきりとしたお味。

シーサイドカフェSeven C'sはお洒落な空間で、穏やかな入り江と海鳥を眺めつつ旬の牡蠣やお手製ランチやスイーツを堪能できるオススメ店です。



 ・店名
  Seven C's(セブンシーズ)

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津 1269
 ・定休日
  火曜日・最終月曜日
  Facebookをご確認ください
 ・電話番号
  079-324-0088

 ・営業時間
  9:00-17:00(Lo.16:30)

 ・駐車場
  15台、バイク駐車場もあり

 ・その他
  一人でも入りやすい、モーニングあり、インスタ映え







編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

どちらのお店も絶景とごちそうを満喫できますよ!

 

 

絶景で気分もリフレッシュ!瀬戸内海の見える人気レストラン&カフェ3選 たつの市



バナー_海の見える.jpg



※掲載は50音順





創作和食 懐石料理 大阪屋

海の見える癒しの空間 美しい田園風景 吹き抜ける風に心やすらぐひとときを

IMG_6042_03色加工.jpg



新舞子海岸よりほど近く小高い山上にたたずむ隠れ家的な大阪屋さん。
和食屋さんでありながらアーティスティックな紅白の立て看板が目を引きます。
スタッフの方が気持ち良く出迎えてくださりスリッパに履き替え入店。
正面の窓からは梅の蕾がほころび始めた山々と田園風景、左方には新舞子の砂浜と干潟が一望できるオーシャンビュー。

陽光が降りそそぐ明るい店内には席間が広くとられたテーブル席に、間仕切りがあるお座敷、壁面には独創的な絵画がたくさん飾られ、まるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。

 

  

内観3.jpg



女将の息子さんでありスタッフ兼アーティストのYUKIさんが描き、娘さんのYUMIさんが小物を制作しているそう。
猫や少女をモチーフしたものが多くとてもカラフルで愛くるしい。細部まで緻密に描かれたこれらの作品は、アイディアが浮かぶと下描きをして彩色は手とコンピューターで仕上げます。
題材は次々と思いつくのですが製作する時間がなかなか取れないのが悩みどころだそうです。
兄妹さんオリジナルのポップな絵画や小物たちは展示コーナーに並べられ販売もされています。



御膳3.jpg

「花」1200円 魚のムニエル、カルパッチョ、惣菜3種、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶

見晴らしの良い窓際に案内していただきメニューを拝見。お昼のお値打ち御膳は、お刺身、魚のムニエル、ステーキ、串カツ、天ぷら、穴子と豊富な品揃え。
その中でも人気メニューは、花(1200円)、なごみ(1600円)と言うことでそれに決定。



御膳2.jpg

「なごみ」1600円 お刺身、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶
200円プラスで炊き込みご飯を自然薯ごはんに変更も可能。

ふっくらした風合いが見事な白身魚のムニエル、骨付き魚なのにまったく臭みがない吸物、コリっとした食感で脂の載った刺身、野菜や魚の風味が良いサクサク天婦羅、柚子の香り豊かな紅白なます、、、どのお料理も素晴らしいお味でした。

すっきりといただける珈琲と手作りのパンナコッタは舌触りなめらかで幸せな気分に。


お店のこだわりは、近くの港から買い付けた新鮮な魚介と地元農家さんや自家栽培の野菜で手間暇かけて作ることだそうです。愛情のこもったお料理と景色のごちそうをゆっくりと堪能できました。

お昼のプランの他にも夜は2,500円から、季節の懐石や一品料理も。家族や仲間との宴会はもちろん、お祝い事やご法要にもご利用できます。


近くには綾部山梅林、世界の梅公園や新舞子海岸があり、梅や菜の花の時期に続いて潮干狩り、海水浴へととても賑わうシーズン。
そんな機会にさっと立ち寄れ、山上から海を眺めつつ地元の美味しいものを愉しむのに最適な場所ではないでしょうか。



 ・店名
  創作和食 懐石料理 大阪屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町黒崎字基山 1657-24
 ・定休日
  第2・第4木曜日
 ・電話番号
  079-322-0124

 ・営業時間
  昼 11:00-15:00(ランチは14:30迄)
  夜 17:30-21:00

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  お座敷あり、宴会・お祝い事・ご法要にもご利用可能





梅林1.jpg

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

甘味喫茶 さくら茶屋

絶好のロケーション♪ 和風カフェで海を見ながら まったり、ほっこり甘いひとときを

看板.jpg



たつの市御津町室津から大浦を過ぎ、相生へ抜ける国道250号線(浜国)を走っていると、ふと左手に甘味処の旗と和風の看板を発見。
桃色と黒を基調とし桜が描かれたシックな外観のお店に立ち寄ってみました。高い崖の上に建ち瀬戸内海が一望できる抜群のロケーション。


落ち着いた純和風の店内に入るとすぐに履物を脱ぐスタイルは家に帰った様に寛げます。
広い窓からは目の前に海や空が開けその絶景に思わず感嘆の声をもらします。

アメリカン80'sがさりげなく流れる落ち着いた居心地の良い場所でゆったりまったりと過ごせます。


席間も広くテーブル席と掘り炬燵、カウンターがあり、どの席からも美しい景色を見渡せます。
各テーブルにある双眼鏡を覗いて太陽の光がきらきら反射する海や漁船、牡蠣の養殖いかだを眺めていると気持ちも安らぎます。

 

  

内観1.JPG



メニューを拝見。どれも桜をテーマにしています。さくら蕎麦、さくらご飯、あんみつ、わらびもち、あべかわ、みんな美味しそうで迷います。
温かいものが頂きたかったので、「さくら蕎麦と甘味盆」1280円に決定。 甘味は、さくらぜんざいとあべかわもちをチョイス。よく考えると餅ばかりになりました。
綺麗な景色を眺めながら待つことしばし、、。



そば.jpg



さくらモチーフの益子焼の器に盛られたお蕎麦がでてきました。
桜の花を練りこんだ淡いピンク色のお蕎麦はその可愛らしさに見るだけで心がほんわり。澄んだお出汁は旨味がたっぷり、お蕎麦はほんのりと桜の香りがします。
ふわふわ玉子とシャキッとした山菜もとても美味しく五感が刺激されます。 一品ずつ注文を受けてから手作りし、化学調味料や漂白さとうは使用しないというこだわり。



ぜんざい3.jpg



セットの甘味盆はメインと同じくらい豪華でなんだか得した気分。
あんこ、ぜんざいは桜の花や葉の煮汁で味付けしているので、あんこだけで桜餅のような風味が。
ぜんざいは手間暇かけ丁寧に炊き上げられ、ごろごろと大きなあずき粒とほんのり塩気のすっきりとした甘さ。美味しい栗まで入っていました。


食べ易いサイズのお餅はテーブルに置かれた網で香ばしく焼き、ぷっくり膨んだら熱々のうちにぜんざいに、残りはお湯にくぐらせ、きなことあんこをまぶしていただきます。
香の物の昆布の佃煮も手作りで素朴な美味しさでした。
餅が沢山なので食べきれるだろうかと思ったら甘すぎないので案外ぺろりといただけました。



内観2.jpg



飲み物は珈琲か抹茶か迷いましたが今回はコーヒーに。
カウンターには、銅製ポット、カップ予熱用のガラスケース、コーヒーミルが整然と置かれ、お姉さんがお店のオリジナルブレンド豆を挽いて一杯ずつ紙ドリップで淹れてくれます。
コーヒーの香りがとてもマイルドで濃すぎず苦すぎず飲みやすく、大きなハート型のカップにたっぷりと注がれ気分も盛り上がります。


とても素敵な益子焼の器はディスプレイされ購入もできます。

海の見えるロケーションがお料理を更に美味しくし、店名の通りおしゃべりにも花がさきます。 絶景を堪能しながら誰もが時間を忘れてリラックスしておられました。



 ・店名
  甘味喫茶 さくら茶屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津字荒戸 1250-109
 ・定休日
  水曜日
 ・電話番号
  079-324-1627

 ・営業時間
  9:00-19:00(Lo.18:30)

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  禁煙、掘りごたつ席あり、靴を脱いで入店





シーサイドカフェ Seven C's(セブンシーズ)

ライダーにも人気! アーリーアメリカンの雰囲気漂う インスタジェニックなお店

外観1.jpg



たつの市御津町室津の七曲り(250号線)を西へドライブ、左方に爽やかな萌黄色のセンス良い看板が。
「シーサイドカフェSeven C's」右矢印1.4Kmと表示。
どんなカフェなのかと期待に胸を膨らませつつ、くねくね道をしばらく行くとダークブラウンのモダンな洋館が見えてきました。


優しいトーンの色使いが上品な外観と、出入りしやすい広い駐車場にはバイク専用の場所もありライダーさんにも評判の高い人気店のようです。
見晴らしの良い海岸沿いをツーリングする途中で思わずふらりと立ち寄りたくなる感じが素敵ですね。

 

  

内観6.jpg



入り口の扉はすきま風が入らぬよう二重になっており、店内は四季を通じて快適な状態が保たれています。
清潔感のある白い壁にぬくもりある木の内装、ビンテージポップな調度品とでアーリーアメリカンの雰囲気が漂います。



内観5.jpg



どのお席にも窓が設けられ柔らかな日差しと外の景色を独り占めできます。
ベビーチェアも用意されているので、子連れママ同士でランチやお茶でリフレッシュするのはいかがでしょうか。

この辺りは海の幸が豊富な場所柄のため、メニューには牡蠣の文字がちらほら。
お店の方におすすめを尋ねるとやはり冬から春先にかけてカキフライや牡蠣グラタンが人気だそう。


カキドックと言うあまり聞きなれないお料理があったので相方はこれに決まり。
ドリンクは珍しいジュレソーダを、お味はピーチにしました。
筆者は日替わりランチ(ポークチャップ)とコーヒーをオーダー。平日はランチにドリンクが付いているのでお得です。



カキ3.jpg



カキドック 450円、ジュレソーダ 550円

カキドックは、プリップリの牡蠣フライとチリソースが絶妙にマッチ、もう一つ食べたいくらいの美味しさです。付け合わせのフライドポテトもしっかり太くホクホクでした。


ジュレソーダ(ピーチ)は見た目も可愛いビンに入り、ピンクと透明のグラデーションがとても綺麗でインスタ映えすること間違いなし。
レモンの良い香りもアクセントになっています。さっぱりしたソーダを飲みつつジュレをいただく食感が楽しい。



デザート1.jpg



フォンダンショコラ 350円

デザートにはミニフォンダンショコラを。
生クリーム、粉砂糖で美しく飾られたケーキの中にはとろりと濃厚チョコソースがたっぷり。大きくもなく小さくもない丁度良いサイズ感も嬉しい。



日替わり2.jpg



日替わりランチ 880円

日替わりランチは和洋折衷で、厚めのポークはいい塩梅にソテーされトマトソースも濃厚。
フレッシュなフレンチドレッシングのサラダ、ニンニク風味がきいた小松菜の和え物、人参のマリネ、ほうれん草がたっぷりのキッシュ、ふっくら炊いた厚揚げ、お出汁がよくでた豆腐の味噌汁。お野菜がたっぷりのヘルシーな内容でありがたく完食しました。

食後のコーヒーはオーガニックブレンドのドリップ。
飲みやすい濃さで酸味もなくすっきりとしたお味。

シーサイドカフェSeven C'sはお洒落な空間で、穏やかな入り江と海鳥を眺めつつ旬の牡蠣やお手製ランチやスイーツを堪能できるオススメ店です。



 ・店名
  Seven C's(セブンシーズ)

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津 1269
 ・定休日
  火曜日・最終月曜日
  Facebookをご確認ください
 ・電話番号
  079-324-0088

 ・営業時間
  9:00-17:00(Lo.16:30)

 ・駐車場
  15台、バイク駐車場もあり

 ・その他
  一人でも入りやすい、モーニングあり、インスタ映え







編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

どちらのお店も絶景とごちそうを満喫できますよ!

 

 

絶景で気分もリフレッシュ!瀬戸内海の見える人気レストラン&カフェ3選 たつの市



バナー_海の見える.jpg



※掲載は50音順





創作和食 懐石料理 大阪屋

海の見える癒しの空間 美しい田園風景 吹き抜ける風に心やすらぐひとときを

IMG_6042_03色加工.jpg



新舞子海岸よりほど近く小高い山上にたたずむ隠れ家的な大阪屋さん。
和食屋さんでありながらアーティスティックな紅白の立て看板が目を引きます。
スタッフの方が気持ち良く出迎えてくださりスリッパに履き替え入店。
正面の窓からは梅の蕾がほころび始めた山々と田園風景、左方には新舞子の砂浜と干潟が一望できるオーシャンビュー。

陽光が降りそそぐ明るい店内には席間が広くとられたテーブル席に、間仕切りがあるお座敷、壁面には独創的な絵画がたくさん飾られ、まるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。

 

  

内観3.jpg



女将の息子さんでありスタッフ兼アーティストのYUKIさんが描き、娘さんのYUMIさんが小物を制作しているそう。
猫や少女をモチーフしたものが多くとてもカラフルで愛くるしい。細部まで緻密に描かれたこれらの作品は、アイディアが浮かぶと下描きをして彩色は手とコンピューターで仕上げます。
題材は次々と思いつくのですが製作する時間がなかなか取れないのが悩みどころだそうです。
兄妹さんオリジナルのポップな絵画や小物たちは展示コーナーに並べられ販売もされています。



御膳3.jpg

「花」1200円 魚のムニエル、カルパッチョ、惣菜3種、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶

見晴らしの良い窓際に案内していただきメニューを拝見。お昼のお値打ち御膳は、お刺身、魚のムニエル、ステーキ、串カツ、天ぷら、穴子と豊富な品揃え。
その中でも人気メニューは、花(1200円)、なごみ(1600円)と言うことでそれに決定。



御膳2.jpg

「なごみ」1600円 お刺身、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶
200円プラスで炊き込みご飯を自然薯ごはんに変更も可能。

ふっくらした風合いが見事な白身魚のムニエル、骨付き魚なのにまったく臭みがない吸物、コリっとした食感で脂の載った刺身、野菜や魚の風味が良いサクサク天婦羅、柚子の香り豊かな紅白なます、、、どのお料理も素晴らしいお味でした。

すっきりといただける珈琲と手作りのパンナコッタは舌触りなめらかで幸せな気分に。


お店のこだわりは、近くの港から買い付けた新鮮な魚介と地元農家さんや自家栽培の野菜で手間暇かけて作ることだそうです。愛情のこもったお料理と景色のごちそうをゆっくりと堪能できました。

お昼のプランの他にも夜は2,500円から、季節の懐石や一品料理も。家族や仲間との宴会はもちろん、お祝い事やご法要にもご利用できます。


近くには綾部山梅林、世界の梅公園や新舞子海岸があり、梅や菜の花の時期に続いて潮干狩り、海水浴へととても賑わうシーズン。
そんな機会にさっと立ち寄れ、山上から海を眺めつつ地元の美味しいものを愉しむのに最適な場所ではないでしょうか。



 ・店名
  創作和食 懐石料理 大阪屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町黒崎字基山 1657-24
 ・定休日
  第2・第4木曜日
 ・電話番号
  079-322-0124

 ・営業時間
  昼 11:00-15:00(ランチは14:30迄)
  夜 17:30-21:00

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  お座敷あり、宴会・お祝い事・ご法要にもご利用可能





梅林1.jpg

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

甘味喫茶 さくら茶屋

絶好のロケーション♪ 和風カフェで海を見ながら まったり、ほっこり甘いひとときを

看板.jpg



たつの市御津町室津から大浦を過ぎ、相生へ抜ける国道250号線(浜国)を走っていると、ふと左手に甘味処の旗と和風の看板を発見。
桃色と黒を基調とし桜が描かれたシックな外観のお店に立ち寄ってみました。高い崖の上に建ち瀬戸内海が一望できる抜群のロケーション。


落ち着いた純和風の店内に入るとすぐに履物を脱ぐスタイルは家に帰った様に寛げます。
広い窓からは目の前に海や空が開けその絶景に思わず感嘆の声をもらします。

アメリカン80'sがさりげなく流れる落ち着いた居心地の良い場所でゆったりまったりと過ごせます。


席間も広くテーブル席と掘り炬燵、カウンターがあり、どの席からも美しい景色を見渡せます。
各テーブルにある双眼鏡を覗いて太陽の光がきらきら反射する海や漁船、牡蠣の養殖いかだを眺めていると気持ちも安らぎます。

 

  

内観1.JPG



メニューを拝見。どれも桜をテーマにしています。さくら蕎麦、さくらご飯、あんみつ、わらびもち、あべかわ、みんな美味しそうで迷います。
温かいものが頂きたかったので、「さくら蕎麦と甘味盆」1280円に決定。 甘味は、さくらぜんざいとあべかわもちをチョイス。よく考えると餅ばかりになりました。
綺麗な景色を眺めながら待つことしばし、、。



そば.jpg



さくらモチーフの益子焼の器に盛られたお蕎麦がでてきました。
桜の花を練りこんだ淡いピンク色のお蕎麦はその可愛らしさに見るだけで心がほんわり。澄んだお出汁は旨味がたっぷり、お蕎麦はほんのりと桜の香りがします。
ふわふわ玉子とシャキッとした山菜もとても美味しく五感が刺激されます。 一品ずつ注文を受けてから手作りし、化学調味料や漂白さとうは使用しないというこだわり。



ぜんざい3.jpg



セットの甘味盆はメインと同じくらい豪華でなんだか得した気分。
あんこ、ぜんざいは桜の花や葉の煮汁で味付けしているので、あんこだけで桜餅のような風味が。
ぜんざいは手間暇かけ丁寧に炊き上げられ、ごろごろと大きなあずき粒とほんのり塩気のすっきりとした甘さ。美味しい栗まで入っていました。


食べ易いサイズのお餅はテーブルに置かれた網で香ばしく焼き、ぷっくり膨んだら熱々のうちにぜんざいに、残りはお湯にくぐらせ、きなことあんこをまぶしていただきます。
香の物の昆布の佃煮も手作りで素朴な美味しさでした。
餅が沢山なので食べきれるだろうかと思ったら甘すぎないので案外ぺろりといただけました。



内観2.jpg



飲み物は珈琲か抹茶か迷いましたが今回はコーヒーに。
カウンターには、銅製ポット、カップ予熱用のガラスケース、コーヒーミルが整然と置かれ、お姉さんがお店のオリジナルブレンド豆を挽いて一杯ずつ紙ドリップで淹れてくれます。
コーヒーの香りがとてもマイルドで濃すぎず苦すぎず飲みやすく、大きなハート型のカップにたっぷりと注がれ気分も盛り上がります。


とても素敵な益子焼の器はディスプレイされ購入もできます。

海の見えるロケーションがお料理を更に美味しくし、店名の通りおしゃべりにも花がさきます。 絶景を堪能しながら誰もが時間を忘れてリラックスしておられました。



 ・店名
  甘味喫茶 さくら茶屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津字荒戸 1250-109
 ・定休日
  水曜日
 ・電話番号
  079-324-1627

 ・営業時間
  9:00-19:00(Lo.18:30)

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  禁煙、掘りごたつ席あり、靴を脱いで入店





シーサイドカフェ Seven C's(セブンシーズ)

ライダーにも人気! アーリーアメリカンの雰囲気漂う インスタジェニックなお店

外観1.jpg



たつの市御津町室津の七曲り(250号線)を西へドライブ、左方に爽やかな萌黄色のセンス良い看板が。
「シーサイドカフェSeven C's」右矢印1.4Kmと表示。
どんなカフェなのかと期待に胸を膨らませつつ、くねくね道をしばらく行くとダークブラウンのモダンな洋館が見えてきました。


優しいトーンの色使いが上品な外観と、出入りしやすい広い駐車場にはバイク専用の場所もありライダーさんにも評判の高い人気店のようです。
見晴らしの良い海岸沿いをツーリングする途中で思わずふらりと立ち寄りたくなる感じが素敵ですね。

 

  

内観6.jpg



入り口の扉はすきま風が入らぬよう二重になっており、店内は四季を通じて快適な状態が保たれています。
清潔感のある白い壁にぬくもりある木の内装、ビンテージポップな調度品とでアーリーアメリカンの雰囲気が漂います。



内観5.jpg



どのお席にも窓が設けられ柔らかな日差しと外の景色を独り占めできます。
ベビーチェアも用意されているので、子連れママ同士でランチやお茶でリフレッシュするのはいかがでしょうか。

この辺りは海の幸が豊富な場所柄のため、メニューには牡蠣の文字がちらほら。
お店の方におすすめを尋ねるとやはり冬から春先にかけてカキフライや牡蠣グラタンが人気だそう。


カキドックと言うあまり聞きなれないお料理があったので相方はこれに決まり。
ドリンクは珍しいジュレソーダを、お味はピーチにしました。
筆者は日替わりランチ(ポークチャップ)とコーヒーをオーダー。平日はランチにドリンクが付いているのでお得です。



カキ3.jpg



カキドック 450円、ジュレソーダ 550円

カキドックは、プリップリの牡蠣フライとチリソースが絶妙にマッチ、もう一つ食べたいくらいの美味しさです。付け合わせのフライドポテトもしっかり太くホクホクでした。


ジュレソーダ(ピーチ)は見た目も可愛いビンに入り、ピンクと透明のグラデーションがとても綺麗でインスタ映えすること間違いなし。
レモンの良い香りもアクセントになっています。さっぱりしたソーダを飲みつつジュレをいただく食感が楽しい。



デザート1.jpg



フォンダンショコラ 350円

デザートにはミニフォンダンショコラを。
生クリーム、粉砂糖で美しく飾られたケーキの中にはとろりと濃厚チョコソースがたっぷり。大きくもなく小さくもない丁度良いサイズ感も嬉しい。



日替わり2.jpg



日替わりランチ 880円

日替わりランチは和洋折衷で、厚めのポークはいい塩梅にソテーされトマトソースも濃厚。
フレッシュなフレンチドレッシングのサラダ、ニンニク風味がきいた小松菜の和え物、人参のマリネ、ほうれん草がたっぷりのキッシュ、ふっくら炊いた厚揚げ、お出汁がよくでた豆腐の味噌汁。お野菜がたっぷりのヘルシーな内容でありがたく完食しました。

食後のコーヒーはオーガニックブレンドのドリップ。
飲みやすい濃さで酸味もなくすっきりとしたお味。

シーサイドカフェSeven C'sはお洒落な空間で、穏やかな入り江と海鳥を眺めつつ旬の牡蠣やお手製ランチやスイーツを堪能できるオススメ店です。



 ・店名
  Seven C's(セブンシーズ)

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津 1269
 ・定休日
  火曜日・最終月曜日
  Facebookをご確認ください
 ・電話番号
  079-324-0088

 ・営業時間
  9:00-17:00(Lo.16:30)

 ・駐車場
  15台、バイク駐車場もあり

 ・その他
  一人でも入りやすい、モーニングあり、インスタ映え







編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

どちらのお店も絶景とごちそうを満喫できますよ!

 

 

絶景で気分もリフレッシュ!瀬戸内海の見える人気レストラン&カフェ3選 たつの市



バナー_海の見える.jpg



※掲載は50音順





創作和食 懐石料理 大阪屋

海の見える癒しの空間 美しい田園風景 吹き抜ける風に心やすらぐひとときを

IMG_6042_03色加工.jpg



新舞子海岸よりほど近く小高い山上にたたずむ隠れ家的な大阪屋さん。
和食屋さんでありながらアーティスティックな紅白の立て看板が目を引きます。
スタッフの方が気持ち良く出迎えてくださりスリッパに履き替え入店。
正面の窓からは梅の蕾がほころび始めた山々と田園風景、左方には新舞子の砂浜と干潟が一望できるオーシャンビュー。

陽光が降りそそぐ明るい店内には席間が広くとられたテーブル席に、間仕切りがあるお座敷、壁面には独創的な絵画がたくさん飾られ、まるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。

 

  

内観3.jpg



女将の息子さんでありスタッフ兼アーティストのYUKIさんが描き、娘さんのYUMIさんが小物を制作しているそう。
猫や少女をモチーフしたものが多くとてもカラフルで愛くるしい。細部まで緻密に描かれたこれらの作品は、アイディアが浮かぶと下描きをして彩色は手とコンピューターで仕上げます。
題材は次々と思いつくのですが製作する時間がなかなか取れないのが悩みどころだそうです。
兄妹さんオリジナルのポップな絵画や小物たちは展示コーナーに並べられ販売もされています。



御膳3.jpg

「花」1200円 魚のムニエル、カルパッチョ、惣菜3種、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶

見晴らしの良い窓際に案内していただきメニューを拝見。お昼のお値打ち御膳は、お刺身、魚のムニエル、ステーキ、串カツ、天ぷら、穴子と豊富な品揃え。
その中でも人気メニューは、花(1200円)、なごみ(1600円)と言うことでそれに決定。



御膳2.jpg

「なごみ」1600円 お刺身、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、茶碗蒸し、ご飯・吸物、香物、デザート・コーヒー又は紅茶
200円プラスで炊き込みご飯を自然薯ごはんに変更も可能。

ふっくらした風合いが見事な白身魚のムニエル、骨付き魚なのにまったく臭みがない吸物、コリっとした食感で脂の載った刺身、野菜や魚の風味が良いサクサク天婦羅、柚子の香り豊かな紅白なます、、、どのお料理も素晴らしいお味でした。

すっきりといただける珈琲と手作りのパンナコッタは舌触りなめらかで幸せな気分に。


お店のこだわりは、近くの港から買い付けた新鮮な魚介と地元農家さんや自家栽培の野菜で手間暇かけて作ることだそうです。愛情のこもったお料理と景色のごちそうをゆっくりと堪能できました。

お昼のプランの他にも夜は2,500円から、季節の懐石や一品料理も。家族や仲間との宴会はもちろん、お祝い事やご法要にもご利用できます。


近くには綾部山梅林、世界の梅公園や新舞子海岸があり、梅や菜の花の時期に続いて潮干狩り、海水浴へととても賑わうシーズン。
そんな機会にさっと立ち寄れ、山上から海を眺めつつ地元の美味しいものを愉しむのに最適な場所ではないでしょうか。



 ・店名
  創作和食 懐石料理 大阪屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町黒崎字基山 1657-24
 ・定休日
  第2・第4木曜日
 ・電話番号
  079-322-0124

 ・営業時間
  昼 11:00-15:00(ランチは14:30迄)
  夜 17:30-21:00

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  お座敷あり、宴会・お祝い事・ご法要にもご利用可能





梅林1.jpg

2018年 観梅シーズン到来!たつの市の有名梅林2選

甘味喫茶 さくら茶屋

絶好のロケーション♪ 和風カフェで海を見ながら まったり、ほっこり甘いひとときを

看板.jpg



たつの市御津町室津から大浦を過ぎ、相生へ抜ける国道250号線(浜国)を走っていると、ふと左手に甘味処の旗と和風の看板を発見。
桃色と黒を基調とし桜が描かれたシックな外観のお店に立ち寄ってみました。高い崖の上に建ち瀬戸内海が一望できる抜群のロケーション。


落ち着いた純和風の店内に入るとすぐに履物を脱ぐスタイルは家に帰った様に寛げます。
広い窓からは目の前に海や空が開けその絶景に思わず感嘆の声をもらします。

アメリカン80'sがさりげなく流れる落ち着いた居心地の良い場所でゆったりまったりと過ごせます。


席間も広くテーブル席と掘り炬燵、カウンターがあり、どの席からも美しい景色を見渡せます。
各テーブルにある双眼鏡を覗いて太陽の光がきらきら反射する海や漁船、牡蠣の養殖いかだを眺めていると気持ちも安らぎます。

 

  

内観1.JPG



メニューを拝見。どれも桜をテーマにしています。さくら蕎麦、さくらご飯、あんみつ、わらびもち、あべかわ、みんな美味しそうで迷います。
温かいものが頂きたかったので、「さくら蕎麦と甘味盆」1280円に決定。 甘味は、さくらぜんざいとあべかわもちをチョイス。よく考えると餅ばかりになりました。
綺麗な景色を眺めながら待つことしばし、、。



そば.jpg



さくらモチーフの益子焼の器に盛られたお蕎麦がでてきました。
桜の花を練りこんだ淡いピンク色のお蕎麦はその可愛らしさに見るだけで心がほんわり。澄んだお出汁は旨味がたっぷり、お蕎麦はほんのりと桜の香りがします。
ふわふわ玉子とシャキッとした山菜もとても美味しく五感が刺激されます。 一品ずつ注文を受けてから手作りし、化学調味料や漂白さとうは使用しないというこだわり。



ぜんざい3.jpg



セットの甘味盆はメインと同じくらい豪華でなんだか得した気分。
あんこ、ぜんざいは桜の花や葉の煮汁で味付けしているので、あんこだけで桜餅のような風味が。
ぜんざいは手間暇かけ丁寧に炊き上げられ、ごろごろと大きなあずき粒とほんのり塩気のすっきりとした甘さ。美味しい栗まで入っていました。


食べ易いサイズのお餅はテーブルに置かれた網で香ばしく焼き、ぷっくり膨んだら熱々のうちにぜんざいに、残りはお湯にくぐらせ、きなことあんこをまぶしていただきます。
香の物の昆布の佃煮も手作りで素朴な美味しさでした。
餅が沢山なので食べきれるだろうかと思ったら甘すぎないので案外ぺろりといただけました。



内観2.jpg



飲み物は珈琲か抹茶か迷いましたが今回はコーヒーに。
カウンターには、銅製ポット、カップ予熱用のガラスケース、コーヒーミルが整然と置かれ、お姉さんがお店のオリジナルブレンド豆を挽いて一杯ずつ紙ドリップで淹れてくれます。
コーヒーの香りがとてもマイルドで濃すぎず苦すぎず飲みやすく、大きなハート型のカップにたっぷりと注がれ気分も盛り上がります。


とても素敵な益子焼の器はディスプレイされ購入もできます。

海の見えるロケーションがお料理を更に美味しくし、店名の通りおしゃべりにも花がさきます。 絶景を堪能しながら誰もが時間を忘れてリラックスしておられました。



 ・店名
  甘味喫茶 さくら茶屋

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津字荒戸 1250-109
 ・定休日
  水曜日
 ・電話番号
  079-324-1627

 ・営業時間
  9:00-19:00(Lo.18:30)

 ・駐車場
  あり

 ・その他
  禁煙、掘りごたつ席あり、靴を脱いで入店





シーサイドカフェ Seven C's(セブンシーズ)

ライダーにも人気! アーリーアメリカンの雰囲気漂う インスタジェニックなお店

外観1.jpg



たつの市御津町室津の七曲り(250号線)を西へドライブ、左方に爽やかな萌黄色のセンス良い看板が。
「シーサイドカフェSeven C's」右矢印1.4Kmと表示。
どんなカフェなのかと期待に胸を膨らませつつ、くねくね道をしばらく行くとダークブラウンのモダンな洋館が見えてきました。


優しいトーンの色使いが上品な外観と、出入りしやすい広い駐車場にはバイク専用の場所もありライダーさんにも評判の高い人気店のようです。
見晴らしの良い海岸沿いをツーリングする途中で思わずふらりと立ち寄りたくなる感じが素敵ですね。

 

  

内観6.jpg



入り口の扉はすきま風が入らぬよう二重になっており、店内は四季を通じて快適な状態が保たれています。
清潔感のある白い壁にぬくもりある木の内装、ビンテージポップな調度品とでアーリーアメリカンの雰囲気が漂います。



内観5.jpg



どのお席にも窓が設けられ柔らかな日差しと外の景色を独り占めできます。
ベビーチェアも用意されているので、子連れママ同士でランチやお茶でリフレッシュするのはいかがでしょうか。

この辺りは海の幸が豊富な場所柄のため、メニューには牡蠣の文字がちらほら。
お店の方におすすめを尋ねるとやはり冬から春先にかけてカキフライや牡蠣グラタンが人気だそう。


カキドックと言うあまり聞きなれないお料理があったので相方はこれに決まり。
ドリンクは珍しいジュレソーダを、お味はピーチにしました。
筆者は日替わりランチ(ポークチャップ)とコーヒーをオーダー。平日はランチにドリンクが付いているのでお得です。



カキ3.jpg



カキドック 450円、ジュレソーダ 550円

カキドックは、プリップリの牡蠣フライとチリソースが絶妙にマッチ、もう一つ食べたいくらいの美味しさです。付け合わせのフライドポテトもしっかり太くホクホクでした。


ジュレソーダ(ピーチ)は見た目も可愛いビンに入り、ピンクと透明のグラデーションがとても綺麗でインスタ映えすること間違いなし。
レモンの良い香りもアクセントになっています。さっぱりしたソーダを飲みつつジュレをいただく食感が楽しい。



デザート1.jpg



フォンダンショコラ 350円

デザートにはミニフォンダンショコラを。
生クリーム、粉砂糖で美しく飾られたケーキの中にはとろりと濃厚チョコソースがたっぷり。大きくもなく小さくもない丁度良いサイズ感も嬉しい。



日替わり2.jpg



日替わりランチ 880円

日替わりランチは和洋折衷で、厚めのポークはいい塩梅にソテーされトマトソースも濃厚。
フレッシュなフレンチドレッシングのサラダ、ニンニク風味がきいた小松菜の和え物、人参のマリネ、ほうれん草がたっぷりのキッシュ、ふっくら炊いた厚揚げ、お出汁がよくでた豆腐の味噌汁。お野菜がたっぷりのヘルシーな内容でありがたく完食しました。

食後のコーヒーはオーガニックブレンドのドリップ。
飲みやすい濃さで酸味もなくすっきりとしたお味。

シーサイドカフェSeven C'sはお洒落な空間で、穏やかな入り江と海鳥を眺めつつ旬の牡蠣やお手製ランチやスイーツを堪能できるオススメ店です。



 ・店名
  Seven C's(セブンシーズ)

 ・住所
  兵庫県たつの市御津町室津 1269
 ・定休日
  火曜日・最終月曜日
  Facebookをご確認ください
 ・電話番号
  079-324-0088

 ・営業時間
  9:00-17:00(Lo.16:30)

 ・駐車場
  15台、バイク駐車場もあり

 ・その他
  一人でも入りやすい、モーニングあり、インスタ映え







編集部イラストWEB用カラーsaikai100px.png

さかい

どちらのお店も絶景とごちそうを満喫できますよ!

 

 

bookmark_border