ヴィクトリーナU-16アカデミー開所式とパワー全開練習を密着レポート

ヴィクトリーナU-16アカデミー開所式とパワー全開練習を密着レポート
目次

    ヴィクトリーナU-16アカデミー開所式

    2018年8月12日(日)、ヴィクトリーナU-16アカデミーの開所式が、姫路城にほど近い市立城乾(じょうけん)中学校で行われました。ヴィクトリーナU-16アカデミーは、ヴィクトリーナ姫路のプロ選手が中心となり、姫路市内中学生を対象にするスポーツ支援活動です。技術レベルの向上はもちろんですが、豊かな人間性を育み、楽しくスポーツを体得することを目指します。

    IMG_0281.JPG

    昨年現役を引退した水野早苗アカデミー長に続き、長年中学生バレーボールの指導に携わられた高附コーチの挨拶。練習に駆け付けた河合由貴キャプテン、溝口由香里選手が激励しました。
    公募で集まった姫路市内中学2、3年生36人は、これより来年3月まで毎週日曜日、練習に励みます。

    練習風景レポート

    IMG_0324.JPG

    ウォーミングアップの後、最初に3人一組になってのゲームがありました。ゲームには敏捷(びんしょう)性や判断力をつちかう目的もあるのかもしれませんが、バレーボールで大切なチームワークにも役立つのでしょう。違う中学の人と3人組になってという掛け声にはじめは戸惑っている様子だった生徒も、ゲームが終わるころには笑いが起こるほど打ち解けていました。

    IMG_0343.JPG

    パス、トス、レシーブといった基本動作練習が終わると、技のコンビネーションや立ち位置のローテーションを加えた応用練習に入りました。あちらこちらで、ボールがぽろぽろこぼれます。すかさずヴィクトリーナの選手がデモンストレーションを披露します。華麗なスキルにため息や感嘆の声が体育館に上がりました。プロ選手の模範演技を目の当たりにすると、生徒たちの動きがまったく違ってきます。めきめき上達していくのが、バレーボール素人にも手に取るようにわかりました。

    IMG_0453.JPG

    かつてスクーバーダイビングインストラクターを生業にしていた記者は、中学生は習得力が速いという感想を持っていました。大人は頭でわかっても身体がついていかない。理屈で理解しようとするので、反射的に身体が動かないと言い換えられるかもしれません。
    吸収力が柔軟な時期に、一流に触れるのはかけがえのない経験になるのだと実感しながら、U-16の練習を見ていたのでした。

    高附コーチと生徒たち

    IMG_0375.JPG

    たっぷり2時間の練習を終えた36人に高附コーチが声をかけました。
    「疲れた人?」誰も手を挙げません。
    「暑かった人?」一斉に手を挙げる生徒たち。
    「楽しかった人?」この質問には、全員が大きな声をあげて挙手しました。

    IMG_0542.jpg

    生徒たちと一緒にコートで汗を流す姿、穏やかな笑顔を浮かべながら練習の様子を見回られる姿、そして何より印象的だったのは生徒に寄りそう高附コーチの姿でした。
    「他校の生徒と一緒に練習するのは、大変良い刺激になります。」と、高附コーチ。いいところは真似る、上手くいかないところは切磋琢磨する、一つ一つ経験の積み重ねこそ中学生に必要不可欠だそうです。指導は「心・技・体」のバランスに重点を置かれています。

    水野早苗アカデミー長インタビュー

    IMG_0404.JPG

    「プロバレーボールチーム・ヴィクトリーナ姫路のお膝元という利点を活かして、高い技術を身につけてほしいと願っています。プロが直接指導するU-16が、上を目指すきっかけになれば嬉しいと思います。」
    水野早苗さん


    姫路市はバレーボールの盛んな地域です。ヴィクトリーナ姫路の誕生により、ますますバレーボール層があつくなるに違いありません。世界に羽ばたくヴィクトリーナ姫路の雄姿に追従する若い人たちが生まれることでしょう。

    IMG_0362.JPG

    「3年生は学校でのクラブ活動を引退し、高校入学まで休眠状態になります。その間、技術の後退なくバレーボールへの想いを繋いでいってほしいのです。高校生になって、今まで以上に活躍する選手に育つのを期待しています。」
    水野早苗さん


    スポーツと学業のはざまで、悩んでいる生徒もいることでしょう。それは、水野さんご自身が直面し乗り越えた課題だったのかもしれません。技術指導はもちろんパーフェクトですが、精神を育てるアカデミー長の熱意が伝わりました。

    ヴィクトリーナU-16アカデミー開所式

    2018年8月12日(日)、ヴィクトリーナU-16アカデミーの開所式が、姫路城にほど近い市立城乾(じょうけん)中学校で行われました。ヴィクトリーナU-16アカデミーは、ヴィクトリーナ姫路のプロ選手が中心となり、姫路市内中学生を対象にするスポーツ支援活動です。技術レベルの向上はもちろんですが、豊かな人間性を育み、楽しくスポーツを体得することを目指します。

    IMG_0281.JPG

    昨年現役を引退した水野早苗アカデミー長に続き、長年中学生バレーボールの指導に携わられた高附コーチの挨拶。練習に駆け付けた河合由貴キャプテン、溝口由香里選手が激励しました。
    公募で集まった姫路市内中学2、3年生36人は、これより来年3月まで毎週日曜日、練習に励みます。

    練習風景レポート

    IMG_0324.JPG

    ウォーミングアップの後、最初に3人一組になってのゲームがありました。ゲームには敏捷(びんしょう)性や判断力をつちかう目的もあるのかもしれませんが、バレーボールで大切なチームワークにも役立つのでしょう。違う中学の人と3人組になってという掛け声にはじめは戸惑っている様子だった生徒も、ゲームが終わるころには笑いが起こるほど打ち解けていました。

    IMG_0343.JPG

    パス、トス、レシーブといった基本動作練習が終わると、技のコンビネーションや立ち位置のローテーションを加えた応用練習に入りました。あちらこちらで、ボールがぽろぽろこぼれます。すかさずヴィクトリーナの選手がデモンストレーションを披露します。華麗なスキルにため息や感嘆の声が体育館に上がりました。プロ選手の模範演技を目の当たりにすると、生徒たちの動きがまったく違ってきます。めきめき上達していくのが、バレーボール素人にも手に取るようにわかりました。

    IMG_0453.JPG

    かつてスクーバーダイビングインストラクターを生業にしていた記者は、中学生は習得力が速いという感想を持っていました。大人は頭でわかっても身体がついていかない。理屈で理解しようとするので、反射的に身体が動かないと言い換えられるかもしれません。
    吸収力が柔軟な時期に、一流に触れるのはかけがえのない経験になるのだと実感しながら、U-16の練習を見ていたのでした。

    高附コーチと生徒たち

    IMG_0375.JPG

    たっぷり2時間の練習を終えた36人に高附コーチが声をかけました。
    「疲れた人?」誰も手を挙げません。
    「暑かった人?」一斉に手を挙げる生徒たち。
    「楽しかった人?」この質問には、全員が大きな声をあげて挙手しました。

    IMG_0542.jpg

    生徒たちと一緒にコートで汗を流す姿、穏やかな笑顔を浮かべながら練習の様子を見回られる姿、そして何より印象的だったのは生徒に寄りそう高附コーチの姿でした。
    「他校の生徒と一緒に練習するのは、大変良い刺激になります。」と、高附コーチ。いいところは真似る、上手くいかないところは切磋琢磨する、一つ一つ経験の積み重ねこそ中学生に必要不可欠だそうです。指導は「心・技・体」のバランスに重点を置かれています。

    水野早苗アカデミー長インタビュー

    IMG_0404.JPG

    「プロバレーボールチーム・ヴィクトリーナ姫路のお膝元という利点を活かして、高い技術を身につけてほしいと願っています。プロが直接指導するU-16が、上を目指すきっかけになれば嬉しいと思います。」
    水野早苗さん


    姫路市はバレーボールの盛んな地域です。ヴィクトリーナ姫路の誕生により、ますますバレーボール層があつくなるに違いありません。世界に羽ばたくヴィクトリーナ姫路の雄姿に追従する若い人たちが生まれることでしょう。

    IMG_0362.JPG

    「3年生は学校でのクラブ活動を引退し、高校入学まで休眠状態になります。その間、技術の後退なくバレーボールへの想いを繋いでいってほしいのです。高校生になって、今まで以上に活躍する選手に育つのを期待しています。」
    水野早苗さん


    スポーツと学業のはざまで、悩んでいる生徒もいることでしょう。それは、水野さんご自身が直面し乗り越えた課題だったのかもしれません。技術指導はもちろんパーフェクトですが、精神を育てるアカデミー長の熱意が伝わりました。

    ヴィクトリーナU-16アカデミー開所式

    2018年8月12日(日)、ヴィクトリーナU-16アカデミーの開所式が、姫路城にほど近い市立城乾(じょうけん)中学校で行われました。ヴィクトリーナU-16アカデミーは、ヴィクトリーナ姫路のプロ選手が中心となり、姫路市内中学生を対象にするスポーツ支援活動です。技術レベルの向上はもちろんですが、豊かな人間性を育み、楽しくスポーツを体得することを目指します。

    IMG_0281.JPG

    昨年現役を引退した水野早苗アカデミー長に続き、長年中学生バレーボールの指導に携わられた高附コーチの挨拶。練習に駆け付けた河合由貴キャプテン、溝口由香里選手が激励しました。
    公募で集まった姫路市内中学2、3年生36人は、これより来年3月まで毎週日曜日、練習に励みます。

    練習風景レポート

    IMG_0324.JPG

    ウォーミングアップの後、最初に3人一組になってのゲームがありました。ゲームには敏捷(びんしょう)性や判断力をつちかう目的もあるのかもしれませんが、バレーボールで大切なチームワークにも役立つのでしょう。違う中学の人と3人組になってという掛け声にはじめは戸惑っている様子だった生徒も、ゲームが終わるころには笑いが起こるほど打ち解けていました。

    IMG_0343.JPG

    パス、トス、レシーブといった基本動作練習が終わると、技のコンビネーションや立ち位置のローテーションを加えた応用練習に入りました。あちらこちらで、ボールがぽろぽろこぼれます。すかさずヴィクトリーナの選手がデモンストレーションを披露します。華麗なスキルにため息や感嘆の声が体育館に上がりました。プロ選手の模範演技を目の当たりにすると、生徒たちの動きがまったく違ってきます。めきめき上達していくのが、バレーボール素人にも手に取るようにわかりました。

    IMG_0453.JPG

    かつてスクーバーダイビングインストラクターを生業にしていた記者は、中学生は習得力が速いという感想を持っていました。大人は頭でわかっても身体がついていかない。理屈で理解しようとするので、反射的に身体が動かないと言い換えられるかもしれません。
    吸収力が柔軟な時期に、一流に触れるのはかけがえのない経験になるのだと実感しながら、U-16の練習を見ていたのでした。

    高附コーチと生徒たち

    IMG_0375.JPG

    たっぷり2時間の練習を終えた36人に高附コーチが声をかけました。
    「疲れた人?」誰も手を挙げません。
    「暑かった人?」一斉に手を挙げる生徒たち。
    「楽しかった人?」この質問には、全員が大きな声をあげて挙手しました。

    IMG_0542.jpg

    生徒たちと一緒にコートで汗を流す姿、穏やかな笑顔を浮かべながら練習の様子を見回られる姿、そして何より印象的だったのは生徒に寄りそう高附コーチの姿でした。
    「他校の生徒と一緒に練習するのは、大変良い刺激になります。」と、高附コーチ。いいところは真似る、上手くいかないところは切磋琢磨する、一つ一つ経験の積み重ねこそ中学生に必要不可欠だそうです。指導は「心・技・体」のバランスに重点を置かれています。

    水野早苗アカデミー長インタビュー

    IMG_0404.JPG

    「プロバレーボールチーム・ヴィクトリーナ姫路のお膝元という利点を活かして、高い技術を身につけてほしいと願っています。プロが直接指導するU-16が、上を目指すきっかけになれば嬉しいと思います。」
    水野早苗さん


    姫路市はバレーボールの盛んな地域です。ヴィクトリーナ姫路の誕生により、ますますバレーボール層があつくなるに違いありません。世界に羽ばたくヴィクトリーナ姫路の雄姿に追従する若い人たちが生まれることでしょう。

    IMG_0362.JPG

    「3年生は学校でのクラブ活動を引退し、高校入学まで休眠状態になります。その間、技術の後退なくバレーボールへの想いを繋いでいってほしいのです。高校生になって、今まで以上に活躍する選手に育つのを期待しています。」
    水野早苗さん


    スポーツと学業のはざまで、悩んでいる生徒もいることでしょう。それは、水野さんご自身が直面し乗り越えた課題だったのかもしれません。技術指導はもちろんパーフェクトですが、精神を育てるアカデミー長の熱意が伝わりました。

    维多利亚排球队16岁以下训练班开幕式

    2018年8月12日(星期日),维多利亚排球队16岁以下训练班的开幕式,在姬路城附近的市立城干()中学举行。维多利亚16岁以下训练班,是一项针对姬路市初中学生的体育活动,主要支援对象是维多利亚姬路队的专业运动员。 除了提高技术水平外,还以德育,和感受并学会快乐运动为目标。

    IMG_0281.JPG

    去年刚刚退役的水野早苗培训负责人之后,是常年指导初中排球的高附教练的发言。 参加练习的河合由贵队长,沟口由香里队员致宣誓词。
    姬路市内的中学选出的36名初二初三学生,将开始在每个星期天训练直到明年3月。

    训练现场报告

    IMG_0324.JPG

    热身后,开始是三人一组的游戏。游戏可能是为了培养 敏捷 rp>)性和判断力,这对提高排球重要的团队合作力很有用。 听到由来自不同学校的三人小组,初中学生一开始有些尴尬,在游戏结束时却已经笑逐颜开,相处融洽。

    IMG_0343.JPG

    在一传,二传,接球等的基础练习之后,加入了战术配合和轮换 站位的实践训练。球在四处滚动。 维多利亚队球员不时进行示范。 精湛技艺引来体育馆内声声感叹。 目睹职业运动员的示范后,同学们的动作大有改变。 这种改变,即使我这个排球外行,也可以切实体会的到呢。

    IMG_0453.JPG

    记者曾经做为潜水教练工作过,认为初中生有快速学习的能力。成年人即使头脑明白,身体也会跟不上。换句话说总试图通过理论来理解,身体移动的条件反射反而可能不足。
    我观察16岁以下学生的练习时,意识到在吸收性灵活的年轻时候,能接触到顶级选手,对年轻人将是不可替代的体验。

    高附教练和学生们

    IMG_0375.JPG

    2小时训练后,高附教练向36名同学发问:
    “累的人请举手?”没人举手。
    “热的人请举手”立刻学生们一起举起了手。
    “觉得好玩吗?”对于这个问题,每个人说“是”并举起了手。

    IMG_0542.jpg

    他和同学们一起在球场上流汗,观看同学们练习时的轻轻一笑,最令人印象深刻的是他总出现在学生身边,他就是高附教练。
    “与其他学校的学生一起练习是一种非常好的刺激因素。”他说。 模仿好的地方,在自己不足的地方认真切磋,一个一个积累经验对初中生来说是不可或缺的。 教学注重“心灵,技术,身体(德智体)”的平衡。

    采访培训负责人水野早苗女士

    IMG_0404.JPG

    “希望能通过利用职业排球队的优势来学习高技能。 U - 16 ,由专业人士指导后,如能以此为契机寻求飞跃。我会心满意足。“
    水野早苗女士


    姬路市是排球热门地区。 姬路维多利亚队的诞生,会让排球变得越来越热。 追逐世界强队姬路维多利亚队雄姿的年轻人将越来越多。

    IMG_0362.JPG

    “三年级学生(因即将毕业)在学校里会退出俱乐部活动,进入高中前,他们将处于休眠状态。希望他们的此时间段,也能与排球联系起来,而不会技术退步。 我希望他们成为进入高中后,能成为更出色的明星。“
    水野早苗女士


    会有学生困扰,体育影响了学习。 水野老师自己可能也曾亲历过并且克服了这一问题。 技术指导当然是完美的,精神方面的教育,培训班负责人的热情也让人感受颇深。

    維多利亞排球隊16歲以下訓練班開幕式

    2018年8月12日(星期日),維多利亞排球隊16歲以下訓練班的開幕式,在姬路城附近的市立城幹(< rt>)中學舉行。維多利亞排球隊16歲以下訓練班,是一項針對姬路市初中學生的體育活動,主要支援對像是維多利亞姬路隊的職業運動員。除了提高技術水平外,還以德育,和感受並學會快樂運動為目標。

    IMG_0281.JPG

    培訓負責人去年剛剛退役的水野早苗選手之後,是常年指導初中排球的高附教練的發言。之後由參加練習的河合由貴隊長,溝口由香里隊員致宣誓詞。
    姬路市內的中學選出的36名初二初三學生,將開始在每個星期天訓練直到明年3月。

    訓練現場報告

    IMG_0324.JPG

    熱身結束後,先是三人一組的遊戲。遊戲不外乎是為了培養 敏捷rp>)性和判斷力,這對提高排球重要的團隊合作力很有用。一開始聽到異校三人同組,同學們有些放不開,而當遊戲結束時大家卻已相處融洽,笑逐顏開。

    IMG_0343.JPG

    在一傳,二傳,接球等基礎練習之後,加入了戰術配合和輪換 站位的實踐訓練。球在四處滾動。維多利亞隊球員不時進行示範。精湛技藝引來體育館內聲聲感嘆。目睹職業運動員的示範後,同學們的動作大有改變。這種改變,即使我這個排球外行,也可以切實體會的到呢。

    IMG_0453.JPG

    記者曾經做為潛水教練工作過,對初中生快速學習的能力深有體會。成年人即使頭腦明白,身體往往會跟不上。換句話說總試圖通過理論來理解,身體移動的條件反射反而可能不足。
    我觀察16歲以下學生的練習時,意識到在吸收能力活躍的年輕時候,能接觸到頂級選手,對年輕人將是难得的體驗。

    高附教練和學生們

    IMG_0375.JPG

    2小時訓練後,高附教練向36名同學問道:
    “累的人請舉手?”沒人舉手。
    “熱的人請舉手”立刻學生們一起舉起了手。
    “覺得好玩嗎?”對於這個問題,每個人搶著說“是”並舉起了手。

    IMG_0542.jpg

    他和同學們一起在球場上流汗,他觀看同學們練習時的輕輕一笑,最令人印象深刻的是他總出現在學生身邊,他就是高附教練。
    “異校學生一起練習是非常好的刺激因素。”他說。模仿對方優點,認真切磋己方不足處,一個個積累經驗,這對初中生不可或缺。教學應該注重“心靈,技術,身體(德智體)”的平衡。

    採訪培訓負責人水野早苗女士

    IMG_0404.JPG

    “希望能通過利用職業排球隊的優勢來學習高水平的技術。 U - 16 ,大家經過職業運動員指導後,如能以此為契機尋求飛躍。我會心滿意足。“< br>水野早苗女士


    姬路市是排球熱門地區。姬路維多利亞隊的誕生,會讓排球變得越來越熱。追逐姬路維多利亞隊這一世界強隊雄姿的年輕人將越來越多。

    IMG_0362.JPG

    “三年級學生(因即將畢業)在學校裡會退出排球隊活動,進入高中前,他們將處於無訓練的休眠狀態。希望他們在此時間段中,也能與排球聯繫起來,而不會發生技術退步。 希望他們成為進入高中後,能被培養成為更出色的明星。“
    水野早苗女士


    會有學生困擾,因為體育,影響了學習成績吧。水野老師自己或許也曾親歷過並且克服了這一問題?技術方面她的指導當然是完美的,即使精神方面的教育,這位培訓班負責人的熱情也讓人感受頗深。

      みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
      みたいにゃメンバーズ募集中!