特集

Featured

お花見に心もからだもぽっかぽかにしてくれるホットワインを連れていこう

お花見に心もからだもぽっかぽかにしてくれるホットワインを連れていこう

おさめ

お花見に心もからだもぽっかぽかにしてくれるホットワインを連れていこう

rag180309-14.jpg

写真提供:わいん酒屋Ragloppa(ラグロッパ)






  目次

・お花見にホットワインがおススメの理由

・オリジナル・ホットワイン・レシピ

・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ

・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ

・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



・お花見にホットワインがおススメの理由



お花見の頃は陽気が変わりやすく、先ほどまで晴れていたと思うと、雲が広がって「花ぐもり」に。
陽がかげると急に肌寒さを覚えるものです。
桜が満開という絶好の週末が、おもわぬ花冷えになることも。
身体の芯までお花といっしょに凍えついたら、春爛漫気分も台無しですね。

厳しい冬に欠かせないヨーロッパの飲み物というと、ホットワイン。
スキー場やスケート場などのウィンタースポーツの場はもちろんですが、街の角々に見られるホットワインステーションは冬の風物詩です。
散策したりショッピングを楽しんだりする人々の片手にはホットワインのマグカップがにぎられています。
ホットワインは温めるだけで飲めるボトルが輸入されていますが、家庭で簡単に出来る方法がありますよ。


・オリジナル・ホットワイン・レシピ



1.png

写真提供:わいん酒屋Ragloppa(ラグロッパ)



ドイツでは「グリュー・ワイン」フランスでは「ヴァン・ショー」と呼ばれ、家庭独自のレシピがあるようです。
ワインに砂糖や果実、香辛料、ハーブを加え温めます。
ワインに含まれるポリフェノール、香辛料やハーブの効能で風邪を予防すると愛飲されるそうです。
ちょっと日本の玉子酒効果と似ていますね。

【材料】
・赤ワイン        375ミリリットル(スタンダードボトルの半量)
・砂糖          大匙1~2
・レモンの皮       1/3個分
・シナモンスティック   1本
・ホールグローブ     4粒
・ホールブラックペパー  4粒

材料を鍋に入れ、火にかけます。沸騰直前で火を止めレモンを取り除きます。
香辛料は鍋に残し、さらに香りを引き出します。
30分程度放置したら、漉してスパイスを取りのぞきます。

面倒な人はティーパックを利用すると手間が省けますよ。味のパンチ力はすこし落ちますが、パウダースパイスで代用することもできます。
飲む前にもう一度適温に加熱します。

電子レンジで加熱しても大丈夫です。
ブドウの種類や産地によってワインのアルコール度数にばらつきがありますが、平均14度前後のアルコールが含まれています。
そのため水より沸点が低く、突然ふきだしてしまうことがあります。
電子レンジで加熱する場合は、牛乳あたためモードを使用するか、温度を確認しながら少しずつ加熱するようにしましょう。



・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ



2プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒屋Ragloppa(ラグロッパ)



ホットワインに入れるスパイスにルールはありません。
コリアンダー、オールスパイス、スターアニス(八角)、カルダモン、ナツメグなどもよく合います。
レモンのほか、オレンジやブルーベリーを加えてもいいでしょう。
できあがったホットワインにレモンスライスやドライフルーツをトッピングしたり、シナモンスティックを添えたりとアレンジは自由自在です。

甘党さんに喜ばれるのはバニラビーズを使ったホットワイン。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・ホールバニラビーンズ 4センチ

バニラビーズはさやに切れ目を入れ、種はとりのぞきます。
ハーフボトルのワインといっしょに弱火にかけます。頂くときはバニラビーズを取り出してください。
軽めのワインとあわせると、バニラの香りが引き立ちます。

オレンジコンポートをつかったほろ苦い甘さとスパイシーさが味わえるホットワインは大人の女性に似合います。

【材料】
・赤ワイン         375ミリリットル
・シナモンスティック    1本
・ホールグローブ      4粒
・スターアニス       2個
・オレンジコンポート    50グラム  

オレンジコンポートはマグカップに入れておきます。マグカップの底に並ぶ程度の量が目安です。
赤ワインにスパイスを入れて沸騰直前まで加熱します。
スパイスを漉してオレンジコンポートの上に注ぎます。

ママレードでも同じように作れます。ハチミツをたらすと風味がアップ。


・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ



3プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒屋Ragloppa(ラグロッパ)



ワインのアルコールと果物の酸味が融和して飲みやすくなるサングリアに温かい紅茶を注いだホットワインを作ります。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・フルーツ       みかん、いちご、ブルーベリーなど
・シナモンスティック  1本

好みの果物は一種類でも数種類でも構いません。ランダムに切って赤ワインに漬け込みサングリアを作ります。
フレッシュフルーツが手に入らない場合は、缶詰でも美味しく出来上がります。
甘さを強調するにはハチミツを使いましょう。
漬ける時間はさっぱり味なら2日くらい。時間の経過するにしたがって成熟した味になります。
仕上がったサングリアに熱い紅茶を注ぎます。

市販のサングリアを利用すれば、もっとお手軽に紅茶割りホットワインが作れます。
わいん酒屋Ragloppa(ラグロッパ)に推薦いただいた「サルサ・クラブ・サングリア」は、オレンジやレモンなどの柑橘類と相性抜群です。

ホットワインは加熱することでアルコール分が飛びます。
おおよそ8パーセントくらいまでアルコール度数は低くなります。
お酒が苦手だという人は、長めに加熱するという手あります。
だからといって、アルコール分が「ゼロ」になるわけではありませんよね。
せっかくのお花見なので、少しはアルコールを飲んでいる雰囲気も味わいたいもの。
紅茶で割るのでアルコール分が低くなり、安心ですね。シナモンスティックでぐるぐる混ぜていただきましょう。


・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



大半のお花見会場は、火気厳禁です。火をおこしたり、カセットコンロの持込は出来ないので、会場で温めなおすという策は見込めません。
温かく作ったホットワインをさめないように運びましょう。
真っ先に思いつくのは、ホットワインを魔法瓶につめて持っていく方法です。
参加人数が多すぎて魔法瓶では追いつかないというなら、ワインが入っていたボトルを利用しましょう。
ぬるま湯を入れて温めておくとロスが少ないですね。
ペットボトルを使うときは耐熱性のものを選びます。
オレンジのキャップと飲み口全体が白いペットボトルです。85度までの温度に対応します。
ペットボトル内の空気が熱で膨張することを計算に入れて、容量に余裕を持たせるようにしましょう。
そのままでは冷えてしまいますので、保温効果のある発泡スチロールやダンボールに入れて運びます。
鍋ふとんは最小限の燃料で調理する防災グッズですが、保温性が高いのが特徴。保温時間がさらに延びます。
市販されている既製品もありますが、使わなくなった防寒着のリメイクやキルティング生地で簡単に作れます。
最近では防災オンリーではなく家庭で活用できる省エネグッズとしても話題です。
一枚持っていると重宝するかもしれません。

どうしてもホカホカまで温めたいという人のために新兵器を紹介します。
水を注ぐと化学反応を起こしで蒸気を発生させる防災用のヒートパックがそれです。
軽量で携帯に便利なのですが、98度の温度が持続しますのでペットボトルには使用できません。
ガラス製あるいはアルミニウム製には対応します。


お花見に心もからだもぽっかぽかにしてくれるホットワインを連れていこう

rag180309-14.jpg

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)






  目次

・お花見にホットワインがおススメの理由

・オリジナル・ホットワイン・レシピ

・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ

・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ

・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



・お花見にホットワインがおススメの理由



お花見の頃は陽気が変わりやすく、先ほどまで晴れていたと思うと、雲が広がって「花ぐもり」に。
陽がかげると急に肌寒さを覚えるものです。
桜が満開という絶好の週末が、おもわぬ花冷えになることも。
身体の芯までお花といっしょに凍えついたら、春爛漫気分も台無しですね。

厳しい冬に欠かせないヨーロッパの飲み物というと、ホットワイン。
スキー場やスケート場などのウィンタースポーツの場はもちろんですが、街の角々に見られるホットワインステーションは冬の風物詩です。
散策したりショッピングを楽しんだりする人々の片手にはホットワインのマグカップがにぎられています。
ホットワインは温めるだけで飲めるボトルが輸入されていますが、家庭で簡単に出来る方法がありますよ。


・オリジナル・ホットワイン・レシピ



1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ドイツでは「グリュー・ワイン」フランスでは「ヴァン・ショー」と呼ばれ、家庭独自のレシピがあるようです。
ワインに砂糖や果実、香辛料、ハーブを加え温めます。
ワインに含まれるポリフェノール、香辛料やハーブの効能で風邪を予防すると愛飲されるそうです。
ちょっと日本の玉子酒効果と似ていますね。

【材料】
・赤ワイン        375ミリリットル(スタンダードボトルの半量)
・砂糖          大匙1~2
・レモンの皮       1/3個分
・シナモンスティック   1本
・ホールグローブ     4粒
・ホールブラックペパー  4粒

材料を鍋に入れ、火にかけます。沸騰直前で火を止めレモンを取り除きます。
香辛料は鍋に残し、さらに香りを引き出します。
30分程度放置したら、漉してスパイスを取りのぞきます。

面倒な人はティーパックを利用すると手間が省けますよ。味のパンチ力はすこし落ちますが、パウダースパイスで代用することもできます。
飲む前にもう一度適温に加熱します。

電子レンジで加熱しても大丈夫です。
ブドウの種類や産地によってワインのアルコール度数にばらつきがありますが、平均14度前後のアルコールが含まれています。
そのため水より沸点が低く、突然ふきだしてしまうことがあります。
電子レンジで加熱する場合は、牛乳あたためモードを使用するか、温度を確認しながら少しずつ加熱するようにしましょう。



・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ



2プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ホットワインに入れるスパイスにルールはありません。
コリアンダー、オールスパイス、スターアニス(八角)、カルダモン、ナツメグなどもよく合います。
レモンのほか、オレンジやブルーベリーを加えてもいいでしょう。
できあがったホットワインにレモンスライスやドライフルーツをトッピングしたり、シナモンスティックを添えたりとアレンジは自由自在です。

甘党さんに喜ばれるのはバニラビーズを使ったホットワイン。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・ホールバニラビーンズ 4センチ

バニラビーズはさやに切れ目を入れ、種はとりのぞきます。
ハーフボトルのワインといっしょに弱火にかけます。頂くときはバニラビーズを取り出してください。
軽めのワインとあわせると、バニラの香りが引き立ちます。

オレンジコンポートをつかったほろ苦い甘さとスパイシーさが味わえるホットワインは大人の女性に似合います。

【材料】
・赤ワイン         375ミリリットル
・シナモンスティック    1本
・ホールグローブ      4粒
・スターアニス       2個
・オレンジコンポート    50グラム  

オレンジコンポートはマグカップに入れておきます。マグカップの底に並ぶ程度の量が目安です。
赤ワインにスパイスを入れて沸騰直前まで加熱します。
スパイスを漉してオレンジコンポートの上に注ぎます。

ママレードでも同じように作れます。ハチミツをたらすと風味がアップ。


・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ



3プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ワインのアルコールと果物の酸味が融和して飲みやすくなるサングリアに温かい紅茶を注いだホットワインを作ります。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・フルーツ       みかん、いちご、ブルーベリーなど
・シナモンスティック  1本

好みの果物は一種類でも数種類でも構いません。ランダムに切って赤ワインに漬け込みサングリアを作ります。
フレッシュフルーツが手に入らない場合は、缶詰でも美味しく出来上がります。
甘さを強調するにはハチミツを使いましょう。
漬ける時間はさっぱり味なら2日くらい。時間の経過するにしたがって成熟した味になります。
仕上がったサングリアに熱い紅茶を注ぎます。

市販のサングリアを利用すれば、もっとお手軽に紅茶割りホットワインが作れます。
わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)に推薦いただいた「サルサ・クラブ・サングリア」は、オレンジやレモンなどの柑橘類と相性抜群です。

ホットワインは加熱することでアルコール分が飛びます。
おおよそ8パーセントくらいまでアルコール度数は低くなります。
お酒が苦手だという人は、長めに加熱するという手あります。
だからといって、アルコール分が「ゼロ」になるわけではありませんよね。
せっかくのお花見なので、少しはアルコールを飲んでいる雰囲気も味わいたいもの。
紅茶で割るのでアルコール分が低くなり、安心ですね。シナモンスティックでぐるぐる混ぜていただきましょう。


・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



大半のお花見会場は、火気厳禁です。火をおこしたり、カセットコンロの持込は出来ないので、会場で温めなおすという策は見込めません。
温かく作ったホットワインをさめないように運びましょう。
真っ先に思いつくのは、ホットワインを魔法瓶につめて持っていく方法です。
参加人数が多すぎて魔法瓶では追いつかないというなら、ワインが入っていたボトルを利用しましょう。
ぬるま湯を入れて温めておくとロスが少ないですね。
ペットボトルを使うときは耐熱性のものを選びます。
オレンジのキャップと飲み口全体が白いペットボトルです。85度までの温度に対応します。
ペットボトル内の空気が熱で膨張することを計算に入れて、容量に余裕を持たせるようにしましょう。
そのままでは冷えてしまいますので、保温効果のある発泡スチロールやダンボールに入れて運びます。
鍋ふとんは最小限の燃料で調理する防災グッズですが、保温性が高いのが特徴。保温時間がさらに延びます。
市販されている既製品もありますが、使わなくなった防寒着のリメイクやキルティング生地で簡単に作れます。
最近では防災オンリーではなく家庭で活用できる省エネグッズとしても話題です。
一枚持っていると重宝するかもしれません。

どうしてもホカホカまで温めたいという人のために新兵器を紹介します。
水を注ぐと化学反応を起こしで蒸気を発生させる防災用のヒートパックがそれです。
軽量で携帯に便利なのですが、98度の温度が持続しますのでペットボトルには使用できません。
ガラス製あるいはアルミニウム製には対応します。


 →気になる姫路の桜、開花予想を調べよう!



お花見に心もからだもぽっかぽかにしてくれるホットワインを連れていこう

rag180309-14.jpg

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)






  目次

・お花見にホットワインがおススメの理由

・オリジナル・ホットワイン・レシピ

・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ

・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ

・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



・お花見にホットワインがおススメの理由



お花見の頃は陽気が変わりやすく、先ほどまで晴れていたと思うと、雲が広がって「花ぐもり」に。
陽がかげると急に肌寒さを覚えるものです。
桜が満開という絶好の週末が、おもわぬ花冷えになることも。
身体の芯までお花といっしょに凍えついたら、春爛漫気分も台無しですね。

厳しい冬に欠かせないヨーロッパの飲み物というと、ホットワイン。
スキー場やスケート場などのウィンタースポーツの場はもちろんですが、街の角々に見られるホットワインステーションは冬の風物詩です。
散策したりショッピングを楽しんだりする人々の片手にはホットワインのマグカップがにぎられています。
ホットワインは温めるだけで飲めるボトルが輸入されていますが、家庭で簡単に出来る方法がありますよ。


・オリジナル・ホットワイン・レシピ



1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ドイツでは「グリュー・ワイン」フランスでは「ヴァン・ショー」と呼ばれ、家庭独自のレシピがあるようです。
ワインに砂糖や果実、香辛料、ハーブを加え温めます。
ワインに含まれるポリフェノール、香辛料やハーブの効能で風邪を予防すると愛飲されるそうです。
ちょっと日本の玉子酒効果と似ていますね。

【材料】
・赤ワイン        375ミリリットル(スタンダードボトルの半量)
・砂糖          大匙1~2
・レモンの皮       1/3個分
・シナモンスティック   1本
・ホールグローブ     4粒
・ホールブラックペパー  4粒

材料を鍋に入れ、火にかけます。沸騰直前で火を止めレモンを取り除きます。
香辛料は鍋に残し、さらに香りを引き出します。
30分程度放置したら、漉してスパイスを取りのぞきます。

面倒な人はティーパックを利用すると手間が省けますよ。味のパンチ力はすこし落ちますが、パウダースパイスで代用することもできます。
飲む前にもう一度適温に加熱します。

電子レンジで加熱しても大丈夫です。
ブドウの種類や産地によってワインのアルコール度数にばらつきがありますが、平均14度前後のアルコールが含まれています。
そのため水より沸点が低く、突然ふきだしてしまうことがあります。
電子レンジで加熱する場合は、牛乳あたためモードを使用するか、温度を確認しながら少しずつ加熱するようにしましょう。



・好みのホットワインを作ろう!アレンジ・レシピ



2プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ホットワインに入れるスパイスにルールはありません。
コリアンダー、オールスパイス、スターアニス(八角)、カルダモン、ナツメグなどもよく合います。
レモンのほか、オレンジやブルーベリーを加えてもいいでしょう。
できあがったホットワインにレモンスライスやドライフルーツをトッピングしたり、シナモンスティックを添えたりとアレンジは自由自在です。

甘党さんに喜ばれるのはバニラビーズを使ったホットワイン。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・ホールバニラビーンズ 4センチ

バニラビーズはさやに切れ目を入れ、種はとりのぞきます。
ハーフボトルのワインといっしょに弱火にかけます。頂くときはバニラビーズを取り出してください。
軽めのワインとあわせると、バニラの香りが引き立ちます。

オレンジコンポートをつかったほろ苦い甘さとスパイシーさが味わえるホットワインは大人の女性に似合います。

【材料】
・赤ワイン         375ミリリットル
・シナモンスティック    1本
・ホールグローブ      4粒
・スターアニス       2個
・オレンジコンポート    50グラム  

オレンジコンポートはマグカップに入れておきます。マグカップの底に並ぶ程度の量が目安です。
赤ワインにスパイスを入れて沸騰直前まで加熱します。
スパイスを漉してオレンジコンポートの上に注ぎます。

ママレードでも同じように作れます。ハチミツをたらすと風味がアップ。


・お酒がちょっぴり苦手な人におススメのホットワイン・レシピ



3プレゼンテーション1.png

写真提供:わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)



ワインのアルコールと果物の酸味が融和して飲みやすくなるサングリアに温かい紅茶を注いだホットワインを作ります。

【材料】
・赤ワイン       375ミリリットル
・フルーツ       みかん、いちご、ブルーベリーなど
・シナモンスティック  1本

好みの果物は一種類でも数種類でも構いません。ランダムに切って赤ワインに漬け込みサングリアを作ります。
フレッシュフルーツが手に入らない場合は、缶詰でも美味しく出来上がります。
甘さを強調するにはハチミツを使いましょう。
漬ける時間はさっぱり味なら2日くらい。時間の経過するにしたがって成熟した味になります。
仕上がったサングリアに熱い紅茶を注ぎます。

市販のサングリアを利用すれば、もっとお手軽に紅茶割りホットワインが作れます。
わいん酒場Ragloppa(ラグロッパ)に推薦いただいた「サルサ・クラブ・サングリア」は、オレンジやレモンなどの柑橘類と相性抜群です。

ホットワインは加熱することでアルコール分が飛びます。
おおよそ8パーセントくらいまでアルコール度数は低くなります。
お酒が苦手だという人は、長めに加熱するという手あります。
だからといって、アルコール分が「ゼロ」になるわけではありませんよね。
せっかくのお花見なので、少しはアルコールを飲んでいる雰囲気も味わいたいもの。
紅茶で割るのでアルコール分が低くなり、安心ですね。シナモンスティックでぐるぐる混ぜていただきましょう。


・お花見宴会まで温かさをキープする裏技



大半のお花見会場は、火気厳禁です。火をおこしたり、カセットコンロの持込は出来ないので、会場で温めなおすという策は見込めません。
温かく作ったホットワインをさめないように運びましょう。
真っ先に思いつくのは、ホットワインを魔法瓶につめて持っていく方法です。
参加人数が多すぎて魔法瓶では追いつかないというなら、ワインが入っていたボトルを利用しましょう。
ぬるま湯を入れて温めておくとロスが少ないですね。
ペットボトルを使うときは耐熱性のものを選びます。
オレンジのキャップと飲み口全体が白いペットボトルです。85度までの温度に対応します。
ペットボトル内の空気が熱で膨張することを計算に入れて、容量に余裕を持たせるようにしましょう。
そのままでは冷えてしまいますので、保温効果のある発泡スチロールやダンボールに入れて運びます。
鍋ふとんは最小限の燃料で調理する防災グッズですが、保温性が高いのが特徴。保温時間がさらに延びます。
市販されている既製品もありますが、使わなくなった防寒着のリメイクやキルティング生地で簡単に作れます。
最近では防災オンリーではなく家庭で活用できる省エネグッズとしても話題です。
一枚持っていると重宝するかもしれません。

どうしてもホカホカまで温めたいという人のために新兵器を紹介します。
水を注ぐと化学反応を起こしで蒸気を発生させる防災用のヒートパックがそれです。
軽量で携帯に便利なのですが、98度の温度が持続しますのでペットボトルには使用できません。
ガラス製あるいはアルミニウム製には対応します。


 →気になる姫路の桜、開花予想を調べよう!



赏樱时让我们来一杯热的葡萄酒,令身心都变得温暖。

rag180309-14.jpg

照片来自:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)






  目次

・赏樱时来杯热葡萄酒的理由

・原创・热葡萄酒・调法

・自制热葡萄酒!创新调法

・不太爱喝酒的人,也有相对的调制品。

・保温到赏花会结束前的秘籍



・赏樱时来杯热葡萄酒的理由



赏化时节,天气变化大,刚才还晴空万里,转眼就乌云密布。简直变成了“阴花”。
天阴下来后会忽然变冷。
樱花盛开的美好周末,忽然也会变成凄冷的景象。
全身和花儿一起都被冻的难过,春花烂漫也会变的大煞风景。

在欧洲抵御严冬有一物不可或缺,它就是热葡萄酒。
滑冰滑雪场等,冬季运动场所自不必说,街头到处可见的热葡萄酒补给站也是一道亮丽的风景线。
散步者和购物者手中也会端着一杯热葡萄酒。红酒进口的是热一下后就可以饮饮用的的品种,在家庭中也可以简单制作。


・原创・热葡萄酒・制法



1.png

图片提供者:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)



在德国被称为德式热酒 Glühwein,在法国被称为法式热酒vin chaud,据说每个家庭的制法各有不同。
在葡萄酒中加入砂糖,水果,香料,香草然后加热。
葡萄酒中含有的多酚,和香料,香草有预防感冒的功效,受到欢迎。
和日本的鸡蛋酒很相似哈。

【材料】
・红酒        375毫升
・砂糖          1~2勺
・柠檬皮       1/3个
・肉桂   1根
・丁香     4粒
・黑胡椒  4粒

将配料放入锅中加热。在沸腾之前,停止燃烧并除去柠檬。
把香料留在锅中,进一步提取香味。
大约30分钟后,将香料过滤出。

嫌麻烦的人可以通过使用茶包来节省劳动力。味道稍微下降。也可以用粉末香料代替。
饮用前再次加热至适当的温度。。

用微波炉加热也可以。
葡萄酒的酒度取决于葡萄种类和生产区域的不同,但它平均含有14度左右的酒精。
因此,沸点比水低,可能会突然溢出。
当用微波炉加热时,使用加热牛奶模式一边确认温度一边慢慢加热。



・制作您最喜爱的热酒!自制酒谱



2プレゼンテーション1.png

图片提供者:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)



放入热酒的香料没有规定。
香菜,五香粉,八角茴香(八角),小豆蔻,肉豆蔻等也很好匹配。
除了柠檬,可以加入橙子和蓝莓。
饮用时可以加入柠檬片和干果,配上热酒和肉桂棒。

使用香草豆子的热葡萄酒对喜甜食者来说令人愉快。

【材料】
・红酒375毫升
香草豆4厘米

香草豆改刀将种子取出。
用小火将其和半瓶葡萄酒加热。饮用时请拿出香草豆。
当与淡酒相配合时,香草的香味脱颖而出。

使用糖煮橘子蜜饯的甘甜和辛辣调味料的热葡萄酒为成年女性最适合。

【材料】
・红酒375毫升
・ 1个肉桂棒
・四粒丁香
・ 八角茴香2颗
・糖煮橙子蜜饯50克

在杯子里放入橙色蜜饯。大致放満杯子底部。
在红酒中加入香料,加热到沸腾。
过滤香料,倒在橙色蜜饯上。

可以用同样的方法可以制作柑橘酱。当加入蜂蜜时,味道更好。


・推荐·不喜饮酒者的热酒



3プレゼンテーション1.png

图片提供者:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)



将热茶倒入桑格利亚热酒中,热酒的酒精和水果酸味更加适于饮用。

【材料】
・红酒375毫升
・水果橙子,草莓,蓝莓等
・1个肉桂棒

无论哪一种水果或几种水果都可以。随机切好,浸泡在红酒中,制成桑格利亚汽酒。
如果没有新鲜水果,即使罐头食品中也可以变成美味。
可用蜂蜜来加强甜味。
浸泡时间,清淡口味需要大约2天的时间。随着时间的流逝,味道变得成熟。
将热茶倒入制好的桑格利亚汽酒中。

如果使用市售的桑格利亚汽酒,可以更轻松地制作茶兑热酒。
葡萄酒酒家Ragloppa(拉古罗帕)に推荐的“莎莎·俱乐部·桑格利亚酒“与橙子和柠檬等柑橘类水果最相兼容。

热酒加热,酒精含量降低。
酒精度将降至8%左右。
不善于饮酒的人可以长时间加热。
这并不意味着酒精含量将是“零”。
因为是特别的樱花观赏,所以有人可能想尝一下喝酒的快楽气氛。
因为用红茶兑酒,酒精含量低,所以比较安全。与肉桂棒混合。


・将热酒温暖保持到樱花派对最后的秘诀



大部分樱花景观场所都禁止用火。由于不能点火或使用携带盒式炉,因此我们不能期望在景观场所采取措施加热。
制造温暖的热酒。
首先想到的是将热酒放入保温瓶中。
如果有太多的人参加热水瓶不足,你可以使用酒瓶子。
用温水加热并保持温暖,热损失比较小。
使用塑料瓶时,请选择耐热的瓶子。
橙汁的瓶盖和整个饮用嘴都是白色的塑料瓶。可用于温度85度。
计算一下,塑料瓶内的空气会随着热量膨胀,需要为容量腾出空间。
因为它会变冷,所以最好将其放在泡沫聚苯乙烯或具有保温效果的纸板中。
保温被子是一种以最少燃料烹饪的防灾产品,但具有高保温特性。保温时间进一步延长。
市场上也有现成的产品,可以使用廃旧保暖衣服和绗缝面料轻松地自己制作。
最近,不只是防灾的主题、作为能够在家庭中使用的节能品成为话题。
如果拥有一个可能会有用。

向那些真正想要热到温暖的人介绍一个新的武器。
通过注水产生化学反应并产生蒸汽的防灾热敷包。
它重量轻,便于携带,但不能用于塑料瓶,因为温度会持续为98度。
它对应于玻璃或铝瓶。


賞櫻時讓我們來一杯熱的葡萄酒,令身心都變得溫暖。

rag180309-14.jpg

照片來自:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)






  目次

・賞櫻時來杯熱葡萄酒的理由

・原創・熱葡萄酒・調法

・自製熱葡萄酒!創新調法

・不太愛喝酒的人,也有相對的調製品。

・保溫到賞花會結束前的秘籍



・賞櫻時來杯熱葡萄酒的理由



賞化時節,天氣變化大,剛才還晴空萬里,轉眼就烏云密布。簡直變成了“陰花”。
天陰下來後會忽然變冷。
櫻花盛開的美好週末,忽然也會變成淒冷的景象。
全身和花兒一起都被凍的難過,春花爛漫也會變的大煞風景。

在歐洲抵禦嚴冬有一物不可或缺,它就是熱葡萄酒。
滑冰滑雪場等,冬季運動場所自不必說,街頭到處可見的熱葡萄酒補給站也是一道亮麗的風景線。
散步者和購物者手中也會端著一杯熱葡萄酒。紅酒進口的是熱一下後就可以飲飲用的的品種,在家庭中也可以簡單製作。


・原創・熱葡萄酒・制法



1.png

圖片提供者:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古落吧)



在德國被稱為德式熱酒 Glühwein,在法國被稱為法式熱酒vin chaud,據說每個家庭的製法各有不同。
在葡萄酒中加入砂糖,水果,香料,香草然後加熱。
葡萄酒中含有的多酚,和香料,香草有預防感冒的功效,受到歡迎。
和日本的雞蛋酒很相似哈。

【材料】
・紅酒375毫升
・砂糖1~2勺
・檸檬皮1/3個
・肉桂1根
・丁香4粒
・黑胡椒4粒< br />
將配料放入鍋中加熱。在沸騰之前,停止燃燒並除去檸檬。
把香料留在鍋中,進一步提取香味。
大約30分鐘後,將香料過濾出。

嫌麻煩的人可以通過使用茶包來節省勞動力。味道稍微下降。也可以用粉末香料代替。
飲用前再次加熱至適當的溫度。

用微波爐加熱也可以。
葡萄酒的酒度取決於葡萄種類和生產區域的不同,但它平均含有14度左右的酒精。
因此,沸點比水低,可能會突然溢出。
當用微波爐加熱時,使用加熱牛奶模式一邊確認溫度一邊慢慢加熱。



・製作您最喜愛的熱酒!自製酒譜



2プレゼンテーション1.png

圖片提供者:葡萄酒酒家Ragloppa(拉古羅帕)



放入熱酒的香料沒有規定。
香菜,五香粉,八角茴香(八角),小荳蔻,肉荳蔻等也很好匹配。
除了檸檬,可以加入橙子和藍莓。
飲用時可以加入檸檬片和乾果,配上熱酒和肉桂棒。

使用香草豆子的熱葡萄酒對喜甜食者來說令人愉快。

【材料】
・紅酒375毫升
香草豆4厘米

香草豆改刀將種子取出。
用小火將其和半瓶葡萄酒加熱。飲用時請拿出香草豆。
當與淡酒相配合時,香草的香味脫穎而出。

使用糖煮橘子蜜餞的甘甜和辛辣調味料的熱葡萄酒為成年女性最適合。

【材料】
・紅酒375毫升
・ 1個肉桂棒
・四粒丁香
・ 八角茴香2顆
・糖煮橙子蜜餞50克

在杯子裡放入橙色蜜餞。大致放満杯子底部。
在紅酒中加入香料,加熱到沸騰。
過濾香料,倒在橙色蜜餞上。

可以用同樣的方法可以製作柑橘醬。當加入蜂蜜時,味道更好。


・推薦·不喜飲酒者的熱酒



3プレゼンテーション1.png

圖片提供者:わいん酒屋Ragloppa(拉古落吧)



將熱茶倒入桑格利亞熱酒中,熱酒的酒精和水果酸味更加適於飲用。

【材料】
・紅酒 375毫升
・水果 橙子,草莓,藍莓等
・1個肉桂棒

無論哪一種水果或幾種水果都可以。 隨機切好,浸泡在紅酒中,製成桑格利亞汽酒。
如果没有新鮮水果,即使罐頭食品中也可以變成美味。
可用蜂蜜來加強甜味。
浸泡時間,清淡口味需要大約2天的時間。 隨著時間的流逝,味道變得成熟。
將熱茶倒入製好的桑格利亞汽酒中。

如果使用市售的桑格利亞汽酒,可以更輕鬆地製作茶兌熱酒。
葡萄酒酒家Ragloppa(拉古羅帕)に推薦的“莎莎·俱樂部·桑格利亞酒“與橙子和檸檬等柑橘類水果最相兼容。

熱酒加熱,酒精含量降低。
酒精度將降至8%左右。
不善於飲酒的人可以長時間加熱。
這並不意味著酒精含量將是“零”。
因為是特別的櫻花觀賞,所以有人可能想嚐一下喝酒的快楽氣氛。
因為用紅茶兌酒,酒精含量低,所以比較安全。 與肉桂棒混合。


・将熱酒溫暖保持到櫻花派對最後的秘訣



大部分櫻花景觀場所都禁止用火。 由於不能点火或使用攜帶盒式爐,因此我們不能期望在景觀場所採取措施加熱。
製造溫暖的熱酒。
首先想到的是將熱酒放入保溫瓶中。
如果有太多的人参加熱水瓶不足,你可以使用酒瓶子。
用溫水加熱並保持溫暖,熱損失比較小。
使用塑料瓶時,請選擇耐熱的瓶子。
橙汁的瓶蓋和整個飲用嘴都是白色的塑料瓶。 可用於溫度85度。
計算一下,塑料瓶內的空氣會隨著熱量膨脹,需要為容量騰出空間。
因為它會變冷,所以最好將其放在泡沫聚苯乙烯或具有保溫效果的紙板中。
保温被子是一種以最少燃料烹飪的防災產品,但具有高保溫特性。 保溫時間進一步延長。
市場上也有現成的產品,可以使用廃旧保暖衣服和絎縫面料輕鬆地自己製作。
最近,不只是防災的主題、作為能夠在家庭中使用的節能品成為話題。
如果拥有一個可能會有用。

向那些真正想要熱到温暖的人介紹一個新的武器。
通過注水產生化學反應並產生蒸汽的防災熱敷包。
它重量輕,便於攜帶,但不能用於塑料瓶,因為溫度會持續為98度。
它對應於玻璃或鋁瓶。


bookmark_border
cancel みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
close みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!