特集

Featured

感動の姫路「第九」公演を聴いてきました2017年

感動の姫路「第九」公演を聴いてきました2017年

おさめ



12-17.jpg

2017姫路第九合唱団を公演まじかに控えた11月に取材させて頂いたオサメです。 主催する労音さんのご好意で公演にご招待いただき、晴れの舞台に同席する機会を得ました。
願ってもないラッキーに、開場時間の1時間前に会場についてしまったのですが、すでに姫路市民ホールロビーは、公演を待ち望む人たちであふれていました。
あちらこちらお友達の輪ができ、話がはずんでいる様子。耳を傾けると、「久しぶり!今年は観客なの?」「今年は家族の応援団です。」「来年は私も歌いたいと思っているのです。」など、第九で結ばれた人たちのようです。
姫路市内の中学校の合唱部でしょうか。顧問の先生に引率されて開演を待っていました。ずいぶんお行儀のよい生徒さんたちで、常に2列縦隊。
ロビー階下のリハーサル室前には、黒のロングスカート、蝶ネクタイで正装された姫路第九合唱団の方達が、こわばった面もちで待機されていました。
入念な練習を重ねてこられたことでしょう。それだけに本番前の緊張感が伝わってきます。

午後2時30分の開場時間、姫路みたい編集部のしぶたにと落ち合って、大ホールへ入り着席。私たちの席は前の方だったので、後方をふりかえると満場のお客様でした。

関西フィルハーモニー管弦楽団と客演指揮するのは、三ツ橋敬子さん。東京藝術大学、同大学院を修了後、ウィーン国立音楽大学に留学。小澤征爾氏、小林研一郎氏などに指示。両氏の秘蔵っ子と言われています。その呼び名にふさわしく、コンクール入賞歴も華々しいといえます。第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで日本人初の優勝をかわきりに、第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールでは女性として初めての受賞、第12回齋藤秀雄メモリアル基金金賞など次々と受賞されています。今、もっとも注目を集めている世界を代表するコンダクターです。

ヴェートベンは古典クラッシックに分類される作曲家です。しかし、その作風の破天荒さはクラッシックファンでなくても知らない人はいないでしょう。センセーショナルな旋律で唐突に始まり、そして次の瞬間あっけもなく淘汰されます。
古典クラッシック楽曲では主旋律を繰り返し聴き手に感動を与える技法が優先されてきました。
第九はヴェートベン音楽の集大成の作品。壮大な合唱に至る第4楽章では、第1楽章、第2楽章、第3楽章の主題が否定され、歓喜の歌への導線を紡ぎます。
三ツ橋敬子氏の導くヴェートベン第九の第4楽章は、目が醒める思いでした。

三ツ橋敬子さんのエネルギッシュな指揮に導かれて、第九第4楽章は次第にクライマックスへ。
姫路第九合唱団が歌い始めると、会場には熱い波動が波うちます。それは、合唱団で歌う家族を、知人を応援する心かもしれません。私たちの隣席の人は103歳で参加されている藤井千代子さんのお知り合いのようでした。

演奏が終わると、会場からは後を絶たないブラボーの声と指笛。
ヴェートベンは「自由」「平等」「平和」を主眼とするフランス革命を主題に、最後の交響曲として第九を創りました。
今日の第九公演に参加させていただいて、この人類悲願が叶うのも遠い未来ではないと思うのです。



しぶたに

第九を通じて参加者と聴衆に生まれる一体感が感動的でした



おさめ

姫路市の姉妹都市・韓国 昌平市( チャンウォン)市民合唱団も参加。国境の垣根を越えた歓喜の歌でした。



   ⇒2017姫路第九合唱団の関連記事はこちらからご覧になれます

姫路「第九」45周年記念 第42回公演へ行ってきました



12-17.jpg

2017姫路第九合唱団を公演まじかに控えた11月に取材させて頂いたオサメです。 主催する労音さんのご好意で公演にご招待いただき、晴れの舞台に同席する機会を得ました。
願ってもないラッキーに、開場時間の1時間前に会場についてしまったのですが、すでに姫路市民ホールロビーは、公演を待ち望む人たちであふれていました。
あちらこちらお友達の輪ができ、話がはずんでいる様子。耳を傾けると、「久しぶり!今年は観客なの?」「今年は家族の応援団です。」「来年は私も歌いたいと思っているのです。」など、第九で結ばれた人たちのようです。
姫路市内の中学校の合唱部でしょうか。顧問の先生に引率されて開演を待っていました。ずいぶんお行儀のよい生徒さんたちで、常に2列縦隊。
ロビー階下のリハーサル室前には、黒のロングスカート、蝶ネクタイで正装された姫路第九合唱団の方達が、こわばった面もちで待機されていました。
入念な練習を重ねてこられたことでしょう。それだけに本番前の緊張感が伝わってきます。

午後2時30分の開場時間、姫路みたい編集部のしぶたにと落ち合って、大ホールへ入り着席。私たちの席は前の方だったので、後方をふりかえると満場のお客様でした。

関西フィルハーモニー管弦楽団と客演指揮するのは、三ツ橋敬子さん。東京藝術大学、同大学院を修了後、ウィーン国立音楽大学に留学。小澤征爾氏、小林研一郎氏などに指示。両氏の秘蔵っ子と言われています。その呼び名にふさわしく、コンクール入賞歴も華々しいといえます。第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで日本人初の優勝をかわきりに、第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールでは女性として初めての受賞、第12回齋藤秀雄メモリアル基金金賞など次々と受賞されています。今、もっとも注目を集めている世界を代表するコンダクターです。

ヴェートベンは古典クラッシックに分類される作曲家です。しかし、その作風の破天荒さはクラッシックファンでなくても知らない人はいないでしょう。センセーショナルな旋律で唐突に始まり、そして次の瞬間あっけもなく淘汰されます。
古典クラッシック楽曲では主旋律を繰り返し聴き手に感動を与える技法が優先されてきました。
第九はヴェートベン音楽の集大成の作品。壮大な合唱に至る第4楽章では、第1楽章、第2楽章、第3楽章の主題が否定され、歓喜の歌への導線を紡ぎます。
三ツ橋敬子氏の導くヴェートベン第九の第4楽章は、目が醒める思いでした。

三ツ橋敬子さんのエネルギッシュな指揮に導かれて、第九第4楽章は次第にクライマックスへ。
姫路第九合唱団が歌い始めると、会場には熱い波動が波うちます。それは、合唱団で歌う家族を、知人を応援する心かもしれません。私たちの隣席の人は103歳で参加されている藤井千代子さんのお知り合いのようでした。

演奏が終わると、会場からは後を絶たないブラボーの声と指笛。
ヴェートベンは「自由」「平等」「平和」を主眼とするフランス革命を主題に、最後の交響曲として第九を創りました。
今日の第九公演に参加させていただいて、この人類悲願が叶うのも遠い未来ではないと思うのです。



しぶたに

第九を通じて参加者と聴衆に生まれる一体感が感動的でした



おさめ

姫路市の姉妹都市・韓国 昌平市( チャンウォン)市民合唱団も参加。国境の垣根を越えた歓喜の歌でした。



   ⇒2017姫路第九合唱団の関連記事はこちらからご覧になれます




姫路「第九」45周年記念 第42回公演へ行ってきました



12-17.jpg

2017姫路第九合唱団を公演まじかに控えた11月に取材させて頂いたオサメです。 主催する労音さんのご好意で公演にご招待いただき、晴れの舞台に同席する機会を得ました。
願ってもないラッキーに、開場時間の1時間前に会場についてしまったのですが、すでに姫路市民ホールロビーは、公演を待ち望む人たちであふれていました。
あちらこちらお友達の輪ができ、話がはずんでいる様子。耳を傾けると、「久しぶり!今年は観客なの?」「今年は家族の応援団です。」「来年は私も歌いたいと思っているのです。」など、第九で結ばれた人たちのようです。
姫路市内の中学校の合唱部でしょうか。顧問の先生に引率されて開演を待っていました。ずいぶんお行儀のよい生徒さんたちで、常に2列縦隊。
ロビー階下のリハーサル室前には、黒のロングスカート、蝶ネクタイで正装された姫路第九合唱団の方達が、こわばった面もちで待機されていました。
入念な練習を重ねてこられたことでしょう。それだけに本番前の緊張感が伝わってきます。

午後2時30分の開場時間、姫路みたい編集部のしぶたにと落ち合って、大ホールへ入り着席。私たちの席は前の方だったので、後方をふりかえると満場のお客様でした。

関西フィルハーモニー管弦楽団と客演指揮するのは、三ツ橋敬子さん。東京藝術大学、同大学院を修了後、ウィーン国立音楽大学に留学。小澤征爾氏、小林研一郎氏などに指示。両氏の秘蔵っ子と言われています。その呼び名にふさわしく、コンクール入賞歴も華々しいといえます。第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで日本人初の優勝をかわきりに、第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールでは女性として初めての受賞、第12回齋藤秀雄メモリアル基金金賞など次々と受賞されています。今、もっとも注目を集めている世界を代表するコンダクターです。

ヴェートベンは古典クラッシックに分類される作曲家です。しかし、その作風の破天荒さはクラッシックファンでなくても知らない人はいないでしょう。センセーショナルな旋律で唐突に始まり、そして次の瞬間あっけもなく淘汰されます。
古典クラッシック楽曲では主旋律を繰り返し聴き手に感動を与える技法が優先されてきました。
第九はヴェートベン音楽の集大成の作品。壮大な合唱に至る第4楽章では、第1楽章、第2楽章、第3楽章の主題が否定され、歓喜の歌への導線を紡ぎます。
三ツ橋敬子氏の導くヴェートベン第九の第4楽章は、目が醒める思いでした。

三ツ橋敬子さんのエネルギッシュな指揮に導かれて、第九第4楽章は次第にクライマックスへ。
姫路第九合唱団が歌い始めると、会場には熱い波動が波うちます。それは、合唱団で歌う家族を、知人を応援する心かもしれません。私たちの隣席の人は103歳で参加されている藤井千代子さんのお知り合いのようでした。

演奏が終わると、会場からは後を絶たないブラボーの声と指笛。
ヴェートベンは「自由」「平等」「平和」を主眼とするフランス革命を主題に、最後の交響曲として第九を創りました。
今日の第九公演に参加させていただいて、この人類悲願が叶うのも遠い未来ではないと思うのです。



しぶたに

第九を通じて参加者と聴衆に生まれる一体感が感動的でした



おさめ

姫路市の姉妹都市・韓国 昌平市( チャンウォン)市民合唱団も参加。国境の垣根を越えた歓喜の歌でした。



   ⇒2017姫路第九合唱団の関連記事はこちらからご覧になれます




观看姬路「第九交响曲大合唱」45周年纪念 第42次公开演出



12-17.jpg

我是纳记者,11月在公开演出之前采访了2017姬路第九合唱团。 我被主办方邀请,有机会观看了演出。非常幸运。
开会前一小时,我来到姬路市民大厅,期待的人们已经坐了许多。
四处都是朋友圈,聊得热闹。听了一下,有的说“好久不见了,今天不上台做观众了么?”今年给家人加油来了,“明年我也想唱呢。”等等,看来都是第九合唱团的粉丝。
是姬路市的中学的合唱部?由老师带领正在等待演出开始。学生表现非常乖巧,总是排成两列队。
排练室在楼下大堂,之前有穿黑色长裙,打着领结的姬路第九合唱团团员,在严肃地等待演出开始。
他们一直经过了反复仔细的练习。 开始演出前的紧张感传了过来。

开演时间下午2点30分,我和畅游姬路编辑部涩谷碰头后,坐到了大厅里。 我们的座位在前面,回头看去,身后已经满座。

指挥是三桥敬子,与关西爱乐乐团合作演出。 她毕业于东京艺术大学,继续读完研究生后,在维也纳国立音乐学院学习。 小泽征尔先生,小林研一郎先生等都曾指导过她,据说是他们的秘密武器。 与这个名字相配,她的获奖经历也很丰富。从在第10界安东尼奥·佩德罗蒂国际指挥比赛中获得日本第一个冠军开始,获得多个奖项,如第9届托斯卡尼尼国际指挥大赛第一次作为女性获奖,第12届斋藤秀雄纪念基金金奖等。现在是世界上最引人注目的指挥家。贝多芬,被归类为古典作曲家。然而,即使不是古典音乐粉丝,也不会不知道他的新颖风格。它以一种轰动人心的旋律突然开始,又马上消失,甚至还没有被听清。
古典古典音乐以重复赋予听众感动的主旋律为先。第九是贝多芬音乐的最高潮。在第四乐章出现的盛大的合唱,完全否定了第一,二,三乐章的主题,为歌曲欢乐颂埋下伏笔。
三桥敬子老师指挥的第4乐章,简直有振聋发聩之力。

在三桥老师精力充沛的领挥下,第九的第4乐章逐渐转向高潮。
当姬路9号合唱队开始唱歌时,场内能感受到热烈的声援。 这是观众们在支持在合唱团中唱歌的亲友。 我们旁边的一位观众,就是103岁的演出者藤井千代子的熟人。

表演结束后,布拉沃(在来一个)的声音和手指哨声在场内此起彼伏。
贝多芬创作了以法国大革命为主题的第九届交响曲,主题是“自由”,“平等”和“和平”。
今天我们观看了第九演唱会的演出,我认为人类的美好愿望在不远的未来将会实现。



涩谷

参与者和观众,通过第九合唱产生的团结之感令人感动。



姬路市的友好城市・韩国 昌平市也派出市民合唱团参加。本次的欢乐颂超越了国境。



   ⇒2017年姬路第九合唱团相关报道,请看这里。




觀看姬路「第九交響曲大合唱」45週年紀念 第42次公開演出



12-17.jpg

我是納記者,11月在公開演出之前採訪了2017姬路第九合唱團。我被主辦方邀請,有機會觀看了演出。非常幸運。
開會前一小時,我來到姬路市民大廳,期待的人們已經坐了許多。
四處都是朋友圈,聊得熱鬧。聽了一下,有的說“好久不見了,今天不上台做觀眾了麼?”今年給家人加油來了,“明年我也想唱呢。”等等,看來都是第九合唱團的粉絲。 姬路市的中学的合唱部?">是姬路市的中學的合唱部?由老師帶領正在等待演出開始。學生表現非常乖巧,總是排成兩列隊。

排練室在樓下大堂,之前有穿黑色長裙,打著領結的姬路第九合唱團團員,在嚴肅地等待演出開始。

他們一直經過了反复仔細的練習。開始演出前的緊張感傳了過來。

開演時間下午2點30分,我和暢遊姬路編輯部澀谷碰頭後,坐到了大廳裡。我們的座位在前面,回頭看去,身後已經滿座。

指揮是三橋敬子,與關西愛樂樂團合作演出。她畢業於東京藝術大學,繼續讀完研究生後,在維也納國立音樂學院學習。小澤徵爾先生,小林研一郎先生等都曾指導過她,據說是他們的秘密武器。與這個名字相配,她的獲獎經歷也很豐富。從在第10界安東尼奧·佩德羅蒂國際指揮比賽中獲得日本第一個冠軍開始,獲得多個獎項,如第9屆托斯卡尼尼國際指揮大賽第一次作為女性獲獎,第12屆齋藤秀雄紀念基金金獎等。現在是世界上最引人注目的指揮家。貝多芬,被歸類為古典作曲家。然而,即使不是古典音樂粉絲,也不會不知道他的新穎風格。它以一種轟動人心的旋律突然開始,又馬上消失,甚至還沒有被聽清。

古典古典音樂以重複賦予聽眾感動的主旋律為先。第九是貝多芬音樂的最高潮。在第四樂章出現的盛大的合唱,完全否定了第一,二,三樂章的主題,為歌曲歡樂頌埋下伏筆。
三橋敬子老師指揮的第4樂章,簡直有振聾發聵之力。

在三橋老師精力充沛的領揮下,第九的第4樂章逐漸轉向高潮。
當姬路9號合唱隊開始唱歌時,場內能感受到熱烈的聲援。這是觀眾們在支持在合唱團中唱歌的親友。我們旁邊的一位觀眾,就是103歲的演出者藤井千代子的熟人。


表演結束後,布拉沃(在來一個)的聲音和手指哨聲在場內此起彼伏。
貝多芬創作了以法國大革命為主題的第九屆交響曲,主題是“自由”,“平等”和“和平”。
今天我們觀看了第九演唱會的演出,我認為人類的美好願望在不遠的未來將會實現。



渋谷

參與者和觀眾,通過第九合唱產生的團結之感令人感動。



姬路市的友好城市・韓國 昌平市也派出市民合唱團參加。本次的歡樂頌超越了國境。



   ⇒2017年姬路第九合唱團相關報導,請看這裡。




bookmark_border
cancel みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
close みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!