森永乳業杯「ツアーオブバレーボール」2018姫路大会を潜入取材!直撃インタビュー!

森永乳業杯「ツアーオブバレーボール」2018姫路大会を潜入取材!直撃インタビュー!
目次

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、株式会社姫路ヴィクトリーナ竹下佳江さんを中心としたトップアスリート達が2016年に結成した「ヴィクトリーナドリームス」の企画第一弾です。森永乳業の協賛のもと2016年から始動し、今回3回目となるツアーオブバレーボールは北海道から沖縄までの全国22箇所で展開されます。

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールの様子

    1500IMG_9189.jpg

    皮切りの姫路大会が、7月22日(日)兵庫県姫路市立置塩中学校で開催されました。 この日、姫路市内から集まった中学生バレーボール部員は、16校164人。指導に駆けつけた竹下佳江さん、井上香織さん、狩野舞子さんを前に、頬を高潮させ目をキラキラさせています。

    1500IMG_9160.jpg

    最初に生徒たちは、ランダムに9人から10人のグループに分けられます。ウォーミングアップからはじまって、アタック、ブロックといった実質的な練習。小休憩をはさんで、後半はチーム対抗のトーナメント戦が繰り広げられました。

    1500IMG_9324.jpg

    中学生優勝チームVSヴィクトリーナドリームスの夢のファイナルゲームです。
    結果は、意外や意外!3点先行した中学生チームがそのまま逃げ切り形で、ヴィクトリーナドリームスチームを下しました。

    ヴィクトリーナドリームスとの交流

    1500IMG_9383.jpg

    教室終了後の交流の場では、国際舞台で活躍したバレーボーラーへ、中学生らしい質問が飛び出しました。

    1500IMG_9408.jpg

    Q:「竹下さんのような名セッターになるには、どんな練習が必要ですか?」


     竹下「小、中、高校とバレーボールに熱中してきましたが、練習のやりすぎは禁物です。やる時はやる、休むときは休むというオンオフのメリハリをつけてください。」


    1500IMG_9385.jpg

    身長182㎝の井上さん。牛乳が大好きで中学生の頃は、一日1ℓ飲んでいたそうです。
    狩野さんは身長184㎝。中学3年生の時すでに182㎝あったという話に、中学生からは一様のどよめきが起こりました。みんな、身体を大きくしたい、背が高くなりたいという切なる願いがあるようです。

    1500IMG_9397.jpg

     狩野「お肉が大好きで、もりもり食べていました。 高校時代に大きな怪我をしてしまいました。それをきっかけに、好き嫌いを克服して苦手な野菜もしっかりたべる食生活に変えました。 」



     竹下「強い身体を作るのは、練習、十分な睡眠、質の高い食事。この三つのバランスに気をつけてください。私の強みは怪我がなかったことなんですよ。」


    参加中学生バレーボール選手の声

    1500IMG_9181.jpg

    閉会の後、がんばったみんなには森永乳業株式会社から乳飲料やアイスクリームが配られました。
    Q:「今日のバレーボール教室に参加して発見したことはありますか?」


    「ネット際でまっすぐジャンプできない原因がわかり、上達のヒントをもらえました。」


    技術指導の質の高さを実感しているようです。オブザーバーとして見学していても、指導は具体的でわかりやすく、丁寧でこまやかだと感じました。


    「世界のブロックの高さにびっくりしました。」


    国際的舞台で活躍したアスリートとの交流は、普段の練習とは一味も二味も違ったようです。今日の経験をよい刺激として、新たな目標が出来たのかもしれません。

    1500IMG_9354.jpg

    「初めての人と練習できたのが、楽しかった。」「知らない人なので緊張したけれど、協力し合ってプレーができました。」という感想も出ていました。


     竹下「バレーボールは、一人でできるスポーツではありません。目配り、気配り、声かけなどコミュニケーション力が必要です。」


    竹下さんのチームワーク作りのポリシーは、ストレートに参加中学生に届いたようです。

    1500IMG_9447.jpg

    「森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、中学生バレーボール選手に夢をあたえるきっかけ作りとして企画しました。」と、竹下佳江さん。
    「答えをもらうのではなく、自分からチャレンジする選手に育ってもらいたいと思います。」

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、株式会社姫路ヴィクトリーナ竹下佳江さんを中心としたトップアスリート達が2016年に結成した「ヴィクトリーナドリームス」の企画第一弾です。森永乳業の協賛のもと2016年から始動し、今回3回目となるツアーオブバレーボールは北海道から沖縄までの全国22箇所で展開されます。

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールの様子

    1500IMG_9189.jpg

    皮切りの姫路大会が、7月22日(日)兵庫県姫路市立置塩中学校で開催されました。 この日、姫路市内から集まった中学生バレーボール部員は、16校164人。指導に駆けつけた竹下佳江さん、井上香織さん、狩野舞子さんを前に、頬を高潮させ目をキラキラさせています。

    1500IMG_9160.jpg

    最初に生徒たちは、ランダムに9人から10人のグループに分けられます。ウォーミングアップからはじまって、アタック、ブロックといった実質的な練習。小休憩をはさんで、後半はチーム対抗のトーナメント戦が繰り広げられました。

    1500IMG_9324.jpg

    中学生優勝チームVSヴィクトリーナドリームスの夢のファイナルゲームです。
    結果は、意外や意外!3点先行した中学生チームがそのまま逃げ切り形で、ヴィクトリーナドリームスチームを下しました。

    ヴィクトリーナドリームスとの交流

    1500IMG_9383.jpg

    教室終了後の交流の場では、国際舞台で活躍したバレーボーラーへ、中学生らしい質問が飛び出しました。

    1500IMG_9408.jpg

    Q:「竹下さんのような名セッターになるには、どんな練習が必要ですか?」


     竹下「小、中、高校とバレーボールに熱中してきましたが、練習のやりすぎは禁物です。やる時はやる、休むときは休むというオンオフのメリハリをつけてください。」


    1500IMG_9385.jpg

    身長182㎝の井上さん。牛乳が大好きで中学生の頃は、一日1ℓ飲んでいたそうです。
    狩野さんは身長184㎝。中学3年生の時すでに182㎝あったという話に、中学生からは一様のどよめきが起こりました。みんな、身体を大きくしたい、背が高くなりたいという切なる願いがあるようです。

    1500IMG_9397.jpg

     狩野「お肉が大好きで、もりもり食べていました。 高校時代に大きな怪我をしてしまいました。それをきっかけに、好き嫌いを克服して苦手な野菜もしっかりたべる食生活に変えました。 」



     竹下「強い身体を作るのは、練習、十分な睡眠、質の高い食事。この三つのバランスに気をつけてください。私の強みは怪我がなかったことなんですよ。」


    参加中学生バレーボール選手の声

    1500IMG_9181.jpg

    閉会の後、がんばったみんなには森永乳業株式会社から乳飲料やアイスクリームが配られました。
    Q:「今日のバレーボール教室に参加して発見したことはありますか?」


    「ネット際でまっすぐジャンプできない原因がわかり、上達のヒントをもらえました。」


    技術指導の質の高さを実感しているようです。オブザーバーとして見学していても、指導は具体的でわかりやすく、丁寧でこまやかだと感じました。


    「世界のブロックの高さにびっくりしました。」


    国際的舞台で活躍したアスリートとの交流は、普段の練習とは一味も二味も違ったようです。今日の経験をよい刺激として、新たな目標が出来たのかもしれません。

    1500IMG_9354.jpg

    「初めての人と練習できたのが、楽しかった。」「知らない人なので緊張したけれど、協力し合ってプレーができました。」という感想も出ていました。


     竹下「バレーボールは、一人でできるスポーツではありません。目配り、気配り、声かけなどコミュニケーション力が必要です。」


    竹下さんのチームワーク作りのポリシーは、ストレートに参加中学生に届いたようです。

    1500IMG_9447.jpg

    「森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、中学生バレーボール選手に夢をあたえるきっかけ作りとして企画しました。」と、竹下佳江さん。
    「答えをもらうのではなく、自分からチャレンジする選手に育ってもらいたいと思います。」

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、株式会社姫路ヴィクトリーナ竹下佳江さんを中心としたトップアスリート達が2016年に結成した「ヴィクトリーナドリームス」の企画第一弾です。森永乳業の協賛のもと2016年から始動し、今回3回目となるツアーオブバレーボールは北海道から沖縄までの全国22箇所で展開されます。

    森永乳業杯ツアーオブバレーボールの様子

    1500IMG_9189.jpg

    皮切りの姫路大会が、7月22日(日)兵庫県姫路市立置塩中学校で開催されました。 この日、姫路市内から集まった中学生バレーボール部員は、16校164人。指導に駆けつけた竹下佳江さん、井上香織さん、狩野舞子さんを前に、頬を高潮させ目をキラキラさせています。

    1500IMG_9160.jpg

    最初に生徒たちは、ランダムに9人から10人のグループに分けられます。ウォーミングアップからはじまって、アタック、ブロックといった実質的な練習。小休憩をはさんで、後半はチーム対抗のトーナメント戦が繰り広げられました。

    1500IMG_9324.jpg

    中学生優勝チームVSヴィクトリーナドリームスの夢のファイナルゲームです。
    結果は、意外や意外!3点先行した中学生チームがそのまま逃げ切り形で、ヴィクトリーナドリームスチームを下しました。

    ヴィクトリーナドリームスとの交流

    1500IMG_9383.jpg

    教室終了後の交流の場では、国際舞台で活躍したバレーボーラーへ、中学生らしい質問が飛び出しました。

    1500IMG_9408.jpg

    Q:「竹下さんのような名セッターになるには、どんな練習が必要ですか?」


     竹下「小、中、高校とバレーボールに熱中してきましたが、練習のやりすぎは禁物です。やる時はやる、休むときは休むというオンオフのメリハリをつけてください。」


    1500IMG_9385.jpg

    身長182㎝の井上さん。牛乳が大好きで中学生の頃は、一日1ℓ飲んでいたそうです。
    狩野さんは身長184㎝。中学3年生の時すでに182㎝あったという話に、中学生からは一様のどよめきが起こりました。みんな、身体を大きくしたい、背が高くなりたいという切なる願いがあるようです。

    1500IMG_9397.jpg

     狩野「お肉が大好きで、もりもり食べていました。 高校時代に大きな怪我をしてしまいました。それをきっかけに、好き嫌いを克服して苦手な野菜もしっかりたべる食生活に変えました。 」



     竹下「強い身体を作るのは、練習、十分な睡眠、質の高い食事。この三つのバランスに気をつけてください。私の強みは怪我がなかったことなんですよ。」


    参加中学生バレーボール選手の声

    1500IMG_9181.jpg

    閉会の後、がんばったみんなには森永乳業株式会社から乳飲料やアイスクリームが配られました。
    Q:「今日のバレーボール教室に参加して発見したことはありますか?」


    「ネット際でまっすぐジャンプできない原因がわかり、上達のヒントをもらえました。」


    技術指導の質の高さを実感しているようです。オブザーバーとして見学していても、指導は具体的でわかりやすく、丁寧でこまやかだと感じました。


    「世界のブロックの高さにびっくりしました。」


    国際的舞台で活躍したアスリートとの交流は、普段の練習とは一味も二味も違ったようです。今日の経験をよい刺激として、新たな目標が出来たのかもしれません。

    1500IMG_9354.jpg

    「初めての人と練習できたのが、楽しかった。」「知らない人なので緊張したけれど、協力し合ってプレーができました。」という感想も出ていました。


     竹下「バレーボールは、一人でできるスポーツではありません。目配り、気配り、声かけなどコミュニケーション力が必要です。」


    竹下さんのチームワーク作りのポリシーは、ストレートに参加中学生に届いたようです。

    1500IMG_9447.jpg

    「森永乳業杯ツアーオブバレーボールは、中学生バレーボール選手に夢をあたえるきっかけ作りとして企画しました。」と、竹下佳江さん。
    「答えをもらうのではなく、自分からチャレンジする選手に育ってもらいたいと思います。」

    森永乳业杯排球分站赛,是由株式会社姬路维克多利娜的竹下佳江等顶级运动员组成的“胜利梦之队”的第一个计划,由森永乳业赞助,从2016年开始 ,本次是第三届,排球巡回赛将在全国从北海道到冲绳的22个地点进行。

    森永乳业杯排球分站赛的实况

    1500IMG_9189.jpg

    第一站的姬路比赛于7月22日(周日)在兵库县姬路市立置盐中学举行。 这一天,从姬路市各地来了16所学校的164名初中排球成员。 忙于指导的竹下佳江女士,井上香织女士和狩野舞子女士,脸颊泛红,眼神明亮。

    1500IMG_9160.jpg

    最初,学生被随机分成9到10人的小组。 从热身开始,进行实际练习,如扣球和拦网。 中间小休息之后,后半场进行了各球队对阵的淘汰赛。

    1500IMG_9324.jpg

    决赛由初中生胜出的队,对阵维克多立娜梦之队。
    结果出乎意料之外! 初学三年级学生团队在开场领先了三分,并且保持这一优势直到终场,战胜了维克多立娜梦之队。

    与维克多立娜梦之队的互动

    1500IMG_9383.jpg

    在课堂结束后的交流活动中,初中生式的问题,抛给了活跃于国际舞台的排球运动员们。

    1500IMG_9408.jpg

    Q:“需要什么样的练习,才能成为像竹下这样的名二传手?”


     竹下:“我从小学,中学,高中一直迷恋排球,但我不支持做过多练习。请明确保持一张一弛,该练习时练习,该休息时休息。”


    1500IMG_9385.jpg

    井上女士身高182厘米。 因为爱喝牛奶,听说还是初中生时,她每天能喝1升。 狩野女士身高184厘米。 听到她在初三时已经有182厘米高,初中生们不约而同出声称奇。 似乎每个人都想长得更高。

    1500IMG_9397.jpg

     狩野:“我喜欢吃肉,饭量很好,高中时期我受过重伤,以其为契机我决心克服自己的好恶,克服了我不喜欢的蔬菜,养成了良好饮食习惯。”



     竹下:“要拥有强壮的身体,练习,充足的睡眠,高质量的饭菜,请注意这三点的平衡,我的强势是不会受伤。”


    参赛初中学生排球运动员的心声

    1500IMG_9181.jpg

    比赛结束后,森永乳制品有限公司向努力比赛的每位选手分发了牛奶饮料和冰淇淋。
    问:“你参加今天的排球课后,有何新发现?”


    “我找到原因为何我在网前垂直起跳做的不好,我得到了进步的窍门。”


    大家似乎意识到了技术指导的高质量。 即使作为观察者,我也觉得教学既具体,又易于理解,令人感受到和蔼与细腻。


    “我对这个世界级别的拦网高度感到惊讶。”


    与活跃在国际舞台上的运动员的互动,似乎与普通的练习大有不同。 凭借今天获得的良好刺体经验,它可能是一个新目标的开始。

    1500IMG_9354.jpg

    “我很高兴能和新朋友练习。”“我很紧张,因为这是与陌生人一起,但我们合作成功了。”感想如此。


     竹下:“排球不是一项个人的运动,你需要沟通技巧,如观察力,对队友的注意,互相呼叫等。”


    竹下女士的组队方针,似乎直接传达给了参赛的初中学生。

    1500IMG_9447.jpg

    “森永乳业杯排球分站赛的计划,是为了让初中排球运动员拥有一个梦想。”竹下佳江说,
    “不仅只会完成任务,还能挑战自己球员,是我们希望培养的目标。”

    森永乳業杯排球分站賽,是由株式會社姬路維克多利娜的竹下佳江等頂級運動員組成的“勝利夢之隊”的第一個計劃,由森永乳業贊助,從2016年開始,本次是第三屆,排球巡迴賽將在全國從北海道到沖繩的22個地點進行。

    森永乳業杯排球分站賽的實況

    1500IMG_9189.jpg

    第一站的姬路比賽於7月22日(週日)在兵庫縣姬路市立置鹽中學舉行。這一天,從姬路市各地來了16所學校的164名初中排球成員。忙於指導的竹下佳江女士,井上香織女士和狩野舞子女士,臉頰泛紅,眼神明亮。

    1500IMG_9160.jpg

    最初,學生被隨機分成9到10人的小組。從熱身開始,進行實際練習,如扣球和攔網。中間小休息之後,後半場進行了各球隊對陣的淘汰賽。

    1500IMG_9324.jpg

    決賽由初中生勝出的隊,對陣維克多立娜夢之隊。
    結果出乎意料之外!初學三年級學生團隊在開場領先了三分,並且保持這一優勢直到終場,戰勝了維克多立娜夢之隊。

    與維克多立娜夢之隊的互動

    1500IMG_9383.jpg

    在課堂結束後的交流活動中,初中生式的問題,拋給了活躍於國際舞台的排球運動員們。

    1500IMG_9408.jpg

    Q:“需要什麼樣的練習,才能成為像竹下這樣的名二傳手?”


     竹下:“我從小學,中學,高中一直迷戀排球,但我不支持做過多練習。請明確保持一張一弛,該練習時練習,該休息時休息。”


    1500IMG_9385.jpg

    井上女士身高182厘米。因為愛喝牛奶,聽說還是初中生時,她每天能喝1升。狩野女士身高184厘米。聽到她在初三時已經有182厘米高,初中生們不約而同出聲稱奇。似乎每個人都想長得更高。

    1500IMG_9397.jpg

     狩野:“我喜歡吃肉,飯量很好,高中時期我受過重傷,以其為契機我決心克服自己的好惡,克服了我不喜歡的蔬菜,養成了良好飲食習慣。”



     竹下:“要擁有強壯的身體,練習,充足的睡眠,高質量的飯菜,請注意這三點的平衡,我的強勢是不會受傷。”


    參賽初中學生排球運動員的心聲

    1500IMG_9181.jpg

    比賽結束後,森永乳製品有限公司向努力比賽的每位選手分發了牛奶飲料和冰淇淋。
    問:“你參加今天的排球課後,有何新發現?”


    “我找到原因為何我在網前垂直起跳做的不好,我得到了進步的竅門。”


    大家似乎意識到了技術指導的高質量。即使作為觀察者,我也覺得教學既具體,又易於理解,令人感受到和藹與細膩。


    “我對這個世界級別的攔網高度感到驚訝。”


    與活躍在國際舞台上的運動員的互動,似乎與普通的練習大有不同。憑藉今天獲得的良好刺體經驗,它可能是一個新目標的開始。

    1500IMG_9354.jpg

    “我很高興能和新朋友練習。 ”“我很緊張,因為這是與陌生人一起,但我們合作成功了。 ”感想如此。


     竹下:“排球不是一項個人的運動,你需要溝通技巧,如觀察力,對隊友的注意,互相呼叫等。”


    竹下女士的組隊方針,似乎直接傳達給了參賽的初中學生。

    1500IMG_9447.jpg

    “森永乳業杯排球分站賽的計劃,是為了讓初中排球運動員擁有一個夢想。 ”竹下佳江說,
    “不僅只會完成任務,還能挑戰自己球員,是我們希望培養的目標。”

    よかった
    0
    ふつう
    0
    いまいち
    0
      播磨 極旨ラーメン決定戦 投票受付中!
      みたいにゃメンバーズ募集中!