【コンサートレポート】姫路労音プラハ・チェロ・カルテット

【コンサートレポート】姫路労音プラハ・チェロ・カルテット
目次

    姫路労音主催の例会「プラハ・チェロ・カルテット」コンサートに行ってきました。
    場所は姫路市文化センター小ホール。およそ500人収容の会場は、ほぼ満席でした。
    第1部はクラシック、第2部は映画ミュージックやポピュラーのプログラムです。

    第一部で演奏されるドビュッシー「月の光」、モーツアルトのソナタ・ケッフェル331第3楽章の「トルコ行進曲」、ヴェートーベン「月光」はすべてピアノ曲です。
    これらをチェロという弦楽器でどのように表現するのかに期待は高鳴るばかり。
    長いフレーズのピチカートやハーモニクスなど技術的表現も巧みなのですが、斬新な編曲はまさに「新感覚」。
    これが世界中からオファーが絶えないプラハ・チェロ・カルテットの魅力なのですね。

    2部では、客席を巻き込んだり、楽器のボディをパーカッションに使ったりといったパフォーマンスでステージを盛り上げます。
    ギターのようにチェロを横抱きにして演奏する奇行やコミカルな演出も洗練されていてエレガントさを感じました。
    1985年から1988年生まれの4人組は、大人の色気が漂うイケメンぞろい。
    帰りの車の中では、誰がタイプかという話題に集中する姫路みたい編集部員でした。
    かなりミーハーに徹した感はありますが、心から楽しめるカジュアルなプラハ・チェロ・カルテット・コンサートでした。

    姫路勤労者音楽協議会、通称「姫路労音」の会員数はあと5人でちょうど500人になります。
    会員になると労音主催のコンサートが一般料金よりリーズナブルになるのはもちろんです。
    労音会員がつくる様々なサークルや合唱団に参加できます。
    そこには新しい仲間との出会いがあり、行動の幅が広がります。
    より充実した毎日が送れると労音会員は口をそろえます。興味を持ったら、労音事務局に問い合わせてみましょう。


    団体名store 姫路勤労者音楽協議会
    住所place 兵庫県姫路市北条口3丁目5 みどりビル1F MAP
    電話番号phone 079-288-6600
    フェースブックlink 姫路労音facebook

    姫路労音主催の例会「プラハ・チェロ・カルテット」コンサートに行ってきました。
    場所は姫路市文化センター小ホール。およそ500人収容の会場は、ほぼ満席でした。
    第1部はクラシック、第2部は映画ミュージックやポピュラーのプログラムです。

    第一部で演奏されるドビュッシー「月の光」、モーツアルトのソナタ・ケッフェル331第3楽章の「トルコ行進曲」、ヴェートーベン「月光」はすべてピアノ曲です。
    これらをチェロという弦楽器でどのように表現するのかに期待は高鳴るばかり。
    長いフレーズのピチカートやハーモニクスなど技術的表現も巧みなのですが、斬新な編曲はまさに「新感覚」。
    これが世界中からオファーが絶えないプラハ・チェロ・カルテットの魅力なのですね。

    2部では、客席を巻き込んだり、楽器のボディをパーカッションに使ったりといったパフォーマンスでステージを盛り上げます。
    ギターのようにチェロを横抱きにして演奏する奇行やコミカルな演出も洗練されていてエレガントさを感じました。
    1985年から1988年生まれの4人組は、大人の色気が漂うイケメンぞろい。
    帰りの車の中では、誰がタイプかという話題に集中する姫路みたい編集部員でした。
    かなりミーハーに徹した感はありますが、心から楽しめるカジュアルなプラハ・チェロ・カルテット・コンサートでした。

    姫路勤労者音楽協議会、通称「姫路労音」の会員数はあと5人でちょうど500人になります。
    会員になると労音主催のコンサートが一般料金よりリーズナブルになるのはもちろんです。
    労音会員がつくる様々なサークルや合唱団に参加できます。
    そこには新しい仲間との出会いがあり、行動の幅が広がります。
    より充実した毎日が送れると労音会員は口をそろえます。興味を持ったら、労音事務局に問い合わせてみましょう。


    団体名store 姫路勤労者音楽協議会
    住所place 兵庫県姫路市北条口3丁目5 みどりビル1F MAP
    電話番号phone 079-288-6600
    フェースブックlink 姫路労音facebook

    姫路労音主催の例会「プラハ・チェロ・カルテット」コンサートに行ってきました。
    場所は姫路市文化センター小ホール。およそ500人収容の会場は、ほぼ満席でした。
    第1部はクラシック、第2部は映画ミュージックやポピュラーのプログラムです。

    第一部で演奏されるドビュッシー「月の光」、モーツアルトのソナタ・ケッフェル331第3楽章の「トルコ行進曲」、ヴェートーベン「月光」はすべてピアノ曲です。
    これらをチェロという弦楽器でどのように表現するのかに期待は高鳴るばかり。
    長いフレーズのピチカートやハーモニクスなど技術的表現も巧みなのですが、斬新な編曲はまさに「新感覚」。
    これが世界中からオファーが絶えないプラハ・チェロ・カルテットの魅力なのですね。

    2部では、客席を巻き込んだり、楽器のボディをパーカッションに使ったりといったパフォーマンスでステージを盛り上げます。
    ギターのようにチェロを横抱きにして演奏する奇行やコミカルな演出も洗練されていてエレガントさを感じました。
    1985年から1988年生まれの4人組は、大人の色気が漂うイケメンぞろい。
    帰りの車の中では、誰がタイプかという話題に集中する姫路みたい編集部員でした。
    かなりミーハーに徹した感はありますが、心から楽しめるカジュアルなプラハ・チェロ・カルテット・コンサートでした。

    姫路勤労者音楽協議会、通称「姫路労音」の会員数はあと5人でちょうど500人になります。
    会員になると労音主催のコンサートが一般料金よりリーズナブルになるのはもちろんです。
    労音会員がつくる様々なサークルや合唱団に参加できます。
    そこには新しい仲間との出会いがあり、行動の幅が広がります。
    より充実した毎日が送れると労音会員は口をそろえます。興味を持ったら、労音事務局に問い合わせてみましょう。


    団体名store 姫路勤労者音楽協議会
    住所place 兵庫県姫路市北条口3丁目5 みどりビル1F MAP
    電話番号phone 079-288-6600
    フェースブックlink 姫路労音facebook

    姫路労音主催の例会「プラハ・チェロ・カルテット」コンサートに行ってきました。
    場所は姫路市文化センター小ホール。およそ500人収容の会場は、ほぼ満席でした。
    第1部はクラシック、第2部は映画ミュージックやポピュラーのプログラムです。

    第一部で演奏されるドビュッシー「月の光」、モーツアルトのソナタ・ケッフェル331第3楽章の「トルコ行進曲」、ヴェートーベン「月光」はすべてピアノ曲です。
    これらをチェロという弦楽器でどのように表現するのかに期待は高鳴るばかり。
    長いフレーズのピチカートやハーモニクスなど技術的表現も巧みなのですが、斬新な編曲はまさに「新感覚」。
    これが世界中からオファーが絶えないプラハ・チェロ・カルテットの魅力なのですね。

    2部では、客席を巻き込んだり、楽器のボディをパーカッションに使ったりといったパフォーマンスでステージを盛り上げます。
    ギターのようにチェロを横抱きにして演奏する奇行やコミカルな演出も洗練されていてエレガントさを感じました。
    1985年から1988年生まれの4人組は、大人の色気が漂うイケメンぞろい。
    帰りの車の中では、誰がタイプかという話題に集中する姫路みたい編集部員でした。
    かなりミーハーに徹した感はありますが、心から楽しめるカジュアルなプラハ・チェロ・カルテット・コンサートでした。

    姫路勤労者音楽協議会、通称「姫路労音」の会員数はあと5人でちょうど500人になります。
    会員になると労音主催のコンサートが一般料金よりリーズナブルになるのはもちろんです。
    労音会員がつくる様々なサークルや合唱団に参加できます。
    そこには新しい仲間との出会いがあり、行動の幅が広がります。
    より充実した毎日が送れると労音会員は口をそろえます。興味を持ったら、労音事務局に問い合わせてみましょう。


    団体名store 姫路勤労者音楽協議会
    住所place 兵庫県姫路市北条口3丁目5 みどりビル1F MAP
    電話番号phone 079-288-6600
    フェースブックlink 姫路労音facebook

    姫路労音主催の例会「プラハ・チェロ・カルテット」コンサートに行ってきました。
    場所は姫路市文化センター小ホール。およそ500人収容の会場は、ほぼ満席でした。
    第1部はクラシック、第2部は映画ミュージックやポピュラーのプログラムです。

    第一部で演奏されるドビュッシー「月の光」、モーツアルトのソナタ・ケッフェル331第3楽章の「トルコ行進曲」、ヴェートーベン「月光」はすべてピアノ曲です。
    これらをチェロという弦楽器でどのように表現するのかに期待は高鳴るばかり。
    長いフレーズのピチカートやハーモニクスなど技術的表現も巧みなのですが、斬新な編曲はまさに「新感覚」。
    これが世界中からオファーが絶えないプラハ・チェロ・カルテットの魅力なのですね。

    2部では、客席を巻き込んだり、楽器のボディをパーカッションに使ったりといったパフォーマンスでステージを盛り上げます。
    ギターのようにチェロを横抱きにして演奏する奇行やコミカルな演出も洗練されていてエレガントさを感じました。
    1985年から1988年生まれの4人組は、大人の色気が漂うイケメンぞろい。
    帰りの車の中では、誰がタイプかという話題に集中する姫路みたい編集部員でした。
    かなりミーハーに徹した感はありますが、心から楽しめるカジュアルなプラハ・チェロ・カルテット・コンサートでした。

    姫路勤労者音楽協議会、通称「姫路労音」の会員数はあと5人でちょうど500人になります。
    会員になると労音主催のコンサートが一般料金よりリーズナブルになるのはもちろんです。
    労音会員がつくる様々なサークルや合唱団に参加できます。
    そこには新しい仲間との出会いがあり、行動の幅が広がります。
    より充実した毎日が送れると労音会員は口をそろえます。興味を持ったら、労音事務局に問い合わせてみましょう。


    団体名store 姫路勤労者音楽協議会
    住所place 兵庫県姫路市北条口3丁目5 みどりビル1F MAP
    電話番号phone 079-288-6600
    フェースブックlink 姫路労音facebook
    よかった
    0
    ふつう
    0
    いまいち
    0
      播磨 極旨ラーメン決定戦 投票受付中!
      みたいにゃメンバーズ募集中!