【ハーブ展】2018年5月12日から27日@姫路市立手柄山温室植物園

【ハーブ展】2018年5月12日から27日@姫路市立手柄山温室植物園
目次
    カモミール.jpg

    ハーブとの出会いは18世紀英国の田舎町を描いた絵本でした。
    お腹をこわしたピーターのためにお母さんウサギがカミツレを煎じるワンシーンがあります。
    カミツレはカモミールの和名です。
    リラックスや安眠を誘う効果で知られていますが、胃腸をととのえたり消炎をうながしたりするハーブなのです。
    身体をあたためる作用は婦人病の予防にも適しているといわれ、マザーズハーブという別名があります。

    知っているようで知らない、もっと知りたいハーブの効用や利用方法、種類が一挙にわかるのが手柄山温室植物園のハーブ展です。
    ハーブの研究に真正面からとりくむ「香寺ハーブ・ガーデン」の協賛で実現した待望のイベント。
    日本原産のハーブを含め50種200点が展示されます。
    期間は5月12日(土)から5月27日(日)まで。
    5月20日(日)と5月27日(日)の14時からミニ講習会がひらかれます。
    事前の予約は必要無く、入園された方は無料で参加できる企画です。
    ミニ講習会の機会を利用してハーブの知識を深めてみてはいかがでしょうか?
    園内レストハウス「花の家」では、ハーブの販売もあります。

    オープンカフェ.jpg  

    ハーブ展開催中の週末は、香寺ハーブ・ガーデンからハーブティが無料で提供されます。
    土曜日3種類、日曜日3種類、それぞれ違ったハーブティが試飲できます。
    あなたにぴったりのハーブティを探せるチャンスです。
    植物園のデッキテラスで、新緑を眺めながらお楽しみください。

    ハーブを練りこんだ自家製パンをご一緒にいかがですか?
    姫路市夢前町の水辺の夢テラス山之内でも販売しているパンです。
    ハーブの存在感たっぷりでハーブ好きにはたまらない銘品です。
    子供のファンが多いのは、バランス感がいいからなのかもしれません。お子さんは味を素直にジャッジしますよね。

    オープンカフェ開催日は下記の6日間です。
    5月12日(土)、5月13日(日)
    5月19日(土)、5月20日(日)
    5月26日(土)、5月27日(日)

    ハーブはバビロニア時代から薬草として用いられていたそうです。
    4000年以上受けつがれてきた最も歴史の長い民間薬といえるでしょう。
    個性的な香りを特徴にするハーブがたくさんあります。
    これはハーブの香りが魔よけになると信仰されたヨーロッパ中世時代の影響があるのかもしれません。
    ハーブを魔よけに使う現代人はいないと思いますが、心や身体にプラスの働きかけをするようです。
    精神を安定させ生命体としての機能を正常化する作用は、苦難の魔よけかもしれませんね。


      姫路市立手柄山温室植物園 ハーブ展
    ・開催期間
     2018年5月12日(土)~5月27日(日)
    ・開園時間
     9:00~17:00(入園16:30まで)
    ・休園日
     毎週金曜日
    ・入園料
     大人200円 子供100円
    ・住所
     兵庫県姫路市手柄93番地
    MAP
    ・電話番号
     079-296-4300
    ・アクセス
     山陽電車:手柄駅下車 徒歩約10分
     神姫バス:JR姫路駅北口1番のりば94系 手柄山中央公園口下車、徒歩約5分
    ・駐車場
     植物園前駐車場26台 1回200円
     満車の場合は近隣の公営駐車場利用
    カモミール.jpg

    ハーブとの出会いは18世紀英国の田舎町を描いた絵本でした。
    お腹をこわしたピーターのためにお母さんウサギがカミツレを煎じるワンシーンがあります。
    カミツレはカモミールの和名です。
    リラックスや安眠を誘う効果で知られていますが、胃腸をととのえたり消炎をうながしたりするハーブなのです。
    身体をあたためる作用は婦人病の予防にも適しているといわれ、マザーズハーブという別名があります。

    知っているようで知らない、もっと知りたいハーブの効用や利用方法、種類が一挙にわかるのが手柄山温室植物園のハーブ展です。
    ハーブの研究に真正面からとりくむ「香寺ハーブ・ガーデン」の協賛で実現した待望のイベント。
    日本原産のハーブを含め50種200点が展示されます。
    期間は5月12日(土)から5月27日(日)まで。
    5月20日(日)と5月27日(日)の14時からミニ講習会がひらかれます。
    事前の予約は必要無く、入園された方は無料で参加できる企画です。
    ミニ講習会の機会を利用してハーブの知識を深めてみてはいかがでしょうか?
    園内レストハウス「花の家」では、ハーブの販売もあります。

    オープンカフェ.jpg  

    ハーブ展開催中の週末は、香寺ハーブ・ガーデンからハーブティが無料で提供されます。
    土曜日3種類、日曜日3種類、それぞれ違ったハーブティが試飲できます。
    あなたにぴったりのハーブティを探せるチャンスです。
    植物園のデッキテラスで、新緑を眺めながらお楽しみください。

    ハーブを練りこんだ自家製パンをご一緒にいかがですか?
    姫路市夢前町の水辺の夢テラス山之内でも販売しているパンです。
    ハーブの存在感たっぷりでハーブ好きにはたまらない銘品です。
    子供のファンが多いのは、バランス感がいいからなのかもしれません。お子さんは味を素直にジャッジしますよね。

    オープンカフェ開催日は下記の6日間です。
    5月12日(土)、5月13日(日)
    5月19日(土)、5月20日(日)
    5月26日(土)、5月27日(日)

    ハーブはバビロニア時代から薬草として用いられていたそうです。
    4000年以上受けつがれてきた最も歴史の長い民間薬といえるでしょう。
    個性的な香りを特徴にするハーブがたくさんあります。
    これはハーブの香りが魔よけになると信仰されたヨーロッパ中世時代の影響があるのかもしれません。
    ハーブを魔よけに使う現代人はいないと思いますが、心や身体にプラスの働きかけをするようです。
    精神を安定させ生命体としての機能を正常化する作用は、苦難の魔よけかもしれませんね。


      姫路市立手柄山温室植物園 ハーブ展
    ・開催期間
     2018年5月12日(土)~5月27日(日)
    ・開園時間
     9:00~17:00(入園16:30まで)
    ・休園日
     毎週金曜日
    ・入園料
     大人200円 子供100円
    ・住所
     兵庫県姫路市手柄93番地
    MAP
    ・電話番号
     079-296-4300
    ・アクセス
     山陽電車:手柄駅下車 徒歩約10分
     神姫バス:JR姫路駅北口1番のりば94系 手柄山中央公園口下車、徒歩約5分
    ・駐車場
     植物園前駐車場26台 1回200円
     満車の場合は近隣の公営駐車場利用
    カモミール.jpg

    ハーブとの出会いは18世紀英国の田舎町を描いた絵本でした。
    お腹をこわしたピーターのためにお母さんウサギがカミツレを煎じるワンシーンがあります。
    カミツレはカモミールの和名です。
    リラックスや安眠を誘う効果で知られていますが、胃腸をととのえたり消炎をうながしたりするハーブなのです。
    身体をあたためる作用は婦人病の予防にも適しているといわれ、マザーズハーブという別名があります。

    知っているようで知らない、もっと知りたいハーブの効用や利用方法、種類が一挙にわかるのが手柄山温室植物園のハーブ展です。
    ハーブの研究に真正面からとりくむ「香寺ハーブ・ガーデン」の協賛で実現した待望のイベント。
    日本原産のハーブを含め50種200点が展示されます。
    期間は5月12日(土)から5月27日(日)まで。
    5月20日(日)と5月27日(日)の14時からミニ講習会がひらかれます。
    事前の予約は必要無く、入園された方は無料で参加できる企画です。
    ミニ講習会の機会を利用してハーブの知識を深めてみてはいかがでしょうか?
    園内レストハウス「花の家」では、ハーブの販売もあります。

    オープンカフェ.jpg  

    ハーブ展開催中の週末は、香寺ハーブ・ガーデンからハーブティが無料で提供されます。
    土曜日3種類、日曜日3種類、それぞれ違ったハーブティが試飲できます。
    あなたにぴったりのハーブティを探せるチャンスです。
    植物園のデッキテラスで、新緑を眺めながらお楽しみください。

    ハーブを練りこんだ自家製パンをご一緒にいかがですか?
    姫路市夢前町の水辺の夢テラス山之内でも販売しているパンです。
    ハーブの存在感たっぷりでハーブ好きにはたまらない銘品です。
    子供のファンが多いのは、バランス感がいいからなのかもしれません。お子さんは味を素直にジャッジしますよね。

    オープンカフェ開催日は下記の6日間です。
    5月12日(土)、5月13日(日)
    5月19日(土)、5月20日(日)
    5月26日(土)、5月27日(日)

    ハーブはバビロニア時代から薬草として用いられていたそうです。
    4000年以上受けつがれてきた最も歴史の長い民間薬といえるでしょう。
    個性的な香りを特徴にするハーブがたくさんあります。
    これはハーブの香りが魔よけになると信仰されたヨーロッパ中世時代の影響があるのかもしれません。
    ハーブを魔よけに使う現代人はいないと思いますが、心や身体にプラスの働きかけをするようです。
    精神を安定させ生命体としての機能を正常化する作用は、苦難の魔よけかもしれませんね。


      姫路市立手柄山温室植物園 ハーブ展
    ・開催期間
     2018年5月12日(土)~5月27日(日)
    ・開園時間
     9:00~17:00(入園16:30まで)
    ・休園日
     毎週金曜日
    ・入園料
     大人200円 子供100円
    ・住所
     兵庫県姫路市手柄93番地
    MAP
    ・電話番号
     079-296-4300
    ・アクセス
     山陽電車:手柄駅下車 徒歩約10分
     神姫バス:JR姫路駅北口1番のりば94系 手柄山中央公園口下車、徒歩約5分
    ・駐車場
     植物園前駐車場26台 1回200円
     満車の場合は近隣の公営駐車場利用
    カモミール.jpg

    ハーブとの出会いは18世紀英国の田舎町を描いた絵本でした。
    お腹をこわしたピーターのためにお母さんウサギがカミツレを煎じるワンシーンがあります。
    カミツレはカモミールの和名です。
    リラックスや安眠を誘う効果で知られていますが、胃腸をととのえたり消炎をうながしたりするハーブなのです。
    身体をあたためる作用は婦人病の予防にも適しているといわれ、マザーズハーブという別名があります。

    知っているようで知らない、もっと知りたいハーブの効用や利用方法、種類が一挙にわかるのが手柄山温室植物園のハーブ展です。
    ハーブの研究に真正面からとりくむ「香寺ハーブ・ガーデン」の協賛で実現した待望のイベント。
    日本原産のハーブを含め50種200点が展示されます。
    期間は5月12日(土)から5月27日(日)まで。
    5月20日(日)と5月27日(日)の14時からミニ講習会がひらかれます。
    事前の予約は必要無く、入園された方は無料で参加できる企画です。
    ミニ講習会の機会を利用してハーブの知識を深めてみてはいかがでしょうか?
    園内レストハウス「花の家」では、ハーブの販売もあります。

    オープンカフェ.jpg  

    ハーブ展開催中の週末は、香寺ハーブ・ガーデンからハーブティが無料で提供されます。
    土曜日3種類、日曜日3種類、それぞれ違ったハーブティが試飲できます。
    あなたにぴったりのハーブティを探せるチャンスです。
    植物園のデッキテラスで、新緑を眺めながらお楽しみください。

    ハーブを練りこんだ自家製パンをご一緒にいかがですか?
    姫路市夢前町の水辺の夢テラス山之内でも販売しているパンです。
    ハーブの存在感たっぷりでハーブ好きにはたまらない銘品です。
    子供のファンが多いのは、バランス感がいいからなのかもしれません。お子さんは味を素直にジャッジしますよね。

    オープンカフェ開催日は下記の6日間です。
    5月12日(土)、5月13日(日)
    5月19日(土)、5月20日(日)
    5月26日(土)、5月27日(日)

    ハーブはバビロニア時代から薬草として用いられていたそうです。
    4000年以上受けつがれてきた最も歴史の長い民間薬といえるでしょう。
    個性的な香りを特徴にするハーブがたくさんあります。
    これはハーブの香りが魔よけになると信仰されたヨーロッパ中世時代の影響があるのかもしれません。
    ハーブを魔よけに使う現代人はいないと思いますが、心や身体にプラスの働きかけをするようです。
    精神を安定させ生命体としての機能を正常化する作用は、苦難の魔よけかもしれませんね。


      姫路市立手柄山温室植物園 ハーブ展
    ・開催期間
     2018年5月12日(土)~5月27日(日)
    ・開園時間
     9:00~17:00(入園16:30まで)
    ・休園日
     毎週金曜日
    ・入園料
     大人200円 子供100円
    ・住所
     兵庫県姫路市手柄93番地
    MAP
    ・電話番号
     079-296-4300
    ・アクセス
     山陽電車:手柄駅下車 徒歩約10分
     神姫バス:JR姫路駅北口1番のりば94系 手柄山中央公園口下車、徒歩約5分
    ・駐車場
     植物園前駐車場26台 1回200円
     満車の場合は近隣の公営駐車場利用
    カモミール.jpg

    ハーブとの出会いは18世紀英国の田舎町を描いた絵本でした。
    お腹をこわしたピーターのためにお母さんウサギがカミツレを煎じるワンシーンがあります。
    カミツレはカモミールの和名です。
    リラックスや安眠を誘う効果で知られていますが、胃腸をととのえたり消炎をうながしたりするハーブなのです。
    身体をあたためる作用は婦人病の予防にも適しているといわれ、マザーズハーブという別名があります。

    知っているようで知らない、もっと知りたいハーブの効用や利用方法、種類が一挙にわかるのが手柄山温室植物園のハーブ展です。
    ハーブの研究に真正面からとりくむ「香寺ハーブ・ガーデン」の協賛で実現した待望のイベント。
    日本原産のハーブを含め50種200点が展示されます。
    期間は5月12日(土)から5月27日(日)まで。
    5月20日(日)と5月27日(日)の14時からミニ講習会がひらかれます。
    事前の予約は必要無く、入園された方は無料で参加できる企画です。
    ミニ講習会の機会を利用してハーブの知識を深めてみてはいかがでしょうか?
    園内レストハウス「花の家」では、ハーブの販売もあります。

    オープンカフェ.jpg  

    ハーブ展開催中の週末は、香寺ハーブ・ガーデンからハーブティが無料で提供されます。
    土曜日3種類、日曜日3種類、それぞれ違ったハーブティが試飲できます。
    あなたにぴったりのハーブティを探せるチャンスです。
    植物園のデッキテラスで、新緑を眺めながらお楽しみください。

    ハーブを練りこんだ自家製パンをご一緒にいかがですか?
    姫路市夢前町の水辺の夢テラス山之内でも販売しているパンです。
    ハーブの存在感たっぷりでハーブ好きにはたまらない銘品です。
    子供のファンが多いのは、バランス感がいいからなのかもしれません。お子さんは味を素直にジャッジしますよね。

    オープンカフェ開催日は下記の6日間です。
    5月12日(土)、5月13日(日)
    5月19日(土)、5月20日(日)
    5月26日(土)、5月27日(日)

    ハーブはバビロニア時代から薬草として用いられていたそうです。
    4000年以上受けつがれてきた最も歴史の長い民間薬といえるでしょう。
    個性的な香りを特徴にするハーブがたくさんあります。
    これはハーブの香りが魔よけになると信仰されたヨーロッパ中世時代の影響があるのかもしれません。
    ハーブを魔よけに使う現代人はいないと思いますが、心や身体にプラスの働きかけをするようです。
    精神を安定させ生命体としての機能を正常化する作用は、苦難の魔よけかもしれませんね。


      姫路市立手柄山温室植物園 ハーブ展
    ・開催期間
     2018年5月12日(土)~5月27日(日)
    ・開園時間
     9:00~17:00(入園16:30まで)
    ・休園日
     毎週金曜日
    ・入園料
     大人200円 子供100円
    ・住所
     兵庫県姫路市手柄93番地
    MAP
    ・電話番号
     079-296-4300
    ・アクセス
     山陽電車:手柄駅下車 徒歩約10分
     神姫バス:JR姫路駅北口1番のりば94系 手柄山中央公園口下車、徒歩約5分
    ・駐車場
     植物園前駐車場26台 1回200円
     満車の場合は近隣の公営駐車場利用
      みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
      みたいにゃメンバーズ募集中!