【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里
目次

    【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

    1000野外カフェ_かかしの里.jpg

    写真: 2017年秋に開催された野外カフェの様子(提供:奥播磨かかしの里)



    奥播磨かかしの里に、春がやってきました。
    2018年4月7日(土)8(日)の二日間、神戸市西区のカフェ・ルーエが出張野外カフェを開催します。
    オープン場所は桜が満開をむかえた「かかしの分校」前の芝生広場。
    林田川面に映る桜のうすくれない色が風情を添えます。

    店名の「ルーエ」はドイツ語で「静寂」を意味する単語です。
    珈琲は丁寧に一杯一杯ハンドドリップで淹れられます。
    清流のせせらぎ、木々をわたるウグイスのさえずり、桜の清々しい香り。
    こころに香る贅沢な珈琲を味わってみましょう。

    2.jpg

    写真:千寿の水(提供:グリーンステーション鹿ヶ壺) かかしの分校前芝生広場

    蛍の生息地として有名な林田川の支流「カニワ口(カニワぐち)渓谷」はかかしの里よりさらに上流になります。
    大雨が降って付近の水がにごっても、この水域は変わらないことで知られています。
    ここに湧出るのが「千寿の水」。水量はとても豊かで、古くから飲用に利用されていました。
    コーヒーを淹れる水には、この名水「千寿の水」が使われます。

    2月10日から開催されている奥播磨かかしの里ひなまつりも4月8日がいよいよファイナル。
    ビッグなかかしの雛人形たちが大集合!ポップなひなまつりを忘れずに覗いておきましょう。


    おさめ

      奥播磨かかしの里 野外カフェ
    ・日時
     2018年4月7日・8日 10:00~15:00
    ・住所
     兵庫県姫路市安富町関
    ・電話番号
     0790-66-3505
    ・アクセス
     ●姫路市内より国道29号線を鳥取方面へ北進約40分
      安志南交差点を右折後直進約10分
     ●大阪から中国自動車道山崎インターまで約1時間30分
      山崎インターから車で約15分
     ●大阪から山陽自動車道姫路西インターまで約1時間10分
      姫路西インターから車で約30分
     ●JR姫路駅から神姫バス「グリーンステーション鹿ヶ壺行き」
      約1時間(終点下車)
    ・駐車場
     専用駐車場有
    ・ホームページ
       ふるさとかかしネットワーク
    ・予告
     次回2018年5月5日こどもの日に開催を予定しています



    【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

    1000野外カフェ_かかしの里.jpg

    写真: 2017年秋に開催された野外カフェの様子(提供:奥播磨かかしの里)



    奥播磨かかしの里に、春がやってきました。
    2018年4月7日(土)8(日)の二日間、神戸市西区のカフェ・ルーエが出張野外カフェを開催します。
    オープン場所は桜が満開をむかえた「かかしの分校」前の芝生広場。
    林田川面に映る桜のうすくれない色が風情を添えます。

    店名の「ルーエ」はドイツ語で「静寂」を意味する単語です。
    珈琲は丁寧に一杯一杯ハンドドリップで淹れられます。
    清流のせせらぎ、木々をわたるウグイスのさえずり、桜の清々しい香り。
    こころに香る贅沢な珈琲を味わってみましょう。

    2.jpg

    写真:千寿の水(提供:グリーンステーション鹿ヶ壺) かかしの分校前芝生広場

    蛍の生息地として有名な林田川の支流「カニワ口(カニワぐち)渓谷」はかかしの里よりさらに上流になります。
    大雨が降って付近の水がにごっても、この水域は変わらないことで知られています。
    ここに湧出るのが「千寿の水」。水量はとても豊かで、古くから飲用に利用されていました。
    コーヒーを淹れる水には、この名水「千寿の水」が使われます。

    2月10日から開催されている奥播磨かかしの里ひなまつりも4月8日がいよいよファイナル。
    ビッグなかかしの雛人形たちが大集合!ポップなひなまつりを忘れずに覗いておきましょう。


    おさめ

      奥播磨かかしの里 野外カフェ
    ・日時
     2018年4月7日・8日 10:00~15:00
    ・住所
     兵庫県姫路市安富町関
    ・電話番号
     0790-66-3505
    ・アクセス
     ●姫路市内より国道29号線を鳥取方面へ北進約40分
      安志南交差点を右折後直進約10分
     ●大阪から中国自動車道山崎インターまで約1時間30分
      山崎インターから車で約15分
     ●大阪から山陽自動車道姫路西インターまで約1時間10分
      姫路西インターから車で約30分
     ●JR姫路駅から神姫バス「グリーンステーション鹿ヶ壺行き」
      約1時間(終点下車)
    ・駐車場
     専用駐車場有
    ・ホームページ
       ふるさとかかしネットワーク
    ・予告
     次回2018年5月5日こどもの日に開催を予定しています



    【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

    1000野外カフェ_かかしの里.jpg

    写真: 2017年秋に開催された野外カフェの様子(提供:奥播磨かかしの里)



    奥播磨かかしの里に、春がやってきました。
    2018年4月7日(土)8(日)の二日間、神戸市西区のカフェ・ルーエが出張野外カフェを開催します。
    オープン場所は桜が満開をむかえた「かかしの分校」前の芝生広場。
    林田川面に映る桜のうすくれない色が風情を添えます。

    店名の「ルーエ」はドイツ語で「静寂」を意味する単語です。
    珈琲は丁寧に一杯一杯ハンドドリップで淹れられます。
    清流のせせらぎ、木々をわたるウグイスのさえずり、桜の清々しい香り。
    こころに香る贅沢な珈琲を味わってみましょう。

    2.jpg

    写真:千寿の水(提供:グリーンステーション鹿ヶ壺) かかしの分校前芝生広場

    蛍の生息地として有名な林田川の支流「カニワ口(カニワぐち)渓谷」はかかしの里よりさらに上流になります。
    大雨が降って付近の水がにごっても、この水域は変わらないことで知られています。
    ここに湧出るのが「千寿の水」。水量はとても豊かで、古くから飲用に利用されていました。
    コーヒーを淹れる水には、この名水「千寿の水」が使われます。

    2月10日から開催されている奥播磨かかしの里ひなまつりも4月8日がいよいよファイナル。
    ビッグなかかしの雛人形たちが大集合!ポップなひなまつりを忘れずに覗いておきましょう。


    おさめ

      奥播磨かかしの里 野外カフェ
    ・日時
     2018年4月7日・8日 10:00~15:00
    ・住所
     兵庫県姫路市安富町関
    ・電話番号
     0790-66-3505
    ・アクセス
     ●姫路市内より国道29号線を鳥取方面へ北進約40分
      安志南交差点を右折後直進約10分
     ●大阪から中国自動車道山崎インターまで約1時間30分
      山崎インターから車で約15分
     ●大阪から山陽自動車道姫路西インターまで約1時間10分
      姫路西インターから車で約30分
     ●JR姫路駅から神姫バス「グリーンステーション鹿ヶ壺行き」
      約1時間(終点下車)
    ・駐車場
     専用駐車場有
    ・ホームページ
       ふるさとかかしネットワーク
    ・予告
     次回2018年5月5日こどもの日に開催を予定しています



    【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

    1000野外カフェ_かかしの里.jpg

    写真: 2017年秋に開催された野外カフェの様子(提供:奥播磨かかしの里)



    奥播磨かかしの里に、春がやってきました。
    2018年4月7日(土)8(日)の二日間、神戸市西区のカフェ・ルーエが出張野外カフェを開催します。
    オープン場所は桜が満開をむかえた「かかしの分校」前の芝生広場。
    林田川面に映る桜のうすくれない色が風情を添えます。

    店名の「ルーエ」はドイツ語で「静寂」を意味する単語です。
    珈琲は丁寧に一杯一杯ハンドドリップで淹れられます。
    清流のせせらぎ、木々をわたるウグイスのさえずり、桜の清々しい香り。
    こころに香る贅沢な珈琲を味わってみましょう。

    2.jpg

    写真:千寿の水(提供:グリーンステーション鹿ヶ壺) かかしの分校前芝生広場

    蛍の生息地として有名な林田川の支流「カニワ口(カニワぐち)渓谷」はかかしの里よりさらに上流になります。
    大雨が降って付近の水がにごっても、この水域は変わらないことで知られています。
    ここに湧出るのが「千寿の水」。水量はとても豊かで、古くから飲用に利用されていました。
    コーヒーを淹れる水には、この名水「千寿の水」が使われます。

    2月10日から開催されている奥播磨かかしの里ひなまつりも4月8日がいよいよファイナル。
    ビッグなかかしの雛人形たちが大集合!ポップなひなまつりを忘れずに覗いておきましょう。


    おさめ

      奥播磨かかしの里 野外カフェ
    ・日時
     2018年4月7日・8日 10:00~15:00
    ・住所
     兵庫県姫路市安富町関
    ・電話番号
     0790-66-3505
    ・アクセス
     ●姫路市内より国道29号線を鳥取方面へ北進約40分
      安志南交差点を右折後直進約10分
     ●大阪から中国自動車道山崎インターまで約1時間30分
      山崎インターから車で約15分
     ●大阪から山陽自動車道姫路西インターまで約1時間10分
      姫路西インターから車で約30分
     ●JR姫路駅から神姫バス「グリーンステーション鹿ヶ壺行き」
      約1時間(終点下車)
    ・駐車場
     専用駐車場有
    ・ホームページ
       ふるさとかかしネットワーク
    ・予告
     次回2018年5月5日こどもの日に開催を予定しています



    【4月7・8日限定】開放感たっぷり!野外カフェin奥播磨かかしの里

    1000野外カフェ_かかしの里.jpg

    写真: 2017年秋に開催された野外カフェの様子(提供:奥播磨かかしの里)



    奥播磨かかしの里に、春がやってきました。
    2018年4月7日(土)8(日)の二日間、神戸市西区のカフェ・ルーエが出張野外カフェを開催します。
    オープン場所は桜が満開をむかえた「かかしの分校」前の芝生広場。
    林田川面に映る桜のうすくれない色が風情を添えます。

    店名の「ルーエ」はドイツ語で「静寂」を意味する単語です。
    珈琲は丁寧に一杯一杯ハンドドリップで淹れられます。
    清流のせせらぎ、木々をわたるウグイスのさえずり、桜の清々しい香り。
    こころに香る贅沢な珈琲を味わってみましょう。

    2.jpg

    写真:千寿の水(提供:グリーンステーション鹿ヶ壺) かかしの分校前芝生広場

    蛍の生息地として有名な林田川の支流「カニワ口(カニワぐち)渓谷」はかかしの里よりさらに上流になります。
    大雨が降って付近の水がにごっても、この水域は変わらないことで知られています。
    ここに湧出るのが「千寿の水」。水量はとても豊かで、古くから飲用に利用されていました。
    コーヒーを淹れる水には、この名水「千寿の水」が使われます。

    2月10日から開催されている奥播磨かかしの里ひなまつりも4月8日がいよいよファイナル。
    ビッグなかかしの雛人形たちが大集合!ポップなひなまつりを忘れずに覗いておきましょう。


    おさめ

      奥播磨かかしの里 野外カフェ
    ・日時
     2018年4月7日・8日 10:00~15:00
    ・住所
     兵庫県姫路市安富町関
    ・電話番号
     0790-66-3505
    ・アクセス
     ●姫路市内より国道29号線を鳥取方面へ北進約40分
      安志南交差点を右折後直進約10分
     ●大阪から中国自動車道山崎インターまで約1時間30分
      山崎インターから車で約15分
     ●大阪から山陽自動車道姫路西インターまで約1時間10分
      姫路西インターから車で約30分
     ●JR姫路駅から神姫バス「グリーンステーション鹿ヶ壺行き」
      約1時間(終点下車)
    ・駐車場
     専用駐車場有
    ・ホームページ
       ふるさとかかしネットワーク
    ・予告
     次回2018年5月5日こどもの日に開催を予定しています



    よかった
    0
    ふつう
    0
    いまいち
    0
      絶対もらえる!みポイント抽選会実施中!
      絶対もらえる!みポイント抽選会実施中!