イベント

Event

11/10~12 全国ご当地おでんと地酒サミット 姫路食博 同時開催

11/10~12 全国ご当地おでんと地酒サミット 姫路食博 同時開催

さかい

姫路食博&第5回全国ご当地おでんと地酒サミットin姫路

screencapture-main.png

姫路食博 おいしいものとイベントがめじろ押し!

姫路食博には42団体のおいしいものが集まります。

姫路の名産アナゴをつかった寿司や、名物の焼さば寿司。冬に甘みが凝縮する牡蠣は焼き牡蠣のほか、ピッツァやお好み焼きになって登場します。姫路ホルモンうどん、姫路レンコン焼売、えきそば、チャンポン焼きなどスナック感覚でいただけるグルメもそろっています。えきそばは和風出汁に中華麺をマッチングした独創的な姫路の麺類。うどんと中華麺をいっしょに炒めるソース焼きそばを姫路ではチャンポンと呼びます。姫路市民のソールフードの代表格。

近郊からはあかし玉子焼、三田牛ドーナツコロッケ、加古川志方牛のステーキ、鶏の手羽中を唐揚げにした甲子園ヒーロー揚げなどが参戦します。目移りして選ぶのに迷いそうですね。

ひめじ官兵衛たい焼、アーモンドトースト、しろまるひめのたまごわっふるといったご当地スィーツで締めくくれば、大満足まちがいなしです。



平昌オリンピックのPRコーナーと日本遺産「銀の馬車道 鉱石の道」のブースが加わって、イベントをもりあげます。

特設ステージでは、プロの音楽家によるライブをはじめ地元八幡小学校スクールバンドや姫路パルナソスマンドリンオーケストラの演奏、ゆるきゃらステージなど盛りたくさんのプログラム。

わんぱくキッズのお目当て、キッズバイク体験とふわふわドームはワクワクキッズエリアです。キッズバイク体験は11月11日、12日。ふわふわドームは11月10日、11日、12日。いずれも有料になります。



開催日と開催時間:11月10日~12日 10時~17時



第5回全国ご当地おでんと地酒サミット

全国から集合するのは9種類のおでんと15種類以上の地酒。「あ」から「こ」まであいうえお順にならぶブースのご当地自慢を披露してもらいましょう。



一番手は「あ」の地元姫路おでん。しょうが醤油でいただきます。姫路の地酒は「お」の地酒専門ブースに用意されています。地元を代表する名城酒造、壺坂酒造、八重垣酒造、本田商店、田中酒造場、下村酒造店の6社が協賛。冷酒はもちろん肌寒いときにはホッとする燗酒もあります。おみやげ用の販売も行われるので、お気に入りを見つけましょう。

地域ご自慢の地酒はおでんといっしょに各ブースで提供されます。 「い」の舞鶴おでんは舞鶴自慢の練り物や京野菜の佐波賀(さばか)大根を、地で゙捕れる煮干をふんだんに使った出汁で煮込みます。ご自慢の地酒、池田酒造の池雲がぴったりです。

長州おでんは「う」のブース。 地鶏最高品種「黒かしわ」の出汁で煮込んだ具材をゆず味噌であえて食べるのが長州流です。旭酒造の獺祭、永山酒造の山猿、澄川酒造場の東洋美人などの銘品が並びます。

おとなりの「え」のブースはテビチを煮込んだ沖縄おでん。コラーゲンたっぷりの豚足おでんは美容によさそうです。お酒はもちろん沖縄の泡盛ですね。



反対側通路には5ブースが軒を連ねています。「か」の青森のおでんは、おろししょうが入りの味噌だれでいただきます。提供させる地酒は西田酒蔵店の田酒(でんしゅ)と中村酒造の亀吉。

「き」はやはば(、、、)おでんです。岩手県矢巾町とっておきの農産物を天然だしで煮込んだおでん。おつゆごといただきますのが通の味わい方です。「く」のブースは同じく岩手県の漁師おでん。ホタテをつめた巾着、たこ、つぶ貝がふんだんに使われています。震災後復興した陸前高田の味を頂きましょう。月の輪酒造店の別将と矢巾町ゆくたがり(、、、、、) の飲み比べで味わってみてはいかがでしょうか。

「け」のブースは若狭おばま鯖おでん。おいしさが凝縮された鯖巾着を和風味とトマト味で頂きます。福井県が誇る三宅彦右衛門酒造の早瀬浦が、鯖おでんの味を引き立ててくれます。



お国自慢のおでんと地酒で、体の芯までほっこりのイベントです。



開催日と開催時間:11月10日(金)~12日(日) 10時~19時(最終日11月12日は17時終了)



・日程
 2017年11月 10日 11日 12日
 姫路食博             10時から17時      
 全国ご当地おでんと地酒サミット  10時から19時  (最終日11月12日は17時終了)  
・開催場所
 兵庫県 姫路市 大手前公園 特設会場
・住所
 姫路市 本町 68番地 
 JR姫路駅より姫路城に向かって徒歩10分 
・料金
 入場無料 
 キッズプログラムは有料
・問い合わせ先
 姫路食文化協会 
 079-224-8803
・HP
  http://www.himeji-syoku.com/
frameborder="0" allowfullscreen="">

姫路食博&第5回全国ご当地おでんと地酒サミットin姫路

screencapture-main.png

姫路食博 おいしいものとイベントがめじろ押し!

姫路食博には42団体のおいしいものが集まります。

姫路の名産アナゴをつかった寿司や、名物の焼さば寿司。冬に甘みが凝縮する牡蠣は焼き牡蠣のほか、ピッツァやお好み焼きになって登場します。姫路ホルモンうどん、姫路レンコン焼売、えきそば、チャンポン焼きなどスナック感覚でいただけるグルメもそろっています。えきそばは和風出汁に中華麺をマッチングした独創的な姫路の麺類。うどんと中華麺をいっしょに炒めるソース焼きそばを姫路ではチャンポンと呼びます。姫路市民のソールフードの代表格。

近郊からはあかし玉子焼、三田牛ドーナツコロッケ、加古川志方牛のステーキ、鶏の手羽中を唐揚げにした甲子園ヒーロー揚げなどが参戦します。目移りして選ぶのに迷いそうですね。

ひめじ官兵衛たい焼、アーモンドトースト、しろまるひめのたまごわっふるといったご当地スィーツで締めくくれば、大満足まちがいなしです。



平昌オリンピックのPRコーナーと日本遺産「銀の馬車道 鉱石の道」のブースが加わって、イベントをもりあげます。

特設ステージでは、プロの音楽家によるライブをはじめ地元八幡小学校スクールバンドや姫路パルナソスマンドリンオーケストラの演奏、ゆるきゃらステージなど盛りたくさんのプログラム。

わんぱくキッズのお目当て、キッズバイク体験とふわふわドームはワクワクキッズエリアです。キッズバイク体験は11月11日、12日。ふわふわドームは11月10日、11日、12日。いずれも有料になります。



開催日と開催時間:11月10日~12日 10時~17時



第5回全国ご当地おでんと地酒サミット

全国から集合するのは9種類のおでんと15種類以上の地酒。「あ」から「こ」まであいうえお順にならぶブースのご当地自慢を披露してもらいましょう。



一番手は「あ」の地元姫路おでん。しょうが醤油でいただきます。姫路の地酒は「お」の地酒専門ブースに用意されています。地元を代表する名城酒造、壺坂酒造、八重垣酒造、本田商店、田中酒造場、下村酒造店の6社が協賛。冷酒はもちろん肌寒いときにはホッとする燗酒もあります。おみやげ用の販売も行われるので、お気に入りを見つけましょう。

地域ご自慢の地酒はおでんといっしょに各ブースで提供されます。 「い」の舞鶴おでんは舞鶴自慢の練り物や京野菜の佐波賀(さばか)大根を、地で゙捕れる煮干をふんだんに使った出汁で煮込みます。ご自慢の地酒、池田酒造の池雲がぴったりです。

長州おでんは「う」のブース。 地鶏最高品種「黒かしわ」の出汁で煮込んだ具材をゆず味噌であえて食べるのが長州流です。旭酒造の獺祭、永山酒造の山猿、澄川酒造場の東洋美人などの銘品が並びます。

おとなりの「え」のブースはテビチを煮込んだ沖縄おでん。コラーゲンたっぷりの豚足おでんは美容によさそうです。お酒はもちろん沖縄の泡盛ですね。



反対側通路には5ブースが軒を連ねています。「か」の青森のおでんは、おろししょうが入りの味噌だれでいただきます。提供させる地酒は西田酒蔵店の田酒(でんしゅ)と中村酒造の亀吉。

「き」はやはば(、、、)おでんです。岩手県矢巾町とっておきの農産物を天然だしで煮込んだおでん。おつゆごといただきますのが通の味わい方です。「く」のブースは同じく岩手県の漁師おでん。ホタテをつめた巾着、たこ、つぶ貝がふんだんに使われています。震災後復興した陸前高田の味を頂きましょう。月の輪酒造店の別将と矢巾町ゆくたがり(、、、、、) の飲み比べで味わってみてはいかがでしょうか。

「け」のブースは若狭おばま鯖おでん。おいしさが凝縮された鯖巾着を和風味とトマト味で頂きます。福井県が誇る三宅彦右衛門酒造の早瀬浦が、鯖おでんの味を引き立ててくれます。



お国自慢のおでんと地酒で、体の芯までほっこりのイベントです。



開催日と開催時間:11月10日(金)~12日(日) 10時~19時(最終日11月12日は17時終了)



・日程
 2017年11月 10日 11日 12日
 姫路食博             10時から17時      
 全国ご当地おでんと地酒サミット  10時から19時  (最終日11月12日は17時終了)  
・開催場所
 兵庫県 姫路市 大手前公園 特設会場
・住所
 姫路市 本町 68番地 
 JR姫路駅より姫路城に向かって徒歩10分 
・料金
 入場無料 
 キッズプログラムは有料
・問い合わせ先
 姫路食文化協会 
 079-224-8803
・HP
  http://www.himeji-syoku.com/
frameborder="0" allowfullscreen="">

姫路食博&第5回全国ご当地おでんと地酒サミットin姫路

screencapture-main.png

姫路食博 おいしいものとイベントがめじろ押し!

姫路食博には42団体のおいしいものが集まります。

姫路の名産アナゴをつかった寿司や、名物の焼さば寿司。冬に甘みが凝縮する牡蠣は焼き牡蠣のほか、ピッツァやお好み焼きになって登場します。姫路ホルモンうどん、姫路レンコン焼売、えきそば、チャンポン焼きなどスナック感覚でいただけるグルメもそろっています。えきそばは和風出汁に中華麺をマッチングした独創的な姫路の麺類。うどんと中華麺をいっしょに炒めるソース焼きそばを姫路ではチャンポンと呼びます。姫路市民のソールフードの代表格。

近郊からはあかし玉子焼、三田牛ドーナツコロッケ、加古川志方牛のステーキ、鶏の手羽中を唐揚げにした甲子園ヒーロー揚げなどが参戦します。目移りして選ぶのに迷いそうですね。

ひめじ官兵衛たい焼、アーモンドトースト、しろまるひめのたまごわっふるといったご当地スィーツで締めくくれば、大満足まちがいなしです。



平昌オリンピックのPRコーナーと日本遺産「銀の馬車道 鉱石の道」のブースが加わって、イベントをもりあげます。

特設ステージでは、プロの音楽家によるライブをはじめ地元八幡小学校スクールバンドや姫路パルナソスマンドリンオーケストラの演奏、ゆるきゃらステージなど盛りたくさんのプログラム。

わんぱくキッズのお目当て、キッズバイク体験とふわふわドームはワクワクキッズエリアです。キッズバイク体験は11月11日、12日。ふわふわドームは11月10日、11日、12日。いずれも有料になります。



開催日と開催時間:11月10日~12日 10時~17時



第5回全国ご当地おでんと地酒サミット

全国から集合するのは9種類のおでんと15種類以上の地酒。「あ」から「こ」まであいうえお順にならぶブースのご当地自慢を披露してもらいましょう。



一番手は「あ」の地元姫路おでん。しょうが醤油でいただきます。姫路の地酒は「お」の地酒専門ブースに用意されています。地元を代表する名城酒造、壺坂酒造、八重垣酒造、本田商店、田中酒造場、下村酒造店の6社が協賛。冷酒はもちろん肌寒いときにはホッとする燗酒もあります。おみやげ用の販売も行われるので、お気に入りを見つけましょう。

地域ご自慢の地酒はおでんといっしょに各ブースで提供されます。 「い」の舞鶴おでんは舞鶴自慢の練り物や京野菜の佐波賀(さばか)大根を、地で゙捕れる煮干をふんだんに使った出汁で煮込みます。ご自慢の地酒、池田酒造の池雲がぴったりです。

長州おでんは「う」のブース。 地鶏最高品種「黒かしわ」の出汁で煮込んだ具材をゆず味噌であえて食べるのが長州流です。旭酒造の獺祭、永山酒造の山猿、澄川酒造場の東洋美人などの銘品が並びます。

おとなりの「え」のブースはテビチを煮込んだ沖縄おでん。コラーゲンたっぷりの豚足おでんは美容によさそうです。お酒はもちろん沖縄の泡盛ですね。



反対側通路には5ブースが軒を連ねています。「か」の青森のおでんは、おろししょうが入りの味噌だれでいただきます。提供させる地酒は西田酒蔵店の田酒(でんしゅ)と中村酒造の亀吉。

「き」はやはば(、、、)おでんです。岩手県矢巾町とっておきの農産物を天然だしで煮込んだおでん。おつゆごといただきますのが通の味わい方です。「く」のブースは同じく岩手県の漁師おでん。ホタテをつめた巾着、たこ、つぶ貝がふんだんに使われています。震災後復興した陸前高田の味を頂きましょう。月の輪酒造店の別将と矢巾町ゆくたがり(、、、、、) の飲み比べで味わってみてはいかがでしょうか。

「け」のブースは若狭おばま鯖おでん。おいしさが凝縮された鯖巾着を和風味とトマト味で頂きます。福井県が誇る三宅彦右衛門酒造の早瀬浦が、鯖おでんの味を引き立ててくれます。



お国自慢のおでんと地酒で、体の芯までほっこりのイベントです。



開催日と開催時間:11月10日(金)~12日(日) 10時~19時(最終日11月12日は17時終了)



・日程
 2017年11月 10日 11日 12日
 姫路食博             10時から17時      
 全国ご当地おでんと地酒サミット  10時から19時  (最終日11月12日は17時終了)  
・開催場所
 兵庫県 姫路市 大手前公園 特設会場
・住所
 姫路市 本町 68番地 
 JR姫路駅より姫路城に向かって徒歩10分 
・料金
 入場無料 
 キッズプログラムは有料
・問い合わせ先
 姫路食文化協会 
 079-224-8803
・HP
  http://www.himeji-syoku.com/
frameborder="0" allowfullscreen="">

姬路食品博览会/第5次全国关东煮和日本酒峰会(举行地点:姬路)

screencapture-main.png

姬路食品博览会 美味和活动不断!

汇集姬路食品博览会42店的美味食品。

用姬路著名的海鳗制作的寿司和特产烤鲭鱼寿司。冬天,香甜倍增的牡蛎除了烤食以外,还可制成比萨饼和日式烧饼。姬路肥肠乌冬面,姬路莲菜烧麦,车站荞麦面,混搭炒面等。感觉像到了小吃街。车站荞麦面是一种将中国面条与日式汤配合的原创姬路面。姬路称为“混搭炒面”的酱汁炒面,一起炒制乌冬面和中国面条。是姬路市民独创食品的代表。

附近地区来参展的有明石鸡蛋饼,三田牛甜圈炸肉饼,加古川志方牛牛排,甲子园英雄炸鸡翅。你将难以移步作出新选择。 姬路官兵卫鲷鱼烧,杏仁烤法式面包,城丸姬(姬路吉祥物)华夫蛋饼,用当地甜点作为最后点缀,令人心满意足。



平昌奥运公关角和日本文化遗产“银矿马车之路”也设有展台并举办活动。 在特设的舞台上,由专业音乐家现场表演,有当地的八幡小学学校乐队和姬路帕纳塞斯山曼陀林乐队的表演,吉祥物表演等很多节目。 淘气包们瞄准了令他们兴奋的儿童娱乐区,这里有童车体验和蹦床。童车体验开放时间是11月11日和12日。 蹦床是11月10日,11日,12日。 两者都收费。



举行日期和时间:11月10日 - 12日上午10时 - 下午5时

第五届全国关东煮和清酒峰会汇集全国9种关东煮和15种以上的清酒。 让我们按字母顺序按照“A”到“KO”的顺序介绍一下各地的炫目展位。



A区是当地的姬路关东煮。配有姜汁酱油。姬路的地方清酒备在“A”区的清酒亭。由名城酒造,壶坂酒造,八重垣酒造,本田商店,田中酒造工场,下村酒造工场等六大公司赞助。冷酒之外,还备有寒冬中令人放松的热酒。作为礼物的酒类也可买到,请挑选您的最佳礼物。 每个摊位都提供当地的关东煮和地方酒。 “I”区的舞鹤关东煮,先用当地小鱼煮出汤汁,再用此汁慢火煨熟舞鹤引以为豪的鱼肉松饼和京都蔬菜佐波贺产萝卜。与自信之作池田酒造的池云酒最搭。 长州关东煮在“U”展台。用本地土鸡肉“黑柏”煮汤,再用鸡汤慢火煨熟食材。食用时配以长州风格的柚子味噌。酒有旭酒造的獭祭,永山酒造的山猿,澄川酒造的东方美人等名酒。

旁边的冲绳关东煮“E”摊位,蹄膀煮的绵软。 蹄膀含有大量胶原蛋白,有益美容。 酒当然是冲绳的泡盛。



对面是过道,包括有5个展位。 “ka”区的青森关东煮,配姜末味噌酱。 提供的地方酒是西田清酒店的田酒和中村酒造的龟吉。

“KI”区是矢巾(、、、)关东煮。 岩手县矢巾町所产农产品用天然高汤调味炖出。连汤一起食用。 “KU”区也来自岩手县,称为渔民关东煮。大量使用豆腐皮包扇贝,章鱼和海螺。 请品尝下震灾复兴后的陆前高田地区的美味吧。 酒来自月轮酒造的“别将”和矢巾町的“欲往”(、、、、、)各饮一杯比较下,如何?

“KE”展位是若狭小浜的鲭鱼关东煮。 味道浓郁的豆腐皮包鲭鱼,可用日式调味和西红柿调味搭配。酒是福井县造酒名店三宅右卫门酒厂的“早赖浦”,堪称鲭鱼关东煮绝配。



享用完各地最得意的关东煮和清酒,参加完活动,身心都变得温暖。



召开日期及时间:11月10日(星期五)至12日(星期日)上午10时至晚上7时(11月12日最后一天17时结束)



・日程
 2017年11月 10日 11日 12日
 姬路食品博览会             10点到17点     
 各地关东煮和美酒峰会  10点到19点  (最后一天11月12日17点结束)  
・举行地点
 兵库县 姬路市 大手前公园 特别设置的会场
・地址
 姬路市 本町 68番地 
 JR姬路火车站向姬路城方面徒步10分钟 
・费用
 入场免费 
 儿童活动收费
・问讯处
 姬路食文化协会 
 079-224-8803
・HP
  http://www.himeji-syoku.com/
frameborder="0" allowfullscreen="">

姬路食品博覽會/第5次全國關東煮和日本酒峰會(舉行地點:姬路)

screencapture-main.png

姬路食品博覽會 美味和活動不斷!

匯集姬路食品博覽會42店的美味食品。

用姬路著名的海鰻製作的壽司和特產烤鯖魚壽司。冬天,香甜倍增的牡蠣除了烤食以外,還可製成比薩餅和日式燒餅。姬路肥腸烏冬面,姬路蓮菜燒麥,車站蕎麥麵,混搭炒麵等。感覺像到了小吃街。車站蕎麥麵是一種將中國麵條與日式湯配合的原創姬路面。姬路稱為“混搭炒麵”的醬汁炒麵,一起炒製烏 冬面和中國麵條。是姬路市民獨創食品的代表。

附近地區來參展的有明石雞蛋餅,三田牛甜圈炸肉餅,加古川志方牛牛排,甲子園英雄炸雞翅。你會難以移步作出新選擇。 姬路官兵衛鯛魚燒,杏仁烤法式麵包,城丸姬(姬路吉祥物)華夫蛋餅,用當地甜點作為最後點綴,令人心滿意足。



平昌奧運公關角和日本文化遺產“銀礦馬車之路”也設有展台並舉辦活動。在特設的舞台上,由專業音樂家現場表演,有當地的八幡小學學校樂隊和姬路帕納塞斯山曼陀林樂隊的表演,吉祥物表演等很多節目。淘氣包們瞄準了令他們興奮的兒童娛樂區,這裡有童車體驗和蹦床。童車體驗開放 時間是11月11日和12日。蹦床是11月10日,11日,12日。兩者都收費



舉行日期和時間:11月10日 - 12日上午10時 - 下午5時

第五屆全國關東煮和清酒峰會 匯集全國9種關東煮和15種以上的清酒。讓我們按字母順序按照“A”到“KO”的順序介紹一下各地的炫目展位。



A區是當地的姬路關東煮。配有薑汁醬油。姬路的地方清酒備在“A”區的清酒亭。由名城酒造,壺坂酒造,八重垣酒造,本田商店,田中酒造 工作,下村酒造工場等六大公司贊助。冷酒之外,還備有寒冬中令人放鬆的熱酒。作為禮物的酒類也可以到,請挑選您的最佳禮物。 每個攤位都提供當地的關東煮和地方酒。“I”區的舞鶴關東煮,先用當地小魚煮出湯汁,再用此慢火煨熟舞鶴引為為豪的魚肉鬆餅和京都 蔬菜佐波賀產蘿蔔。與自信之作池田酒造的池雲酒最搭。 長州關東煮在“U”區。用本地土雞肉“黑柏”煮湯,再用雞湯慢火煨熟食材。食用時配以長州風格的柚子味噌。酒有旭酒造的獺祭,永山酒造的山猿,澄川酒造的東方美人等名酒。

旁邊的沖繩關東煮“E”區,蹄膀煮的綿軟。蹄膀含有大量膠原蛋白,有益美容。酒當然是沖繩的泡盛。



對面是過道,包括有5個展位。“ka”區的青森關東煮,配薑末味噌醬。提供的地方酒是西田酒店的田酒和中村酒造的龜吉。

“KI”區是矢巾(、、、)關東煮。岩手縣矢巾町所產農產品用天然高湯調味燉出。連湯一起食用。“KU”區也來自岩手縣,稱為漁民關東煮。大量使用豆腐皮包扇貝,章魚和海螺。請品嚐 下震災復興後的陸前高田地區的美味吧。酒來自月輪酒造的“別將”和矢巾町的“欲往”(> ,,,,, ) 各飲一杯比較下,如何?

“KE”展位是若狹小浜的鯖魚關東煮。味道濃郁的豆腐皮包鯖魚,可用日式調味和西紅柿調味搭配。酒是福井縣造酒名店三宅右衛門酒廠的“早賴浦”,堪稱鯖魚關東煮絕配。



享用完各地最得意的關東煮和清酒,參加完活動,身心都變得溫暖。



召開日期及時間:11月10日(星期五)至12日(星期日)上午10時至晚上7時(11月12日最後一天17時結束)



・日程
 2017年11月 10日 11日 12日
 姬路食品博覽會             10點到17點      
 各地關東煮和美酒峰會  10点到19点  (最後一天11月12日17點結束)  
・舉行地點
兵庫縣 姬路市 大手前公園 特別設置的會場
・地址
姬路市 本町 68番地
JR姬路火車站向姬路城方面徒步10分鐘
・費用
入場免費
兒童活動收費
・問訊處
姬路食文化協會
 079-224-8803
・HP
  http://www.himeji-syoku.com/
frameborder="0" allowfullscreen="">
bookmark_border
cancel みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!
close みたいにゃメンバーズ募集中! 詳しくはこちら!