特集

Featured

播磨にうまい酒あり 龍力地酒物語

播磨にうまい酒あり 龍力地酒物語

おさめ



大吟醸の頂点を極める

龍力 本田商店地酒物語

 

 

 

龍力なくして播磨の地酒は語れないと言わしめる蔵元本田商店。

銘品を生み出す酒造りの秘話と本田商店ならでは酒造見学の楽しみ方を現社長・本田眞一郎氏から頂戴しました。


・米の酒は米の味 本田商店の酒造り



450_300IMG_0954.jpg
龍力の銘柄で広く知られる本田商店が創業したのは、1921年、兵庫県姫路市網干の地である。本田家は代々播州杜氏の総取締役を勤める家系だが、その発端は元禄時代にまで遡る。


本田商店の酒造りは、日本酒の原材料になる米の厳選にある。地元生産者の酒造好適米を吟味するばかりでなく、玄米からの精米工程も自社で行う。原料米をとことん追求して生み出されるのが、龍力の生酒や吟醸酒なのだ。


酒造りに適した米は酒造好適米と呼ばれる。精米中に砕けないためには、二つの条件があります。ひとつは大粒であること、二つ目は米の中心にある心白部分が大きすぎず偏りのないこと。蒸したときに表面が粘らず、麹菌が米の深部まで浸透しやすく十分に繁殖できることも重要だ。主食としていただく米にはたんぱく質やミネラルがたくさん含まれ、それがご飯の旨味になる。反対に酒では、雑味や苦味として現れてしまう。鉄分やたんぱく質、脂質の多い米は光沢や香味が損なわれるので嫌われる。







450_300IMG_1020.jpg
酒造好適米は全国で96品種が指定されている。その中の筆頭にあげられるのが山田錦で、9割が兵庫県下で生産されている。本田商店が使用する原料米は山田錦が85パーセント。しかも特A山田錦だけが本田商店の酒になる。兵庫県加東市社地区、東条地区、三木市吉川地区だけに産地を限定するという徹底ぶりだ。山田錦は心白が線状で、吟醸酒の製造に最高の米といわれている。



10パーセントは五百萬石が使われる。山田錦とならぶ酒米で、淡麗なすっきりした酒にしあがる。
産地に選ばれたのは、野生のコウノトリが最後まで生息した兵庫県豊岡市。
天然記念物コウノトリ保護プロジェクトに市を上げて取り組んでいるのは周知だ。
ドジョウやカエルなどコウノトリが好物とする餌を増やすために、無農薬、減農薬農法を推進している。
本田商店では100パーセントコウノトリ餌場米五百萬石を使用する。
寒冷地の気候風土に適する早稲米で、龍力の年度最初のしぼりたてになる。







450_300IMG_1024.jpg



残りの5パーセントは、雄町、山田穂、神力がつかわれる。
雄町は酒米のルーツだが、栽培がむつかしく減少の一途をたどっていた。
瀬戸町特別栽培米雄町研究会の尽力により復興。
本田商店では同会会員農家の雄町を使用している。
雄町から造られる酒は、深みのある味わいと芳醇な香りが特徴だ。
山田穂は兵庫県多可郡多可町中区で誕生した酒米で、後に山田錦を生んだ種である。
神力はたった3穂の種籾からよみがえった酒米で、五百萬石の遠い祖先にあたる
。龍力に使用されるのは兵庫県たつの市御津町中島産。
神力の原産地であり、奇跡の復活をはたした地だ。










・こだわりぬかれた播磨の地酒




450_sake2.png
本田商店は1970年には吟醸酒の研究開発に力を注いだ。地酒ブームの先駆け的蔵元といえる。この吟醸酒が海外進出の立役者になった。大量販売を主流にする大手酒造に反して、試飲会を通して高級志向の銘柄を主力にした。海外和食ブームとの相乗効果もあって、試飲会企画は大ヒット。またたく間にホンコンで基盤ができあがる。ホンコンで大爆発した龍力の高級大吟醸酒は日本酒のロマネコンティともてはやされ、台北、上海、シンガポールへ飛び火していった。


日本国内でも、試飲会を中心にファンを伸ばしている。東京、横浜、大阪、神戸などの主要都市有名デパートでの試飲販売はどの会場も好評だ。蔵元主催で開催される関東地区龍力を楽しむ会は、18回目を迎えた。2017年10月14日にグランドオーク半蔵門で開催され、平成29年全国新酒鑑評会に出品した荒走りをはじめ、秋津、上三草、吉川米田といった山田錦生産地別の純米大吟醸酒、きくこうぼのお酒など貴重な酒が披露された。もちろん龍力の無濾過生酒やドラゴンシリーズなど本田商店のすべての酒がラインアップする。龍力贔屓には妙に尽きるイベントだ。







450_300IMG_0982_1.jpg
躍進の道はばむものなしといった本田商店だが、本田眞一郎社長は「ビッグになるのは夢ではない。」と言いきる。
「龍力の酒になる米はかぎられている。調達できる米の分だけ酒を造ればいいのです。」と語る口調は穏やかだった。
地元で生産したもので、地元に必要なものだけを作る地産地消のポリシーに重みを感じる言葉だ
。龍力のない地域へは持っていってあげるしかないからと語る本田眞一郎社長。
龍力を知って、本場の播磨で飲んでみようと、姫路を訪ねてもらうのが狙いなのだ。
「さすがに旨いといわれる酒を造り続ける」という蔵元の姿勢は、一朝一夕では生まれない。
播州杜氏を江戸時代から務めた脈々とながれる血筋がある。
自社地酒の誇りと供に、播磨地元へのあふれる愛情を伝わってくるのは、社長本田眞一郎氏のお人柄によるものだ。








・龍力 酒造見学の魅力



450_300IMG_0991.jpg
播磨の地酒を代表する蔵元の酒造見学となると、身構えてしまいそうだ。
実は、本田商店の酒蔵見学はとにかく楽しい。
酒造見学が実施される期間は、2月1日から3月上旬に限定されている。
酒造りにこだわる本田商店は、新酒ができあがるこの時期にだけお披露目する。
期間は短いように思えるが、平日、土曜日、日曜日、祝日を問わず開催される。週末なら午前11時や午後3時、平日なら午後6時からなど希望に沿ってくれる。申し込み時に相談してみよう。
社屋3階にある試飲会場は、最大40名まで受け入れが可能。
自治会単位や友達同士などグループでの申し込みが多いが、一人からでも開催する。











450_sake4.png見学会はお酒の話からはじまる。いきなり、お勉強かとうんざりする必要はない。
見学会に参加したメンバーに合わせたお酒の話題が選ばれ、本田眞一郎社長自らスピーカーになられることが多いという。
専門スタッフの話は素人にもわかりやすくと評判が高い。
80の齢を越えられた会長の名調子のファンも後を絶たない。
酒造りの歴史や地酒の成り立ち、酒米の話など毎回ちがう話が聞けるのも人気のようだ。

本田商店酒造見学は実際の現場で、精米から瓶詰めまですべての工程が見られる。
筆者が訪問した10月上旬は、早稲米五百萬石の精米が始まっていた。
吟醸作りに欠かせない麹造り、龍力の味わいと香りを生みだす生もと造りが見学できるのは感激だ。
生もと造りとは天然の乳酸菌と酵母をじっくりと育てる日本酒の伝統的技法で、通常の2倍以上の時間と手間がかかる。
瓶詰め工程は今シーズンから稼動する新工場で見学できる。







450_300IMG_0975.jpg
酒蔵見学の後は、いよいよお楽しみの試飲会がはじまる。
絞りたての新酒の利き酒は、この時期だけのもの。
しかも利き酒会は1時間ほど開催され、龍力自慢の純米大吟醸秋津まで振舞われることもある。
一本がウン万円という逸品だ。
お料理は参加者自身が自由に持ち込める。
まさしく、新春の宴たけなわという左党にはうれしい利き酒会だろう。
利き酒で吟味した日本酒はその場で購入もできる。
お開きには出来たての酒粕がお土産にいただけて、費用はワンコイン500円。
リピーターが続出するのも納得できる。
酒造見学の申し込みは電話で受付けている。











 →播磨の地酒物語NEXT 夢前町の誇り壺坂酒造



 →播磨の地酒物語NEXT ヤエガキ酒造 酒造りの真髄



bookmark_border