食べたらサボりたくなる旨さの高級食パン専門店がオープン|高級食パン専門店 サボれサボーれ

食べたらサボりたくなる旨さの高級食パン専門店がオープン|高級食パン専門店  サボれサボーれ
目次

    姫路市香寺の人気カフェ「カフェ・ラ・花梨」の敷地内に、10月9日に高級食パン専門店がオープン。

    全国で300軒以上のパン屋さんの開業に携わった岸本 拓也氏がプロデュースしたお店だ。

    メイン商品となる食パンは、独自の製法で製粉した小麦粉に、北海道産バター&生クリームと濃厚なジャージー牛乳を加えた生地により、優しい甘さと耳まで柔らかいふんわり食感が特徴。

    また、この食パンで作られたサンドイッチのほか、同じ生地を使用したレーズン食パン、それぞれの食パンとぜひ組み合わせたいジャムの販売など、非常に話題となっている。

    サボれサボーれ外観写真

    歌の歌詞で登場する「アモレアモーレ」と、フランス語のサボタージュが語源の「サボり」をかけ合わせた造語が店名の由来。このパンを食べたら、美味しすぎてサボりたくなる、という願いが込められている。

    サボれサボーれの食パンの写真

    右:朝道楽(2斤870円)、左:サリュレザン(2斤1,070円)。

    どちらも購入日と翌日は、生食が一番おすすめの食べ方。2日目以降はこんがりトーストでどうぞ。サリュレザンのレーズンは、シャンパンに漬けジューシィかつ爽やかに仕上げた逸品。

    サボれサボーれのサンドイッチの写真

    右手前から時計回りに、アンデス高原豚カツサンド(590円)、たっぷりたまごサンド(450円)、よくばりミックスサンド(490円)。

    焼き立ての朝道楽を使用した、手作りサンドイッチ。

    サボれサボーれのジャムの写真

    各種ジャム&蜂蜜(860円~)、オリジナルラスク(300円~)、ドリップオンコーヒー(5パック860円)。

    朝道楽やサリュレザンと相性バツグンなジャムや蜂蜜も多数販売。また、朝道楽をさらに香ばしく焼き上げたラスクも大人気。

    岸本 拓也氏の写真

    岸本 拓也氏。行列の絶えない高級食パン専門店のプロデュースを、全国各地で行っているベーカリープロデューサー。テレビ出演も多数。

    店名 高級食パン専門店 サボれサボーれ
    住所 姫路市香寺町犬飼508-7 MAP
    定休日 無休
    電話番号 079-265-0380
    営業時間 10:00~18:00(売切れ次第終了)
    駐車場 あり
    アクセス 船津IC 車7分
    HP 高級食パン専門店 サボれサボーれ【公式】
    この記事は面白かったですか? (評価ボタンをクリックするとポイントがたまります。※要ログイン)
    みたいにゃ よかった顔
    よかった
    80%
    1
    みたいにゃ ふつう顔
    ふつう
    1%
    1
    みたいにゃ いまいち顔
    いまいち
    2%
    1