恋しい恋しい「うどん屋」麦さま、あなたのうどんすきが食べたいです。

恋しい恋しい「うどん屋」麦さま、あなたのうどんすきが食べたいです。
目次

    姫路市に彗星のごとく現れたうどん屋麦ばく。イベントではひっぱりだこの上、売り切れ完売は当たり前になっています。冬季の夜だけメニューのうどんすきは、ぜひとも食べたいと姫路みたい編集部4人の覚悟は決まり、野里商店街のうどん屋ばくを訪れました。

    AIMG_0839.jpg


    予約から3週間、ようやくたどり着いた念願のバク「うどんすき」。「今夜は麦♡」「今夜は麦♪」と、朝からソワソワする私たちを、てんこ盛りの大皿が出迎えてくれました。 セット内容は、手打ちと五島の2種類のうどん、野菜、キノコ、豆腐、鶏肉、豚肉。まずは、出汁に白菜、キャベツ、ネギ、えのきだけ、しいたけを投入。続いて鶏肉、豚ロース肉、豆腐などの具財すべて入れ終えました。鶏肉は下茹されているのでいりこベースの出汁とけんかせず、野菜の甘味とキノコの旨味がさらに出汁のよさを引き立てています。

    AIMG_0845.jpg


    出汁の主役「いりこ」は、香川県に浮かぶ伊吹島で陸揚げ、加工される「伊吹いりこ」と調べがつきました。飛びっきり新鮮なカタクチイワシだけを選別した伊吹いりこは、うどんの本場香川県で最上級品とされています。つまりうどん出汁としては、日本一ということですね。丁寧に頭と内臓を取り除いた伊吹いりこをベースに昆布やアゴ(とびうお)のほか数種類をブレンドし、強く主張するわけではないのに忘れられないバクの出汁が出来上がります。

    AIMG_0840.jpg


    役者も揃ったところで、いよいよ真打のうどんが登場。バクさんの手打ちうどんからいただきます。適度なコシにふんわりとした弾力のある麺で、小麦粉独自の甘味があります。小麦粉の産地や種類はバクさんの感性で選別され、ブレンドにも職人のこだわりがありますが、レシピは門外不出。店主の脳のひだにレコードされるのみです。出汁や醤油をかけないで生のまま食べると、うどんの風味がよくわかります。しっかりして存在感があるのに、ちっとも偉ぶらないうどんです。

    AIMG_0849.jpg


    五島うどんの順番がまわってきました。五島うどんの歴史は古く、遣唐使の時代に大陸から伝わったといわれています。香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんと並び日本三大うどんに数えられています。うどん屋になろう!決め全国をめぐる旅の果てに出会ったという五島うどん。惚れ込んで居候と野宿をくり返し修行したといいます。なぜ?うどん屋を目指したのかはバクさんの笑顔から推察するしかありません。細目で艶の良い美人麺です。うどんすきでは、出汁にさっとくぐらせて頂きます。

    2種類のうどんはお代わり自由。一人前3000円/税込 4人前から

    記事用外観1.jpg


    世界遺産姫路城より500メートルほど北東にある旧野里街道は、かつて生野から姫路市内そして飾磨港を結ぶ主要交通路でした。2度にわたる姫路市街地空襲の戦火を免れ、江戸時代から戦前の建物が残されています。野里町家は木格子、駒寄、袖卯建、虫籠窓(むしこまど)などの特長があります。野里まちづくりの会と姫路市との連携により、歴史的町並みを保存する活動が行われています。

    IMG_7337.jpg


    うどん屋麦は、鍛冶町に空家として放置されていた町家をリノベーションし誕生しました。野里通りからは、木格子越しにうどんを打つバクさんが見られます。うどんを打つときは、にこにこバクさんから集中力の達人に変身します。間口一間の木製引き戸を開けると、こじんまりしたカウンター。オープンキッチンの店主と会話をかわせるので、人気がある席です。奥に15人から20人程度座れる大振りのテーブルが控えています。

    IMG_7356.jpg


    一度は食べたい、そして一度食べたら余韻がいつまでも残り、また食べなくなる禁断のうどん。もしかしたら、バクさんは魔法使いでしょうか? 仮にうどんマジックだとしても、いつまでもかかっていたいと思います。今日も編集室の片隅で、「あ~!バクさんのうどんすき食べたい。」というため息が聞こえます。

    店名store うどん屋 麦(ばく)
    住所place 兵庫県姫路市鍛冶町2 MAP
    定休日event_busy 火曜日
    電話番号phone 079-227-7997
    営業時間query_builder 11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.20:30)
    駐車場query_builder 有(無料)
    HP 公式HP

    A new shop called ‘Baku’ recently opened in Himeji. The shop’s udon is very popular and often sells out at the shop and at special events. I especially recommend the ‘Udon Suki’, a hot pot with udon, chicken and vegetables which is only served at dinner time during the winter season. The four members of the editorial teams including me visited the shop on Nozato shopping street to try it. 。

    AIMG_0839.jpg


    We didn’t have to wait because we had made a reservation three weeks before visiting. The dinner set was served on a large plate, including two kinds of homemade udon, vegetables, mushrooms, tofu, chicken and pork. I put Chinese cabbage, green onion and mushrooms into the broth.

    AIMG_0845.jpg


    The main ingredient of the soup stock is ‘Ibuki Iriko’, which are high quality dried anchovies from Kagawa Prefecture. The best dried anchovies in Japan can make the best soup stock in Japan. The delicious soup is made from the blended ingredients including the dried anchovies, kelp and flying fish.

    AIMG_0840.jpg


    After tasting the soup stock, I tried the handmade udon. The al dente udon was soft and chewy, and had the natural sweetness of the wheat flour. The shop owner carefully checks the quality of the wheat flour and chooses the best one for his udon. The recipe is a secret, only known to the owner. I recommend eating the udon without soy sauce so that you can really taste the essence of the udon.

    AIMG_0849.jpg


    Next on the menu for me was the Goto udon. Goto udon is said to have been imported from China in ancient times. Goto udon is one of the most popular udons in Japan along with Sanuki udon and Inaniwa udon. The owner told me that he happened to eat Goto udon when he was traveling around Japan to find the most delicious udon. He really liked the thin, but chewy udon and started studying how to make it while living in the shop. You can eat as much as you want of these two udons. You can enjoy the set meal for 3000 yen per person. Please keep in mind to order more than 4 servings.

    記事用外観1.jpg


    The shop is on the historical Nozato Road. Nozato Road was used to bring silver from Ikuno Mountain to Shikama port in the Edo period. You can see lots of old wooden Japanese houses along the road.

    IMG_7337.jpg


    The nice looking shop was built by renovating one of the Japanese old houses. You can watch the owner kneading the udon through the sliding door from the street. He smiled and talked in a very friendly manner but he concentrated when making the udon. The counter seats are popular because you can enjoy talking with the owner. There is also a large table for 15 to 20 people.

    IMG_7356.jpg


    Once you try Baku’s udon, you will remember it for the rest of your life. I think Mr.Baku is a kind of wizard because he seemed to cast a spell on me with his udon. My coworkers were also enchanted by his udon.

    Shop Namestore Udon Baku
    Street Addressplace 2 Kajimachi, Himeji city MAP
    Closedevent_busy Closed on Tuesday
    Phone Numberphone 079-227-7997
    Opening Hoursquery_builder Between 11:30 am and 2:30 pm for lunch Between 6 pm and 9 pm for dinner
    Parkingquery_builder Free parking is available.
    HP 公式HP

    姫路市に彗星のごとく現れたうどん屋麦ばく。イベントではひっぱりだこの上、売り切れ完売は当たり前になっています。冬季の夜だけメニューのうどんすきは、ぜひとも食べたいと姫路みたい編集部4人の覚悟は決まり、野里商店街のうどん屋ばくを訪れました。

    AIMG_0839.jpg


    予約から3週間、ようやくたどり着いた念願のバク「うどんすき」。「今夜は麦♡」「今夜は麦♪」と、朝からソワソワする私たちを、てんこ盛りの大皿が出迎えてくれました。 セット内容は、手打ちと五島の2種類のうどん、野菜、キノコ、豆腐、鶏肉、豚肉。まずは、出汁に白菜、キャベツ、ネギ、えのきだけ、しいたけを投入。続いて鶏肉、豚ロース肉、豆腐などの具財すべて入れ終えました。鶏肉は下茹されているのでいりこベースの出汁とけんかせず、野菜の甘味とキノコの旨味がさらに出汁のよさを引き立てています。

    AIMG_0845.jpg


    出汁の主役「いりこ」は、香川県に浮かぶ伊吹島で陸揚げ、加工される「伊吹いりこ」と調べがつきました。飛びっきり新鮮なカタクチイワシだけを選別した伊吹いりこは、うどんの本場香川県で最上級品とされています。つまりうどん出汁としては、日本一ということですね。丁寧に頭と内臓を取り除いた伊吹いりこをベースに昆布やアゴ(とびうお)のほか数種類をブレンドし、強く主張するわけではないのに忘れられないバクの出汁が出来上がります。

    AIMG_0840.jpg


    役者も揃ったところで、いよいよ真打のうどんが登場。バクさんの手打ちうどんからいただきます。適度なコシにふんわりとした弾力のある麺で、小麦粉独自の甘味があります。小麦粉の産地や種類はバクさんの感性で選別され、ブレンドにも職人のこだわりがありますが、レシピは門外不出。店主の脳のひだにレコードされるのみです。出汁や醤油をかけないで生のまま食べると、うどんの風味がよくわかります。しっかりして存在感があるのに、ちっとも偉ぶらないうどんです。

    AIMG_0849.jpg


    五島うどんの順番がまわってきました。五島うどんの歴史は古く、遣唐使の時代に大陸から伝わったといわれています。香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんと並び日本三大うどんに数えられています。うどん屋になろう!決め全国をめぐる旅の果てに出会ったという五島うどん。惚れ込んで居候と野宿をくり返し修行したといいます。なぜ?うどん屋を目指したのかはバクさんの笑顔から推察するしかありません。細目で艶の良い美人麺です。うどんすきでは、出汁にさっとくぐらせて頂きます。

    2種類のうどんはお代わり自由。一人前3000円/税込 4人前から

    記事用外観1.jpg


    世界遺産姫路城より500メートルほど北東にある旧野里街道は、かつて生野から姫路市内そして飾磨港を結ぶ主要交通路でした。2度にわたる姫路市街地空襲の戦火を免れ、江戸時代から戦前の建物が残されています。野里町家は木格子、駒寄、袖卯建、虫籠窓(むしこまど)などの特長があります。野里まちづくりの会と姫路市との連携により、歴史的町並みを保存する活動が行われています。

    IMG_7337.jpg


    うどん屋麦は、鍛冶町に空家として放置されていた町家をリノベーションし誕生しました。野里通りからは、木格子越しにうどんを打つバクさんが見られます。うどんを打つときは、にこにこバクさんから集中力の達人に変身します。間口一間の木製引き戸を開けると、こじんまりしたカウンター。オープンキッチンの店主と会話をかわせるので、人気がある席です。奥に15人から20人程度座れる大振りのテーブルが控えています。

    IMG_7356.jpg


    一度は食べたい、そして一度食べたら余韻がいつまでも残り、また食べなくなる禁断のうどん。もしかしたら、バクさんは魔法使いでしょうか? 仮にうどんマジックだとしても、いつまでもかかっていたいと思います。今日も編集室の片隅で、「あ~!バクさんのうどんすき食べたい。」というため息が聞こえます。

    店名store うどん屋 麦(ばく)
    住所place 兵庫県姫路市鍛冶町2 MAP
    定休日event_busy 火曜日
    電話番号phone 079-227-7997
    営業時間query_builder 11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.20:30)
    駐車場query_builder 有(無料)
    HP 公式HP

    姫路市に彗星のごとく現れたうどん屋麦ばく。イベントではひっぱりだこの上、売り切れ完売は当たり前になっています。冬季の夜だけメニューのうどんすきは、ぜひとも食べたいと姫路みたい編集部4人の覚悟は決まり、野里商店街のうどん屋ばくを訪れました。

    AIMG_0839.jpg


    予約から3週間、ようやくたどり着いた念願のバク「うどんすき」。「今夜は麦♡」「今夜は麦♪」と、朝からソワソワする私たちを、てんこ盛りの大皿が出迎えてくれました。 セット内容は、手打ちと五島の2種類のうどん、野菜、キノコ、豆腐、鶏肉、豚肉。まずは、出汁に白菜、キャベツ、ネギ、えのきだけ、しいたけを投入。続いて鶏肉、豚ロース肉、豆腐などの具財すべて入れ終えました。鶏肉は下茹されているのでいりこベースの出汁とけんかせず、野菜の甘味とキノコの旨味がさらに出汁のよさを引き立てています。

    AIMG_0845.jpg


    出汁の主役「いりこ」は、香川県に浮かぶ伊吹島で陸揚げ、加工される「伊吹いりこ」と調べがつきました。飛びっきり新鮮なカタクチイワシだけを選別した伊吹いりこは、うどんの本場香川県で最上級品とされています。つまりうどん出汁としては、日本一ということですね。丁寧に頭と内臓を取り除いた伊吹いりこをベースに昆布やアゴ(とびうお)のほか数種類をブレンドし、強く主張するわけではないのに忘れられないバクの出汁が出来上がります。

    AIMG_0840.jpg


    役者も揃ったところで、いよいよ真打のうどんが登場。バクさんの手打ちうどんからいただきます。適度なコシにふんわりとした弾力のある麺で、小麦粉独自の甘味があります。小麦粉の産地や種類はバクさんの感性で選別され、ブレンドにも職人のこだわりがありますが、レシピは門外不出。店主の脳のひだにレコードされるのみです。出汁や醤油をかけないで生のまま食べると、うどんの風味がよくわかります。しっかりして存在感があるのに、ちっとも偉ぶらないうどんです。

    AIMG_0849.jpg


    五島うどんの順番がまわってきました。五島うどんの歴史は古く、遣唐使の時代に大陸から伝わったといわれています。香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんと並び日本三大うどんに数えられています。うどん屋になろう!決め全国をめぐる旅の果てに出会ったという五島うどん。惚れ込んで居候と野宿をくり返し修行したといいます。なぜ?うどん屋を目指したのかはバクさんの笑顔から推察するしかありません。細目で艶の良い美人麺です。うどんすきでは、出汁にさっとくぐらせて頂きます。

    2種類のうどんはお代わり自由。一人前3000円/税込 4人前から

    記事用外観1.jpg


    世界遺産姫路城より500メートルほど北東にある旧野里街道は、かつて生野から姫路市内そして飾磨港を結ぶ主要交通路でした。2度にわたる姫路市街地空襲の戦火を免れ、江戸時代から戦前の建物が残されています。野里町家は木格子、駒寄、袖卯建、虫籠窓(むしこまど)などの特長があります。野里まちづくりの会と姫路市との連携により、歴史的町並みを保存する活動が行われています。

    IMG_7337.jpg


    うどん屋麦は、鍛冶町に空家として放置されていた町家をリノベーションし誕生しました。野里通りからは、木格子越しにうどんを打つバクさんが見られます。うどんを打つときは、にこにこバクさんから集中力の達人に変身します。間口一間の木製引き戸を開けると、こじんまりしたカウンター。オープンキッチンの店主と会話をかわせるので、人気がある席です。奥に15人から20人程度座れる大振りのテーブルが控えています。

    IMG_7356.jpg


    一度は食べたい、そして一度食べたら余韻がいつまでも残り、また食べなくなる禁断のうどん。もしかしたら、バクさんは魔法使いでしょうか? 仮にうどんマジックだとしても、いつまでもかかっていたいと思います。今日も編集室の片隅で、「あ~!バクさんのうどんすき食べたい。」というため息が聞こえます。

    店名store うどん屋 麦(ばく)
    住所place 兵庫県姫路市鍛冶町2 MAP
    定休日event_busy 火曜日
    電話番号phone 079-227-7997
    営業時間query_builder 11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.20:30)
    駐車場query_builder 有(無料)
    HP 公式HP

    姫路市に彗星のごとく現れたうどん屋麦ばく。イベントではひっぱりだこの上、売り切れ完売は当たり前になっています。冬季の夜だけメニューのうどんすきは、ぜひとも食べたいと姫路みたい編集部4人の覚悟は決まり、野里商店街のうどん屋ばくを訪れました。

    AIMG_0839.jpg


    予約から3週間、ようやくたどり着いた念願のバク「うどんすき」。「今夜は麦♡」「今夜は麦♪」と、朝からソワソワする私たちを、てんこ盛りの大皿が出迎えてくれました。 セット内容は、手打ちと五島の2種類のうどん、野菜、キノコ、豆腐、鶏肉、豚肉。まずは、出汁に白菜、キャベツ、ネギ、えのきだけ、しいたけを投入。続いて鶏肉、豚ロース肉、豆腐などの具財すべて入れ終えました。鶏肉は下茹されているのでいりこベースの出汁とけんかせず、野菜の甘味とキノコの旨味がさらに出汁のよさを引き立てています。

    AIMG_0845.jpg


    出汁の主役「いりこ」は、香川県に浮かぶ伊吹島で陸揚げ、加工される「伊吹いりこ」と調べがつきました。飛びっきり新鮮なカタクチイワシだけを選別した伊吹いりこは、うどんの本場香川県で最上級品とされています。つまりうどん出汁としては、日本一ということですね。丁寧に頭と内臓を取り除いた伊吹いりこをベースに昆布やアゴ(とびうお)のほか数種類をブレンドし、強く主張するわけではないのに忘れられないバクの出汁が出来上がります。

    AIMG_0840.jpg


    役者も揃ったところで、いよいよ真打のうどんが登場。バクさんの手打ちうどんからいただきます。適度なコシにふんわりとした弾力のある麺で、小麦粉独自の甘味があります。小麦粉の産地や種類はバクさんの感性で選別され、ブレンドにも職人のこだわりがありますが、レシピは門外不出。店主の脳のひだにレコードされるのみです。出汁や醤油をかけないで生のまま食べると、うどんの風味がよくわかります。しっかりして存在感があるのに、ちっとも偉ぶらないうどんです。

    AIMG_0849.jpg


    五島うどんの順番がまわってきました。五島うどんの歴史は古く、遣唐使の時代に大陸から伝わったといわれています。香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんと並び日本三大うどんに数えられています。うどん屋になろう!決め全国をめぐる旅の果てに出会ったという五島うどん。惚れ込んで居候と野宿をくり返し修行したといいます。なぜ?うどん屋を目指したのかはバクさんの笑顔から推察するしかありません。細目で艶の良い美人麺です。うどんすきでは、出汁にさっとくぐらせて頂きます。

    2種類のうどんはお代わり自由。一人前3000円/税込 4人前から

    記事用外観1.jpg


    世界遺産姫路城より500メートルほど北東にある旧野里街道は、かつて生野から姫路市内そして飾磨港を結ぶ主要交通路でした。2度にわたる姫路市街地空襲の戦火を免れ、江戸時代から戦前の建物が残されています。野里町家は木格子、駒寄、袖卯建、虫籠窓(むしこまど)などの特長があります。野里まちづくりの会と姫路市との連携により、歴史的町並みを保存する活動が行われています。

    IMG_7337.jpg


    うどん屋麦は、鍛冶町に空家として放置されていた町家をリノベーションし誕生しました。野里通りからは、木格子越しにうどんを打つバクさんが見られます。うどんを打つときは、にこにこバクさんから集中力の達人に変身します。間口一間の木製引き戸を開けると、こじんまりしたカウンター。オープンキッチンの店主と会話をかわせるので、人気がある席です。奥に15人から20人程度座れる大振りのテーブルが控えています。

    IMG_7356.jpg


    一度は食べたい、そして一度食べたら余韻がいつまでも残り、また食べなくなる禁断のうどん。もしかしたら、バクさんは魔法使いでしょうか? 仮にうどんマジックだとしても、いつまでもかかっていたいと思います。今日も編集室の片隅で、「あ~!バクさんのうどんすき食べたい。」というため息が聞こえます。

    店名store うどん屋 麦(ばく)
    住所place 兵庫県姫路市鍛冶町2 MAP
    定休日event_busy 火曜日
    電話番号phone 079-227-7997
    営業時間query_builder 11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.20:30)
    駐車場query_builder 有(無料)
    HP 公式HP
    2018年12月25日時点での情報です。
    この記事は面白かったですか? (評価ボタンをクリックするとポイントがたまります。※要ログイン)
    みたいにゃ よかった顔
    よかった
    80%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    ふつう
    1%
    1
    みたいにゃ よかった顔
    いまいち
    2%
    1