特集

Featured

意外と知らない!酒蔵見学マナー講座 これであなたも日本酒美人

意外と知らない!酒蔵見学マナー講座 これであなたも日本酒美人

おさめ

意外と知らない!酒蔵見学マナー講座 これであなたも日本酒美人 

酒蔵見学top.jpg



小寒をすぎ、酒造見学が本格化する時期なりました。とても楽しみの酒造見学ですが、守りたいルールがあります。このルールは、酒造からのお願いというより、限りなく禁忌事項。不用意なルール違反でとんでもないことになるかもしれません。ルールの理由をしって、男前な酒造見学をしましょう。


   目次

・納豆~枯草菌(こうそきん)

・乳酸菌製品~火落ち菌~

・龍力 本田商店の酒造見学へ行こう

・築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造



納豆~枯草菌(こうそきん)



f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_t.jpg酒造見学の前に、納豆を食べてはいけないと聞いたことはあるでしょう。納豆くらいに目くじらを立てるのかと安易に考えてしまいがちです。納豆に含まれる成分は酒造りに決定的なダメージを与えるのです。
納豆のネバネバを作り出すのは納豆菌です。納豆菌が大豆を発酵させておいしい納豆になります。日本酒造りの要は麹です。麹作りに納豆菌がまぎれこんでしまったら、どうなるでしょうか?麹菌と納豆菌の生息環境はとても似ていています。酒蔵の麹室は納豆菌にとって、まさに超セレブが住むタワーマンションのようなもの。繁殖に適した温度や湿度が保たれる快適空調が24時間完備というホスピタリティ。この環境下ワイルドな納豆菌は、繊細な麹菌に圧勝します。納豆菌に縄張りを奪われた麹菌は、酒造りの命である麹酵素を作り出せなくなってしまいます。
納豆菌に汚染された麹室は、100度の温度で30分以上殺菌する必要があります。
そのため蔵人には仕込み中の納豆は禁止されているといいます。半年に及ぶ寒仕込みを終えて食べる納豆ご飯が最高のごちそうだといいます。
納豆菌は枯草菌の一種で、土壌や植物に普遍的に存在し、空気中を飛散している常在細菌です。
ガーデニングや山歩きをした後は、同じような注意が必要です。蔵に枯草菌を持ち込まにようシャワーして着替えてから酒造見学に参加しましょう。

乳酸菌製品~火落ち菌~



e38bb7bb8a5158373cc41ca6c9795a70_t.jpg次に注意したいのは、乳酸菌製品です。酒造りでは火落ち菌と呼ばれ、忌み嫌われています。乳酸菌は醪に重大な悪影響を及ぼします。醪とは酒母、麹、蒸米、仕込み水で造られた発酵中の液体を指します。これは「どぶろく」とよばれている酒ですね。醪を濾してようやく清酒ができあがります。荒い布で濾したものが「にごり酒」です。
醪に乳酸菌が混入してしまうと、酸を大量に生成し酒は味を損ねます。はっきり言うと、売り物になりません。
乳酸菌のやっかいなところは、殺菌効果のあるアルコールが含まれる状況でも繁殖ができることです。
除去するには熱による撲滅以外に方法はありません。
乳酸菌が含まれる食品は、ヨーグルト、漬物、チーズなどです。日常的に口にするものなので、ついうっかりということがないようにしましょう。
滋賀の鮒ずしや金沢の蕪ずしなどのなれずしも乳酸菌発酵による名産品です。遠足のおやつにバナナは含まれません!っていうタイプの注意事項です。乳酸菌食品は禁止だと認識しましょう。
冬の果物といえば、暖かいコタツで食べるミカンですね。実は柑橘類も酒造見学の前は控えるルールがあります。柑橘類の外側につく青カビと酸が、麹作りによくない影響を与えます。

杜氏は酒造りの知識や技術に卓越しているだけでなく、使う道具を含め製造工程の衛生に細心の注意を払います。
杜氏から指導された蔵人たちも同じです。神聖な場所である酒蔵を見学させていただく時は、杜氏や蔵人の毎日の努力を尊重して、最低限のルールを守るようにしましょう。






龍力 本田商店の酒蔵見学へ行く



528916_327939930603186_1880237003.jpg

「龍力」の銘柄は今や全国区。吟醸酒、大吟醸酒では左に出るものがいません。山田錦をはじめとする地元産の酒米だけを使用しています。しかも本田商店の酒になれるのは、特A地区で収穫される厳選された米だけです。伝統的な生もと作りで天然の乳酸菌と酵母からじっくり日本酒を育てます。
播磨を代表する本田商店の酒蔵見学は2月限定です。嬉しいのはこの期間なら平日、週末を問わず2名以上の申し込みでいつでも見学ができること。平日の午後7時からとか土曜日の午後3時からなどフレキシブルに対応してもらえます。
酒造見学はガイド付き。しかも昭和の講談名人と呼ばれる会長や、笑顔を絶やさないのに酒造りに熱い想いを秘める社長、ドラゴンシリーズの開発で若き闘志を燃やす5代目蔵元に案内してもらえます。ちなみに5代目蔵元はイケメンです。
酒造見学の後は、本社3階の会場で利き酒が行われます。自社の製品を売るための試飲会というより、本田商店の日本酒を味わってもらい、より興味を深めてもらうという時間です。日本酒の肴の持ち込みは自由です。
この内容でワンコイン500円。酒粕のお土産もいただけます。もちろんお気に入りが見つかったら、会場で購入できます。


 ⇒龍力と本田商店の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 龍力( たつりき) 株式会社本田商店( ほんだしょうてん)
【酒造見学期間】
 2018年2月1日から2月28日 
【見学費用】
 500円 (酒粕のおみやげ付) 
【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-273-0151
【住所】
 兵庫県姫路市網干区高田361-1
【アクセス】
 山陽本線網干駅より徒歩3分
【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください










築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造





24910010_694429600761438_336607853965176767_n.jpg

壺坂酒造では1805年に創建され今も使われている酒蔵の見学ができます。

自然と一体になって美味しい日本酒を創りだす環境を整えるのは、昔ながらの酒蔵でしかできません。
壺坂酒造は蔵扉の開閉だけで温度と湿度を調節しています。
蔵は2階建で、1階には醸造甕が据えられています。甕に麹を投入したり、圧搾したりするのは、2階部分の床板を開けて作業する仕組みになっています。
この構造は昔ながらの酒蔵の建築構造ですが、現在ではほぼ残っていません。

酒蔵見学の後は母屋にうつり試飲会になります。この母屋は築130年。どっしりした大黒柱には時間の流れが感じられます。
クラシックな机と椅子はどこか不揃いで、その気取りのなさがくつろぎ感につながります。
ご近所の人が草履をつっかけてふらりと入ってくるような温かい雰囲気です。

酒蔵と母屋とも、姫路市都市景観重要建物に認定されています。

酒蔵前掛けやTシャツ、日本酒を入れるのにぴったりの和柄手提げ袋など、オリジナル酒造グッズも充実しています。
異業種とのコラボレーションによる酒粕飴、酒粕の燻製、酒粕プリンは、人気のお土産のようです。

酒造見学は通年実施されますが、酒造りが忙しくなる11月から翌年の3月は、10時から12時になります。
費用は無料。事前に電話での予約が必要です。

杜氏と蔵人がたった3人で創りだす日本酒の酒蔵は、かならず目にした人の心に深い感銘を残すことでしょう。





 ⇒壺坂酒造の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 壺坂酒造( つぼさかしゅぞう) 株式会社

【酒造見学期間】
 通年
 11月~3月 10時~12時 

【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-336-0010

【住所】
 兵庫県姫路市夢前町前之庄1418-1

【アクセス】
 神姫バス 姫路北口17番のりば51、52系 松ノ本北下車すぐ 所要時間40分

【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください








酒造見学のNGコード 

酒蔵見学top.jpg



小寒をすぎ、酒造見学が本格化する時期なりました。とても楽しみの酒造見学ですが、守りたいルールがあります。このルールは、酒造からのお願いというより、限りなく禁忌事項。不用意なルール違反でとんでもないことになるかもしれません。ルールの理由をしって、男前な酒造見学をしましょう。


   目次

・納豆~枯草菌(こうそきん)

・乳酸菌製品~火落ち菌~

・龍力 本田商店の酒造見学へ行こう

・築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造



1.png納豆~枯草菌(こうそきん)



f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_t.jpg酒造見学の前に、納豆を食べてはいけないと聞いたことはあるでしょう。納豆くらいに目くじらを立てるのかと安易に考えてしまいがちです。納豆に含まれる成分は酒造りに決定的なダメージを与えるのです。
納豆のネバネバを作り出すのは納豆菌です。納豆菌が大豆を発酵させておいしい納豆になります。日本酒造りの要は麹です。麹作りに納豆菌がまぎれこんでしまったら、どうなるでしょうか?麹菌と納豆菌の生息環境はとても似ていています。酒蔵の麹室は納豆菌にとって、まさに超セレブが住むタワーマンションのようなもの。繁殖に適した温度や湿度が保たれる快適空調が24時間完備というホスピタリティ。この環境下ワイルドな納豆菌は、繊細な麹菌に圧勝します。納豆菌に縄張りを奪われた麹菌は、酒造りの命である麹酵素を作り出せなくなってしまいます。
納豆菌に汚染された麹室は、100度の温度で30分以上殺菌する必要があります。
そのため蔵人には仕込み中の納豆は禁止されているといいます。半年に及ぶ寒仕込みを終えて食べる納豆ご飯が最高のごちそうだといいます。
納豆菌は枯草菌こうそきんの一種で、土壌や植物に普遍的に存在し、空気中を飛散している常在細菌です。
ガーデニングや山歩きをした後は、同じような注意が必要です。蔵に枯草菌を持ち込まにようシャワーして着替えてから酒造見学に参加しましょう。

1.png乳酸菌製品~火落ち菌~



e38bb7bb8a5158373cc41ca6c9795a70_t.jpg次に注意したいのは、乳酸菌製品です。酒造りでは火落ち菌と呼ばれ、忌み嫌われています。乳酸菌は醪に重大な悪影響を及ぼします。醪とは酒母、麹、蒸米、仕込み水で造られた発酵中の液体を指します。これは「どぶろく」とよばれている酒ですね。醪を濾してようやく清酒ができあがります。荒い布で濾したものが「にごり酒」です。
醪に乳酸菌が混入してしまうと、酸を大量に生成し酒は味を損ねます。はっきり言うと、売り物になりません。
乳酸菌のやっかいなところは、殺菌効果のあるアルコールが含まれる状況でも繁殖ができることです。
除去するには熱による撲滅以外に方法はありません。
乳酸菌が含まれる食品は、ヨーグルト、漬物、チーズなどです。日常的に口にするものなので、ついうっかりということがないようにしましょう。
滋賀の鮒ずしや金沢の蕪ずしなどのなれずしも乳酸菌発酵による名産品です。遠足のおやつにバナナは含まれません!っていうタイプの注意事項です。乳酸菌食品は禁止だと認識しましょう。
冬の果物といえば、暖かいコタツで食べるミカンですね。実は柑橘類も酒造見学の前は控えるルールがあります。柑橘類の外側につく青カビと酸が、麹作りによくない影響を与えます。

杜氏は酒造りの知識や技術に卓越しているだけでなく、使う道具を含め製造工程の衛生に細心の注意を払います。
杜氏から指導された蔵人たちも同じです。神聖な場所である酒蔵を見学させていただく時は、杜氏や蔵人の毎日の努力を尊重して、最低限のルールを守るようにしましょう。






龍力 本田商店の酒蔵見学へ行く



528916_327939930603186_1880237003.jpg

「龍力」の銘柄は今や全国区。吟醸酒、大吟醸酒では左に出るものがいません。山田錦をはじめとする地元産の酒米だけを使用しています。しかも本田商店の酒になれるのは、特A地区で収穫される厳選された米だけです。伝統的な生もと作りで天然の乳酸菌と酵母からじっくり日本酒を育てます。
播磨を代表する本田商店の酒蔵見学は2月限定です。嬉しいのはこの期間なら平日、週末を問わず2名以上の申し込みでいつでも見学ができること。平日の午後7時からとか土曜日の午後3時からなどフレキシブルに対応してもらえます。
酒造見学はガイド付き。しかも昭和の講談名人と呼ばれる会長や、笑顔を絶やさないのに酒造りに熱い想いを秘める社長、ドラゴンシリーズの開発で若き闘志を燃やす5代目蔵元に案内してもらえます。ちなみに5代目蔵元はイケメンです。
酒造見学の後は、本社3階の会場で利き酒が行われます。自社の製品を売るための試飲会というより、本田商店の日本酒を味わってもらい、より興味を深めてもらうという時間です。日本酒の肴の持ち込みは自由です。
この内容でワンコイン500円。酒粕のお土産もいただけます。もちろんお気に入りが見つかったら、会場で購入できます。


 ⇒龍力と本田商店の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 龍力( たつりき) 株式会社本田商店( ほんだしょうてん)
【酒造見学期間】
 2018年2月1日から2月28日 
【見学費用】
 500円 (酒粕のおみやげ付) 
【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-273-0151
【住所】
 兵庫県姫路市網干区高田361-1
【アクセス】
 山陽本線網干駅より徒歩3分
【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください










築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造





24910010_694429600761438_336607853965176767_n.jpg

壺坂酒造では1805年に創建され今も使われている酒蔵の見学ができます。

自然と一体になって美味しい日本酒を創りだす環境を整えるのは、昔ながらの酒蔵でしかできません。
壺坂酒造は蔵扉の開閉だけで温度と湿度を調節しています。
蔵は2階建で、1階には醸造甕が据えられています。甕に麹を投入したり、圧搾したりするのは、2階部分の床板を開けて作業する仕組みになっています。
この構造は昔ながらの酒蔵の建築構造ですが、現在ではほぼ残っていません。

酒蔵見学の後は母屋にうつり試飲会になります。この母屋は築130年。どっしりした大黒柱には時間の流れが感じられます。
クラシックな机と椅子はどこか不揃いで、その気取りのなさがくつろぎ感につながります。
ご近所の人が草履をつっかけてふらりと入ってくるような温かい雰囲気です。

酒蔵と母屋とも、姫路市都市景観重要建物に認定されています。

酒蔵前掛けやTシャツ、日本酒を入れるのにぴったりの和柄手提げ袋など、オリジナル酒造グッズも充実しています。
異業種とのコラボレーションによる酒粕飴、酒粕の燻製、酒粕プリンは、人気のお土産のようです。

酒造見学は通年実施されますが、酒造りが忙しくなる11月から翌年の3月は、10時から12時になります。
費用は無料。事前に電話での予約が必要です。

杜氏と蔵人がたった3人で創りだす日本酒の酒蔵は、かならず目にした人の心に深い感銘を残すことでしょう。





 ⇒壺坂酒造の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 壺坂酒造( つぼさかしゅぞう) 株式会社

【酒造見学期間】
 通年
 11月~3月 10時~12時 

【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-336-0010

【住所】
 兵庫県姫路市夢前町前之庄1418-1

【アクセス】
 神姫バス 姫路北口17番のりば51、52系 松ノ本北下車すぐ 所要時間40分

【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください








酒造見学のNGコード 

酒蔵見学top.jpg



小寒をすぎ、酒造見学が本格化する時期なりました。とても楽しみの酒造見学ですが、守りたいルールがあります。このルールは、酒造からのお願いというより、限りなく禁忌事項。不用意なルール違反でとんでもないことになるかもしれません。ルールの理由をしって、男前な酒造見学をしましょう。


   目次

・納豆~枯草菌(こうそきん)

・乳酸菌製品~火落ち菌~

・龍力 本田商店の酒造見学へ行こう

・築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造



1.png納豆~枯草菌(こうそきん)



f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_t.jpg酒造見学の前に、納豆を食べてはいけないと聞いたことはあるでしょう。納豆くらいに目くじらを立てるのかと安易に考えてしまいがちです。納豆に含まれる成分は酒造りに決定的なダメージを与えるのです。
納豆のネバネバを作り出すのは納豆菌です。納豆菌が大豆を発酵させておいしい納豆になります。日本酒造りの要は麹です。麹作りに納豆菌がまぎれこんでしまったら、どうなるでしょうか?麹菌と納豆菌の生息環境はとても似ていています。酒蔵の麹室は納豆菌にとって、まさに超セレブが住むタワーマンションのようなもの。繁殖に適した温度や湿度が保たれる快適空調が24時間完備というホスピタリティ。この環境下ワイルドな納豆菌は、繊細な麹菌に圧勝します。納豆菌に縄張りを奪われた麹菌は、酒造りの命である麹酵素を作り出せなくなってしまいます。
納豆菌に汚染された麹室は、100度の温度で30分以上殺菌する必要があります。
そのため蔵人には仕込み中の納豆は禁止されているといいます。半年に及ぶ寒仕込みを終えて食べる納豆ご飯が最高のごちそうだといいます。
納豆菌は枯草菌こうそきんの一種で、土壌や植物に普遍的に存在し、空気中を飛散している常在細菌です。
ガーデニングや山歩きをした後は、同じような注意が必要です。蔵に枯草菌を持ち込まにようシャワーして着替えてから酒造見学に参加しましょう。

1.png乳酸菌製品~火落ち菌~



e38bb7bb8a5158373cc41ca6c9795a70_t.jpg次に注意したいのは、乳酸菌製品です。酒造りでは火落ち菌と呼ばれ、忌み嫌われています。乳酸菌は醪に重大な悪影響を及ぼします。醪とは酒母、麹、蒸米、仕込み水で造られた発酵中の液体を指します。これは「どぶろく」とよばれている酒ですね。醪を濾してようやく清酒ができあがります。荒い布で濾したものが「にごり酒」です。
醪に乳酸菌が混入してしまうと、酸を大量に生成し酒は味を損ねます。はっきり言うと、売り物になりません。
乳酸菌のやっかいなところは、殺菌効果のあるアルコールが含まれる状況でも繁殖ができることです。
除去するには熱による撲滅以外に方法はありません。
乳酸菌が含まれる食品は、ヨーグルト、漬物、チーズなどです。日常的に口にするものなので、ついうっかりということがないようにしましょう。
滋賀の鮒ずしや金沢の蕪ずしなどのなれずしも乳酸菌発酵による名産品です。遠足のおやつにバナナは含まれません!っていうタイプの注意事項です。乳酸菌食品は禁止だと認識しましょう。
冬の果物といえば、暖かいコタツで食べるミカンですね。実は柑橘類も酒造見学の前は控えるルールがあります。柑橘類の外側につく青カビと酸が、麹作りによくない影響を与えます。

杜氏は酒造りの知識や技術に卓越しているだけでなく、使う道具を含め製造工程の衛生に細心の注意を払います。
杜氏から指導された蔵人たちも同じです。神聖な場所である酒蔵を見学させていただく時は、杜氏や蔵人の毎日の努力を尊重して、最低限のルールを守るようにしましょう。






龍力 本田商店の酒蔵見学へ行く



528916_327939930603186_1880237003.jpg

「龍力」の銘柄は今や全国区。吟醸酒、大吟醸酒では左に出るものがいません。山田錦をはじめとする地元産の酒米だけを使用しています。しかも本田商店の酒になれるのは、特A地区で収穫される厳選された米だけです。伝統的な生もと作りで天然の乳酸菌と酵母からじっくり日本酒を育てます。
播磨を代表する本田商店の酒蔵見学は2月限定です。嬉しいのはこの期間なら平日、週末を問わず2名以上の申し込みでいつでも見学ができること。平日の午後7時からとか土曜日の午後3時からなどフレキシブルに対応してもらえます。
酒造見学はガイド付き。しかも昭和の講談名人と呼ばれる会長や、笑顔を絶やさないのに酒造りに熱い想いを秘める社長、ドラゴンシリーズの開発で若き闘志を燃やす5代目蔵元に案内してもらえます。ちなみに5代目蔵元はイケメンです。
酒造見学の後は、本社3階の会場で利き酒が行われます。自社の製品を売るための試飲会というより、本田商店の日本酒を味わってもらい、より興味を深めてもらうという時間です。日本酒の肴の持ち込みは自由です。
この内容でワンコイン500円。酒粕のお土産もいただけます。もちろんお気に入りが見つかったら、会場で購入できます。


 ⇒龍力と本田商店の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 龍力( たつりき) 株式会社本田商店( ほんだしょうてん)
【酒造見学期間】
 2018年2月1日から2月28日 
【見学費用】
 500円 (酒粕のおみやげ付) 
【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-273-0151
【住所】
 兵庫県姫路市網干区高田361-1
【アクセス】
 山陽本線網干駅より徒歩3分
【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください










築弐百余年の酒蔵見学 壺坂酒造





24910010_694429600761438_336607853965176767_n.jpg

壺坂酒造では1805年に創建され今も使われている酒蔵の見学ができます。

自然と一体になって美味しい日本酒を創りだす環境を整えるのは、昔ながらの酒蔵でしかできません。
壺坂酒造は蔵扉の開閉だけで温度と湿度を調節しています。
蔵は2階建で、1階には醸造甕が据えられています。甕に麹を投入したり、圧搾したりするのは、2階部分の床板を開けて作業する仕組みになっています。
この構造は昔ながらの酒蔵の建築構造ですが、現在ではほぼ残っていません。

酒蔵見学の後は母屋にうつり試飲会になります。この母屋は築130年。どっしりした大黒柱には時間の流れが感じられます。
クラシックな机と椅子はどこか不揃いで、その気取りのなさがくつろぎ感につながります。
ご近所の人が草履をつっかけてふらりと入ってくるような温かい雰囲気です。

酒蔵と母屋とも、姫路市都市景観重要建物に認定されています。

酒蔵前掛けやTシャツ、日本酒を入れるのにぴったりの和柄手提げ袋など、オリジナル酒造グッズも充実しています。
異業種とのコラボレーションによる酒粕飴、酒粕の燻製、酒粕プリンは、人気のお土産のようです。

酒造見学は通年実施されますが、酒造りが忙しくなる11月から翌年の3月は、10時から12時になります。
費用は無料。事前に電話での予約が必要です。

杜氏と蔵人がたった3人で創りだす日本酒の酒蔵は、かならず目にした人の心に深い感銘を残すことでしょう。





 ⇒壺坂酒造の酒造見学をもっと詳しく読んでみる




 
 壺坂酒造( つぼさかしゅぞう) 株式会社

【酒造見学期間】
 通年
 11月~3月 10時~12時 

【申し込み方法】
 2名以上で電話予約
 079-336-0010

【住所】
 兵庫県姫路市夢前町前之庄1418-1

【アクセス】
 神姫バス 姫路北口17番のりば51、52系 松ノ本北下車すぐ 所要時間40分

【駐車場】
 専用駐車場
 飲酒後の車の運転はご遠慮ください








参观造酒厂的几条禁忌 

酒蔵見学top.jpg



小寒过去时候,正式开始进入参观清酒酿造之季节。 参观清酒制造之旅,令人愉快,但也有规则要遵守。 规则是绝对的,而不只是要求遵守。 违规的后果不堪设想。 让我们来了解规则的理由,潇洒内行的参观酿酒。。


   目次

・纳豆~ 枯草芽胞杆菌 ()

・乳酸菌制品乳酸菌製品~火落菌~

・参观龙力,本田商店的造酒工厂

・参观壶坂造酒拥有二百多年历史的酒窖



1.png纳豆~枯草芽胞杆菌()



f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_t.jpg在参观之前,可能听说不应该吃纳豆。吃个纳豆貌似不该大肆菲薄。但是,纳豆中含有的成分对清酒酿造具有决定性的损害。
这是纳豆芽孢杆菌产生粘性。纳豆芽孢杆菌使大豆发酵成为可口的纳豆。日本清酒酿造的关键是酒曲。如果纳豆芽孢杆菌混入酒曲会发生什么?曲霉菌和纳豆菌的生存环境非常相似。清酒酿造厂的曲室对于纳豆芽孢杆菌,就像一座超级名人住的塔楼公寓。温度和湿度适合繁殖,舒适空调保持24小时。在这种环境中的野生纳豆菌会击败细腻的酒曲霉菌。被纳豆芽孢杆菌剥夺领地的酒曲,就不能产生作为清酒酿造关键的曲酵素。
被枯草芽孢杆菌纳豆污染的酒曲室,必须在100℃下灭菌30分钟以上。
因为这个原因,造酒者被禁止在造酒过程中吃纳豆。 据说半年后酿酒结束后吃的纳豆饭是最好的盛宴。
枯草菌之一的枯草芽孢杆菌,是一种普遍存在于土壤和植物中并在空气中飞散的常见细菌。
园艺和山地徒步后,需要类似的注意。 让我们洗澡,换衣服后,再参加酿酒旅游,别把枯草芽孢杆菌带到酒窖中。

1.png乳酸菌制品乳酸菌製品~火落菌~



e38bb7bb8a5158373cc41ca6c9795a70_t.jpg接下来要注意的是乳酸菌产品。 在清酒酿造过程中,它被称为火落菌,很是讨厌。 乳酸菌对醪有严重不良影响。 醪是指在发酵过程中一种液体,由酒糟,酒曲,蒸米饭和水组成。又称原浊酒。 浊酒最后通过过滤完成清酒。 用粗布过滤的是“浊酒”。
如果乳酸菌混入原浊酒中,会产生大量酸,破坏酒味。 显然,出售不了。
乳酸菌的麻烦之处是它可以在含有杀菌作用的酒精环境下繁殖。
除了加热,别无除去它的方法。
含有乳酸菌的食物是酸奶,咸菜,奶酪等。是每天吃的东西,所以要小心。
金泽寿司滋贺寿司也是乳酸菌发酵的特产。香蕉和小吃也包含乳酸菌!这是一种预防措施。让我们认识到,要禁止乳酸菌食物。
说到冬季水果,普通会想到温暖的被炉里吃桔子。实际上,在清酒之旅之前有规则禁止柑橘类水果。柑橘类水果外部的蓝霉和酸对制作酒曲有不良影响。造酒师不仅在清酒酿造的知识和技术上突出,还要密切关注制造过程的卫生,包括使用工具。
造酒师对造酒工的指导也是如此。当你要去这个神圣的地方参观时,请尊重酿酒师和酿酒工的日常努力,遵守最低限度的规则。






参观龙力,本田商店的造酒工厂



528916_327939930603186_1880237003.jpg

“龙力”的品牌现在是全国性的。 吟酿清酒,大吟酿清酒无出其右。 只使用包括山田锦在内的当地日本米。 此外,只有精心选择的特A地区的大米才能在本田商店做造酒原料。 通过传统制作,用天然乳酸菌和酵母,精心制作清酒。
参观播磨地区代表造酒厂的本田商店仅限2月。 令人高兴的是,2人以上就可以在任何时间访问,无论在工作日或周末期间。 比如您可以在工作日下午7点或周六下午3点来,酒厂可以灵活应对。
参观清酒酿造时带有导游。 他们是笑容可鞠,被称为昭和演说家的董事长,和在龙系列的开发中燃烧青春激情的第5酿酒师兼总经理。 顺便说一下,第5代酿酒师是个帅哥。
参观结束后,品尝会将在总店三楼举行。 与其说为销售产品而举行品尝,更侧重于让顾客了解本田商店的日本清酒,并且喜欢上它。下酒菜可以自由携带。
参加费只要一个硬币500日元。还可以得到清酒酒糟的纪念品。 当然,如果有喜爱的酒,可以当场购买。


 ⇒关于参观龙力,本田商店的造酒工厂,详细请阅读这里




 
 龍力( ) 株式会社本田商店( )
【酒厂参观时间】
 2018年2月1日到2月28日 
【参观费】
 500日元 (赠送酒糟礼物) 
【申请方法】
 两人以上电话预约
 079-273-0151
【地址】
 兵库县姬路市网干区高田361-1
【交通】
 从山阳本线网干车站步行3分钟
【停车场】
 专用停车场
 严禁酒后驾车










参观壶坂造酒拥有二百多年历史的酒窖





24910010_694429600761438_336607853965176767_n.jpg

在壶坂造酒,您可以参观建造于1805年并仍在使用的酒窖。

保持与自然融为一体的造出美味酒的环境,只有传统的清酒酿造厂才能做到。
壶坂造酒仅通过打开和关闭储藏室门来调节温度和湿度。
仓库是两层楼,一楼是酿酒缸。 将酒曲入锅,并挤压酒汁,是打开楼板从二楼进行的。
这种结构是一种老式酒厂的建筑结构,但目前几乎不存在。

参观清酒店后,我们将在主楼举办品酒派对。 这座主楼有130年历史。 仿佛能感受到时间在大而坚实的房柱中流动。
古典书桌和椅子有点不规则,这种无趣反而使人放松。
这里有温暖的气氛,似乎邻居们就要穿着草鞋进来。

清酒酿造厂和主楼均被选定为姬路市城市景观重要建筑。

酒厂原创纪念品,如围裙和T恤,日本传统花纹的手提包,非常适合摆放清酒。其他酒厂原创纪念品还有很多。
通过与不同行业的合作,制作了清酒糖果,熏制清酒酒糟饼等。清酒酒糟布丁,似乎非常流行。

酿造之旅将在全年举行,但从11月份开始,清酒制造将在次年的3月份开始忙于造酒,只从10点接待到12点。
参观是免费的。 但要事先通过电话预约。

只有三个酿酒师和酿酒员造出的清酒,这个酿酒厂,一定会给那些看到他们的人留下深刻的印象。





 ⇒关于参观壶坂造酒工厂,详细请阅读这里




 
 壶坂造酒( ) 株式会社

【参观酒厂期间】
 全年
 11月~3月 10时~12时 

【申请方法】
 2人以上电话预约
 079-336-0010

【地址】
 兵库县姬路市梦前町前之庄1418-1

【交通】
 神姬巴士 姬路北口17号站台51路52路巴士 松本北下车既是 所需时间40分

【停车场】
 专用停车场
 严禁酒后驾车








參觀造酒廠的幾條禁忌 

酒蔵見学top.jpg



小寒過去時候,正式開始進入參觀清酒釀造之季節。參觀清酒製造之旅,令人愉快,但也有規則要遵守。規則是絕對的,而不只是要求遵守。違規的後果不堪設想。讓我們來了解規則的理由,瀟灑內行的參觀釀酒。


   目次

・納豆~ 枯草芽胞桿菌()

・乳酸菌製品乳酸菌製品~火落菌~

・參觀龍力,本田商店的造酒工廠

・參觀壺坂造酒擁有二百多年曆史的酒窖



1.png納豆~枯草芽胞桿菌()



f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_t.jpg在參觀之前,可能聽說不應該吃納豆。吃個納豆貌似不該大肆菲薄。但是,納豆中含有的成分對清酒釀造具有決定性的損害。
這是納豆芽孢桿菌產生粘性。納豆芽孢桿菌使大豆發酵成為可口的納豆。日本清酒釀造的關鍵是酒麯。如果納豆芽孢桿菌混入酒麯會發生什麼?曲霉菌和納豆菌的生存環境非常相似。清酒釀造廠的曲室對於納豆芽孢桿菌,就像一座超級名人住的塔樓公寓。溫度和濕度適合繁殖,舒適空調保持24小時。在這種環境中的野生納豆菌會擊敗細膩的酒麯黴菌。被納豆芽孢桿菌剝奪領地的酒麯,就不能產生作為清酒釀造關鍵的曲酵素。
被枯草芽孢桿菌納豆污染的酒麯室,必須在100℃下滅菌30分鐘以上。
因為這個原因,造酒者被禁止在造酒過程中吃納豆。據說半年後釀酒結束後吃的納豆飯是最好的盛宴。
枯草菌之一的枯草芽孢桿菌,是一種普遍存在於土壤和植物中並在空氣中飛散的常見細菌。
園藝和山地徒步後,需要類似的注意。讓我們洗澡,換衣服後,再參加釀酒旅遊,別把枯草芽孢桿菌帶到酒窖中。

1.png乳酸菌製品乳酸菌製品~火落菌~



e38bb7bb8a5158373cc41ca6c9795a70_t.jpg接下來要注意的是乳酸菌產品。在清酒釀造過程中,它被稱為火落菌,很是討厭。乳酸菌對醪有嚴重不良影響。醪是指在發酵過程中一種液體,由酒糟,酒麯,蒸米飯和水組成。又稱原濁酒。濁酒最後通過過濾完成清酒。用粗布過濾的是“濁酒”。
如果乳酸菌混入原濁酒中,會產生大量酸,破壞酒味。顯然,出售不了。
乳酸菌的麻煩之處是它可以在含有殺菌作用的酒精環境下繁殖。
除了加熱,別無除去它的方法。
含有乳酸菌的食物是酸奶,鹹菜,奶酪等。是每天吃的東西,所以要小心。
金澤壽司滋賀壽司也是乳酸菌發酵的特產。香蕉和小吃也包含乳酸菌!這是一種預防措施。讓我們認識到,要禁止乳酸菌食物。
說到冬季水果,普通會想到溫暖的被爐裡吃桔子。實際上,在清酒之旅之前有規則禁止柑橘類水果。柑橘類水果外部的藍黴和酸對製作酒麯有不良影響。造酒師不僅在清酒釀造的知識和技術上突出,還要密切關注製造過程的衛生,包括使用工具。
造酒師對造酒工的指導也是如此。當你要去這個神聖的地方參觀時,請尊重釀酒師和釀酒工的日常努力,遵守最低限度的規則。






參觀龍力,本田商店的造酒工廠



528916_327939930603186_1880237003.jpg

“龍力”的品牌現在是全國性的。吟釀清酒,大吟釀清酒無出其右。只使用包括山田錦在內的當地日本米。此外,只有精心選擇的特A地區的大米才能在本田商店做造酒原料。通過傳統製作,用天然乳酸菌和酵母,精心製作清酒。
參觀播磨地區代表造酒廠的本田商店僅限2月。令人高興的是,2人以上就可以在任何時間訪問,無論在工作日或週末期間。比如您可以在工作日下午7點或週六下午3點來,酒廠可以靈活應對。
參觀清酒釀造時帶有導遊。他們是笑容可鞠,被稱為昭和演說家的董事長,和在龍系列的開發中燃燒青春激情的第5釀酒師兼總經理。順便說一下,第5代釀酒師是個帥哥。
參觀結束後,品嚐會將在總店三樓舉行。與其說為銷售產品而舉行品嚐,更側重於讓顧客了解本田商店的日本清酒,並且喜歡上它。下酒菜可以自由攜帶。
參加費只要一個硬幣500日元。還可以得到清酒酒糟的紀念品。當然,如果有喜愛的酒,可以當場購買。


 ⇒關於參觀龍力,本田商店的造酒工廠,詳細請閱讀這裡




 
 龍力( )株式會社本田商店( )
【酒廠參觀時間】
2018年2月1日到2月28日
【參觀費】
500日元 (贈送酒糟禮物) 
【申請方法】
兩人以上電話預約
079-273-0151
【地址】
 兵库县姬路市网干区高田361-1
【地址】
兵庫縣姬路市網幹區高田361-1
【停車場】
專用停車場
嚴禁酒後駕車










參觀壺坂造酒擁有二百多年曆史的酒窖





24910010_694429600761438_336607853965176767_n.jpg

在壺坂造酒,您可以參觀建造於1805年並仍在使用的酒窖。

保持與自然融為一體的造出美味酒的環境,只有傳統的清酒釀造廠才能做到。
壺坂造酒僅通過打開和關閉儲藏室門來調節溫度和濕度。
倉庫是兩層樓,一樓是釀酒缸。將酒麯入鍋,並擠壓酒汁,是打開樓板從二樓進行的。
這種結構是一種老式酒廠的建築結構,但目前幾乎不存在。

參觀清酒店後,我們將在主樓舉辦品酒派對。這座主樓有130年曆史。彷彿能感受到時間在大而堅實的房柱中流動。
古典書桌和椅子有點不規則,這種無趣反而使人放鬆。
這裡有溫暖的氣氛,似乎鄰居們就要穿著草鞋進來。

清酒釀造廠和主樓均被選定為姬路市城市景觀重要建築。

酒廠原創紀念品,如圍裙和T卹,日本傳統花紋的手提包,非常適合擺放清酒。其他酒廠原創紀念品還有很多。
通過與不同行業的合作,製作了清酒糖果,熏制清酒酒糟餅等。清酒酒糟布丁,似乎非常流行。

釀造之旅將在全年舉行,但從11月份開始,清酒製造將在次年的3月份開始忙於造酒,只從10點接待到12點。
參觀是免費的。但要事先通過電話預約。

只有三個釀酒師和釀酒員造出的清酒,這個釀酒廠,一定會給那些看到他們的人留下深刻的印象。





 ⇒關於參觀壺坂造酒工廠,詳細請閱讀這裡




 
 壺坂造酒( ) 株式會社

【參觀酒廠期間】 全年 11月~3月 10時~12時 

【申請方法】
2人以上電話預約
079-336-0010
【地址】
兵庫縣姬路市夢前町前之莊1418-1
【交通】
神姬巴士 姬路北口17號站台51路52路巴士 松本北下車既是 所需時間40分
【停車場】
專用停車場
嚴禁酒後駕車








bookmark_border